*

英治出版さんが来てくれはりましたが、何冊くらい、英治出版さんの本があるのか調べてみました!

公開日: 気になる本, つれづれに

私、単なる読者です
作家でも、講演家でもありません
ふつーの飲食店の経営者で、たこ梅の五代目店主です
なんですが、、、先日、英治出版さんのプロデューサー(編集者)さんがお二人で、たこ梅の事務所においでになりました

英治出版さんが、たこ梅の事務所を訪ねて下さいました

英治出版さんが、たこ梅の事務所を訪ねて下さいました
左から)てっちゃんと英治出版の田中さん、上村さん

わざわざ、いち読者に興味を持ってインタビューに来てくれはったんです

その時の話は、コチラのブログを見て下さいね!(^o^)
→ 英治出版さんが、一読者をわざわざインタビューに来てくれはりました!ビックリ、、、(*゚д゚*)

英治出版さんが来てくれた理由

英治出版さんが、一読者をわざわざインタビューに来てくれはりました!ビックリ、、、(*゚д゚*)」というブログに詳しくかいていますが、英治出版さんが、なんで、いち読者のところに来てくれはったんかというのをかいつまんでお話しすると、、、

英治出版さんは、組織開発や社会変革などの分野の本を多数出版されています
そのため、コンサルタント、組織開発会社、ファシリテーターとかの方は、よく読まれているようです
もちろん、企業の経営者やマーケッターなどの実務者の読者も多いと思われます

英治出版さんとしては、実務者が仕事中で、本で学んだことを活かして欲しい!って思われているようですが、そういった方が、実際、どのように仕事や会社で活かされているのかが見えない!んだそうです

わたしは、リーマンショックを期に、「学習する組織を創る!」って、勝手に決めて突き進んできているんですが、そんなことをちょくちょくブログに書いていました
たまたま、それを英治出版者の方がご覧になって、「出版した本を使って実践してる人、ハケーーーーーーン!!」(←ホントにこう言ったかどうかは定かじゃありません:笑)となったらしい、、、

それ以来、私のブログを注目していて下さって、今回、いろいろ直接聞いてみたいとおいでになったんです

実際、英治出版さんの本をどのくらい読んだのか?

ところで、英治出版さんのプロデューサーさんがおいでになって、ふと、「いったい、何冊くらい英治出版さんの本あるんやろうか?」って気になりました

それで、勘定してみたんです

英治出版さんの本は17冊ありました!

英治出版さんの本は17冊ありました!

並べてみると、全部で17冊ありました!!

【たこ梅文庫にある英治出版さんの本17冊】

学習する組織(ピーター・M・センゲ 著)
学習する学校(ピーター・M・センゲ 著)
行動探求(ビル・トルバート ほか 著)
U理論(C・オットー・シャーマー 著)
出現する未来から導く(C・オットー・シャーマー、カトリン・カウファー 著)
ダイアローグ(デビッド・ボーム 著)
源泉(ジョセフ・ジャウォースキー 著)
シンクロニシティ[増補改訂版](ジョセフ・ジャウォースキー 著)
未来を変えるためにほんとうに必要なこと(アダム・カヘン 著)
社会変革のシナリオ・プランニング(アダム・カヘン 著)
世界はシステムで動く(ドネラ・H・メドウズ 著)
システム思考をはじめてみよう(ドネラ・H・メドウズ 著)
発想を事業化するツールキット(デヴィッド・シルバースタイン、フィリップ・サミュエル、ニール・デカーロ 著)
サーバントリーダーシップ(ロバート・K・グリーンリーフ 著)
サーバントであれ(ロバート・K・グリーンリーフ 著)
シナリオ・プランニング(ウッディー・ウェイド 著)
コーチングのすべて(ジョセフ・オコナー、アンドレア・ラゲス 著)

英治出版さん17冊のうち、読んだのが12冊で、まだなのが5冊です

英治出版さん17冊のうち、読んだのが12冊で、まだなのが5冊です

だからって、この17冊を私が全部読んだわけじゃありません
読んだのは、タイトルがオレンジの12冊です
ピンク色の5冊は、まだ、読んでません
画像で言うと、本の上に未読の「未」って書いてる5冊がよんでないやつです

この5冊を眺めていて、「システム思考をはじめてみよう」(ドネラ・H・メドウズ 著)がなんとなく気になったので、今読んでる本の次くらいに読もうかな、、、って思ってます(^o^)

それはそれとして、たしかに、こうやって並べてみると、結構、英治出版さんの本を買ってるかも、、、
それに、先日、プロデューサーさんがおいでになったとき、また、本いただきましたし、、、

英治出版さんからいただいた本です

英治出版さんからいただいた本です

DREAM WORKPLACE(ロブ・ゴーフィー、ガレス・ジョーンズ 著)、チーム・ダーウィン(熊平美香 著)も増えてます
これで、英治出版さんの本は、19冊になりました!

「システム思考をはじめてみよう」(ドネラ・H・メドウズ 著)を皮切りに、また、ちょこちょこ、読んでない本も読んでいきます(^o^)v

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

粘土をこねて穴に厚めに塗っていきます

家の庭に池をつくるらしい、、、ホンマにやるの!?

家の庭に池を作るって楽しそうです でも、実際にやるとなると大変そう 4月のコロナ緊急事態宣言

記事を読む

清荒神さんで引いた「凶」のおみくじ

元旦に引いたおみくじは「凶」!これ、いいことなんです!その理由(わけ)は、、、

毎年、清荒神さんに、たこ梅の各お店、仕込み場でお祀りするお札を受け手に行きます 今年も、元日に行っ

記事を読む

新しく入れ替えNAS(Network Attached Storage)

オフィスのサーバー(NAS)を入れ換えました!

もう12,13年くらい前になると思いますが、IOデータ機器から、リナックスベースのNAS(Netwo

記事を読む

「慈悲の瞑想」「自分を変える気づきの瞑想法」(アルボムッレ・スマナサーラ 著)

「慈悲の瞑想」「自分を変える気づきの瞑想法」(アルボムッレ・スマナサーラ 著)を購入しました!

今日は、2018年3月11日ですね 2011年3月11日の東日本大震災から、8年目を迎えます

記事を読む

ジュンク堂書店 大阪本店3Fの「Teal これからの組織はどう変わる?フェア」コーナー

ジュンク堂書店「Teal これからの組織はどう変わる?フェア」コーナーで、たこ梅文庫にある本は何冊か?

この前、ツイッターにこういうツイートが流れてきました ジュンク堂書店「Teal これからの組

記事を読む

紅葉の新芽

春ですね!何があっても、春はやってきますよ。ひといき入れましょう

今、世界も日本も、たこ梅のある大阪も、新型コロナウイルスの猛威の前に空前の状況におちいっていますね

記事を読む

プロジェクト・デザイン・パターン、パターン・ランゲージ、複雑系入門(井庭崇ら 著)とプロジェクト・デザイン・パターンカード

「プロジェクト・デザイン・パターンカード」買っちゃいました!社長のアカデミー賞2017グランプリホルダーがスゴイ!っていうもんだから、、、

この前、フェイスブックを見てたら、ある記事が目にとまりました たこ梅では、小阪裕司先生が提唱される

記事を読む

ジョン・ウー監督と和田店長のツーショット

マンハントのジョン・ウー監督の横にいるのは、福山雅治、、、じゃなくて、和田訓行です

2月9日から封切りになったジョン・ウー監督の最新作「マンハント」、、、 「マンハント」(監督

記事を読む

新しくなった三宝荒神さんのお社

三宝荒神さんのお社が新しくなりました!

たこ梅では、どのお店にも三宝荒神さんがお祭りされています というのも、175年前の創業当時より

記事を読む

法人版マイナンバーが届きました

法人版のマイナンバー(法人番号)が、たこ梅にも届きました!

10月から、個人への通知がスタートしたマイナンバー、、、 私のところへも、、、まだ、来てません

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

16人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑