*

9月の現場会議~その1・研修が継続的でもっと使うためには?~

昨日は、たこ梅の若手スタッフさん中心に運営されている現場会議の日です
この現場会議では、事前に、スタッフさんが、フェイスブックのグループに店ごとに議題を提案し、それを自分たちでどれをどんな順番で扱うかを決めて会議やってます

今日は、どんなことが話し合われているのか、2回に分けて、生の様子をご紹介しますね!!

9月の現場会議がはじまりました!

会議では、チェックインからスタートします
最近の各店の出来事や今の状態なんか、好きなことをまず順番に話していきます

そうすることで、もちろん、よく知った中ですが、なんか「場」があったまるんですよね
そうしてから、いよいよ、自分たちが選んで決めた議題について検討していきます

9月の現場会議

9月の現場会議

たこ梅では、平成23年に会議ファシリテーションを導入して、進行役さんと書記役さんを決めて、イーゼルパッドに書記役さんが会議メモを書いていく方式をとっています

ただ、議題の取り扱われる深さもかわってきましたし、それどろこか、絶対にこんなの議題になるはずがなかったものも議題に上がるようになってきています

研修での学びが継続的に実践され定着するためには?

今年の7月、NNA社の佐藤先生と中野先生より、ランチェスター戦略をベースにした「繁盛店の法則」研修をみんなで受講しました

佐藤先生のお客さまに選ばれるための講義からスタート

佐藤先生のお客さまに選ばれるための講義からスタート

このとき、お客さまのお困りごとをみつけて、その「不」を解消していくことで、お客さまに「好かれ→気に入られ→喜ばれる→忘れられない」ためにどうするかということを学びました

「好かれ→気に入られ→喜ばれる→忘れられない」ためにどうするか、ディスカッション中に分店のスタッフさん

「好かれ→気に入られ→喜ばれる→忘れられない」ためにどうするか、ディスカッション中に分店のスタッフさん

そして、今後も、お客さまのお困りごとをみつけては、なんとかしていこう!って言う気持ちで研修を終わったんです
でも、実際、その後、お客さまのお困りごとを定期的に収集しているか?というと、ほとんどの店で実施されていません

研修での学びが継続的に定着するために必要なことは?

「いいことだ!よし、やろう!!」と思っても、日々の仕事の中で埋もれて言ってしまって継続しない、、、
実際、これが、世間でもよく言われる研修でいいことを聞いても、学んでも、現場で生かされないという実例だと思います

ただ、それで放っておくのでは無く、「7月の研修を現場で継続的に活かすには?」ということで、現場会議で検討しました

7月の研修を現場で継続的に活かすには?

7月の研修を現場で継続的に活かすには?

そこで検討というより「対話」するなかで出てきたのは、「研修で学んで、継続できているものもあるじゃないか!」ってことです
つまり、同じように研修を受けても、継続できているものと継続できていないものの違いは何か?というところにフォーカスしていきました

継続できているものの代表例は、まさに、会議ファシリテーションをつかった店長会議や現場会議です
また、最近で言うと、行動探求(Action Inquiry)も、全正社員さんが、毎月1回は、必ず、シートを作成して行動探求に取り組んでいます

なぜ、会議ファシリテーションや行動探求は、継続できているのか?

これ、話しててわかりましたが、メッチャ、単純な理由がありました、、、
まるで、コロンブスの卵ですね(笑)

何かと言うと、それは、、、

会議は、毎月、決まってあるから!
行動探求は、いつやるかシフト表に書かれているから!

それだけ、、、

会議は、うちのスタッフさんの「前提」として、「毎月やるもの!」っていうのがあるので、会議ファシリテーションを使おうが使うまいが、きっと、毎月やります
そこに、会議ファシリテーションを「載っける」だけなので、6年以上続いています

行動探求は、もともと、毎月、コーチングの時間が合って、その時間にやっていますが、これも、シフト表に誰がいつやるかが書かれています
やっぱりスタッフさんの前提として「シフト表は絶対!」っていうのがあるのと、コーチングも、もう4,5年やってて、毎月1回やるのが「当たり前」になってるので、そこに行動探求を「載っけた」だけなので、続いているのです

研修での学びを継続的に定着させるためにどうするか?

ここまでわかっちゃえば、研修の学びを継続的に定着させるためにどうするか?っていうのは、カンタンです!

定期的にやるのが当たり前の仕組みを考えればいい!

例えば、たこ梅だったら、「お客さまの困りごと発見シート」をつくる日をシフト表に書くっていうのもありますよね
実際どのように決めたかというと、シフト表、毎月のコーチング以外にも、今では、スタッフさんが定期的にやってくれているものがあります

それが、毎月10日、20日、月末の「買上ミーティング」です
10日区切りで、月初からの買上(←たこ梅では売上を買上と呼んでます)を前年と比較しながら気づいたことをフェイスブックグループにアップします

それで、「お客さまの困りごと発見シート」を月1回、買上ミーティングの20日の分のときに、アップしよう!ということになりました

パートのスタッフさんにも参加してもらうためには?

ただ、ここで課題になったのが、パートのスタッフさんをいかに巻き込むか、、、
参加してもらえるようにするか、、、
実際、ホールにおいて、お客さまと一番接しているのは、ホール担当のパートさんですから!

そのとき、別の件で、ホワイティうめだの東店がうまくパートさんに参加してもらってる事例があって、それを応用することにしました

単純なんですよ!
記録シートを気づいたら、いつでもかけるように、みんなが見えるところに置いておく!
もちろん、スグかけるようにペンも添えて、、、

いちいち、直して取り出す、、、とかってやると続かないもので、、、

まぁ、こんな感じで、おのおのメンバーさんや各店の知恵を出し合いながら会議やってます

さて、今日は、これくらいで、明日は、「行動探求(Action Inquiry)」をもっと現場で使うためにはどうすればいいか、、、を検討した話について書きますね!(^o^)v

続きは、こちらのブログ記事です!
→ 9月の現場会議~その2・行動探求をもっと現場で使うためには?~

 

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

「学習する組織」入門(小田理一郎 著)

「学習する組織」入門(小田理一郎 著)は、現場の人に手厚い本だと思います

このブログを読んで下さってる方は、ご存じかもしれませんが、平成20年のリーマンショックを期に、お店の

記事を読む

8月の現場会議

8月のワクワク勉強会と現場会議~やっぱり相乗効果がスゴイ!~

毎月1回、若手スタッフさんを中心とした現場会議を開催しています いわゆる「定例会議」というやつです

記事を読む

オンラインのNVC基礎講座を受ける前保さんと上原さん

たこ梅 北店 前保さん、分店 上原さんのNVCオンライン基礎講座がスタート!

NVCの基礎オンラインセミナー受講中の和田店長と安藤さん[/caption] 今年の4月には

記事を読む

「新入社員受け入れ準備講座」のふりかえり中です

スタッフさんと「新入社員受け入れ準備講座」に行ってきました!(その2:ふりかえり編)

昨日のブログで、「新入社員受け入れ準備講座」にスタッフさんと行ってきた話を書きました どんな講座だ

記事を読む

3月の現場会議です

3月の現場会議~成長が垣間見え、行動探求入門セミナーに向けての取り組みも決まりました!~

昨日は、たこ梅の若手スタッフさん中心に毎月1回開催している現場会議の日でした この日は、ひさびさに

記事を読む

本日は、臨時休業させていただきます

本日(9/20)、研修のため臨時休業です!スタッフさんとオモロイお勉強です!!

おはようございます! 「関東煮(かんとだき/おでん)」と「たこ甘露煮」の上燗屋、今年175年目を迎

記事を読む

本日は、臨時休業させていただきます

本日(7/20)、研修のため臨時休業です!スタッフさんとお勉強です!!

おはようございます! 「関東煮(かんとだき/おでん)」と「たこ甘露煮」の上燗屋、今年174年目の『

記事を読む

11月の店長会議です

11月の店長会議~体験入店、研修での関わりで大切なこと~

この前、たこ梅の月例会議のひとつである11月の店長会議が開催されました グッド&ニューでチェックイ

記事を読む

4月から、たこ梅北店の店長となる安藤さんを交えた店舗面談

新梅田食道街 たこ梅 北店の店舗面談やってます!

毎月、月末近くに、各店の店長さんたちと店舗面談をやってます その月のお店の状況や来月の取り組み、気

記事を読む

ダイアモンドメディア代表取締役社長 武井浩三さんと記念撮影

ティール組織を地で行く ダイアモンドメディア 武井浩三さんの講座に通ってます

不動産テック企業で、社長を投票で決めるとか、給与は全員に公開してみんなで決めるとか、変わった経営でテ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

16人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑