*

ノルウェーの捕鯨会社ミクロブストジャパンの志水社長が来訪

公開日: 関東煮・おでん, 鯨料理

大阪の関東煮(かんとだき/おでん)に欠かせない食材と言えば、「鯨」です
長い間、商業捕鯨禁止でしたが、昨年、IWCから日本は脱退し、商業捕鯨が再開されました

31年ぶりに商業捕鯨再開(時事通信より)

31年ぶりに商業捕鯨再開(時事通信より)

商業捕鯨再開の話はこちらを見てね
→ 2019年7月1日、31年ぶりに商業捕鯨が再開されました!

ミクロブストジャパン

そして、いち早く、日本の鯨マーケットに参入してきたのが、ノルウェー最大の捕鯨会社であるミクロブスト・バルプロダクタ・エーエス社です

ミクロブスト・バルプロダクタ・エーエス社の日本法人がミクロブストジャパンで、日本で、ノルウェーの鯨肉を広めようと取り組んでおられます

その日本法人の社長が、鯨と鯨食文化が好きすぎて、日本鯨類研究所に努めて鯨肉の普及に励んでおられましたが、スピードが遅い!」と飛び出して、ノルウェーと日本の橋渡しをすべく、ミクロブスト・バルプロダクタ・エーエス社に飛び込んでしまった志水社長です

ノルウェーの捕鯨会社の志水さんと打ち合わせ

ノルウェーの捕鯨会社の志水さんと打ち合わせ(2019年)

そして、ちょくちょく、大阪に来たらお店はもちろん、たこ梅の事務所にも寄ってくださいます

鯨戎さま

鯨戎さま(2019年)

これは、昨年もらった、鯨戎さまです
いまも、各店と事務所に飾っています

志水社長が今年も来訪

志水社長は、ほんまもんの鯨好きで、メインの仕事は日本でのノルウェー産鯨肉の販路を広げることですが、必ず、毎年、捕鯨船にも乗られます
ノルウェーでは、夏の7-9月くらいに数回捕鯨船で北極海に漁にでます

そのとき、1回は捕鯨船に乗って、どんな鯨なのか?日本で受け入れられるためにどのような加工が必要か?などを見たり、指導したりされているのです
現場をよくご存じて、鯨のことであれば何でも相談できる信頼に足る方です

ミクロブストジャパンの志水浩彦社長

ミクロブストジャパンの志水浩彦社長

そのミクロブストジャパンの志水社長が、今年も、大阪においでになるときに、たこ梅の事務所によってくださいました
新聞の特集記事にも、大きく取り上げられて、志水社長の写真も載っています

さえずり®となるミンク鯨の舌

さえずり®となるミンク鯨の舌

これからも、美味しい鯨肉(特に鯨の舌)をお届けいただけるとのこと、それをつかって、サエズリをつくって旨い関東煮(かんとだき/おでん)を出し続けたいと思います

志水社長、これからも、よろしくお願いします

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

産経新聞2018年9月13日朝刊「語り場 もず唱平さん」の記事

産経新聞「語り場 もず唱平さん」に道頓堀 たこ梅本店が載ってます!

昨日、2018年9月13日の産経新聞朝刊、「語り場」というコーナーで作詞家の もず唱平さんが取り上げ

記事を読む

葉を取り除きズイキの部分だけにしていきます

緊急速報!山添村のズイキ、万願寺唐辛子とチンゲンサイが数量限定で登場です

今年の3月から奈良の山添村で自然農法の畑を始めました そして、毎月1回、野菜部のスタッフさんと山添

記事を読む

店主の知らない関東煮(かんとだき/おでん)「しめじベーコン」

店主の知らない関東煮・おでん!「シメジベーコン」編!

世の中には、知らない世界、、、があるといいます、、、 でも、たこ梅には、五代目店主(てっちゃん)の

記事を読む

コロナ陽性者数増加と繰り返される自粛要請

コロナ禍は2年は続く!美味しく楽しく過ごせる商品・サービスをいっぱいつくろう!!

この1年、コロナで、みなさんも、自粛自粛で大変だと思います 日本一古いおでん屋も、休業だの、時短営

記事を読む

店長の気まぐれ関東煮(かんとだき/おでん)の「なると」と「梅やき」

店主の知らない関東煮・おでん「なると」!「梅焼き」だけじゃなかったのかよ、、、_| ̄|○

世の中には、知らない世界、、、があるといいます、、、 でも、たこ梅には、五代目店主(てっちゃん)の

記事を読む

牡丹牡蠣(ぼたんかき)の関東煮(かんとだき/おでん)

今年も始まりました!「牡丹牡蛎」(ボタンカキ)の関東煮(おでん)

日本一古いおでん屋「たこ梅」の 雑用係 兼 五代目店主 てっちゃんです 今年は、ちょっと遅めで

記事を読む

西宮の酒蔵さんの蔵開2019

2月16日西宮「白鹿 蔵開」、たこ梅の関東煮・おでんブースを出店です!

毎年、1月から3月にかけて、西宮の6つの酒蔵さんが蔵開きをやってます 西宮の酒蔵さんの蔵開2

記事を読む

うずら卵のはいった小桜を試食です

桜?春の関東煮(かんとだき/おでん)準備中!お店でお花見!???

明日は、3月3日、桃の節句ですね ただ、お店では、もう、桜です! って、早咲きの川津桜、、、とか

記事を読む

たこ梅東店(ホワイティうめだ)の関東煮(かんとだき/おでん)定食

ちょくちょく、普通にお客さんで利用してます。お昼に関東煮(かんとだき/おでん)定食を!その理由は、、、

お店が、本店は道頓堀、北店・分店・東店は梅田にあります それで、お昼も、お店の近所で食べる事がしば

記事を読む

「地三つ葉(じみつば)」の関東煮(かんとだき/おでん)

五代目店主の知らない関東煮・おでん!「三つ葉」編

世の中には、知らない世界、、、があるといいます、、、 でも、たこ梅には、五代目店主の知らない関東煮

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

19人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?










PAGE TOP ↑