*

イモリの赤ちゃん、エラがなくなり子どもに、、、で、溺れます (*゚∀゚)

公開日: 新型コロナ, つれづれに

日本一古いおでん屋「たこ梅」の 雑用係 兼 五代目店主 てっちゃんです

コロナでなく菅政権に殺される!?

緊急事態宣言の休業要請、ホント、長いですわ!
でも、それもあと5日、、、と思ったら、「オリンピックやりたすぎてしようがない症候群」の菅総理をはじめとする政府は、6月21日以降は、まん防に移行して、時短&禁酒令の方向で検討しているのだとか、、、

国立競技場

国立競技場

「オリンピックやりたすぎてしようがない症候群」については、以前、ブログに書いたのでよかったらご覧下さい
政府の「オリンピックやりたすぎてしようがない症候群」は困ったものです

緊急事態宣言再延長を発表する菅総理大臣

緊急事態宣言再延長を発表する菅総理大臣

東京オリンピック終了の8月8日まで、時短&禁酒令が継続されるかもしれませんね _| ̄|○

コロナではなく、菅政権のわがままに殺されそうな飲食業界ですが、わたしはといえば、生き物に癒やされながら、多少なりとも心の平安を保っております

うちの生き物

うちには、生き物がいろいろいます

桃侍くん(中2/暫定六代目)が、食用に買ってきた卵を「孵す!」と温めたらホントに孵って庭を鶏が走り回ってます

家庭菜園を走り回る鶏(にわとり)

家庭菜園を走り回る鶏(にわとり)

数年前に山添村の田んぼで捕ったアカハライモリが産卵して、今年も赤ちゃんイモリが誕生

アカハライモリの卵

アカハライモリの卵

他にも、桃侍くんカブトムシやクワガタ、水生昆虫を飼っていますし、ワンちゃんも1匹います

あと裏庭には、家庭菜園(←鶏が走ってるとこ)もあって、そろそろキュウリが採れそうです

生き物や植物があるって、いいですね
、、、とコロナで強制休業になって、ますます、思います

イモリの赤ちゃんが子どもに成長すると溺れる!?

さて、そんな生き物のひとつアカハライモリの赤ちゃんですが、、、

アカハライモリの幼生

アカハライモリの幼生

卵から孵ったときは、エラだけで手足もありません
カエルのおたまじゃくしみたいなものです

前足が生えてきたイモリの幼生

前足が生えてきたイモリの幼生

これがそのうち、まず、前足が生えてきます

左)前足が生えている 右)前足、後足が生えている アカハライモリの幼生

左)前足が生えている 右)前足、後足が生えている アカハライモリの幼生

そのうち、後ろ足が生えてきます
これも、同じく両生類のカエルのおたまじゃくしと同じ過程を経ます

そして、今の状態はというと、、、

エラのあるイモリの赤ちゃん(幼生)

エラのあるイモリの赤ちゃん(幼生)

まだ、数匹、エラのある赤ちゃん(幼生)状態の個体もいますが、大半は、、、

陸上で休憩するイモリの子ども(幼体)

陸上で休憩するイモリの子ども(幼体)

エラがなくなった子ども(幼体)です

ここには、エラのなくなった子ども(幼体)が5匹、エラのある赤ちゃん(幼生)が1匹写っています

ところで、イモリですが、赤ちゃん(幼生)から子ども(幼体)に成長すると「溺れる」ようになるのです
コレほんとで、赤ちゃん(幼生)時代はエラがあって水中で呼吸が出来るためいくらでも水の中にいられます
完全な大人のイモリ(成体)はというと、エラはありませんが、水中にいても空気が足りなくなったら、上手に泳いで水面に言って呼吸(息継ぎ?)をします

でも、子ども(幼体)は、まだ、上手く泳げないので、水の中にいると呼吸が出来ず溺れて死んでしまいます

なので、必ず、上がって休憩できる『陸地』が必須なのです

イモリはここにいます

陸地で休憩するイモリの子ども(幼体)

アカハライモリの幼生&幼体用の水槽では、陸地を用意してあるのです
水草も多目に入れていて、その上にも上がることが出来るので、こちらも陸地として機能します

今朝も、イモリの赤ちゃんと子どもを眺めながら癒やされています

さて、イモリや鶏さん、わんちゃんとも遊んだので、今日も、がんばるぞーーーーーー!!

お家で、美味しい!楽しい!

生き物には癒やされますが、われわれは、「おいしいもの」で元気を届けたいと思っています
われわれは、170年以上その味を守る関東煮(かんとだき/おでん)、たこ甘露煮で、「お家で、美味しい!楽しい!」を応援します!!

緊急事態宣言でたこ梅の各店は休業していますが、お取り寄せ(通販)で、お店の味を毎日お届けしています
170年以上、その味を守る関東煮(かんとだき/おでん)、たこ甘露煮です

関東煮(おでん)、錫の上燗コップとタンポ、たこ甘露煮

関東煮(おでん)、錫の上燗コップとタンポ、たこ甘露煮

6月20日は「父の日」ということで、今だけ、お父さんに「ありがとう!」の気持ちを伝える懐かしい味を詰め込んだ「父の日のおでんセット」もやっています

「父の日おでんセット」の受付は、明日、6月16日(水)14:00まで!ですので、お父さんにプレゼント、、、と思ったら、今すぐ、たこ梅のお取り寄せサイトをご覧下さいね

父の日の関東煮(おでん)セット 梅

父の日の関東煮(おでん)セットは、関東煮(かんとだき/おでん)に、懐かしい鯨のジャーキー、干し肉、すじどてがセットです

だから、
「お家で、ゆっくりしたいな、、、」「家族と美味しくご飯食べたいな」と思ったら、
離れて住んでいる親やお子さんに「温ったかいものをおくりたい!」と思ったら、
お父さんに「ありがとう!」を伝えたいと思ったら、
たこ梅のお取り寄せを思い出してくださいね

われわれは、そんなコロナでたいへんなみなさんを
「お家で、美味しい!楽しい!」
で応援していきますから

180年近く続く、関東煮(おでん)、たこ甘露煮をあなたのもとへ、大切な人のもとへお届けします

たこ梅のお取り寄せ(通販)サイト

たこ梅のお取り寄せ(通販)サイト

たこ梅のお取り寄せサイトはコチラ!
日本一古いおでん屋のお取り寄せサイト(24時間 受付けています)

そして、大切な方に関東煮(かんとだき/おでん)、たこ甘露煮を贈られるときは、お客さんのその思いや気持ちも一緒にお届けしたいので、、、

あなたの言葉を入れて届けるメッセージカード(誕生日用など数種類ご用意しています)

あなたの言葉を入れて届けるメッセージカード(誕生日用など数種類ご用意しています)

お取り寄せの注文時、「通信欄」にメッセージを書いてただければ、それを印刷して一緒にお届けしています

あなたの言葉を入れて届けるバースデーカード(他にもご用意しています)

あなたの言葉を入れて届けるバースデーカード(他にもご用意しています)

われわれは、関東煮(おでん)、たこ甘露煮といった商品とともに、贈り主であるあなたの気持ちも届けたいと考えています

たこ梅のお取り寄せはこちらを見てくださいね
日本一古いおでん屋のお取り寄せサイト(24時間 受付けています)

関東煮(かんとだき/おでん)のお取り寄せ

関東煮(かんとだき/おでん)のお取り寄せ

楽しく、いきましょーーーー!!

美味しい関東煮(かんとだき/おでん)、たこ甘露煮を食べてやーーーーーー!!

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

左側が現行品、右が数年前に購入のサーモス

水筒THERMOS(サーモス)を買い足しました

日本一古いおでん屋「たこ梅」の 雑用係 兼 五代目店主 てっちゃんです THERMOS(サーモス)

記事を読む

ネットで囲われた菜園を切なそうに見ているボヘーちゃん

ネットの効果、今回は絶大!鶏から野菜は守られています

日本一古いおでん屋「たこ梅」の 雑用係 兼 五代目店主 てっちゃんです うちの家では、昨年、桃

記事を読む

年代別陽性者数と年代別人口

新型コロナ年代別陽性者数と人口ピラミッドの矛盾は、なぜ起こるのか?

日本一古いおでん屋「たこ梅」の 雑用係 兼 五代目店主 てっちゃんです 大阪を含む関西は2月2

記事を読む

明るい「えこひいき」の説明シート

明るい「えこひいき」の説明シートつくりました!

日本一古いおでん屋「たこ梅」の 雑用係 兼 五代目店主 てっちゃんです 明るい「えこひいき」ありま

記事を読む

宅配の「天地無用」シールが気になっています

前から、気になっているものがあります たこ梅って、関東煮(かんとだき/おでん)、たこ甘露煮を通販(

記事を読む

非接触型の体温計

体温計を「つきつけられる」のは、やだ!なぁ、、、

日本一古いおでん屋「たこ梅」の 雑用係 兼 五代目店主 てっちゃんです 昨日、あるチェーンの喫

記事を読む

テレワークの実施率 宣言解除後も減少せず “一定程度 定着”

コロナ後もテレワークは定着、飲食店は新しい対応が必要ですね

日本一古いおでん屋「たこ梅」の 雑用係 兼 五代目店主 てっちゃんです コロナ後もテレワークが定着

記事を読む

三宝清荒神さんのお札を受けました

清荒神清澄寺さんにお参りです!古いお札を納め、新しいお札を受けてきました!

あけまして、おめでとうございます!! たこ梅は、元日は、全店、お休みです!! が、私には、重

記事を読む

カラー筆ペン18色&太字と中字の筆ペン

感謝のハガキやPOPの強い味方!カラー筆ペン18色+2本がやってきました!!

最近、お客さまから、突然にお手紙をもらうことが増えてきました また、取引先さまから、プレゼントやお

記事を読む

水槽のガラスにがんばって張り付くアカハライモリ

イモリちゃん、がんばっています!!

日本一古いおでん屋「たこ梅」の 雑用係 兼 五代目店主 てっちゃんです 今朝、仕事に行く前にイ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

21人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?










PAGE TOP ↑