*

価値創造の思考法、「お店」は変えずに「悦び」を変えろ!(小阪裕司 著)をスタッフさん用にまとめ買い!

お客さまという「人にフォーカス」するワクワク系マーケティングというのを情報工学博士でもある小阪裕司先生が提唱されています

ワクワク系マーケティング実践会の公式サイト

ワクワク系マーケティング実践会の公式サイト

たこ梅でも、2011年にワクワク系マーケティング実践会に会社として入会しています
といっても、当初は、入会した!だけ、、、で、何もやってませんでした、、、^^;;;
実際には、3年くらい前から、お店の現場で、少しずつ取り入れるようになってきたんです

スタッフさんにワクワク系マーケティング実践講座に参加してもらってます

ワクワク系マーケティング実践講座で大西さんが取り組みを発表です

ワクワク系マーケティング実践講座で大西さんが取り組みを発表です

昨年、一昨年とスタッフさんにも、2名ずつ、9ヶ月にわたるワクワク系マーケティング実践講座に参加してもらっています

ワクワク系マーケティング実践講座2017の第2講のふりかえり

ワクワク系マーケティング実践講座2017の第2講のふりかえり

今年も、4月1日から本店の店長に着任する安藤さん、北店から分店に異動となる髙羽さんに、ワクワク系マーケティング実践講座2018に参加してもらうことにしています

顧客の旅デザインマップを活用しています

このワクワク系マーケティングでは、いろんなツールがあるんですが、中でも、お客さまに喜んでいただき続けることで、見込み客から新規客、リピーター、、、へと進化していただくのをサポートする「顧客の旅デザインマップ」というツールがあります

たこ梅用「顧客の旅」デザインマップ

たこ梅用「顧客の旅」デザインマップ

この画像のシートが、顧客の旅デザインマップ(たこ梅用に一部アレンジしてあります)というもので、そこに、お客さまに喜んでいただく取り組みをいろいろ貼り付けていって、その整合性や流れなどの観点から眺め、ブラッシュアップしていきます

各店の顧客の旅デザインマップを持ち寄って検討中

各店の顧客の旅デザインマップを持ち寄って検討中

実際、仕事の中で、この顧客の旅デザインマップを使いながら、これはどう?こんでいいの?こういうのは?なんて感じで話をしながら、お客さまへの取り組み、喜んで頂ける取り組みをスタッフさんと一緒に創っていきます

「価値創造の思考法」(小阪裕司 著)で顧客の旅デザインマップの教科書

たこ梅は、お店として小阪裕司先生の提唱されるワクワク系マーケティングに取り組んでいることもあって、小阪先生の著書やDVDをいろいろと購入していて、たこ梅文庫の書架に並べています

たこ梅文庫の書架に並ぶ小阪裕司先生の著書

たこ梅文庫の書架に並ぶ小阪裕司先生の著書

もちろん、これらは、たこ梅のスタッフさんは、貸出自由です(^o^)

小阪先生の著書は、書架の画像を見て頂いたらわかるようにたくさんあります
全部読む!!方がいいとは思いますが、なかなか、タイヘンだとも思います
それで、ワクワク系マーケティング実践講座に参加される方には、毎回、「お店」は変えずに「悦び」を変えろ!、価値創造の思考法(小阪裕司 著)という2冊の本をプレゼントして、事前に読んでいただいています

「お店」は変えずに「悦び」を変えろ!、価値創造の思考法(小阪裕司 著)

「お店」は変えずに「悦び」を変えろ!、価値創造の思考法(小阪裕司 著)

「お店」は変えずに「悦び」を変えろ!という本は、普通にお店をやっている(たこ梅もそうですが)方にとっては、ワクワク系マーケティングって、こういうものだ!って分かりやすい本であると私は思っているので、ワクワク系マーケティング実践講座を受講いただくスタッフさんに読んでもらうことにしています

一方、「価値創造の思考法」という本は、ワクワク系マーケティングというのを理論的な側面、システム思考の側面から眺めて書かれているので、「お店」は変えずに「悦び」を変えろ!よりも、一般的には、難しい本、、、といえるかもしれません

ただ、この「価値創造の思考法」は、たこ梅でワクワク系マーケティングをすすめる上で、絶対に外せない本!必須の本!なのです

というのも、いまとなっては、たこ梅ではなくてはならない「顧客の旅デザインマップ」ちゃん、、、
そして、「顧客の旅デザインマップ」の説明で一番詳しいのが、「価値創造の思考法」(小阪裕司 著)なのです
言ってみると、「価値創造の思考法」は、「顧客の旅デザインマップ」の教科書、、、といってもいいかもしれません

そう、だから、ワクワク系マーケティングがわかりやすい 「お店」は変えずに「悦び」を変えろ!と価値創造の思考法の2冊は、たこ梅でワクワク系マーケティングをすすめる上で、最初に読む本になっています

で、、、

「お店」は変えずに「悦び」を変えろ!、価値創造の思考法をまとめ買い

「お店」は変えずに「悦び」を変えろ!、価値創造の思考法をまとめ買い

スタッフさんように、この2冊はまとめ買いしてストックしています!!(^o^)v

「お店」は変えずに「悦び」を変えろ!、価値創造の思考法をまとめ買い

「お店」は変えずに「悦び」を変えろ!、価値創造の思考法をまとめ買い

書架の予備スペースに、こんな感じでストックしてるんです

これからも、スタッフさんと一緒に、ワクワク系マーケティングに取り組み、お客さまに喜んでいただき、選んで頂ける店となっていけるよう、がんばっていきます!!(^o^)v

よかったら、応援してね!!

 

 

 

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』五代目 てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

「北店便り」の封筒印刷がおわってご満悦の安藤店長

安藤店長、今度は「北店便り」の封筒宛名印刷に挑戦!

新梅田食道街にある たこ梅北店の安藤店長、最近、お見えになってないお客さま、「元気かなぁ~?」と気に

記事を読む

Mr.DESIGNの勝田さんのオフィスで打合せです

たこ梅の公式サイトとブログのリニューアルの第2回打合せです!

一昨年(2015年)の秋頃、たこ梅の公式サイトをリニューアルしました 同時に、それまで、各店のブロ

記事を読む

北店で島田さんに「NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法」(マーシャル・B・ローゼンバーグ 著)をプレゼント

NVCオンライン基礎講座を受講してくれる島田さんに「NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法」(マーシャル・B・ローゼンバーグ 著)をプレゼント!

仕事をしているとき、家族や友達とでも、「○○しといて!」っていわれ「いま、△△してるのに、見てわから

記事を読む

冬の部活「ホンマに旨い『酒』捜査班」(仮称)のブレスト&打合せです

冬の部活「ホンマに旨い『酒』捜査班」(仮称)の打合せです!

冬の部活の時期が近づいていきました、、、 昨日も、その部活の打合せです! たこ梅FUN倶楽部の活

記事を読む

檜の一合枡を200個届けていただきました

お酒の白鹿さんが、5月のアレ用に200個、檜の一合枡を届けてくださいました!

今年も、5月にアレやります! その準備のため、白鹿さんが、お酒の一合枡をもってきてくれたんです!

記事を読む

ワクワク系マーケティング実践講座で大西さんが取り組みを発表です

ワクワク系マーケティング実践講座にスタッフさんと行ってきました!

今週の月曜日、うちのスタッフさんと一緒に、、、じゃなくて、スタッフさんのオマケで、ワクワク系マーケテ

記事を読む

まんがでわかる「99%の人がしていないたった1%の仕事のコツ」(河野英太郎 著)

「まんがでわかる 99%の人がしていないたった1%の仕事のコツ」(河野英太郎 著)をたこ梅文庫に追加です!

たこ梅には、「たこ梅文庫」と呼んでる書架があります 日本の古典、禅語、マーケティング、歴史書、心理

記事を読む

たこ梅FUN倶楽部通信の封筒宛名印刷中です

たこ梅FUN倶楽部通信4月号の封筒宛名印刷がんばってます!あ、プリンターさんが、、、ね!!

たこ梅のお客さまで、「たこ梅FUN倶楽部」に入部(無料ですよ!)いただいた部員さんに3ヶ月に1回のペ

記事を読む

「戌」と「たこ梅」を焼き印した特製の檜一合升

「戌」と「たこ梅」を焼き印した特製の檜一合升できあがりました!

毎年、5月、たこ梅FUN倶楽部員さんに、感謝の気持ちで、特製檜の一合升をプレゼントしています たこ

記事を読む

テーブルの下も、椅子の下もルンバくんが通過できます

掃除の時、椅子の上げ下げがタイヘン、、、という声をきいて改善します!

うち(たこ梅)の事務所に、1月、ルンバくんがきました その時の話は、コチラを見てね! → たこ梅

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

10人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑