*

アーノルド&エイミー・ミンデルさんの本、18冊目「プロセス指向のドリームワーク」を読み終えました

アーノルド・ミンデルさんという方が、プロセス指向心理学、プロセスワークというものを創始されました
わたし、ぜんぜん、この方存じ上げなかったのですが、昨年、システム・コーチング基礎コースというのに言った時、そのテキストに、何度も、「アーノルド・ミンデル」って名前が出てきました

「誰やねん?この人、、、」って思って、グーグルで検索、もともとは、アメリカの物理学者でスイスに勉強に言ってる時にユング派の心理学と出会い、量子物理学の考え方も取り入れて作られたのが、プロセス指向心理学、プロセスワークって知りました(思いっきりはしょってるので、詳しいことは、調べてね!!)
そのアーノルド・ミンデルさんが、奥さんのエイミー・ミンデルさんと一緒に5月に日本に来てワークショップをする!
「会ってみたい!ワークショップで、どんな場をつくるのか、その場にいて見て、感じたい!!」
そう思いました
それをきっかけに、どうせなら、それまでにプロセス指向心理学、プロセスワークというものをちょっと勉強しておこう!と思って、アーノルド&エイミー・ミンデルさんの本を読むことに決めたんです

アーノルド&エイミー・ミンデルさんの本を17冊読みました!

初めは、アーノルド・ミンデルさん、エイミー・ミンデルさんの本を12冊読むことにしました
ただ、12冊も読み切るのはタイヘン、、、
それで、このブログで宣言して、自分に微妙にプレッシャーかけました(笑)

宣言したアーノルド・ミンデルの本12冊読了です!

宣言したアーノルド・ミンデルの本12冊読了です!

おかげで、4月には12冊を読み切ることに成功!!
追加で、「ドリームボディ」「メタスキル」「クリエイティブ・プロセスワーク」の3冊読むことにしました

追加のミンデル本3冊 ドリームボディ(アーノルド・ミンデル著) メタスキル、クリエイティブ・プロセスワーク(エイミー・ミンデル著)

追加のミンデル本3冊
ドリームボディ(アーノルド・ミンデル著)
メタスキル、クリエイティブ・プロセスワーク(エイミー・ミンデル著)

んでもって、これも読み終わりました
そしたら、まだ、読んでない2冊を発見!
ここまできたら読んでしまうことに、、、

24時間の明晰夢、昏睡状態の人と対話する(アーノルド・ミンデル著)

24時間の明晰夢、昏睡状態の人と対話する(アーノルド・ミンデル著)

その2冊が「24時間の明晰夢」と「昏睡状態の人と対話する」です
これも、ようやく読み終わって、結局、17冊読んだんです

そしたら、また、発見、、、

18冊目のアーノルド・ミンデルさんの本は「プロセス指向のドリームワーク」

そうなんで、また、まだ読んでないミンデル本を見つけちゃいました
その本が「プロセス指向のドリームワーク」という本です

プロセス指向のドリームワーク(アーノルド・ミンデル著)

プロセス指向のドリームワーク(アーノルド・ミンデル著)

17冊読んでおいて、これ読まないと、なんか、すごーーーくやり残した感を感じるので、読むことに!!
そして、これも読了!!

ふぅーーーー、やっとおわったぁ~(^o^)
これで、違う本が読めるわ!!

って思ったんですが、、、

ミンデル本を読むきっかけとなったシステム・コーチングの基礎コーステキストを読み直してみます!

先週末に、ミンデル本を読むきっかけになったシステム・コーチングの勉強会があって、ひさしぶりに参加しました
勉強会には、システム・コーチング基礎コースのテキストを持参します

システム・コーチング基礎コースのテキストと「プロセス指向のドリームワーク」

システム・コーチング基礎コースのテキストと「プロセス指向のドリームワーク」

3ヶ月ぶりくらいにこのテキストを開きました
そして、「そうそう、このテキストがきっかけで、アーノルド・ミンデルって人に興味を持って本を読むことになったんやなぁ、、、」って思い返していたです

このテキストには、システム・コーチングの智恵がつまってる
そのベースのひとつになっているのが、アーノルド・ミンデルさんの創始されたプロセス指向心理学、プロセスワーク!

実は、「プロセス指向のドリームワーク」を読み終えた日が、このシステム・コーチングの勉強会の日でした
このとき、システム・コーチング基礎コーステキストと「プロセス指向のドリームワーク」の2冊を同時に持ち歩いていました
この2冊を電車の席に座って眺めていると、テキストのほうが、どうにも気になる、、、
内容なんて、正直、ほとんど忘れてる、、、
そのテキストが気になって仕方ありません

まるで、システム・コーチング基礎コーステキストが、「もっかい、開いてよ!」って呼びかけてるような気がしたんです
そんな気がしたらしようがないよね!(笑)

次の本に行く前に、システム・コーチング基礎コーステキストを今一度読み直して、自分なりに復習することにしました!
きっと、このテキストを、今、復習することにきっと意味があるのだと思います(^o^)v

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』五代目 てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

福島正伸「真経営学」音声全集

福島正伸「真経営学」音声全集 をゲットしました!

一昨年に購入してずっと本棚で眠っていた、、、積ん読だった「真経営学読本」(福島正伸 著)が、目につい

記事を読む

3人で、勉強会後の「ふりかえり」です

12月の「これからのリーダーシップ勉強会」にスタッフさんと行ってきました!

たこ梅は、「関東煮(かんとだき/おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋®です 170年以上前から、、

記事を読む

佐藤先生も入って一緒に議論

全社員さんとお客さまも気づいていない隠れた思いをヒアリングでくみ取る研修!

たこ梅は、今年で、創業して173年目になります 今では、日本で一番古くからやってる関東煮屋(おでん

記事を読む

「孫子」「孫子を読む」(浅野裕一著)

「孫子」を読んでみようと思います

この2年くらいで、もっとも、読んでいて興味をそそられ、面白い!って思った本「複雑さを生きる~やわらか

記事を読む

NVCワークショップでホルヘさんと記念撮影

ホルヘさんのNVCワークショップに和本店長と行ってきました!

たった4つのシンプルなセンテンスを使うだけで、人間関係が「うそやろ!?」っていういうくらいにくなるコ

記事を読む

『成人発達理論による能力の成長』オンラインゼミナール始まりました!

『成人発達理論による能力の成長』オンラインゼミナール始まりました!

先月、6月に発売になった「成人発達理論による能力の成長」(加藤洋平 著)を読みました 発達理論に興

記事を読む

書店に並ぶ マンガでやさしくわかる学習する組織(小田理一郎 著)

「マンガでやさしくわかる学習する組織」(小田理一郎 著)は、学習する組織を歩む会社の社員さんの教科書ですね!

もう、8年目になりますが、リーマンショックから売上が下がり続けたことがきっかけで学習する組織を目指し

記事を読む

「教えないから人が育つ」横田英樹毅のリーダー学(天外伺朗 著)

「教えないから人が育つ」横田英毅のリーダー学(天外伺朗 著)を読みましたが、、、参りました!こんな人、いるんや、、、

先日、読み始めた「教えないから人が育つ」横田英毅のリーダー学(天外伺朗 著)を読み終えました この

記事を読む

懇親会のカンパイの発声は、新人の深澤さん

「POPで楽しく価値を伝える研修♪2018」の第1回目!!スタッフさん、楽しめたでしょうか?(^o^)v

もう、数えてみたら今年で6年目、、、 毎年、年に2回ほど、同じタイトルの研修を続けています

記事を読む

ワクワク系マーケティング実践会「社長のアカデミー賞」ノミネート記念の招き猫ちゃん

ワクワク系マーケティング実践会社長のアカデミー賞ノミネート記念の「九谷焼の招き猫」が届きました!

週末、事務所に猫がやってきました! ニャァ~!と、、、って、ワケではなく、来たのは九谷焼の招き

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

10人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑