*

自然農法の畑仕事後は、古民家の座敷で面談とインタビュー

公開日: 面談・コーチング, 農業科・畑部

11月も、奈良の山添村にある自然農法の畑で野菜部の活動でした

泥団子をつかってサルハムシを取り除きます

泥団子をつかってサルハムシを取り除きます

大根についてサルハムシを泥団子で退治したり、サツマイモや里芋、落花生を収穫、新たに玉ねぎの苗を植えるなどしました

掘った里芋を水洗いして天日で乾かしています

掘った里芋を水洗いして天日で乾かしています

11月の野菜部の活動は、こちらのブログでどうぞ!
→ 11月野菜部は、恵み循環農法の伝道師 吉原優子さんをゲストにお迎え!サルハムシ退治からスタート!?
サルハムシ退治のあとは、山添村の自然農法畑で秋の収穫です!!
→ 11月の野菜部はサルハムシ退治、収穫大会に続いて、玉ねぎを植えます!
→ 11月の野菜部のラストは、収穫野菜の葉、茎などを堆肥に!それと、アレも芽が出てきました!

お昼過ぎには、野菜部の畑での活動はすべて完了!

山添村の古民家です

山添村の古民家です

畑の隣にある古民家にもどって、お昼ご飯を食べてしばし休憩です

古民家の座敷で1対多の面談

午前中の畑仕事に続き、お昼からは、面談です
毎月1回、店長さん、SAさんとはお店の運営などについて1対1の面談をしています
ですが、9月の野菜部から1対多の面談を始めました

これが、1対1とはまた違っていいのです
話が深まり易いように思います

その辺りの作用機序、考察については以前のブログに書いていますので興味のある方はご覧下さい
→ 1対多の面談(店長面談と現場面談)は、中々にいいです!!
→ 畑仕事のあとの「1対多」の面談で、自己理解を深めるテーマも取り扱いました

古民家の座敷で1対多の面談です

古民家の座敷で1対多の面談です

この日も、1対多の面談です
各店長さんおひとりずつ、店の取り組みや課題などについて1対多で面談を進めていきます

面談には吉原優子先生もオブザーバーで参加

面談には吉原優子先生もオブザーバーで参加

そして、野菜部にゲストとしてお迎えした我々の自然農法の師匠である吉原優子先生もオブザーバー参加です

システム思考の氷山モデル

システム思考の氷山モデル

この日も、ディープな話題が深く掘り下げられました
この面談の特徴としては、起きている出来事はもちろんですが、その出来ごをを生み出している構造やメンタルモデルにまで切り込んでいくことです

もうひとつの特徴、、、と言っていいのかどうかわかりませんが、わりと時間が自由なことです
4人の面談で2~3時間つかいます
簡単に済むとひとり15分くらいですが、その分、掘り下げる課題のときに時間を使えるので、中には、1時間に及ぶときもあります

お店での面談のときは、仕込みや営業などの時間が決まっているので、面談は30分なら30分とその枠を越えることは難しいですが、山添村ではその制約が少なく、また、山間(やまあい)に建っている古民家の座敷という雰囲気も手伝うのか自然とゆるんで時間にあくせくすることがありません

それもあって、面談が独特のゆったりとした流れの中で進むのかも知れませんね

吉原優子先生のインタビュー

1対多の面談のあとは、吉原優子先生のインタビューでした
吉原優子先生は、「恵み循環農法」という自然農法を開発し普及されています
単に自然農法を広めると言うよりも、組織、グループで自然農法に取り組んでもらい、そこからの学びを組織の成長・発達に生かしていくということに力をいれられています

その辺りは、吉原優子先生のサイトとパートナーであるNOL社のサイトをご覧いただいた方が早いと思いますので紹介しておきます
野菜の庭部
経営の進化を支援する「Natural Organizations Lab Inc.」公式サイト

8月に、たこ梅の野菜部の活動と仕事との関係についてNOL社の活動の一環でインタビューに見えました

野菜部メンバーのスタッフさんへのインタビュー

このときは、野菜部の代表として分店の上原店長代行、東店の多比羅店長、それと私がインタビューを受けたのです
8月のインタビューの時のことはコチラ!
→ 自然農法の畑の活動を取材に、NOLの吉原夫妻が訪ねて来てくれました!

今回、追加でいくつかインタビューしたいという事で、面談が終わった後でインタビューを受けました

上原さん、多比羅さん、私に、追加のインタビュー

上原さん、多比羅さん、私に、追加のインタビュー

上原店長代行、多比羅店長、わたし(てっちゃん)の3人へのインタビューですが、そのうち、 野菜の庭部「Natural Organizations Lab Inc.」公式サイトに掲載される予定だそうです

また、載ったらわれわれの野菜部の活動が客観的視点で語られると思いますので、掲載されたときには、また、ご覧下さいね

野菜部の後はカンパーイ

野菜部、面談がすべて終わったあとは、みんなでカンパーイ!

野菜部の後はしゃぶしゃぶで乾杯

野菜部の後はしゃぶしゃぶで乾杯

ご飯をいただきながら、この日のことをふりかえります
ひとつ残念だったのは、吉原優子先生は、翌日、午前中から東京だったので野菜部が終わると同時に新大阪へ!

次回は、ふりかえり会(晩ご飯&カンパーイ)もご一緒できたらと思います

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

たこ梅分店の上原さんと学習経路の6グリッドを使って行動探求

行動探求を学習経路の6グリッドを使い、7人のスタッフさんとやってました!

働きやすい職場、働きがいのあるお店であるためには、働くスタッフさんにとって安全安心であると同時に、お

記事を読む

本店の和田店長と店長面談

7月の店長面談~「クリーンな問い」で何が起きているかが明確に~

毎月、上旬に店長さんたちが集まる店長会議、お店の現場のSA(スタッフアテンダント)さんが集まる現場会

記事を読む

CPCCスーパービジョンDay

プロコーチへのスーパービジョンの場が生み出すものは!?CPCCスーパービジョンデー!

スタッフさんのスキルや能力は、もちろん、色んなモノの見方や視点、視座をもってほしい! そう!成長し

記事を読む

小玉西瓜、甘い!!

自然農法の裏庭菜園のスイカを収穫!甘いです!!

今年の3月から、たこ梅のスタッフさんと、山添村(奈良)で自然農法の畑を始めました 山添村の自然農法

記事を読む

畑作業のあとは古民家で畑会議(?)

3か月ぶりの自然農法畑作業のあとは、古民家の和室で畑会議(?)です

この前、コロナの影響で3か月ぶりにスタッフさんと一緒に奈良の山添村でやっている自然農法畑に行ってきま

記事を読む

兵庫県産「山田錦」の糠(米袋ですが中身は糠です)

自然農「恵み循環農法」の天地返しで使う「山田錦の糠」が到着です

奈良に、たこ梅の研修施設があります そこにちょうどいい広さの土地があって、こじんまりとした畑ができ

記事を読む

返却した履歴書とお手紙、お食事券

私、、、履歴書返却のお手紙を見て、再度、応募(エントリー)を決めました!

昨年、ハローワークの求人票の書き方を変えて募集したら、ハローワークで約40枚の求人票を印刷し、うちの

記事を読む

たこ梅 東店の多比羅さん(イッセー)とコーチング中です

スタッフさんとのコーチングで、仕事のテーマが増えてきました!その理由は、、、

コーチングって、運営する(認定する)団体がいろいろあります 私が学んだのは、CTIというコーチング

記事を読む

新梅田食道街 たこ梅 分店の森口さんと行動探求(Action Inquiry)

スタッフさんと、2018年、最初の行動探求(Action Inquiry)です!

1月4日は、2018年最初のスタッフさんとの行動探求(Action Inquiry)でした 201

記事を読む

「クリーンランゲージ入門」(ウェンディ・サリヴァン、ジュディ・リース著)

最近、「クリーン・ランゲージ入門」という本を読み始めました

以前に買ったけど読んでない本、、、 結構、あります、、、 そんな本の1冊をふと読み始めました

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

18人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑