*

4月の現場会議~原価が2倍以上もするお酒の価値をどう伝えるか?~

先日、お店の現場のスタッフさんが集まってお客さま企画や課題に取り組む4月の現場会議をやってました

4月の現場会議

4月の現場会議

この日は、議題が盛りだくさんで、いろいろ検討していました

5月のお客さま感謝企画は「特別純米 山田錦の試飲」なんですが

その中でも、一番の目玉というか「大物」なのは、検討課題は5月のお客さま感謝企画です

「特別純米 山田錦」と錫の上燗コップ、タンポ

「特別純米 山田錦」と錫の上燗コップ、タンポ

予定では、例年通り、「特別純米 山田錦」の試飲をたこ梅FUN倶楽部の部員さん、メルマガ部員さんにプレゼントするのだったのですが、、、

蔵元(白鹿)にもないアノ酒にしてみる?

「あーーー、あの酒にしたら、もっとオモロイし、お客さんもたいがい『飲んだことない』はずやし、喜んでくれるんとちゃうやろか?」って思いつきました

そのお酒は、蔵元である白鹿(辰馬本家酒造)さんにも存在しないお酒なのです
ダメもとで、「いける?」ってきいてみたら、いくつかの偶然が重なって、「なんとかできるかもしれません」という返事が返ってきました

ただ、原価もメチャクチャ高い、、、
いまお出ししている「特別純米 山田錦」も原価が高めのお酒ですが、その優に2倍を越えてしまいます

でも、蔵元(白鹿)にもないアノ酒出したらオモロイやろなぁ、、、
※利益的には全く面白くありませんが、、、^^;;;

それで、お店の店長さんやスタッフさんに話をしたら、「やってみましょうよ!」っていうのです
「ホンマにやる?」ってきいたら、「そういうの面白いじゃないですか!!」っていうので、うん、じゃあやろうか、、、ってやることにしました

アノ酒、どうやって売る=どうやって価値を伝えるの?

さて、アノ酒、どうやって売る=どうやって価値を伝えるの?
そもそも、原価が、いまお店でお出ししている「特別純米 山田錦」の2倍以上というお酒

その『価値』が伝わらないと、「なんで、この酒を飲まなあかんねん?意味、わからんわ、、、」と飲んでもらえません
だから、お客さまに伝わる『価値』を見つけることが必要です

価値要素採掘マップ

価値要素採掘マップ

で、ワクワク系マーケティングの2大ツールのひとつ「価値要素採掘マップ」を使ってどんな価値があるのかを会議メンバーさんと掘り起こします

顧客の旅デザインマップ

顧客の旅デザインマップ

そして、その次は、2大ツールのもうひとつ「顧客の旅デザインマップ」を使って、どんな風に顧客体験を進んでいってもらうかというプランを練っていきます

※「価値要素採掘マップ」「顧客の旅デザインマップ」については、「価値創造の思考法」(小阪裕司 著)に詳しいので、こちらの本をご覧下さい

こうやって価値を伝えます!

で、実際やってみるとこんな感じになっていきます

価値要素採掘マップと顧客の旅デザインマップ

価値要素採掘マップと顧客の旅デザインマップ

価値要素が掘り出され、それをどういう風に伝えていくか、顧客体験を進んでいってもらうかがポストイットで貼られていきます

価値要素採掘マップと顧客の旅デザインマップを使ってプランニング中

価値要素採掘マップと顧客の旅デザインマップを使ってプランニング中

これを検討している時は、あーでもない、こーでもない、「あ、○○は?」とか意見やアイデアが出て、それをとりあえず貼っていって、眺めながら試行錯誤して創っていきました

原価が2倍のお酒の価値をどう伝えて、そもそもどんなのがお客さんにとっての価値なのかを掘り起こして、そして、さらにどう顧客体験してもらうのかまで創りました
普通なら何時間もかかりそうですが、このときは、「価値要素採掘マップ」「顧客の旅デザインマップ」のおかげで、ものの30分ほどで骨組みまでできあがりました!(*゜д゜*)

行動のデザインを検討中

行動のデザインを検討中

そこまで来たら、お客さんに具体的にどういう行動をとってもらえば顧客体験として成立するかとか、スタッフさん側が、どうかかわるとそういう行動をとってもらいやすくなるかという行動デザインを創っていきます

結局、この日は、予定より30分時間が押しましたが、何とかなりそうです!!

5月まで2週間ちょっと、、、

スタッフさんと一緒にがんばりまーーーーーーーーす!!(^o^)v

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

たこ梅分店の店舗面談です

8月の店舗面談~ふりかえり、意見交換するなかで顧客関係性創造の洞察が生まれました~

毎月、月の終わり頃に店舗面談というのをやってます 面談、、、とついてますが、いわゆる面談というより

記事を読む

8月の店長面談です

8月の店長面談~店ごとの売上の違いをつくるものは何か?~

8月も下旬です 今月も各店の店長さんと順番に店長面談をやっています 店ごとの売上は違う 今年の

記事を読む

「いい会社、社員、上司、経営者、出来事」についてのアンケート結果

「いい会社、社員、上司、経営者、出来事」についてのアンケートを今年もやりました!

4月から8月まで、毎月、1ヶ月に1つ、5種類の社員アンケートを実施するようになって3年目を迎えます

記事を読む

松本さんが自分のパートをプレゼンテーション

11月のワクワク勉強会、新人 深澤さんも参加してくれました!

先日、11月のワクワク勉強会でしたが、今年入社の新人 深澤さんも飛び入り参加してくれました 定例の

記事を読む

ワクワク系マーケティング実践術2017の対話会3組目

ワクワク系マーケティング実践術2017対話会の4回目、始まりました!

4月から始まった「ワクワク系マーケティング実践術2017」のビデオを活用した対話会 ワクワク

記事を読む

エナジー・チャイム

ワクワク勉強会に、エナジー・チャイムがやってきた!

今年の5月から、たこ梅では、ワクワク勉強会を店長会議と現場会議の始まる前の2時間やっています

記事を読む

ワクワク系マーケティング情報誌でのABDコ・サマライズ

10月も会議前にワクワク系マーケティング情報誌でアクティブ・ブック・ダイアローグ

たこ梅では、会社として小阪裕司先生の提唱されるワクワク系マーケティングを取り入れています また、会

記事を読む

ワクワク系マーケティングの視点で議論が展開

1月の現場会議~ABDのあとに会議をやるのには理由があります~

先週、今年最初、1月の現場会議をやってました もう、1年半前くらいから、会議の前にアクティブ・

記事を読む

会議用の27インチモニターが届きました!

「会議の時にモニターいるなぁ、、、」と思って、買いました!その値段にビックリ!!(*゚д゚*)

最近、会議をしているとき、急にある資料を見せたり、使いたくなりしました その時は、手元のノートPC

記事を読む

お店再開に向けて検討会議

お店開催会に向けて、ひさびさの会議です

新型コロナによる緊急事態宣言下の5月14日、大阪府から休業要請の段階的解除が発表されました お客さ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

16人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑