*

ワクワク系マーケティング 小阪裕司先生の講演を聞いて、気づいたこと、、、

公開日: 学習・研修&セミナー

名前は、ちょっと「ふざけてる?」って思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、いたってマジメに、そして、楽しく商売にとりくむ「ワクワク系マーケティング」というのを情報工学博士 小阪裕司先生が提唱されています

ワクワク系マーケティング実践会の公式サイト

ワクワク系マーケティング実践会の公式サイト

同時に、小阪先生は、ワクワク系マーケティング実践会という会員組織をつくって、お互いに学び合う場を提供されているのですが、たこ梅も、この実践会に入会しています

入会したのは2011年と、もう、7年になりますが、正直、このワクワク系マーケティングに実質的に取り組み始めたのは、2,3年前から、、、^^;;;

ワクワク系マーケティング実践講座で上原さんが取り組んだことを発表

ワクワク系マーケティング実践講座で上原さんが取り組んだことを発表

昨年、一昨年と、8ヶ月にわたって実践と学びを繰り返す「ワクワク系マーケティング実践講座」にも、2人ずつ、スタッフさんに参加していただきました
今年も、また、二人、参加してもらうことにしています

小阪裕司特別講演「感性に訴え、顧客を創造する」を聞いてきました

先日、このワクワク系マーケティング実践会のお友だちから、小阪先生が、京都で講演されるので、一緒に聞きに行きませんか?とお誘いいただいたので、スケジュールを調整して行ってきました

小阪先生、ワクワク系マーケティング実践会の仲間と記念撮影

小阪先生、ワクワク系マーケティング実践会の仲間と記念撮影(画像はお友だちのFBから拝借)

通常、短くて2時間くらいの講演で話されているのが、今回は、1時間、、、
ワクワク系マーケティングのエッセンスを1時間に詰め込んだ、ちょっと、駆け足の講演でした

正直、小阪先生のお話は何度もきいてますし、本も読んでいます
ただ、こうやって改めて聞くと、そのとき、何かひっかかる!気になる!言葉や内容があります
それって、自分がなんとなく、商売上で、課題に思っていたり不安に感じていることに反応して、ひっかかるのだと思います

この1時間の講演で、小阪先生は「こういうお話をしていると、特に初めて聞かれた方は、こんな風にPOPやチラシを書けばいいのか!とワクワク系マーケティングをテクニックのように思われることがありますが、そうではありません。」という趣旨のことを幾度となく話され、「お客さまの心を動かすことが、その行動を呼び起こし、そして、その行動のみが売上をつくる」んだということを伝えようとされているように思いました

お店とお客さまが「いい!」と感じることはズレている

そして、その話の中で、私が、「あっ!」と引っかかったのは、「POPを書いても書いても、大して効果が無い、、、」とおっしゃる方に関して、話された次のひとことです

その場合、「書き手(お店)が書きたくなること」と「読み手(お客さま)が読みたくなることが、『ズレ』ている!

小阪裕司特別講演「感性に訴え、顧客を創造する」を聞いてきました

小阪裕司特別講演「感性に訴え、顧客を創造する」を聞いてきました

お客さまが、「これ、面白い!」とか「これ、欲しい!」って思うときは、当たり前ですが、お客さまが、その商品やサービスの『価値』をなにかしら認知したことになります
この価値(小阪先生は「感性価値」とおっしゃいます)をお店側がお客さまに伝えられたら、お客さまは、「買う」という「行動」をとります(少なくも、買うという行動をとる可能性が高くなります)

そのひとつの手段としてPOPやチラシがありますが、ついつい書き手であるお店の人は、その商品やサービスの自分(お店)が「いい!!」と思っていることを書いてしまいます
それが、たいがい、お客さまにとっての「いい!」とは『ズレ』ているのですが、それに気づかない、、、んですね

POPで伝える価値の「ズレ」に気づけるようになるには、、、

これまでも、POPで価値を伝えられるようにスタッフさんに研修を受けてもらってきました
そして、いまでは、ほとんどのお店のスタッフさんが、POPを書いてくれています

ただ、スタッフさんから相談を受けたり、私が見ていて「うん???なんで、こうなるの???」っていうPOPも、しばしばあります
そういうときは、「ターゲットは誰?何を伝えたいの?で、どんな行動を取って欲しいの?」なんてことを質問しながら、一緒に修正していました

今回、小阪先生のその場合、「書き手(お店)が書きたくなること」と「読み手(お客さま)が読みたくなることが、『ズレ』ている!という言葉を聞いたときに気づきました

私が、スタッフさんとやっていたのは、スタッフさんの上手く行っていない行動(お客さまに価値が伝わるPOPがかけていない)を単純に修正しようとすることだったんだと、、、
学習理論で言う「1次ループ学習」だったということがわかりました

これが、いけない、、、わけではありませんが、行動の修正、1次ループ学習だと、基本的にその時は、修正されて上手く行くかもしれませんが、その根本である「どうして、そんな行動をとっているのか?」という「構造」や「意識・無意識の前提」「メンタルモデル」が変わっていないので、同じ行動(この場合は、また、価値の伝わらないPOPをかいてしまう)が繰り返されます

「意識・無意識の前提」「メンタルモデル」まで行くのは、なかなか難しいこともしっていますが、そのちょっと手前で、もし、自分で、自分の伝えようとしてる価値が、お客さまが「そうそう!これこれ!!」っていう価値にヒットせず、『ズレ』ている、、、ということに気づけたら、、、

POPを書いた後だったら、反応がないのは『ズレ』ているから、、、とおもって、自ら修正行動をとることができるようになります
そのうちに、きっと、POPを作成する段階で『ズレ』ているかどうかを意識するようになって、POP作成段階で、お客さまの感性に基づく価値を取り出せるように、少しずつ進化していくようになると思います

で、毎年、5月と9月に全体研修をやっていますが、このときに、自分が思う価値とお客さまにヒットする感性価値のズレに気づき、修正できるようなことを盛り込もうと思います

まぁ、どうなるかわかりませんが、スタッフさんと一緒に、よりお客さまにヒットする「感性価値」をお伝えして、喜んでいただけるように進んでいきます!!

今日も、楽しく、がんばりまーーーーーーーーす!!(^o^)v

 

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』五代目 てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

不思議な絵と言葉の書かれたカードを選んでいます

「行動探求入門セミナー(前編)」を たこ梅 本店で開催!学習する組織にスタッフ全員で一歩ずつ踏み出します!

平成20年のリーマンショック! それまで順調だった売上が、そこから右肩下がりに、、、 行動探求入

記事を読む

ワクワク系マーケティング実践講座2017 第1講のふりかえり!!

ワクワク系マーケティング実践講座2017に行ってくれたスタッフさんとふりかえり!

ちょうど1年前、たこ梅 分店の上原さん、東店の大西さんが、大阪から新横浜まで連続5回の「ワクワク系マ

記事を読む

721フォーラムのワールドワーク版のデモンストレーション ミンデル夫妻がガイドをされています

5月3,4日アーノルド・ミンデル、エイミー・ミンデル夫妻による「葛藤解決と平和のためのプロセスワーク」セミナーに行ってきました

平成20年8月のリーマンショック以後、順調だった経営が、急激に右肩下がりに、、、 (そのおかげで、

記事を読む

『成人発達理論による能力の成長』オンラインゼミナールの事前課題

『成人発達理論による能力の成長』オンラインゼミナールを受講します

会社やお店の成長を願う経営者は多いでしょうし、同じく、そういう思いの社員さんもたくさんいらっしゃると

記事を読む

「情報があり過ぎる時代に、選んでもらうためのエクスマ・SNS活用セミナー」に行って来ました!

モノを売るな!体験を売れ! 昨日は、「モノを売るな!体験を売れ!」というエクスペリエンスマーケティ

記事を読む

メンバーと自分の「顧客の旅デザインマップ」についてディスカッションする髙羽さん

ワクワク系マーケティング実践交差2018の第2講は「顧客の旅デザインマップ」!です

5月から、来年1月まで、5回にわたる「ワクワク系マーケティング実践講座2018」に、新梅田食道街 た

記事を読む

安藤さんと多比羅さん、ワークに集中しています

「脱人材不足!自発的な人財を集める採用術」セミナーにスタッフさんと行ってきました!

おはようございます! 昨日は、道頓堀 たこ梅 本店の安藤さん、ホワイティうめだ たこ梅 東店の多比

記事を読む

臨時休業させていただきます

本日(9/15)、研修のため臨時休業です!スタッフさんと一緒に勉強してきます!!

おはようございます! 「関東煮(かんとだき/おでん)」と「たこ甘露煮」の上燗屋、今年173年目の『

記事を読む

本日は、臨時休業させていただきます

本日(7/20)、研修のため臨時休業です!スタッフさんとお勉強です!!

おはようございます! 「関東煮(かんとだき/おでん)」と「たこ甘露煮」の上燗屋、今年174年目の『

記事を読む

Natural Organizations Labの吉原史郎さん、吉原優子さんにホラクラシーの話をうかがっています

自然農法から学ぶティール組織開発を日本初のホラクラシー・ワン認定ファシリテーターの吉原史郎さんに話を聞いてきました!

先週、兵庫県伊丹市へ、自然農法とティール組織の話を聞きに行ってきました なんで、自然農法とティール

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

10人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑