*

11月野菜部は、恵み循環農法の伝道師 吉原優子さんをゲストにお迎え!サルハムシ退治からスタート!?

公開日: 農業科・野菜部

今年の3月から、毎月一回、各店のスタッフさん「野菜部」を結成しと奈良の山添村に自然農法の野菜の世話に通っています
この11月も野菜部で山添村に行ってきましたが、いつもと違うことが、、、

11月はゲストに吉原優子さんをお迎えしました

自然農法で野菜部を始めるに当たっては、まず、たこ梅のスタッフさんと自然農法の勉強をしたのです

講師の吉原優子さんと完成した畑の畝の前で記念撮影

講師の吉原優子さんと完成した畑の畝の前で記念撮影

自然農法のひとつ「恵み循環農法」を開発し、自ら伝道されている吉原優子さんのワークショップに8月と12月の2回参加して基本的なことを学びました

その時のことは、こちらのブログを見てね!
→ 恵み循環農法畑作りワークショップでスタッフさんと姫路に!野菜つくるぞーーーー!?
「恵み循環農法」ワークショップ第2回です~野菜からの人間関係、人のシステム教えられました~

11月野菜部はゲストに吉原優子さんを迎えました

11月野菜部はゲストに吉原優子さんを迎えました

そして、今回、自然農法について教えてもらった吉原優子さんをゲストに迎えて11月の野菜部の活動に取り組んで来ました!

吉原優子さんの恵み循環農法の公式サイトはコチラ!
野菜の庭部

大根についたサルハムシの撃退

自然農法では農薬は使いません
ですので、時には、害虫が大発生することもあります
今回、種を蒔いて育てている大根にサルハムシの幼虫が大発生!!

泥団子をつかってサルハムシを取り除きます

泥団子をつかってサルハムシを取り除きます

サルハムシの幼虫は3mm前後の大きさで、手で取ろうとするとその振動や触れた瞬間にポロッと地面に落ちていきます
そうると、地面の色に紛れて見つけられません

泥団子にくっついたサルハムシの幼虫

泥団子にくっついたサルハムシの幼虫

そこで吉原さんの指導により、土を水で練った泥団子をつくり、それを箸の先につけます
その泥団子をサルハムシに軽く押しつけると、接着剤のようにピタッ!と泥団子にサルハムシがくっついてくるのです
これだと、サルハムシに逃げられる(落とす)ことなく、簡単に取り除くことが出来ます

こうやって、目につくサルハムシは捕獲していきました
もちろん、見逃すことはあります
でも、自然界では、特定の生物が根こそぎにされることはありません
その考え方で、見つからず生き残ったサルハムシはそのままで自然であると見なすのです

大根の幼い苗を間引く

サルハムシ退治がひと段落したところで、大根の幼苗を間引いていきます
種を畑に直まきしたので、たくさんの幼苗が生えています
握り拳1つ半か2つくらいの感覚で、その中で一番成長のよい幼苗を残して、他を間引きます

間引いた大根の幼苗

間引いた大根の幼苗

通常、間引いたものは「間引き菜」として美味しくいただけるのですが、今回は、サルハムシの大被害にあっていてちょっと食べられる状態ではありません

だからといって、捨てることもしません

間引いた幼苗は、すべて、現在創っている雑草堆肥のところに放り込んで、堆肥化して再活用します
今回は、間引いた幼苗にもサルハムシが着いている可能性もあるので、それもあって、サルハムシごと堆肥にする方法を選びました

吉原優子先生のおかげで、年明けには美味しい大根がいただけるかもしれません

さて、この日は、大根の手入れの後、落花生、サツマイモ、里芋の収穫に移ったのですが、その結果は、、、(つづく)


11月の野菜部のブログ
サルハムシ退治のあとは、山添村の自然農法畑で秋の収穫です!!
→ 11月の野菜部はサルハムシ退治、収穫大会に続いて、玉ねぎを植えます!
→ 11月の野菜部のラストは、収穫野菜の葉、茎などを堆肥に!それと、アレも芽が出てきました!

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

喰うどぉーーーーー!!(by 和田さん、安藤さん)

サルハムシ退治のあとは、山添村の自然農法畑で秋の収穫です!!

さて、この前のブログに書いたとおり、大根の幼苗についたサルハムシを泥団子で退治(自然農法なので農薬は

記事を読む

裏庭の自然農法菜園(6月23日)

自然農法の裏庭菜園、肥料も水もまかずによく育ってます!!

家の裏庭で、自然農法の菜園を初めて、1ヶ月半が経過、、、 天地返し、複数の野菜を混栽して始まる自然

記事を読む

畑の雑草を成長点の下で刈り取ります

9月の山添村 野菜部~雑草の成長点下の根を切る草刈りは有効だった!~

今年の3月から、たこ梅のスタッフさんと「野菜部」を結成し、山添村(奈良)で自然農法の畑に取り組んでい

記事を読む

裏庭の実験用自然農法菜園、ナス、トマトが収穫できそうです!シソも育ってます

今年の3月から奈良の山添村で、スタッフさんと一緒に、自然農法の畑を始めました(通称「野菜部」)

記事を読む

各店の話題から全店、全社の課題にも発展

7月の奈良山添村での野菜部活動~店長面談&現場面談編~

毎月、1回、たこ梅野菜部のメンバーさんと奈良の山添村へ、自然農法の畑へ行きます 7月も行って、雑草

記事を読む

自然農法の畑のトマト

2週間降雨なし!山添村の自然農法の畑の野菜に水やりです

2019年3月から、奈良の山添村で自然農法の畑をたこ梅のスタッフさんとやっています 自然農法なので

記事を読む

仕込みで使ったネギの根元部分

裏庭の自然農法実験圃場にネギを植え直しました

奈良に、研修施設として購入した古民家があります そこには、畑にするのにちょうどいいスペースの土地が

記事を読む

講師の吉原優子さんと完成した畑の畝の前で記念撮影

恵み循環農法畑作りワークショップでスタッフさんと姫路に!野菜つくるぞーーーー!?

「よし!野菜つくろう!!」なんて、思ってしまいました それというのも、、、 奈良にある畑(予定地

記事を読む

エゴマよりも高く伸びるエノコログサ

「猫じゃらし」(エノコログサ)が180cmまで伸びた!その理由は、、、

雑草の中ではありふれた、よくみかけるものに「猫じゃらし」(エノコログサ)があります 先っぽに毛虫の

記事を読む

丸型と角形のシャベルを4本購入

自然農法の畑づくり用にシャベルを購入です

来年の春から、奈良にある研修施設の土地で、自然農法「恵み循環農法」をつかった野菜作りを始める予定にし

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

14人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑