*

9月の現場会議~その2・行動探求をもっと現場で使うためには?~

おはようございます
昨日は、9月の現場会議で話された「研修が継続的でもっと使うためには?」どうしていったらいいのか、、、
っていうのをご紹介しました

9月の現場会議

9月の現場会議

昨日のブログ記事はこちらをクリックしてご覧下さい
→ 9月の現場会議~その1・研修が継続的でもっと使うためには?~

今日は、その後の議題として話された「行動探求をもっと現場で使うためには?」についてご紹介させて下さい

行動探求とは?

ところで、行動探求(Action Inquri)」なんですが、これ、上手くいかなかった出来事での会話をとりあげて、そこから、自分にどんな枠組み(前提やメンタルモデル)があったかを探求し、望ましい枠組みを新たに設定、望ましい結果に向かうにはどんな行動をとるのか、、、を見つけて、実際に行動してみる取組です

難しい会話のマトリックスと1次ループ、2次ループの学習

難しい会話のマトリックスと1次ループ、2次ループの学習

これ成人の発達理論をベースとした自己探求や内省と行動を組み合わせて扱うテクノロジーなんです
って、ちょっと、難しいですよね、、、

ただ、たこ梅の正社員さんたち、全員、この入門編の研修を今年の3月に受けました

松本さんの事例をロールプレイング中です

松本さんの事例をロールプレイング中です

そのときの様子は、コチラをみていただけるといいと思います
行動探求入門講座(前編)
→ 行動探求入門講座(後編)

その後も、毎月1回、スタッフさんは、行動探求やってます

たこ梅 分店の峯松さんと行動探求です(5月)

たこ梅 分店の峯松さんと行動探求です(5月)

上手くいかなかった会話を書き出し、それを元に「難しい会話のマトリックス」というシートをわたしと一緒に創っていく中で、自分の中にある枠組み(前提やメンタルモデル)を見つけていきます

「行動探求」を営業中・仕込み中に使って行くには?

毎月1回、スタッフさんは行動探求していますが、普段の仕事の現場で使えているか、、、というと、結構、個人差があります

各発達段階の行動論理と特徴、分布

各発達段階の行動論理と特徴、分布
チェンジ・エージェント社さんのサイトと本の掲載データより作成

お店やスタッフさんによっては、行動探求入門講座で学んだ発達段階をつかって、「あの行動は、専門家型やったなぁ、、、」っていう会話が起こることもあるようですし、「あーーー、こうやったら、(システム思考の氷山モデルで言う)構造がかわって、2次ループの学習ちゃうん!!」とかって話すこともあるようです

システム思考の氷山モデル

システム思考の氷山モデル
(チェンジ・エージェント社より拝借)

さらに、普段使い(ってヘンな言い方かもしれませんが、、、)していってもらうためにどうすればいいか?を現場会議の中で、話し合いました

営業中・仕込み中の行動探求とは?

営業中・仕込み中の行動探求とは?

そこで、話す中ででてきたのが、「怒ってる」「イライラ」「ふさぎこんでる」「えっ?と思ってる」ときなど、つまり、感情が動いたときには、そこに何か、自分の価値観や基準、前提に反すること、抵触することが起こっています

それは、本人よりも、態度や表情を見ている相手がよくわかることが多い!!

それで、相手から、「今、○○な前提あるんとちゃう?」ってフィードバックしたら、、、って話になりました
ただ、これされると、結構、「(心に)痛い!」ことが多く、つい、反発したりいいわけしたり、ヘタするとケンカみたいになる恐れがあるんとちゃう?という懸念もでてきました

「うーーーん、、、」とうなる中で、こうしたら?ってでてきたのが、そういいう時に、直接、フィードバックというか指摘するのではなく、、、

「今、そんな風にしてるのは、どんな『前提』があるの?」

って、単純に問いかけてみる!というやつです

これ、確かに、ダイレクトに指摘されるより痛くなさそう、、、
メンバーさんの表情が「うん、うん!!」といっていて、一回、これでやってみることにしました!
まぁ、やってみて、なんか不都合でてきたら変えればいいわけで、、、

ただ、話は、ちょっとかわりますが、こういう枠組みとか、前提とかメンタルモデル、、、に関することを会議で扱うようになるとはなぁ、、、っていうのが、わたしの正直な感想というか驚きというか、、、

まぁ、嬉しいんですどね!!

さぁーーーて、スタッフさんと、一緒に、行動探求、さらに取り組みまぁーーーーーーーーす!!

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』五代目 てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

7月の現場会議

7月のワクワク勉強会と現場会議~勉強会での対話が会議に役立つ!~

一昨日は、若手スタッフさん中心の現場会議でした 5月から、現場会議の前に、2時間、ワクワク系マーケ

記事を読む

このPOPを見るんだ!!

POP、看板の書き方?ちょっと、オレのを見に来いよ!!

新梅田食道街にある たこ梅 北店、お客さまとのいろんな取り組みをやってます 6月からは、日本一周、

記事を読む

Natural Organizations Labの吉原史郎さん、吉原優子さんにホラクラシーの話をうかがっています

自然農法から学ぶティール組織開発を日本初のホラクラシー・ワン認定ファシリテーターの吉原史郎さんに話を聞いてきました!

先週、兵庫県伊丹市へ、自然農法とティール組織の話を聞きに行ってきました なんで、自然農法とティール

記事を読む

NVCの基礎オンラインセミナー受講中の和田店長と安藤さん

スタッフさんのNVC基礎コース、オンライン受講がスタートしました!

仕事をしていて、結局、一番課題になるのが人と人とのコミュニケーションですよね 同僚や上司部下との関

記事を読む

サーバントであれ(ロバート・K・グリーンリーフ 著)

「サーバントであれ」(ロバート・K・グリーンリーフ著)を読んで感じたこと

リーマンショックを期に順調だった売上が下がり始め、下がりっぱなしに、、、 エライ目に遭うなぁ、、、

記事を読む

ワクワク系マーケティングの本を渡された髙羽さん

ワクワク系マーケティング実践講座2018に参加する髙羽さんに参考図書をプレゼント!

一昨年から、年に2人ずつ、ワクワク系マーケティング実践講座に行ってもらってます ワクワク系マ

記事を読む

アダム・カヘンさんのトランスフォーマティブ・シナリオプランニングに行ってきました

  11月6,7,8日と3日間にわたって開催された世界的なファシリテーターであるアダ

記事を読む

学習する組織に向けて活用する3種類のテクノロジーと成人発達理論の勉強

今年のホワイト企業大賞で「学習する組織経営賞」という特別賞をいただきました ホワイト企業大賞

記事を読む

ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ 50

ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ 50 が、会議スペースに登場!

毎月、店長会議、現場会議というのを たこ梅の事務所でやってます 12月の現場会議です[/ca

記事を読む

現場会議の会議メモ(一部)

5月の現場会議~会議の流れから会議メモまで公開しちゃいます!~

今月も、現場の若手スタッフ中心の「現場会議」をやりました 道頓堀の たこ梅 本店からは安藤さん、新

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

11人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑