*

裏庭の自然農法実験畑に野菜20種類以上のタネと苗を植えました!(前編)

公開日: 働く環境, 成長・発達, 農業科・畑部

奈良の山添村でスタッフさんと自然農法の畑を今年の3月から始めました

自然農法を始めた理由(わけ)その1

月に1回ペースで、この自然農法の畑を見に行くことにしています

雑草を引いたり畝を直しています

雑草を引いたり畝を直しています

この自然農法を始めたのは、山添村に研修施設として古民家があるんですが、そこに、ちょうど、小さな畑をするのに適当なスペースがあったからです
さらに、場所が山添村なもので、車で片道一時間半、そうしょっちゅう行けません
そんなときに、自然農法だったら、農薬や肥料はもちろん、(原則として)水もまかなくてもOKだと知りました
月に1回くらい見に行けばいいらしい、、、

「だったらできそう!」と思って、スタッフさんと自然農法で畑を始めたのです

レタスとキャベツの苗を植えています

レタスとキャベツの苗を植えています

山添村での自然農法の畑づくりの話はこちらです
→ 春の奈良山添村で自然農を始めます!第2回の天地返しです(前編)
→ 春の奈良山添村で自然農を始めます!第2回の天地返しです(中編)
→ 春の奈良山添村で自然農を始めます!第2回の天地返しです(後編)

自然農法を始めた理由(わけ)その2

もうひとつ、自然農法を始めた理由があります
それは、奈良の空いた土地を畑で活用出来るかも、、、
自然農法なら、月に1回くらい行くだけでOKでなんとかなるかも、、、
と思ったものの実際にどうやるかわかりませんでした

講師の吉原優子さんと完成した畑の畝の前で記念撮影

講師の吉原優子さんと完成した畑の畝の前で記念撮影

それで、自然農法のひとつ「恵み循環農法」というやり方のワークショップに行く事にしました
8月と12月の2回行ったのです

自然農法で人間が関係がかわり人として成長する

そのワークショップで気づいたことなのですが、自然農法で畑をすると、その野菜の成長、もちろん、虫に食べられたりもあります
まぁ、これは当たり前、、、
ただ、そういった変化を観みていくことで、「人と人の関係性や成長を感じたり見る目がかわる」といったことが起こるのに気づいたのです

実際、自然農法を始めるにあたって、先に書いたとおり恵み循環農法のワークショップをスタッフさんと一緒に8月末と12月初旬の2回、受講しました

安藤店長、多比羅店長、野菜の収穫がんばってます

安藤店長、多比羅店長、野菜の収穫がんばってます

その中で、参加者の方々が、野菜から気づきを得て、自分の親子や家族、会社内での人間関係のことについて、気づきや洞察を得る場面を目の当たりにしたのです

自自然農法と野菜から学ぶ対話の時間

自然農法と野菜から学ぶ対話の時間

その参加者の中には、うちのスタッフさんと私も含まれます

自分たちもこういう体験をしてみて、自然農法で畑をすることで、スタッフさんの成長につながるんじゃないだろうか?っていう思いが強くなり、実際、3月から始めることにしたのです

「恵み循環農法」のワークショップの様子はコチラをどうぞ!
→ 恵み循環農法畑作りワークショップでスタッフさんと姫路に!野菜つくるぞーーーー!?
「恵み循環農法」ワークショップ第2回です~野菜からの人間関係、人のシステム教えられました~

恵み循環農法についてはコチラ
恵み循環農法の事例や基本的なこと「野菜の庭部」
恵み循環農法について

家の裏庭で実験用の自然農法畑はじめました

そんな理由(わけ)で、奈良の山添村でスタッフさんと一緒に自然農法の畑をやっています
やり始めると、ちょっと、理系人間のわたし、「今日は、どうなってるんだろう?」と気になってきました

それで、

「そうだ!家の裏庭に畑を作ろう!!」

って思ったんです

そうすれば、毎日、観察できるし、裏庭の畑で小さく実験して、それを奈良の畑でやってみることができる
また、苗から植えた方がいいやつは、この裏庭の畑で苗作りをして、奈良に持っていって植えるってこともできる

腐葉土、米ぬか、油かす、籾殻くん炭を底の部分に敷き詰めます

腐葉土、米ぬか、油かす、籾殻くん炭を底の部分に敷き詰めます

それで、4月下旬に家の裏庭に実験用の自然農法の畑(といっても畝が1本だけね)をつくりました

その時の模様はこちらを見てね!
→ 家の裏庭にテスト&育苗用に自然農法実験圃場をつくるぞ!(前編)
→ 家の裏庭にテスト&育苗用に自然農法実験圃場をつくるぞ!(後編)

出来上がった畝

出来上がった畝

こんな風で、畝に土壌消毒用にネギだけぶすぶすさした状態です
それから、3週間くらいたってネギは延びてきています

14種類の野菜タネと苗を植えました

先週の土曜日、早起きしたので、仕事前に野菜の種を蒔くことにしました

ひとつの畝に何種類もの野菜の種を蒔きます

「恵み循環農法」のワークショップでも教えてもらったのですが、いろんな種類の野菜をひとつの畝で育てることで、お互いに助け合うこととなり、病気や虫の被害が少なくなるそうです
こういう野菜の組合わせをコンパニオンプランツというそうです

コンパニオンプランツの詳しいことは、恵み循環農法のこちらのページに載ってますよ
→ コンパニオンプランツの基本と効果的な一覧。実践法も図解で徹底解説

10種類以上の野菜の種を蒔きます

10種類以上の野菜の種を蒔きます

基本的にキク科やヒガンバナ科(ネギなど)、セリ科は虫がきらいますし、ネギの仲間は防病効果もあるそうです
それで、菊菜(春菊)、ネギは畑に植える(ネギは最初に植えましたけど)ことにします
土壌を肥やす働きのあるマメ科と、あとシソ科、アブラナ科の野菜のタネも蒔くことにしました

タネを蒔いてマクワ瓜の苗を植えました

タネを蒔いてマクワ瓜の苗を植えました

また、タネから苗を育てていたマクワ瓜の苗も植えます

ヒガンバナ科・・・ネギ
キク科・・・大葉春菊、おたふく春菊、ゴボウ
マメ科・・・落花生、枝豆(たんくろう)
シソ科・・・赤シソ、青シソ、白エゴマ
セリ科・・・イタリアンパセリ、ニンジン(黒田五寸)
ヒユ科・・・岡ヒジキ
アブラナ科・・・ルッコラ
ウリ科・・・マクワ瓜

マクワ瓜の自家製苗

マクワ瓜の自家製苗

ところで、私が蒔く種が、ちゃんとお互いコンパニオンプランツなのか定かではありません
それも含めて「やってみる!」のが実験だし観察していきます

防虫ネットを張ります

タネを蒔き苗を植えましたが、生えてきても幼苗状態の時は、簡単に虫にやられちゃいます
それで、防虫ネットを準備します

トンネル支柱をたてます

トンネル支柱をたてます

防虫ネットを張るためにトンネル支柱をたてます

防虫ネットも張りました

防虫ネットも張りました

そして、トンネル支柱の上に防虫ネットを張ります

以前、山添村の自然農法畑でもやっているので、なんとかひとりでここまで出来ました

ちょっと、待てよ、、、

「よし、これで完成!!」と思ったのですが、なんか、「んーーー?」ってなりました

それは、、、

大物がない!!

レタスとかキャベツとか、茄子やキュウリとか、地上部で、なんか大きく育つのがあんまりなくてさみしい、、、

そう気づいたので、「よし!明日は休みだ!何か苗をかってきて植えちまおう!!」って思いました
それで、翌日に苗を買いに行くことに、、、

つづく、、、

後編はこちら!
→ 裏庭の自然農法実験畑に野菜20種類以上のタネと苗を植えました!(後編)

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

なぜ部下とうまくいかないのか(加藤洋平 著) なぜ人と部下は変われないのか(ロバート・キーガン著)

成人の発達理論を知りたい!「なぜ部下とうまくいかないのか」(加藤洋平 著)を読みました!

やっと、ロバート・キーガン、リサ・ラスコー・レイヒー 著の「なぜ人と組織は変われないのか」を読み終え

記事を読む

山添村の「花わさび」と「ふきのとう」

緊急速報!山添村の「花わさび」「ふきのとう」がお店に登場です!

日本一古いおでん屋「たこ梅」の 雑用係 兼 五代目店主 てっちゃんです 2年ほど前から、奈良県

記事を読む

学習する組織に向けて活用する3種類のテクノロジーと成人発達理論の勉強

今年のホワイト企業大賞で「学習する組織経営賞」という特別賞をいただきました ホワイト企業大賞

記事を読む

ジャガイモ、掘ったどーーー!!

緊急速報!山添村でキャベツ、ジャガイモを収穫!そして、アレも、、、

今年の3月に、奈良県山添村で、自然農法の畑を始めました 自然農法とは、人間が過度にかかわらず、野菜

記事を読む

お客さま創り時間と作割表、顧客の旅デザインマップ、行動時間調査は、すべて、つながっている!

11月の店長会議~ひとつひとつの仕組みが、実は、しっかり繋がっている!!~

先週、たこ梅の店長さん、スタッフのリーダークラスのスタッフさんが集まる「店長会議」でした メインの

記事を読む

ポリカーボネイト板とアングルでパーティション制作を検討

カウンターのしきり(パーティション)自作に挑戦!!

昨今のコロナで、まだまだ、外に出かけるのやゆっくり外食するのも躊躇しがちの方も多いと思います 安全

記事を読む

iRobot社製のルンバです

たこ梅の事務所にルンバくんがやってきました!

たこ梅の事務所というと、いつも、会議をやったり、スタッフさんの貸出用の本が並んでいます 12

記事を読む

野菜の種

自然農「恵み循環農法」で蒔く種がいっぱい届きました!ちょっといっぱいすぎ、、、^^;;;

今年から、奈良で自然農法の畑をやろうと思っています 野菜をつくる!ってことね まず自然農法のワー

記事を読む

左から)天外伺朗さん、てっちゃん、武井浩三さん

武井塾「ティール型組織運営:実践編」第3講へ行ってきました!

7月、8月に続いて、武井塾「ティール型組織運営:実践編」第3講へ行ってきました! 第2講の様子はコ

記事を読む

裏庭の実験用自然農法菜園、ナス、トマトが収穫できそうです!シソも育ってます

今年の3月から奈良の山添村で、スタッフさんと一緒に、自然農法の畑を始めました(通称「野菜部」)

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

19人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?










PAGE TOP ↑