*

「真経営学読本」(福島正伸 著)は、人生が豊かになる本の一冊であると思います

公開日: 気になる本, リーダーシップ

先代社長が亡くなり、突然、10年以上つとめた会社員を退職、たこ梅を継いで17年目になります

その頃は、毎年、赤字続きの店でしたが、スタッフさんや周りの協力があって、赤字もストップ、利益が出るようになりました

そんな、たこ梅を継いで黒字基調となった数年目、大阪の堺筋本町にある大阪産業創造館というところが、二代目・三代目社長、次期経営者、事業継承者向けに約1年間のプログラム「なにわあきんど塾」を知りました
そして、あきんど塾20期として入塾しました

大阪産業創造館の「なにわあきんど塾」

大阪産業創造館の「なにわあきんど塾」

ちなみに、この産創館さんの「あきんど塾」のプログラムは現在も続いていて、2018年度 33期生を募集中のようです
興味があったら、コチラをご覧下さいね
「なにわあきんど塾」募集の公式サイト
※第33期生(2018年度)募集中で、応募締切は2018年2月16日(金)です

大阪産業創造館(さんそうかん)さん

大阪産業創造館(さんそうかん)さん

そのプログラムの初回 起業家精神だったと思いますが、そういうことで、登壇されたのが福島正伸先生でした

当時の私は、フィリップ・コトラー、デビッド・アーカーなどのいわゆるマーケティングは学んでいましたが、起業とか経営者としての心構えや精神というものは勉強してない、、、というより、それがどんなものかという概要すら知らないレベルでした
当時は、売上と利益を出すことだけで精一杯でしたし、売上と利益を増やすことが経営だ!と思っていました
起業家精神とか経営者の心得なんて、余裕ぶっこいたやつが偉そうに語るくらいのもんだろう、、、売上と利益に関係ないし、、、くらいに思ってましたから

だから、福島正伸先生のお名前も存じ上げないし、起業家精神の話をきいても「ふーーーーん、そういうもんかぁ、、、」「話は面白いなぁ、、、」くらいでした

まぁ、今から考えると、相当、失礼なヤツですね、、、^^;;;

学習する組織入門、学習する組織、マンガでやさしくわかる学習する組織

学習する組織入門、学習する組織、マンガでやさしくわかる学習する組織

その後、リーマンショックを経て、それまでの「売上だ!」「利益だ!」では上手く行かなくなって、困っていたときにピーター・センゲの「学習する組織」に出会い、これなら、百年後も親が子を連れてきたくなる店が続いているに違いない!と、学習する組織の構築に進んできました

そんな中で出会う人達から、よく福島正伸先生の講座にでてよかった!とか話もきいていました

どんな仕事も楽しくなる3つの物語、リーダーになる人のたった1つの習慣(福島正伸 著)

どんな仕事も楽しくなる3つの物語、リーダーになる人のたった1つの習慣(福島正伸 著)

それで、「どんな仕事も楽しくなる3つの物語」「リーダーになる人のたった1つの習慣」(福島正伸 著)なんかを買って読んでもいました

そして、一昨年、「真経営学読本」(福島正伸 著)というのが発刊されることを知ってすぐ買いました
ただ、たこ梅文庫の書架に並んだものの、そのまま、積ん読、、、
1年半が経過しました

「真経営学読本」(福島正伸 著)

「真経営学読本」(福島正伸 著)

今年になって、ふと、たこ梅文庫を眺めていると、この「真経営学読本」(福島正伸 著)が目に入ってきて、「あ、これ、読むんだ、、、」と思って読み始めることにしました

経営学と書いてあるので、いろんなノウハウなんかがあるのかと思ったら、起業、経営するうえで、本当に大事なものは何か?スキルやノウハウを越えた大切なものについて、エッセイのように53の短編の物語風、語りかけるように書かれています

平成22年から学習する組織を目指して取り組んでいる中で多少なりとも学んだこともあるので、読んでいて、こういうことかも、、、って思い当たることもあれば、そうだよなぁ、、、とか、なるほど!って教えられる、気づかされることも多々あります

まだ、半分ほど読んだだけですが、起業家、経営者だけでなく、接客やサービスを提供する仕事をされている方はもちろん、人を相手に仕事をする方は、ぜひ、読まれることをおすすめします
仕事が、人と人との関わりでの営みである限り(AI全盛になったらどうか不明ですが、、、^^;;;)、この本に書かれていることは大切なことだと思います

ほんと、楽しく読めるし、読んでいると、仕事というか働くと言うことが何なのか?ということが、すこしずつ染みいってくるように思います
人生が豊かになる本の一冊であると思います

 

 

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』五代目 てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

サーバントリーダーシップ(ロバート・K・グリーンリーフ 著)

サーバントリーダーシップ(ロバート・K・グリーンリーフ 著)を再読しています

ちょうど6年前に、サーバントリーダーシップ(ロバート・K・グリーンリーフ 著)を読んでいました

記事を読む

たこ梅文庫に「お客さまを呼ぶ!スゴい仕掛け(佐藤元相 著)」が並びました!

「お客さまを呼ぶ!スゴい仕掛け」(佐藤元相 著)が、たこ梅文庫の書架に追加されました!!

2012年から、毎年、2~4人の社員さんが、半年ほど通う研修にいっていて、もう、10人以上になります

記事を読む

吉田健一さんの「私の食物誌」「舌鼓ところどころ」とその両者をあわせた没後40年記念の文庫本

中央公論新社さんから「舌鼓ところどころ/私の食物誌」(吉田健一 著)の文庫本をいただきました!

この前、中央公論新社さんから郵便物が届きました 「何が、来たんやろ?」って思って開けてみると、、、

記事を読む

たこ梅 北店の大西さん、本を3冊貸出です

今日も、スタッフさんが、たこ梅文庫から本をかりて行ってくれました!

毎月の店長会議、(若手スタッフさんの)現場会議を難波にある事務所やっています その会議をやっている

記事を読む

「リーダーシップとは何か?」(ロナルド・A・ハイフェッツ 著)

「リーダーシップとは何か?」(ロナルド・A・ハイフェッツ 著)を読み始めました

この前、「なぜ人と組織は変われないのか」(ロバート・キーガン、リサ・ラスコウ・レイヒー著)を読みまし

記事を読む

「教えないから人が育つ」横田英樹毅のリーダー学(天外伺朗 著)

「教えないから人が育つ」横田英毅のリーダー学(天外伺朗 著)を読みましたが、、、参りました!こんな人、いるんや、、、

先日、読み始めた「教えないから人が育つ」横田英毅のリーダー学(天外伺朗 著)を読み終えました この

記事を読む

スタッフの田口さんとコーチングしています

仕事以外のテーマもOK!でスタッフさんにコーチングをする理由(わけ)

コンスタントに毎月10名くらいのスタッフさんにコーチングをしています よく成果をあげるため!にコー

記事を読む

「なぜ弱さを見せあえる組織が強いのか」(ロバート・キーガン、リサ・ラスコウ・レイヒー 著)

「なぜ弱さを見せあえる組織が強いのか」(ロバート・キーガン、リサ・ラスコウ・レイヒー 著)から気づいたことと決めたこと

今から2ヶ月前、8月9日に「なぜ弱さを見せあえる組織が強いのか」(ロバート・キーガン、リサ・ラスコウ

記事を読む

「世界で一番やさしい 会議の教科書」「世界で一番やさしい 会議の教科書 実践編」(榊巻 亮 著)

「世界で一番やさしい 会議の教科書」(榊巻 亮 著)&実践編を買いました!

毎月、1回、店長会議、現場会議という定例会議をやってます 各店やビール工場見学などのイベントごとで

記事を読む

「進化の構造1,2」(ケン・ウィルバー著)

「進化の構造」(ケン・ウィルバー著)、強力に頭がわいています!(笑)

1月10日くらいだったと思います 今から、ちょうど、1ヶ月ほど前ですね 「進化の構造1,2」(ケ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

10人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑