*

「ディヤン・スートラ 瞑想の道 / OSHO 著」と「実務でつかむ!ティール組織 / 吉原史郎 著」を久しぶりに2冊同時読みです!

おはようございます
今日は、8月最後の日曜日ですね
ちょっと、いま、読んでる本について話したいと思います

わたしが瞑想を始めた理由(わけ)

わたし、瞑想をいうものを始めて、まもなく、丸2年が経過します
瞑想を始めたのは、たこ梅を「学習する組織にする!」と決めてから、その関連の本を読んでいるうちに、スゴイ!とされる学習する組織のリーダーは、すべからく、

【「学習する組織」のリーダーの3つの習慣】
・ヨガ/合気道/太極拳
・瞑想
・リトリート

という3つの習慣を持っていることに気づいたからです

瞑想をやったからといって、学習する組織の優秀なリーダーになれるとは限りませんが、必要条件だと思うのです
まぁ、そんなわけで、瞑想はじめました

フェイスブックに投稿したヨガとストレッチの画像

ヨガとストレッチ

ちなみに、ヨガも始めたし、なんじゃかじゃで、リトリートもします
最近、ヨガを始めたわけも書いてるので、よかったら読んでね!!
私がヨガをするのは「学習する組織」のためで、身体を柔らかくするためでも、健康のためでもないのです

で、その瞑想ですが、3年ほど前に、1日10分から始めて、15分、20分、30分、そして、45分、60分と時間を延ばしていって、最近は、週に2,3回ですが1時間の瞑想をやってます

そして、瞑想を始めて、1年半ほどたった(30分の瞑想をやってた頃)とき、瞑想を30年以上やっていてクリーンランゲージのトレーナーでもある ダソ・斎藤さんという方に瞑想について教えていただく機会があって、その後も、いろいろ、教えてもらってます(あと、クリーンランゲージでもお世話になってます)

「ディヤン・スートラ 瞑想の道」を読むことになった理由(わけ)

テラワーダ仏教のスマナサーラ長老の瞑想に関する本を読んだとき、瞑想は「愛」が大切だと書かれていたのですが、同時に、瞑想を正しくやらないと、世間と乖離する、我関せず、世捨て人のようになる場合もあると注意が促されていました

「慈悲の瞑想」「自分を変える気づきの瞑想法」(アルボムッレ・スマナサーラ 著)

「慈悲の瞑想」「自分を変える気づきの瞑想法」(アルボムッレ・スマナサーラ 著)

どうも、わたし、その傾向がある気がして、ダソ・斎藤さんに相談したら、「この本、読んでみるといいよ!」って紹介されたのが、「ディヤン・スートラ 瞑想の道」(OSHO 著)です

「ディヤン・スートラ 瞑想の道」(OSHO 著)

「ディヤン・スートラ 瞑想の道」(OSHO 著)

で、この前から、わりとゆっくりとこの「ディヤン・スートラ 瞑想の道」(OSHO 著)を楽しみながら読んでいます

「実務でつかむ!ティール組織」(吉原史郎 著)と2冊読みになった理由(わけ)

、、、なんですが、今日から、「実務でつかむ!ティール組織」(吉原史郎 著)も、読むことになりました
つまり、「ディヤン・スートラ 瞑想の道」と「実務でつかむ!ティール組織」を2冊持ち歩いて、両方とも読むことになったのです

「ディヤン・スートラ 瞑想の道」(OSHO 著)と「実務でつかむ!ティール組織」(吉原史郎 著)

「ディヤン・スートラ 瞑想の道」(OSHO 著)と「実務でつかむ!ティール組織」(吉原史郎 著)

なんでかっていうと、9月2日に、「恵み循環農法畑作りワークショップ」という自然農法のワークショップが姫路であります
これを主催しているのが、吉原史郎さんの会社(Natural Organizations Lab Inc)です

吉原さんは、会社や組織の経営・運営の進化をサポートされる仕事をされていて、今話題の「ティール組織」にも造詣が深く、これを実践するテクノロジーのひとつであるホラクラシー・ワン社が認定する日本人初のホラクラシーファシリテーターでもあります

吉原さんの自然農の畑を見学に来ました!

吉原さんの自然農の畑を見学に来ました!

さて、自然農法の考え方ですが、自然の森は人が肥料や農薬、水をまかなくても、ちゃんと、生きてるし、育っている
畑も、植わっているのは、植物、、、
だったら、森と同じように人が手を加えなくても育つんじゃないだろうか?
少なくとも、最低限の人のかかわりで、野菜が、自ら育つんじゃないだろうか?
そんな疑問をもった、吉原さんのパートナーである吉原優子さんの思いから始まっています

「自然農」について説明を受けています

吉原史郎さんと吉原優子さん

実際には、ひとつの畑にいくつもの野菜を混栽することで、お互いが助け合って、外注から守られたり、土壌の成分の吸収が偏らないばかりか適正に保たれたり、さらに、状態がよくなっていく、、、ということが起こることから、いろいろな人がいて共に成長し発達する組織開発の視点でも学びのあるものなのです

詳しいことは、NOL社の「野菜の庭部」の公式サイトを見てね!
NOL社「野菜の庭部」公式サイト

学習する組織の構築に、関係ありそうでしょ!!

そういう関連で、9月2日は、うちのスタッフさん2名と一緒にこの「恵み循環農法畑作りワークショップ」に参加します

このワークショップ参加の話は、こちらのブログに詳しいので、気になった方は見てね!
「実務でつかむ!ティール組織」を買いましたよ!9月2日までに読まねば、、、

この9月2日までに、「実務でつかむ!ティール組織」(吉原史郎 著)を読もうと思っていたのですが、ゆるゆると「ディヤン・スートラ 瞑想の道」(OSHO 著)を読んでいたら、その日まで、あと1週間、、、@_@
それで、今日から、「ディヤン・スートラ 瞑想の道」と「実務でつかむ!ティール組織」の2冊読みになったのです!!

さて、今日から、2冊読みで、「ディヤン・スートラ 瞑想の道」も読みながら、週末までに「実務でつかむ!ティール組織」(吉原史郎 著)は読み終わりますよ!!
がんばりまーーーーーーす!(^o^)

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

写真はNGなので、似顔絵でお願いします!は、たこ梅分店のKさんです

新版「“商い”デザイン」デビュー!スタッフさんへの個別説明もスタートです!!

多くの会社やお店に、経営計画や経営戦略があります それを冊子やブックレットにしているところも多いよ

記事を読む

缶の中にはグレイシアがいっぱい

今年のホワイトデーは、AUDREY(オードリー)のグレイシアにします!

今日は、3月14日「White Day(ホワイトデー)」ですね 毎年、この日には、お店のスタッ

記事を読む

前保さんとのコーチングです

意図に立ったコーチングは、課題を生む構造そのものを変えていました!

一昨日は、1月最初のコーチング、、、 お昼から、連続で、6名のスタッフさんとコーチングでした そ

記事を読む

実務でつかむ!ティール組織(吉原史郎 著)

「実務でつかむ!ティール組織」を読んで気づいたこと、そして、問い

一昨日のブログで「ディヤン・スートラ 瞑想の道」と並行して「読み始めました!」と言っていた「実務でつ

記事を読む

アダム・カヘンさんのトランスフォーマティブ・シナリオプランニングに行ってきました

  11月6,7,8日と3日間にわたって開催された世界的なファシリテーターであるアダ

記事を読む

産創館さんでの組織活性化ワークショップ

産創館さんで組織活性化ワークショップに参加してきました!

昨日の土曜日は、午前中に仕事を片付けて、お昼からは、大阪産業創造館(産創館)さんで午後一杯、半日にわ

記事を読む

スタッフさんとの面談時に氷山モデルを使ったときのメモ

面談で「パターン」や「構造」の話が出るたび、システム思考の氷山モデルが登場します

毎月1回、お店のスタッフさんと面談やコーチングをします 最近は、ちょくちょく、その中で、氷山が登場

記事を読む

宣言したアーノルド・ミンデルの本12冊読了です!

アーノルド・ミンデルの本を12冊読了しました!が、追加が、、、(笑)

5月2日までに、プロセスワーク、プロセス指向心理学の創始者であるアーノルド・ミンデル博士の本を12冊

記事を読む

法人版マイナンバーが届きました

法人版のマイナンバー(法人番号)が、たこ梅にも届きました!

10月から、個人への通知がスタートしたマイナンバー、、、 私のところへも、、、まだ、来てません

記事を読む

福島正伸「真経営学」音声全集

福島正伸「真経営学」音声全集 をゲットしました!

一昨年に購入してずっと本棚で眠っていた、、、積ん読だった「真経営学読本」(福島正伸 著)が、目につい

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

13人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑