*

自然農法「恵み循環農法」の提唱者 吉原優子さんがたこ梅に来てくれました!

奈良の山添村に研修施設の古民家があります
そこには、ちょっとした畑くらい出来そうな土地があって、「畑やってみるかなぁ、、、」って漠然と思ってました
とはいえ、毎日行くわけでもなく、月に1回くらい、、、

草ボウボウのココが畑予定地

草ボウボウのココが畑予定地

そんなんでは野菜の世話もムリやし、畑は難しいなぁと思ってました

「恵み循環農法」のワークショップに参加

2年くらい前だったと思いますが、友人の奥さんが、科学肥料も、農薬も、水もまかない自然農法「恵み循環農法」をやっているという話を聞いて興味をもっていたんです

そして、昨年、その友人の奥さん、吉原優子さんが自然農法「恵み循環農法」のワークショップをやるというので、うちのスタッフさんと8月と12月の2回、参加しました

安藤さん、率先して「天地返し」という循環農法のための畑作り作業

安藤さん、率先して「天地返し」という循環農法のための畑作り作業

→ 恵み循環農法畑作りワークショップでスタッフさんと姫路に!野菜つくるぞーーーー!?

安藤店長、多比羅店長、野菜の収穫がんばってます

安藤店長、多比羅店長、野菜の収穫がんばってます

「恵み循環農法」ワークショップ第2回です~野菜からの人間関係、人のシステム教えられました~

山添村で自然農法の畑をスタート

その後、3月から、たこ梅のスタッフさんと山添村で自然農法の畑をスタートしました
やるのは自然農法なので、無農薬、無化学肥料、水やりなし(夏場2週間以上日照りの時は根元に少し水を与えます)という農法です
こんな状態で育つためには、野菜が本来持っている「野生」の力を引き出すことが必要なのです

実際には、野菜のもつ野生の力を引き出すための「土壌」づくりが基本となります
そのために「天地返し」という作業をします

畝になる場所をまず掘ります

畝になる場所をまず掘ります

天地返しとは、土壌の地面から約15-20cmくらいの上層部とさらにその下15-20cmの下層部を入れ換える作業です
上層部は好気性細菌が多く、下層部は嫌気性細菌が多いのですが、これをひっくり返すことで、いい具合に土壌細菌がいりまじります
そして、下層部の下、つまり、底の部分には、腐葉土、米ぬか、油かす、くん炭などを敷き込みます
また、空気も土壌に入ります
このため、保水力があり土壌細菌が活発に活動し、植物にとっては、がんばりさえすれば、根を伸ばし栄養と水を吸収できるこのうえないベッドになるといえるのです

奈良県山添村で自然農はじめます!で、天地返しです!

防虫ネットを張っています

防虫ネットを張っています

→ 春の奈良山添村で自然農を始めます!第2回の天地返しです(前編)
→ 春の奈良山添村で自然農を始めます!第2回の天地返しです(中編)
→ 春の奈良山添村で自然農を始めます!第2回の天地返しです(後編)

そして、天地返しが終わった畝に、種を蒔いたり苗を植えます

防虫シート内の野菜も育ってます

防虫シート内の野菜も育ってます

種まき、苗植えから2ヶ月たった5月下旬には、葉もの野菜はかなり成長しています

菊菜(春菊)です

菊菜(春菊)です

レタスや春菊、オカジヒジキなどの葉もの野菜ができていて、持って帰ってお店でもお出ししました

→ 自然農法の野菜を初収穫!山添村に野菜部のメンバーで行ってきました!(前編)
→ 自然農法の野菜を初収穫!山添村に野菜部のメンバーで行ってきました!(後編)

こんな山添村での畑をやってる たこ梅野菜部の活動は、ブログやフェイスブック、ニューズレターなどで発信しています
われわれに自然農法「恵み循環農法」をレクチャーしてくれた吉原優子さんも、ブログをちょくちょく読んでくれていたようです

自然農法の知恵をシェア

それで、先日、自然農法の知恵のシェアについて話をしたい!とたこ梅に来てくれました

自然農法からの知恵とは

吉原優子さんは、あちこちで、自然農法「恵み循環農法」のワークショップや指導、伴走をされていて、そこでは、自然農法からの知恵が集まってきます
ここでいう自然農法からの知恵とは、栽培方法やノウハウにとどまらず、土壌や野菜の成長や変化から気づくこと、植物同士、植物と微生物の関係から気づくことを言います

その気づきの中には、畑にとどまらず、そこから見出される人間関係や組織の構築、成長や発達も含まれます
実際、自然農法で畑をするようになり、その野菜の成長をみていると、それが、まるでお店(組織)の中で起こっていることを示唆してくれるように感じことがしばしばあります

環境がこれだけエゴマの成長に影響する

環境がこれだけエゴマの成長に影響する

この前、畑に行ったときも、エゴマの成長とジャガイモの関係から人の関係性の気づきを得ました
詳しいことはコチラのブログを見て下さいね
→ 自然農法の野菜から気づかされること、、、いや、いろいろあり過ぎます!

自然農法の知恵をシェアについて

さて、吉原優子さんが来てくれて、これまで自分(吉原優子さん)が、どういう意図でこの活動を行ってきたか
そして、ワークショップや指導、伴走する中で、どういうところから知恵が集まってきたのか
その知恵をどのように多くの人に還元していきたいのか、、、などをいろいろ話してくれました

「恵み循環農法」を提唱する吉原優子さん

「恵み循環農法」を提唱する吉原優子さん

そんな話をたこ梅の事務所近く(徒歩2,3分くらいかな?)にある和菓子の浪芳庵さんの茶寮でうかがいました

浪芳庵の「炙りみたらし団子」

浪芳庵の「炙りみたらし団子」

ちなみにおやつに、浪芳庵さんの「炙りみたらし団子」をいただきながら、、、(^o^)

吉原優子さんがたこ梅に来てくれました

吉原優子さんがたこ梅に来てくれました

たこ梅の場合は、吉原優子さんのワークショップに2回参加して、その後は、自分たちでやっています
吉原さんは「自走」って言ってましたが、、、

自走している人たちで、実際にどうやっているのかわかるのは少ないらしく、もっと話をききたいとのことで、また、別の日にあらためてインタビューしたいとのこと
まぁ、うちのわりとエイ!ヤー!式(ざっぱーともいう ^^;;;)の自然農法の実態やそこからの気づきが何か誰かの役に立つのならいいんじゃないの?くらいに思ってインタビューをお受けすることにしました

われわれは、我々で、この自然農法の取り組みを活用して考えていることもあるので、そういうことも相談しながら一緒に新たなこと、面白いことを出現させられたらいいなぁ、、、なんて思っています

さぁ、今日も、楽しくがんばりまーーーーーーーーす!!

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

おめでとう!!臣(おみ)ちゃん、2級に昇格です!!

臣(おみ)ちゃん!おめでとう!!昇格面談無事修了!2級に昇格です!!

たこ梅では、半年ごとに、着眼点表という評価項目表をつかって、その行動、プロセスを評価します いわゆ

記事を読む

酒蔵見学2018の第2回打合せ

冬の部活「酒蔵見学2018」の第2回打合せです!!

昨年、そして、今年の2月と、たこ梅FUN倶楽部の部員さん約40名と西宮にある辰馬本家酒造、白鹿さんの

記事を読む

チームの成長についての対話

「これからのリーダーシップ勉強会~チームの成長を促すためには?~」にスタッフさんと行って来ました!

道頓堀にある たこ梅 本店の和田さん、ホワイティうめだ地下街にある たこ梅 東店の岡店長と、毎月、1

記事を読む

KAIKA Awards のフィードバック

日本能率協会(JMA)さんからKAIKA Awardsエントリーのフィードバックいただきました

昨年の夏前頃、日本能率協会(JMA)さんから、1通のお手紙というか封筒が届きました KAIKA A

記事を読む

6月の店長会議の会議メモ

慰安旅行でもなく、研修旅行でもなく、「遊学旅行」になりました!なんのこっちゃ!?

今年、7月18,19日はの2日間は、社内の旅行のためお休みです ところで、一昨年は、白馬に研修

記事を読む

麦わら帽子

夏の野菜部の必需品を購入!!それは、、、、麦わら帽子です!

2019年3月からたこ梅のスタッフさんと奈良の山添村で始めた自然農法の畑 夏の除草はたいへんです

記事を読む

店ごとに店長面談です

奈良の山添村で、畑仕事の後に店長面談です!

毎月、月上旬に店長会議があります そして、その事前準備も兼ねて、前月の下旬に店長さんと面談をするこ

記事を読む

古民家の和室で面談タイム

12月の野菜部 in 山添村~古民家の和室でいろいろ話し合います~

12月も、奈良の山添村にある自然農法の畑にスタッフさんと行ってました キャベツの収穫中[/c

記事を読む

「リーダーシップに出会う瞬間」(有冬典子 著)と「U理論の基本と実践がよ~くわかる本」(中土井 僚 著)

「リーダーシップに出会う瞬間」(有冬典子 著)と「U理論の基本と実践がよ~くわかる本」(中土井僚 著)を合わせて読みます

以前、アルボムッレ・スマナサーラ長老の「無常の見方」「無我の見方」「苦の見方」という3冊の本を購入し

記事を読む

ハイゴケの配偶体

山添村の春~灯台躑躅、カシの新芽、ハイゴケの配偶体、シロツメクサの花~

奈良の山添村にスタッフさんと自然農法の畑をやっています 毎月1回、一緒に畑作業に行くのですが、今は

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

16人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑