*

畑仕事のあとの「1対多」の面談で、自己理解を深めるテーマも取り扱いました

毎月一回、店長さん、SA(スタッフアテンダント/各店1名の現場のとりまとめ役)さんと面談をしています
お店近くの喫茶店で1対1で面談するのですが、やり方的には普通ですよね

雑草を刈り取ってきれいになった自然農法の畑

雑草を刈り取ってきれいになった自然農法の畑

7月から、山添村に野菜部のメンバーさんと自然農法の畑に行って作業した後、野菜部に参加した店長さん、SAさんとはそこで面談をすることにしました

山添村で1対多の面談が始まった理由

ひとりずつと面談してもよかったんですが、なんとなく、「まぁ、いっか、、、いっぺんにやろう!」と思ったのです
待ってもらってるのも、手持ちぶさたかなぁ、、、と思って

1対多での現場面談、店長面談

1対多での現場面談、店長面談

それで、私を含め5人がテーブルの周りに座って、面談対象者と残りの4人というかたちで面談をしたのです
基本、私との面談ということなので、私が主に問いかけたりしますが、何か気づいたメンバーは、それを場に投げてきますし、気になったことは問いを放り込んできます

5人なので、一人が、話の内容を面談メモとしてイーゼルパッドに書いていってくれるようになってきました
お店の会議の時、もちまわりで、書記役をしてる皆さんですから、こういうときに全員に話の流れがわかるように書いていくのはお手のものです

まぁ、そういうことで、実は、1対多の面談は、思いつきというか、なんとなく、はじまったのです
ただ、7月も8月も、面談の質が深くなるので、「あ、これええやん!!」と続けているのです

9月の1対多の面談

我々の店長面談、現場面談(SAさん対象)は、お店の運営や現場の課題などを持ってきて一緒に考える時間です

9月の1対多の店長面談、現場面談

9月の1対多の店長面談、現場面談

ですので、各々の店や現場の課題を面談対象者のスタッフさんが、場に出して、それについて、全員で問いかけたり、アイデアを出しながら面談が進みます

1対多で自己理解を深める

ひととおり、その面談が終わりました

が、、、

この日は、もうひとつ、大きなテーマがあります

それは、、、

あるメンバーさんが、お店のあるスタッフさんの行動が、どうしても「○○に見える!」というのです
ここでいう○○にはいるのは、例えば、自分に「おはようございます!」というのが、どうしてもそのスタッフさんの挨拶だけが「うさんくさく見える!」というような、ある種の解釈です

行動探求(アクション・インクワイアリー)

これが、「どうしてそう見えるのか?」をテーマとして取り扱おうというのです
もともと、うちのスタッフさんは、月1回、面談とは別に、自分にとって不都合な現実や不愉快な出来事を行動探求というテクノロジーを使って紐解く時間があります

会話のふりかえりシートと難し会話のマトリックスを使って行動探求していきます

会話のふりかえりシートと難し会話のマトリックスを使って行動探求していきます

この私とのセッションときに、あるスタッフさんの行動がどうしても「○○に見える!」という心理構造としてのメンタルモデル(無意識の前提/思い込みの一種)が明らかになりました
それで、さらに、そこに何があるのか?を山間の山添村の古民家というゆったりとしたスペースで紐解こうか?と提案したら「ぜひ、お願いします!」となって、今回、1対多の面談で取り扱いました

正直、これって、すごいことだと思います
自分の内面のことを、行動探求セッションで私一人に開示するだけでもたいへんなことなのに、1対多でそれを明らかにしていくのですから

さて、実際は、どうなったのか、、、

メンタルモデルを紐解く

「○○に見える!」というメンタルモデル(無意識の前提/思い込みの一種)があるのはわかっていますが、そこに何があるのか?を紐解きます

正社員さんは、私も含め、NVCの基礎を学んでいますので、今回は、NVC(非暴力的コミュニケーション)の共感的聴き方をベースにすすめました
面談者のその出来事に直面したときの状況をリフレクション(オウム返し)して、当人があらためて眺められるようにし、また、その時、どんな感情があったのかをフィードバックしていきます

1対多で対話が進みます

1対多で対話が進みます

もちろん、その場にいるメンバーさんは、「そのときどうだったの?」とか「△△やったんとちゃう?」とか聴きながらも自由に言葉をかけていきます

今回の目的は、面談者の自己理解を深めて、自分に何があるのか?を理解することです
ですので、話が、「こうやったらええんちゃう?」とか「それってこういう風に考えてるよね」って思考に行きかけたら、面談者が自分の内面にとどまれるように、「だよね!それで、その時、どんな感じだった?(感情があった?)」と最小限の介入は私の方で行いました

予想外の出来事で場が動く

1対多でやると、予想外のことが起きます
あるメンバーが、「そういえば、××研修の時、おんなじような反応してたんちゃう?」と言ったのです
確かに、当人も、「確かに、そうや!」とハッとしていました
いずれも同じメンタルモデルが発動していたのが、つまびらかにされた瞬間です

そこから、一気に、場が深まり、面談者が大切にしてるけど、本人も知らなかったNVCでいうニーズ(大事にしているもの、その時に本来表現したいはずのものの根源的な源)に至りました

そうすると、あるスタッフさんの行動がどうしても「○○に見える!」というのが、「そうか、自分にはこういうニーズがあったからなんだ、、、」とわかり、本人さん曰く「いやーー、スッキリしました!みんな、ありがとう!!」でした

そして、「今、そのスタッフさんの行動がどう見えますか?」って尋ねたら、なんか、嬉しそうにもごもごし始めました
そこで、隣のスタッフさんが、「今は、かわいいやっちゃ!って思ってんねんやろ?」って言うと、「いや、まぁ、、、へへへ、、、」とどうも当たりだったようです

自己理解が進むと、同じ出来事が違って見える、世界が変わると言うことが起きるのです

自己理解が学習

ビル・トルバート博士の成人発達理論ベースの「行動探求(アクション・インクワイアリー)」を導入したのが2年半前、NVCも同じくらいです

この2つのテクノロジーを使うことで、自分がとった行動や失敗に思える結果の奥にあるものに到達でき、それがわかる、つまり自己理解することで、外界(世界、世の中)の認知がかわって、別の行動をとれるようになり、異なる結果が生じます
私は、こういったことが可能になっていくのが本当の学習だと思っています
2次ループ学習、3次ループ学習という学習様式です

数年前、2次ループ学習、3次ループ学習など、頭では理解できるけど、実際に起こるんだろうか?可能なんだろうか?と思っていました
それが、今、目の前で展開するのを見ました

続けていくと、少しずつですが、進化していくんですね!!
これからも、スタッフさんと一緒に歩んでいきます

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

村の直売所でみつけた山添村の野菜、落花生、手打ちうどん

緊急速報!山添村の野菜、茸、手打ちうどんがお店に登場です!

奈良の山添村でスタッフさんと野菜部の部活として1アールに満たない小さな自然農法の畑をやってます そ

記事を読む

STANDING IN THE FIRE テキスト と「プロフェッショナル・ファシリテーター」(ラリー・ドレスラー 著)

場や会議が劇的に変わる!結果を出すファシリテーターの6つの「流儀」に行ってきました

月1回、店長さんが集まる店長会議、若手スタッフさんの現場会議をやってます たこ梅の会議では、参加メ

記事を読む

北川さん、髙羽さんにも「NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法」(マーシャル・B・ローゼンバーグ 著)をプレゼント

たこ梅 北店 髙羽さん、分店 北川さんのNVCオンライン基礎講座がスタート!

今回で、7人目、8人目なんです 何がかというと、、、 4月には、道頓堀にある たこ梅本店の和

記事を読む

リーダーが「何もしない」とうまくいく。指示ゼロ経営(米澤晋也 著)

リーダーが「何もしない」とうまくいく。指示ゼロ経営(米澤晋也 著)、買って来ました!

数日前、「指示ゼロ経営」というものを実践して、家業の地方新聞店を建て直し、それ以上に発展させてきた方

記事を読む

記念撮影は、左上からワークショップ主催の小野さん、シロウさん、ユウコさん、そして、てっちゃん、安藤店長、多比羅店長

「恵み循環農法」ワークショップ第2回です~野菜からの人間関係、人のシステム教えられました~

先日、「恵み循環農法」ワークショップ第2回に行きましたが、もともとは、今年、9月初旬に、新梅田食道街

記事を読む

「指示ゼロ経営」を提唱される米澤晋也社長

「指示ゼロ経営」入門セミナーに参加して、「社長、リーダー、トップの在りようってこんなかな?」って気づいたこと

先週、大阪産業創造館さんで、「指示ゼロ経営」入門セミナーに行ってきました 講師は、長野県で有限会社

記事を読む

ジュンク堂書店 大阪本店3Fの「Teal これからの組織はどう変わる?フェア」コーナー

ジュンク堂書店「Teal これからの組織はどう変わる?フェア」コーナーで、たこ梅文庫にある本は何冊か?

この前、ツイッターにこういうツイートが流れてきました ジュンク堂書店「Teal これからの組

記事を読む

KAIKA Awards のフィードバック

日本能率協会(JMA)さんからKAIKA Awardsエントリーのフィードバックいただきました

昨年の夏前頃、日本能率協会(JMA)さんから、1通のお手紙というか封筒が届きました KAIKA A

記事を読む

薄茶色の新しい部分と黒っぽい古い部分

1月の山添村の野菜部 中編~雑草堆肥をつくってます~

今年はじめての山添村です スタッフさんと自然農法の畑に行ってきました まずは、畑作業です

記事を読む

たこ梅 本店の安藤さんと現場会議の事前面談です

現場会議の事前面談~顧客進化の『盲点』が生まれる理由がわかった!~

昨年、たこ梅の顧客進化における仕組みで、新規客さんがリピーターに進化するところに生じる大きな盲点を発

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

19人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?










PAGE TOP ↑