*

学習する組織に向けて活用する3種類のテクノロジーと成人発達理論の勉強

今年のホワイト企業大賞で「学習する組織経営賞」という特別賞をいただきました

ホワイト企業大賞特別賞「学習する組織経営賞」を受賞です

ホワイト企業大賞特別賞「学習する組織経営賞」を受賞です

このときの話は、こちらのブログをご覧下さいね
→ ホワイト企業大賞の特別賞「学習する組織経営賞」をいただきました!

某アワードへエントリーすることに!

そうしたら、某アワードより「エントリーしませんか?」ってお誘いをいただいたんです
このアワードは、「人・組織から、会社を変える。社会を変える。」ことを標榜されています

ブログでしつこいように書いていますが、平成20年のリーマンショックから売上(たこ梅では「買上」といってます)が下がり始めたことがきっかけで、「学習する組織を創ろう!」って決めて、平成22年4月から、ずっと取り組んでいます

学習する組織を創る意味も、私にとって、初めは、単に不況やリーマンショックみたいなの、地震なんかが起こっても店が存続するためでした
それが、だんだん、意味が深くなったり広がったりして、働きやすい職場・働きがいのある店を創る!ってことを考えるようになり、今は、その先の景色を出現させよう!と取り組んでいます

某アワードへの説明用資料と添付資料「たこ梅の学習する組織への歩み」

某アワードへの説明用資料と添付資料「たこ梅の学習する組織への歩み」

ですので、このアワードにエントリーすることを決めて、そのための資料として、提出が必須の「説明資料」と補足のための添付資料として「たこ梅の学習する組織への歩み」を作成していました
そうすると、この資料作成の中、特に「たこ梅の学習する組織への歩み」を書いているとき、われわれが、これまでやってきた取り組み、実践事例、研修、学びなどが、私の中で整理されていきました

たこ梅で学習する組織に向けて活用する3種類のテクノロジー

たこ梅では、学習する組織を構築する、、、それも、現場の実践を通じて創ることを大切にしています
それで、コトマーケティング、ワクワク系マーケティング、ランチェスター戦略、会議ファシリテーション、人事評価制度、コーチング、MQ会計、行動探求、NVCなどを組み合わせて活用して今日にいたります

これらのテクノロジーは、その時々、学習する組織であるためには?いま、現場が必要としていることは?と考え、順次、追加されてきました
ただ、あらためて、ふりかえってみると、この順番にも必然性、意味があったし、OS的なもの、ベーステクノロジー的なもの、アプリケーションテクノロジー的なものに分けられることに気づきました

売上推移とテクノロジーの関係

それで、各々を我々が創ろうとしている我々の学習する組織におけるOS(オペレーティングシステム/基盤)に当たるもの、ベーステクノロジーにあたるもの、アプリケーションテクノロジーにあたるものとして、3種類(3段階)に分けて捉え、整理したんです
(ただ、これは、われわれが活用しやすいように便宜的にわけているもので、各々のテクノロジーは、OS的な機能やベース的機能、アプリケーション的機能をさまざまな深さで保有されています)

・OS(オペレーティングシステム/基盤)に当たるもの
- 行動探求(Action Inquiry/成人の発達理論)
- NVC(非暴力的コミュニケーション)

・ベーステクノロジーにあたるもの
- 会議ファシリテーション
- 人事評価制度
- コーチング
- MQ会計

・アプリケーションテクノロジーにあたるもの
- 価値を伝えるPOP(コトマーケティング)
- ランチェスター戦略
- ワクワク系マーケティング

成人発達理論と組織の発達の勉強

これらのテクノロジーを上述の3種類(3段階)に整理していて、今、一番、自分自身が気になっているのが、「発達」ということに気づきました
個人もそうだし、組織としての発達もそうです

「奇跡の経営」(リカルド・セムラー 著)

「奇跡の経営」(リカルド・セムラー 著)

いま、ちょうど呼んでいるセムコ社のリカルド・セムラーさんが書かれた「奇跡の経営」を読んでいて、ついつい、成人発達理論の視点で眺めている自分にも気づいています

「なぜ部下とうまくいかないのか」「成人発達理論による能力の成長」(加藤洋平 著)、「なぜ弱さを見せあえる組織が強いのか」(ロバート・キーガン、リサ・ラスコウ・レイヒー 著)、「ティール組織」(フレデリック・ラルー 著)

「なぜ部下とうまくいかないのか」「成人発達理論による能力の成長」(加藤洋平 著)、「なぜ弱さを見せあえる組織が強いのか」(ロバート・キーガン、リサ・ラスコウ・レイヒー 著)、「ティール組織」(フレデリック・ラルー 著)

それで、また、成人発達理論関係の本を流し読みになるとは思いますが、ちょっと、勉強し直そう、、、って思っています

このときにつかおうと思っているのが、
・「なぜ部下とうまくいかないのか」(加藤洋平 著)
・「成人発達理論による能力の成長」(加藤洋平 著)
・「なぜ弱さを見せあえる組織が強いのか」(ロバート・キーガン、リサ・ラスコウ・レイヒー 著)
・「ティール組織」(フレデリック・ラルー 著)
の4冊です

この4冊を読み直しながら、たこ梅の学習する組織構築への取り組みを眺め直してみようと思います
まぁ、これ、夏休みの宿題?(笑)

、、、って、私、夏休みなかった、、、、^^;;;

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

ワクワク系マーケティングの本をもつ安藤店長

価値創造の思考法、「お店」は変えずに「悦び」を変えろ!(小阪裕司 著)を安藤店長にプレゼント!

昨年、一昨年と、たこ梅のスタッフさんが、5月から翌年1月まで、何度か、新横浜まで通ってます ワクワ

記事を読む

サーバントであれ(ロバート・K・グリーンリーフ 著)

「サーバントであれ」(ロバート・K・グリーンリーフ著)を読んで感じたこと

リーマンショックを期に順調だった売上が下がり始め、下がりっぱなしに、、、 エライ目に遭うなぁ、、、

記事を読む

『成人発達理論による能力の成長』オンラインゼミナール始まりました!

『成人発達理論による能力の成長』オンラインゼミナール始まりました!

先月、6月に発売になった「成人発達理論による能力の成長」(加藤洋平 著)を読みました 発達理論に興

記事を読む

『成人発達理論による能力の成長』オンラインゼミナールの事前課題

『成人発達理論による能力の成長』オンラインゼミナールを受講します

会社やお店の成長を願う経営者は多いでしょうし、同じく、そういう思いの社員さんもたくさんいらっしゃると

記事を読む

たこ梅分店の店舗面談です

8月の店舗面談~ふりかえり、意見交換するなかで顧客関係性創造の洞察が生まれました~

毎月、月の終わり頃に店舗面談というのをやってます 面談、、、とついてますが、いわゆる面談というより

記事を読む

「万物の歴史」(ケン・ウィルバー著)とウィルバーの著書

ウィルバー9冊目、「万物の歴史」(ケン・ウィルバー著)届きましたぁ~!!

先日、今話題の「ティール組織」を読んでから、そこでも登場するケン・ウィルバーがあらためて気になってい

記事を読む

「リーダーシップに出会う瞬間」(有冬典子 著)と「U理論の基本と実践がよ~くわかる本」(中土井 僚 著)

「リーダーシップに出会う瞬間」(有冬典子 著)と「U理論の基本と実践がよ~くわかる本」(中土井僚 著)を合わせて読みます

以前、アルボムッレ・スマナサーラ長老の「無常の見方」「無我の見方」「苦の見方」という3冊の本を購入し

記事を読む

現場会議の会議メモ(一部)

5月の現場会議~会議の流れから会議メモまで公開しちゃいます!~

今月も、現場の若手スタッフ中心の「現場会議」をやりました 道頓堀の たこ梅 本店からは安藤さん、新

記事を読む

DO IT !「人生が輝く会社をつくりたい!」(西精工)

DO IT !「人生が輝く会社をつくりたい!」(西精工)のDVDが届きました!

第3回 ホワイト企業大賞の西精工さんは、すごい会社だ!っていうのは以前からあちこちで聞いてました

記事を読む

左から)天外伺朗さん、てっちゃん、武井浩三さん

武井塾「ティール型組織運営:実践編」第3講へ行ってきました!

7月、8月に続いて、武井塾「ティール型組織運営:実践編」第3講へ行ってきました! 第2講の様子はコ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

15人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑