*

床下で1年寝かせた自家製梅酒が、今年も始まりましたよ!だいたい、毎年、2,3ヶ月で売切れのようです

公開日: 酒・ビール・飲み物, 季節・旬

毎年、6月から、2,3ヶ月だけの飲み物があります
べつに、もったいつけてるわけじゃなくて、売り切れちゃうからなんですが、、、
今年も、始まりましたよ!

小さい頃から、おばあちゃんと一緒に梅酒をつけていました

私が、子どもの頃、今の時期になると、毎年、祖母で たこ梅の三代目女将になる「岡田ウメ」が、梅酒をつけます
そして、私も、毎年のようにお手伝い、、、

梅酒名人の三代目女将「岡田ウメ」です

梅酒名人の三代目女将「岡田ウメ」です

おばあちゃんが口癖のようにいってたのは、「梅はケチケチしたらあかん!パーッといっぱいつかうんやで!!」ってこと
明治生まれの人なので、お中元やお歳暮の包み紙、結わいてある紐なんかも、種類別にキチンとなおして、いつでも使えるようにしているくらい始末する人でした
ただ、それってケチなんじゃなくて、必要な時は、それこそ惜しげもなくつかう、、、

梅酒もそうでした、大粒の立派な梅を買ってきますが、なかには、キズのある梅もある
そういう梅は、梅酒には使わずにハネる!
でも、捨てたりしません
傷んだところは取り除いて、甘くたいたりして、すべて使い切ります
「モッタイナイ」って今では、国際語らしいですが、それを息をするようにやってたんでしょうね

床下で1年寝かせた自家製梅酒が今年もスタートです

そんなウメばあちゃんに教わった梅酒を毎年つけています
和歌山でとれた古城(ごじろ)梅という大粒梅をそれこそたーーーぷり使って、あとは、焼酎(ホワイトリカー)と氷砂糖だけでつくります

それを梅酒を寝かせるためだけにつくった床下収納で、1年間寝かせます
冗談じゃなくて、今の仕込み場に立て替える時、子どもの頃の梅酒と同じようにつくりたくて、タタミで1畳はある大型の床下収納をこしらえました
床下は、夏でも涼しく、冬も凍り付く寒さにはならない適度な温度
そこで、じっくり熟成させた梅酒をつくりたかったから、、、

1年床下で寝かした自家製の梅酒です

1年床下で寝かした自家製の梅酒です

今年も、そんな自家製の梅酒が仕上がりました!!

毎年ですが、早い年では1ヶ月半くらい、

梅酒には梅の実をいれることも出来ます!(もちろんサービスで!!)

それから、私、おばあちゃんのつけてくれた梅酒の梅の実を食べるのが大好きでした
プックリと丸くふくらんだ梅の実です
よくシワクチャになってる梅酒の梅の実がありますが、あれは、氷砂糖が一気にとけて周囲のホワイトリカーの糖度が上がって梅の実から水分が吸い出されてしまったからです
それで、うちの梅酒では、ちょっと手間ではありますが、次の2つのことをやってます

【梅酒の梅の実をプックリとさせるコツ】
・氷砂糖は出来るだけ大粒のものを使う(ゆっくり溶けてもらうため)
・氷砂糖は、2週間から1ヶ月あけて2回に分けて投入する(ホワイトリカーの糖度上昇をゆっくりにするため)

錫の焼酎コップにいれた自家製梅酒と梅の実

錫の焼酎コップにいれた自家製梅酒と梅の実

そうすると、この写真のようなプックリふくらんだ梅の実になります
ちなみに、この画像は、ホワイティうめだ(地下街)にある たこ梅 東店のお客さまが、ツイッターにあげられていたのをおことわりして、使わせていただいてます(^o^)

うちは、自家製なので、梅の実もたくさんあります
なにせ、「梅は、ケチケチせずパーッといっぱいつかえ!」って、おばあちゃんの教えを守ってますから(笑)
ご希望で、お店で梅酒をご注文の時、梅の実も入れさせていただいてます
もちろん、サービスなので追加料金なんてありませんよ

ただ、梅酒ご注文のときに、「梅の実いれましょうか?」って、うちの店員さんに聞かれるかもしれません
というのは、梅の実がプックリするように凝るくらい大好きなんで、みなさん、梅に実を食べるの大好き!だと思ってたんです
実は、数年前、お客さまに「梅の実って、飲む時にじゃまやなぁ~(ない方がええねんけど←お客さまの心の声)」っていわれたんです

「え゛~!!」って声には出しませんでしたが、ビックリしたのと、ちょっと、ショック、、、orz
氷砂糖を2回に分けて入れたり、いろいろ、手間暇掛けてやってたのに、、、って
ただ、ちょっとちがうかもしれないけど、マティーニのオリーブ「じゃまっ!」って思ったことありますから、、、私も、、、(笑)
だから、そうおっしゃるお客さまの気持ちがわからないでもありませんですので、うちの定員さんが、「梅の実いれましょうか?」とかって聞くこともあります!ってことなんです

もちろん、、、
「梅の実、大好き!」「うれしーーー!!」って方は、梅酒をご注文のときに
「梅酒、梅の実いりで!!」
っていっていただけると、メッチャ、嬉しいです!!\(^o^)/

ただ、梅の実にも、さすがに限りがあるので、出払っちゃったら、そんときはゴメンナサイ!!<(_ _)>

さて、今年も、和歌山の大粒梅「古城(ごじろ)梅」をつかって、床下で1年寝かせた自家製梅酒をお客さまに飲んでいただかないとね!!
がんばるぞーーーー!!(^o^)v

 

 

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

今年の「新酒の酒粕」が届きました!

今年も、「新酒の酒粕」が届きましたよ!!

なんか、急に寒くなってきましたね 北海道では、いきなり雪が積もって、大変なんだとか、、、 ただ、

記事を読む

「私の生ビール、完璧!」と嬉しそう

ビール工場見学「B40 たこ梅サミット 2019」開催!前編

この夏で5回目となる たこ梅FUN倶楽部員さんといくアサヒビール吹田工場見学 今年も行ってきました

記事を読む

「ホンマに旨い『生』を見つけ隊」のあとのスタッフのふりかえり会

スタッフさんと「ホンマに旨い『生』を見つけ隊」のふりかえり

研修をしたり、お客さまイベントをしたりすると、その後、かならず「ふりかえり」をすることにしています

記事を読む

「子持ち烏賊(イカ)」の関東煮(かんとだき/おでん)

夏限定!プリプリの卵たっぷり「子持ち烏賊(イカ)」の関東煮(かんとだき/おでん)が、今年も、始まりましたよ!

この夏も、始まりました!! 「これ、酒にあうなぁ~」 「ビールのアテにメッチャええわぁ~」 と

記事を読む

赤い貝割れ菜の関東煮(かんとだき/おでん)

店主の知らない関東煮・おでん!「赤い貝割れ菜」編

世の中には、知らない世界、、、があるといいます、、、 でも、たこ梅には、五代目店主(てっちゃん)の

記事を読む

水洗いしてカゴで休憩中のネギちゃんです

寒い日が続くと、ますます、美味しくなる関東煮(かんとだき/おでん)が『ねぎま』です!

暖冬かと思ってたら、先週、いきなり猛烈な寒気がやってきて、大阪でも、連日の氷点下、、、 冷たかった

記事を読む

お店の外に貼ってあるお店でお花見のお知らせ

忙しくて花見にも行かれへん、、、ですよね!だから「今宵のお花見、ととのえております!」お店で、、、(^o^)v

そろそろ、お花見シーズンですね 桜も、ちらほら、咲き始めているところもあるようです ソメイヨシノ

記事を読む

純米「中汲み」無濾過原酒

清酒を搾る時、一番に綺麗で旨いところが「中汲み」です!その中汲みだけのお酒を限定ですがお届けします!

お酒って、米と麹、そして、酵母で発酵させてつくる それを搾る、、、 これだけ見ると、単純そうです

記事を読む

大阪ミナミの隠れた情報も満載の「ミナミ本」

「ミナミ本」で、道頓堀 たこ梅 本店の秘密・ナゾをいろいろ取り上げていただきました!

10月に京阪神エルマガジン社の方が、道頓堀にある たこ梅本店に取材に来てくれはりました 商品

記事を読む

和田店長、いっぱ収穫してくれています

緊急速報!山添村で作った無農薬「菊菜」を関東煮(かんとだき/おでん)で出します!!

今年の3月から、奈良県の山添村でスタッフさんと自然農法で野菜を栽培しています 山添村で3月に自然農

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

16人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑