*

アーノルド&エイミー・ミンデルさんの本、18冊目「プロセス指向のドリームワーク」を読み終えました

アーノルド・ミンデルさんという方が、プロセス指向心理学、プロセスワークというものを創始されました
わたし、ぜんぜん、この方存じ上げなかったのですが、昨年、システム・コーチング基礎コースというのに言った時、そのテキストに、何度も、「アーノルド・ミンデル」って名前が出てきました

「誰やねん?この人、、、」って思って、グーグルで検索、もともとは、アメリカの物理学者でスイスに勉強に言ってる時にユング派の心理学と出会い、量子物理学の考え方も取り入れて作られたのが、プロセス指向心理学、プロセスワークって知りました(思いっきりはしょってるので、詳しいことは、調べてね!!)
そのアーノルド・ミンデルさんが、奥さんのエイミー・ミンデルさんと一緒に5月に日本に来てワークショップをする!
「会ってみたい!ワークショップで、どんな場をつくるのか、その場にいて見て、感じたい!!」
そう思いました
それをきっかけに、どうせなら、それまでにプロセス指向心理学、プロセスワークというものをちょっと勉強しておこう!と思って、アーノルド&エイミー・ミンデルさんの本を読むことに決めたんです

アーノルド&エイミー・ミンデルさんの本を17冊読みました!

初めは、アーノルド・ミンデルさん、エイミー・ミンデルさんの本を12冊読むことにしました
ただ、12冊も読み切るのはタイヘン、、、
それで、このブログで宣言して、自分に微妙にプレッシャーかけました(笑)

宣言したアーノルド・ミンデルの本12冊読了です!

宣言したアーノルド・ミンデルの本12冊読了です!

おかげで、4月には12冊を読み切ることに成功!!
追加で、「ドリームボディ」「メタスキル」「クリエイティブ・プロセスワーク」の3冊読むことにしました

追加のミンデル本3冊 ドリームボディ(アーノルド・ミンデル著) メタスキル、クリエイティブ・プロセスワーク(エイミー・ミンデル著)

追加のミンデル本3冊
ドリームボディ(アーノルド・ミンデル著)
メタスキル、クリエイティブ・プロセスワーク(エイミー・ミンデル著)

んでもって、これも読み終わりました
そしたら、まだ、読んでない2冊を発見!
ここまできたら読んでしまうことに、、、

24時間の明晰夢、昏睡状態の人と対話する(アーノルド・ミンデル著)

24時間の明晰夢、昏睡状態の人と対話する(アーノルド・ミンデル著)

その2冊が「24時間の明晰夢」と「昏睡状態の人と対話する」です
これも、ようやく読み終わって、結局、17冊読んだんです

そしたら、また、発見、、、

18冊目のアーノルド・ミンデルさんの本は「プロセス指向のドリームワーク」

そうなんで、また、まだ読んでないミンデル本を見つけちゃいました
その本が「プロセス指向のドリームワーク」という本です

プロセス指向のドリームワーク(アーノルド・ミンデル著)

プロセス指向のドリームワーク(アーノルド・ミンデル著)

17冊読んでおいて、これ読まないと、なんか、すごーーーくやり残した感を感じるので、読むことに!!
そして、これも読了!!

ふぅーーーー、やっとおわったぁ~(^o^)
これで、違う本が読めるわ!!

って思ったんですが、、、

ミンデル本を読むきっかけとなったシステム・コーチングの基礎コーステキストを読み直してみます!

先週末に、ミンデル本を読むきっかけになったシステム・コーチングの勉強会があって、ひさしぶりに参加しました
勉強会には、システム・コーチング基礎コースのテキストを持参します

システム・コーチング基礎コースのテキストと「プロセス指向のドリームワーク」

システム・コーチング基礎コースのテキストと「プロセス指向のドリームワーク」

3ヶ月ぶりくらいにこのテキストを開きました
そして、「そうそう、このテキストがきっかけで、アーノルド・ミンデルって人に興味を持って本を読むことになったんやなぁ、、、」って思い返していたです

このテキストには、システム・コーチングの智恵がつまってる
そのベースのひとつになっているのが、アーノルド・ミンデルさんの創始されたプロセス指向心理学、プロセスワーク!

実は、「プロセス指向のドリームワーク」を読み終えた日が、このシステム・コーチングの勉強会の日でした
このとき、システム・コーチング基礎コーステキストと「プロセス指向のドリームワーク」の2冊を同時に持ち歩いていました
この2冊を電車の席に座って眺めていると、テキストのほうが、どうにも気になる、、、
内容なんて、正直、ほとんど忘れてる、、、
そのテキストが気になって仕方ありません

まるで、システム・コーチング基礎コーステキストが、「もっかい、開いてよ!」って呼びかけてるような気がしたんです
そんな気がしたらしようがないよね!(笑)

次の本に行く前に、システム・コーチング基礎コーステキストを今一度読み直して、自分なりに復習することにしました!
きっと、このテキストを、今、復習することにきっと意味があるのだと思います(^o^)v

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

畑仕事の後に面談?座談会?ぽいのやってます

3月の野菜部in山添村~よってたかった面談?座談会?ぽいのやってます~

毎月1回、スタッフさんと奈良の山添村に行きます そこには、われわれの小さな自然農法の畑があるのです

記事を読む

「新入社員受け入れ準備講座」の講師である福原美砂先生と記念撮影

スタッフさんと「新入社員受け入れ準備講座」に行ってきました!(その1:講座編)

先週の土曜日、たこ梅のスタッフさんと一緒に、大阪の堺筋本町にある大阪産業創造館で開催された「新入社員

記事を読む

STANDING IN THE FIRE テキスト と「プロフェッショナル・ファシリテーター」(ラリー・ドレスラー 著)

場や会議が劇的に変わる!結果を出すファシリテーターの6つの「流儀」に行ってきました

月1回、店長さんが集まる店長会議、若手スタッフさんの現場会議をやってます たこ梅の会議では、参加メ

記事を読む

「たこ梅 追っかけ四〇年」の著者 平野耕平さんと

たこ梅の大常連さんが書かれた「たこ梅 追っかけ四〇年」(平野耕平 著)を各店で読めます!

お店をやっていると、何度も足を運んで下さる常連さまができてきます たこ梅にも、そういう常連さまが大

記事を読む

「インテグラル理論(A THEORY OF EVERYTHING)」の旧版と新版(ケン・ウィルバー 著)

大人の事情で「インテグラル理論」(ケン・ウィルバー 著)を読むことに、、、

この前から、エイドリアン・ベジャンの「流れとかたち」を読んでいます 流れとかたち(エイドリア

記事を読む

「真経営学読本」(福島正伸 著)

「真経営学読本」(福島正伸 著)は、人生が豊かになる本の一冊であると思います

先代社長が亡くなり、突然、10年以上つとめた会社員を退職、たこ梅を継いで17年目になります そ

記事を読む

ロバート・フリッツと記念に

ロバート・フリッツ 創り出す思考ワークショップに、行ってきました!

2008年9月のいわゆるリーマンショックを機に、順調だった売上(社内では買上といってます)が下がり始

記事を読む

ワクワク系マーケティング実践講座で大西さんが取り組みを発表です

ワクワク系マーケティング実践講座にスタッフさんと行ってきました!

今週の月曜日、うちのスタッフさんと一緒に、、、じゃなくて、スタッフさんのオマケで、ワクワク系マーケテ

記事を読む

商業界12月号「採用技術革命」

商業界12月号「採用技術革命」を買っちゃいました!

最近、お店のホールスタッフさんや仕込みスタッフさん、洗い場スタッフさん、事務所のオフィス事務スタッフ

記事を読む

商商業界 2019年5月号の巻頭特集「顧客名簿こそ、収益源」

商業界2019年6月号の巻頭特集「顧客名簿こそ、収益源」のケーススタディーでたこ梅の事例を紹介いただいています

中小企業、商人を応援する月刊誌に「商業界」というのがあります タイトルのショルダーには「お客を愛し

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

18人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑