*

自然農法の畑仕事後は、古民家の座敷で面談とインタビュー

11月も、奈良の山添村にある自然農法の畑で野菜部の活動でした

泥団子をつかってサルハムシを取り除きます

泥団子をつかってサルハムシを取り除きます

大根についてサルハムシを泥団子で退治したり、サツマイモや里芋、落花生を収穫、新たに玉ねぎの苗を植えるなどしました

掘った里芋を水洗いして天日で乾かしています

掘った里芋を水洗いして天日で乾かしています

11月の野菜部の活動は、こちらのブログでどうぞ!
→ 11月野菜部は、恵み循環農法の伝道師 吉原優子さんをゲストにお迎え!サルハムシ退治からスタート!?
サルハムシ退治のあとは、山添村の自然農法畑で秋の収穫です!!
→ 11月の野菜部はサルハムシ退治、収穫大会に続いて、玉ねぎを植えます!
→ 11月の野菜部のラストは、収穫野菜の葉、茎などを堆肥に!それと、アレも芽が出てきました!

お昼過ぎには、野菜部の畑での活動はすべて完了!

山添村の古民家です

山添村の古民家です

畑の隣にある古民家にもどって、お昼ご飯を食べてしばし休憩です

古民家の座敷で1対多の面談

午前中の畑仕事に続き、お昼からは、面談です
毎月1回、店長さん、SAさんとはお店の運営などについて1対1の面談をしています
ですが、9月の野菜部から1対多の面談を始めました

これが、1対1とはまた違っていいのです
話が深まり易いように思います

その辺りの作用機序、考察については以前のブログに書いていますので興味のある方はご覧下さい
→ 1対多の面談(店長面談と現場面談)は、中々にいいです!!
→ 畑仕事のあとの「1対多」の面談で、自己理解を深めるテーマも取り扱いました

古民家の座敷で1対多の面談です

古民家の座敷で1対多の面談です

この日も、1対多の面談です
各店長さんおひとりずつ、店の取り組みや課題などについて1対多で面談を進めていきます

面談には吉原優子先生もオブザーバーで参加

面談には吉原優子先生もオブザーバーで参加

そして、野菜部にゲストとしてお迎えした我々の自然農法の師匠である吉原優子先生もオブザーバー参加です

システム思考の氷山モデル

システム思考の氷山モデル

この日も、ディープな話題が深く掘り下げられました
この面談の特徴としては、起きている出来事はもちろんですが、その出来ごをを生み出している構造やメンタルモデルにまで切り込んでいくことです

もうひとつの特徴、、、と言っていいのかどうかわかりませんが、わりと時間が自由なことです
4人の面談で2~3時間つかいます
簡単に済むとひとり15分くらいですが、その分、掘り下げる課題のときに時間を使えるので、中には、1時間に及ぶときもあります

お店での面談のときは、仕込みや営業などの時間が決まっているので、面談は30分なら30分とその枠を越えることは難しいですが、山添村ではその制約が少なく、また、山間(やまあい)に建っている古民家の座敷という雰囲気も手伝うのか自然とゆるんで時間にあくせくすることがありません

それもあって、面談が独特のゆったりとした流れの中で進むのかも知れませんね

吉原優子先生のインタビュー

1対多の面談のあとは、吉原優子先生のインタビューでした
吉原優子先生は、「恵み循環農法」という自然農法を開発し普及されています
単に自然農法を広めると言うよりも、組織、グループで自然農法に取り組んでもらい、そこからの学びを組織の成長・発達に生かしていくということに力をいれられています

その辺りは、吉原優子先生のサイトとパートナーであるNOL社のサイトをご覧いただいた方が早いと思いますので紹介しておきます
野菜の庭部
経営の進化を支援する「Natural Organizations Lab Inc.」公式サイト

8月に、たこ梅の野菜部の活動と仕事との関係についてNOL社の活動の一環でインタビューに見えました

野菜部メンバーのスタッフさんへのインタビュー

このときは、野菜部の代表として分店の上原店長代行、東店の多比羅店長、それと私がインタビューを受けたのです
8月のインタビューの時のことはコチラ!
→ 自然農法の畑の活動を取材に、NOLの吉原夫妻が訪ねて来てくれました!

今回、追加でいくつかインタビューしたいという事で、面談が終わった後でインタビューを受けました

上原さん、多比羅さん、私に、追加のインタビュー

上原さん、多比羅さん、私に、追加のインタビュー

上原店長代行、多比羅店長、わたし(てっちゃん)の3人へのインタビューですが、そのうち、 野菜の庭部「Natural Organizations Lab Inc.」公式サイトに掲載される予定だそうです

また、載ったらわれわれの野菜部の活動が客観的視点で語られると思いますので、掲載されたときには、また、ご覧下さいね

野菜部の後はカンパーイ

野菜部、面談がすべて終わったあとは、みんなでカンパーイ!

野菜部の後はしゃぶしゃぶで乾杯

野菜部の後はしゃぶしゃぶで乾杯

ご飯をいただきながら、この日のことをふりかえります
ひとつ残念だったのは、吉原優子先生は、翌日、午前中から東京だったので野菜部が終わると同時に新大阪へ!

次回は、ふりかえり会(晩ご飯&カンパーイ)もご一緒できたらと思います

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

白梅がちょうど見ごろです

1月の山添村の野菜部 おまけ~白梅が見頃です~

毎月、1回、スタッフさんと奈良の山添村に行ってます 1月の野菜部です[/caption]

記事を読む

サツマイモが畝いっぱいに茂ってます

10月の野菜部~草刈り、隣のおばちゃんに貰った苗の植え付けです~

約1ヶ月ぶりに、奈良 山添村の自然農法畑にスタッフさんと野菜の活動で行ってきました 今日の山

記事を読む

裏庭実験畑の植栽設計図

裏庭の自然農法実験畑に野菜20種類以上のタネと苗を植えました!(後編)

昨日のブログの続きですが、家の裏庭につくった自然農法実験畑に、14種類のタネと苗を植えました

記事を読む

たこ梅 本店の和田店長と11月の店長面談

道頓堀 たこ梅本店の和田店長と11月の店長面談です!

月の後半に入ると、順番に店長さんと面談が始まります 店長面談では、その月のあったことや課題、翌月に

記事を読む

スタッフさんのご家族に会社のことを説明します

新人スタッフさんのご家族にご挨拶を続ける理由

たこ梅では、正社員さん、パートさん、アルバイトさんが、年に数人くらい入ってこられます 4,5年前か

記事を読む

各店の話題から全店、全社の課題にも発展

7月の奈良山添村での野菜部活動~店長面談&現場面談編~

毎月、1回、たこ梅野菜部のメンバーさんと奈良の山添村へ、自然農法の畑へ行きます 7月も行って、雑草

記事を読む

システム・コーチング基礎コースのテキストと「プロセス指向のドリームワーク」

アーノルド&エイミー・ミンデルさんの本、18冊目「プロセス指向のドリームワーク」を読み終えました

アーノルド・ミンデルさんという方が、プロセス指向心理学、プロセスワークというものを創始されました

記事を読む

利益が見える戦略MQ会計(西順一郎 監修,宇野寛・米津晋次 著)

利益が見える戦略MQ会計(西順一郎 監修,宇野寛・米津晋次 著)を5冊購入!!

先週、道頓堀にある たこ梅本店の和田店長と5月の店長面談をやってました 5月の店長面談の和田

記事を読む

和田店長との面談です

店長さんとの面談で、不満をぶつけました!そしたら、、、

毎月、1回、店長さんと1時間の面談をしています 先週は、道頓堀にある たこ梅 本店の和田店長と面談

記事を読む

NOLの吉原夫妻から「たこ梅野菜部」のインタビューを受けています

自然農法の畑の活動を取材に、NOLの吉原夫妻が訪ねて来てくれました!

たこ梅は、たこ甘露煮と関東煮(かんとだき/おでん)を商う上燗屋を175年以上やってます 業種で言う

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

16人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑