*

スタッフさんと1月の「これからのリーダーシップ勉強会」に行ってきました!

たこ梅は、ご存じの通り、たこ甘露煮、関東煮(かんとだき/おでん)とお酒をお出しする上かん屋®という飲食店です
もちろん、美味しいものをおだしするのに、日々、スタッフさんも私も努力しています
それだけじゃなく、どんな風にこの商品のいいところ(正確にはお客さまにとって、どんないいコトがあるか!ってことですが)をお伝えすることを学んだり、先輩や後輩、お客さまにどうかかわるのか?そのために、自分はどうあるのか?なんてことも、セミナーを受けたり、研修に行ったりして学びます

1月の「これからのリーダーシップ勉強会」に行ってきました

ちょうど、5年前の1月から、たこ梅では、智恵と力を合わせるために会議ファシリテーションを始めました
その時、たこ梅で研修して下さったのが、大阪にあるチーム経営の方でした
その後も、チーム経営さんには、研修やセミナーなどで、お世話になっています
先日も、道頓堀にある たこ梅 本店のスタッフリーダー和田さん、ホワイティうめだ(地下街)にある たこ梅 東店の岡店長と3人で、チーム経営さんの「これからのリーダーシップ勉強会」に参加してきました

1月の「これからのリーダーシップ勉強会」です

1月の「これからのリーダーシップ勉強会」です

昨年の9月から毎月1回ずつ、今年の7月まで、前11回の講座です
和田さん、岡店長、私は、年間で申し込んでいますが、単発の講座を受講することも可能です
ちなみに、1年間のスケジュールは、こんなんです

【「これからのリーダーシップ勉強会」のスケジュール】

オープニング:学びのねらいをつくる
9月10日 この勉強会で何を得たいのかを考える

チームに対する洞察力を高める
10月8日 チームの関係性をつかむ<対話>
11月12日 場をみるトレーニング(1)
12月10日 場をみるトレーニング(2)

自らのレジリエンス(回復力)を高める(1)
1月14日 レジリエンスを高めるためには?<対話>
2月18日 チームづくりのための“介入”を試してみる

チームの成長を促す力を高める
3月10日 チームの成長を促すためには?<対話>
4月14日 チームの成果をあげる要因に気づく体験学習(1)
5月12日 チームの成果をあげる要因に気づく体験学習(2)

自らのレジリエンス(回復力)を高める(2)
6月9日 メンタルタフネスを高める

クロージング:1年間のまとめ
7月14日 学んだことをわかちあい、次の一歩を踏み出す

<この勉強会のねらい>
・多様性を生かし、協同と変革を促すリーダーシップを学ぶ
・人やチームを生かす、自分らしいリーダーシップを身につける

この「これからのリーダーシップ勉強会」に興味を持たれた方は、詳しいことは、チーム経営さんのサイトをご覧下さいね
「これからのリーダーシップ勉強会」の公式ページ

で、今回は、「レジリエンスを高めるには?<対話>」ということで、ワールドカフェ形式で4人ずつのテーブルにわかれ、レジリエンスに関するテーマで対話をして、レジリエンスってなに?自分のレジリエンスを高めるには?ということを深めていきます

レジリエンスの対話の中で気づいたこと

そんなレジリエンスについての対話の中で、私が、気づいたことがあります
忘れないように、備忘録的に、ちょっと書いておこうと思います

【レジリエンスについて備忘録】
自分の軸、自分の存在がゆるがないときは、レジリエンスが高い
自分の軸、自分の存在がゆらぐ時、不安になりやすい
そう(不安やツライ気持ちなど)なったときは、「自分の軸」「自分の存在」がどうなっているか、自分に問い直す
—————————————————————————-
今、ここにいる意味を問う
—————————————————————————-
自分を完全に信じてくれる人が、たったひとり、そばにいてくれるとレジリエンスは高くなる
自分をさらけだして、相手に伝えるとき、結果、レジリエンスは高くなる

「これからのリーダーシップ勉強会」の後は、3人でふりかえりです

セミナーや研修、勉強会のあと、会議のあとも、たこ梅で、必ずするのが「ふりかえり」です
各々が参加して、何にきづいたか、どんな気持ちだったか、なにを感じたか、疑問、感想などを言葉にして、共有します
そして、そこで意見交換も行います

リーダーシップ勉強会後のふりかえり中です

リーダーシップ勉強会後のふりかえり中です

この日も、終わったあと、まず、簡単にふりかえりをしました
そして、カンパーーーーイ!!
ちょっとアルコールが入ると、正直、お互い、さらに舌も滑らかになって、つっこんだ話もできます
同じ時間、同じ場所で、同じ勉強会である「これからのリーダーシップ勉強会」に参加していても、ひとりひとりが気づくこと、興味をもつところ、疑問におもうことなど、まったく違います
ふりかえりの中で、それを確認するだけでも、多様性というか幅広さに驚かされると同時に、自分の、視野も少しずつ広がっていくのを感じます
また、来月、岡店長、和田さんと、リーダーシップ勉強会に行ってきます!!(^o^)v

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

「行動探求」(ビル・トルバート 著)と「NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法」(マーシャル・B・ローゼンバーグ 著)

行動探求とNVC(非暴力的コミュニケーション)は相性がいい!!

平成20年9月のリーマンショックを機に、いくら自分たちが、いわゆる努力やがんばっても、とんでもないこ

記事を読む

本店で松本さんに「NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法」(マーシャル・B・ローゼンバーグ 著)をプレゼント

NVCオンライン基礎講座を松本さんと大西さんが受講してくれます!

自分が腹が立っているとき、悲しいとき、とまどっているとき、、、 私もそうですが、たいていは、「○○

記事を読む

付箋をつけられた書籍

簡単にできる頭に入る本の読み方!最近、これやってます

平均すると、どうも、月に2冊前後、本を読んでいるようです 世間では、色んな本を読む読み方があるよう

記事を読む

KAIKA Awards のフィードバック

日本能率協会(JMA)さんからKAIKA Awardsエントリーのフィードバックいただきました

昨年の夏前頃、日本能率協会(JMA)さんから、1通のお手紙というか封筒が届きました KAIKA A

記事を読む

打合せ中に「写真撮るよ!」っていったら思い思いに顔を作ってくれました

怒りで始まった打合せが、笑顔で未来に向かう『場』になった理由(わけ)とは?

この前、たこ梅の取引先さんと各店のスタッフさんとで、近々に行うお客さまイベントの打合せをすることにな

記事を読む

ロバート・フリッツと記念に

ロバート・フリッツ 創り出す思考ワークショップに、行ってきました!

2008年9月のいわゆるリーマンショックを機に、順調だった売上(社内では買上といってます)が下がり始

記事を読む

ジュンク堂書店 大阪本店3Fの「Teal これからの組織はどう変わる?フェア」コーナー

ジュンク堂書店「Teal これからの組織はどう変わる?フェア」コーナーで、たこ梅文庫にある本は何冊か?

この前、ツイッターにこういうツイートが流れてきました ジュンク堂書店「Teal これからの組

記事を読む

利益が見える戦略MQ会計(西順一郎 監修,宇野寛・米津晋次 著)

利益が見える戦略MQ会計(西順一郎 監修,宇野寛・米津晋次 著)を5冊購入!!

先週、道頓堀にある たこ梅本店の和田店長と5月の店長面談をやってました 5月の店長面談の和田

記事を読む

1対多で対話が進みます

畑仕事のあとの「1対多」の面談で、自己理解を深めるテーマも取り扱いました

毎月一回、店長さん、SA(スタッフアテンダント/各店1名の現場のとりまとめ役)さんと面談をしています

記事を読む

英治出版さんの「組織は変われるか」(加藤雅則 著)モニターキャンペーンに当選!届きました!

「組織は変われるか」(加藤雅則 著)の新刊モニターに当選!、、、したので読みます

平成20年のリーマンショックで、いくら、自分たちが努力しても、がんばっていても、とんでもないことは勝

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

16人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑