*

ノルウェーの捕鯨会社ミクロブストジャパンの志水社長が来訪

公開日: 関東煮・おでん, 鯨料理

大阪の関東煮(かんとだき/おでん)に欠かせない食材と言えば、「鯨」です
長い間、商業捕鯨禁止でしたが、昨年、IWCから日本は脱退し、商業捕鯨が再開されました

31年ぶりに商業捕鯨再開(時事通信より)

31年ぶりに商業捕鯨再開(時事通信より)

商業捕鯨再開の話はこちらを見てね
→ 2019年7月1日、31年ぶりに商業捕鯨が再開されました!

ミクロブストジャパン

そして、いち早く、日本の鯨マーケットに参入してきたのが、ノルウェー最大の捕鯨会社であるミクロブスト・バルプロダクタ・エーエス社です

ミクロブスト・バルプロダクタ・エーエス社の日本法人がミクロブストジャパンで、日本で、ノルウェーの鯨肉を広めようと取り組んでおられます

その日本法人の社長が、鯨と鯨食文化が好きすぎて、日本鯨類研究所に努めて鯨肉の普及に励んでおられましたが、スピードが遅い!」と飛び出して、ノルウェーと日本の橋渡しをすべく、ミクロブスト・バルプロダクタ・エーエス社に飛び込んでしまった志水社長です

ノルウェーの捕鯨会社の志水さんと打ち合わせ

ノルウェーの捕鯨会社の志水さんと打ち合わせ(2019年)

そして、ちょくちょく、大阪に来たらお店はもちろん、たこ梅の事務所にも寄ってくださいます

鯨戎さま

鯨戎さま(2019年)

これは、昨年もらった、鯨戎さまです
いまも、各店と事務所に飾っています

志水社長が今年も来訪

志水社長は、ほんまもんの鯨好きで、メインの仕事は日本でのノルウェー産鯨肉の販路を広げることですが、必ず、毎年、捕鯨船にも乗られます
ノルウェーでは、夏の7-9月くらいに数回捕鯨船で北極海に漁にでます

そのとき、1回は捕鯨船に乗って、どんな鯨なのか?日本で受け入れられるためにどのような加工が必要か?などを見たり、指導したりされているのです
現場をよくご存じて、鯨のことであれば何でも相談できる信頼に足る方です

ミクロブストジャパンの志水浩彦社長

ミクロブストジャパンの志水浩彦社長

そのミクロブストジャパンの志水社長が、今年も、大阪においでになるときに、たこ梅の事務所によってくださいました
新聞の特集記事にも、大きく取り上げられて、志水社長の写真も載っています

さえずり®となるミンク鯨の舌

さえずり®となるミンク鯨の舌

これからも、美味しい鯨肉(特に鯨の舌)をお届けいただけるとのこと、それをつかって、サエズリをつくって旨い関東煮(かんとだき/おでん)を出し続けたいと思います

志水社長、これからも、よろしくお願いします

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

秋が旬の竹の子の関東煮(かんとだき/おでん)「四方竹」が、大人気です!!

おはようございます 竹の子、、、って聞くと、「春だなぁ~」って思いますよね 普通、そうです!

記事を読む

たき上がった「たこ甘露煮」です

170年以上前から、たこ梅の二大名物は、さえずり®とたこ甘露煮です!

もう、170年以上になるのです たこ梅が始まってから、、、 たこ梅の創業からの名物 たこ梅の創

記事を読む

つらい仕事が天職に変わる!(肥前利郎 著)を20冊まとめ買い

休業中に「つらい仕事が天職になる!(肥前利郎 著)」を読めるように配りました!

お店として小阪裕司先生が提唱される「ワクワク系マーケティング」に取り組んでいます このワクワク系マ

記事を読む

たこ梅の「ねりもん5兄弟」

関東煮・おでん屋「たこ梅」にいるのは、だんご3兄弟じゃなくて、「ねりもん五兄弟」です!!

もう、20年近く前になりますが、1999年オリコン年間シングルチャート1位を獲得し、一世を風靡した「

記事を読む

道頓堀にある たこ梅 本店です

「水野真紀の魔法のレストラン」に、道頓堀の たこ梅 本店が登場しました!ちょこっとね!!

たこ梅は、おかげさまで、たこ甘露煮や関東煮(かんとだき/おでん)のことで、ちょくちょく、取材をうけま

記事を読む

毎日放送(MBS)「Maki's 魔法のレストラン」

今日1/30MBS「魔法のレストラン」に 道頓堀 たこ梅本店が登場するもようです

すいませーーーーん お知らせが、遅くなってしまいましたーーーーーーー!! 毎日放送(MBS

記事を読む

「さえずり®の端っこ」の関東煮(かんとだき/おでん)お知らせ

「さえずり®の端っこ」の関東煮(かんとだき/おでん)をやっちゃう!らしい、、、

お店を創業したのが今から175年前の弘化元年です 創業当時からの名物があるのですが、、、

記事を読む

牡丹牡蠣(ぼたんかき)の関東煮(かんとだき/おでん)

「牡丹牡蠣(ぼたんかき)」の関東煮(かんとだき/おでん)、やっと、始まりました!

常連さまから、 「なぁ、年超してまうで、、、まだ?」 「冬おわってまうで?いつからやんの?」

記事を読む

山添村産「平サヤインゲン」の関東煮(かんとだき/おでん)

超限定)山添村の「平サヤインゲン」の関東煮(かんとだき/おでん)やってます

先日、たこ梅野菜部の活動で、奈良山添村にある自然農法畑の手入れに行ってました 畑の雑草の草刈

記事を読む

キノコ満載!?店長の気まぐれ関東煮(かんとだき/おでん)が登場!!

すっかり、朝、夕も涼しく、、、というより、肌寒い感じですね 秋も、深まってきたようです そんな秋

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

16人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑