*

開始から1ヶ月、裏庭の自然農法菜園の防虫ネットを外すと、、、

公開日: つれづれに, 農業科・畑部

3月にたこ梅のスタッフさんと奈良県山添村で自然農法による畑を始めました

山添村の自然農法の畑

山添村の自然農法の畑

家の裏庭に自然農法の菜園をつくる

そして、私、家の裏庭にも、自然農法の畑というか畝1本、まぁ、菜園をつくったんです

腐葉土、米ぬか、油かす、籾殻くん炭を底の部分に敷き詰めます

腐葉土、米ぬか、油かす、籾殻くん炭を底の部分に敷き詰めます

土壌を整える「天地返し」

自然農法なので、農薬や化学肥料はもちろん、基本水もまきません
ただ、そんな状態でも野菜が育つためには、土壌がそれだけの「器」でなくてはならないので、最初に「天地返し」という作業を行います

土壌の上層(地表から15cm)と下層(地表から15-30cm)の土をひっくり返して入れ換えるのです
こうすることで、地表付近の好気性細菌と下層の嫌気性細菌が入り交じり、土壌が活性化するのだそうです
そのとき、一番底(地表から30cmくらい)には、腐葉土、米ぬか、油かす、籾殻くん炭などを敷き詰めておきます
これも、土壌の活性化や保水力を高めるのに効果があるのだそうです

裏庭の自然農法菜園をつくる様子はこちらを見てね!
→ 家の裏庭にテスト&育苗用に自然農法実験圃場をつくるぞ!(前編)
→ 家の裏庭にテスト&育苗用に自然農法実験圃場をつくるぞ!(後編)

ひとつの畝に数種類のコンパニオンプランツを植える混栽

そういう作業をやって、5月中旬頃にいろんな野菜を植えました
自然農法の特徴は、ひとつの畝に多数の野菜を混栽することです
これは、野菜というか植物同士がお互い助け合って虫や病気を防ぐのだそうです
病気を予防するネギ、虫を防ぐキク科やシソ科などを組み合わせて植えます

組合わせ方でお互いを助け合う植物をコンパニオンプランツと呼ばれています

10種類以上の野菜の種を蒔きます

10種類以上の野菜の種を蒔きます

わたし、正直、どういう組合わせがいいのかわからないので、でたらめですがとにかく多種の野菜の種を蒔きました
結局20種類以上、、、

裏庭実験畑の植栽設計図

裏庭実験畑の植栽設計図

こんな感じで植えています

そのときのことはこちらのブログで!
→ 裏庭の自然農法実験畑に野菜20種類以上のタネと苗を植えました!(前編)
→ 裏庭の自然農法実験畑に野菜20種類以上のタネと苗を植えました!(後編)

自然農法スタートから1ヶ月後の裏庭家庭菜園

家の裏庭に自然農法の家庭菜園をつくって約1ヶ月がたちました
いま、どうなっているのかというと、、、

ちなみに、5月下旬ころの家庭菜園の様子です

裏庭の自然農法菜園(5月26日)

裏庭の自然農法菜園(5月26日)

かわいらしい状態で防虫ネットの中も外も育っています

そして、それから2週間経過した現在(昨日6月10日)は、、、

裏庭の自然農法菜園(6月10日)

裏庭の自然農法菜園(6月10日)

外に植えてあるトマト、ナス、ピーマンも大きく育っています
防虫ネットの中は、トウモロコシの苗は育って頭を打つ状態

それで、防虫ネットをとっぱらいました!

自然農法菜園の防虫ネットを外しました

自然農法菜園の防虫ネットを外しました

いろいろ元気に育っています
ただ、植えたものが全部育っているわけではありません

大きめなのはルッコラ、手前横一列はオタフク春菊

大きめなのはルッコラ、手前横一列はオタフク春菊

オタフク春菊はきれいに芽が出て育っていますが、同時に植えた大葉春菊はほとんど芽が出ず育っていません
時期の問題なのか、土壌との相性の問題なのか、、、
「何があるのか?」「何がその違いをつくるのか?」という問いを野菜たちがくれます

トウモロコシの根元で育つ赤シソ

トウモロコシの根元で育つ赤シソ

赤シソは、どんどん背丈を伸ばすトウモロコシの根元でしっかりと葉を広げてきています

花が咲いたブロッコリー

花が咲いたブロッコリー

ブロッコリーは、防虫ネットのおかげで元気に育ちましたが、、、
あら、まぁ、、、
花が咲いてしまいました、、、^^;;;
食べるには時期遅れのようです、、、

うまく行ったり失敗したり、、、
うまく行くのも楽しいですが、失敗するのもさっき書いたように「何があるのか?」「何がその違いをつくるのか?」という探求ができるので、これもまた面白い!!

日々、観察しながら、自然農法の畑というより菜園ですが、楽しみます!!

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

ヴィクトワール・シュヴァルブラン・村男Ⅲ世

「ヴィクトワール・シュヴァルブラン・村男Ⅲ世」って、知ってます?

7月19日から昨日、7月21日まで、2泊3日で、長野県白馬村の五龍館さんへ、たこ梅の研修旅行でした

記事を読む

山添村の自然農法の畑(7月7日)

草刈り2週間後の自然農法畑は雑草ボーボー!けど、一角だけ雑草が生えない!それは、、、

3月から、スタッフさんと奈良の山添村で自然農法の畑で野菜の栽培を始めました 自然農法とは? 自然

記事を読む

ノンカフェイン穀物コーヒー「INKA」です

ミーティングスペースにノンカフェイン!穀物コーヒー「INKA」が加わりました!!

たこ梅の難波事務所では、毎月、店長会議や現場会議(若手スタッフさん中心の会議)がありますし、お客さま

記事を読む

【祝】「ブログ1000記事を達成!!」してたようです、、、

おはようございます この店主ブログが1000記事を越えてました! ふと、気づいたら、この「創業1

記事を読む

天地返しに続き、自然農の畑に植える苗を育てます!

奈良の山添村というところに、たこ梅の研修し施設があります そこには、ちょっとした土地があって、畑が

記事を読む

山添村の自然農法畑は雑草がかなり生えています(2021年4月)

4月の野菜部(前編)~野菜を抜いて畑を耕し植え直す~

日本一古いおでん屋「たこ梅」の 雑用係 兼 五代目店主 てっちゃんです 奈良の山添村でスタッフ

記事を読む

「人体~神秘への挑戦~」国立科学博物館

国立科学博物館「人体~神秘への挑戦~」へ行ってきました!人生観が広がる!かも、、、超おすすめです!!

この前、東京でNVC(非暴力的コミュニケーション)関連のリーダーシップ研修だったので、その空き時間に

記事を読む

葉を取り除きズイキの部分だけにしていきます

緊急速報!山添村のズイキ、万願寺唐辛子とチンゲンサイが数量限定で登場です

今年の3月から奈良の山添村で自然農法の畑を始めました そして、毎月1回、野菜部のスタッフさんと山添

記事を読む

外気温が30℃を超えたようだ

いきなり大阪は猛暑日、厚労省も外ではマスクを外そう!と言ってますよ

日本一古いおでん屋「たこ梅」の 雑用係 兼 五代目店主 てっちゃんです 大阪は30℃越えの猛暑日

記事を読む

新世界の「づぼらや」さん

今年100年を迎えるフグの「づぼらや」さんが閉店。飲食業は難しい時期を迎えています。

一昨日、6月12日にショッキングなニュースが飛び込んできました フグの「づぼらや」さんが閉店 今

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

18人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑