*

10月の山添村野菜部 前編~キヌサヤエンドウの芽が出た!消えたジャガイモ復活?~

公開日: 農業科・野菜部

お店のスタッフさんと奈良の山添村で1年半ほど前から、1アールに満たない小さな自然農法畑をやっています
そして、毎月1回、畑作業に通っています

雨と霧の山添村と自然農法畑

雨と霧の山添村と自然農法畑

この日は、霧が出て雨も降る中、10月も行ってきました!

自然農法畑の様子

9月に行ったときは、8月ほどではありませんでしたが、そこそこ雑草が生えていたので、まず、雑草刈りから始まりました

雑草を刈る前の自然農法の畑(2020年9月)

ですが、きっちり雑草を成長点の下で刈り取っているのと、気温も下がってきたせいもあって、雑草はさほどむごい状態ではありませんでした

自然農法の畑(2020年10月)

自然農法の畑(2020年10月)

このくらいなので、今回は、雑草の刈り取りは省くことにしました

さて、野菜の様子はというと、、、

日本キヌサヤエンドウ

昨年、われわれの自然農法の師匠である吉原優子さんに日本キヌサヤエンドウの種をもらって、育てて、自家採種しておきました

自家採種した日本キヌサヤエンドウの豆(種)

自家採種した日本キヌサヤエンドウの豆(種)

これを9月に、種(豆)を畝に直蒔きするかたちで植えておきました

種を自家蒔きから1か月後の日本キヌサヤエンドウ

種を自家蒔きから1か月後の日本キヌサヤエンドウ

しっかり芽を出して、上に伸びています

芽が伸びてきた日本キヌサヤエンドウの苗

芽が伸びてきた日本キヌサヤエンドウの苗(2019年の苗)

昨年は、室内でポッドで苗を育ててそれを畑に定植する形にしました
見比べると分かりますが、昨年は当初苗を温度の高い室内で育てましたが、今回の直蒔きの方が、明らかに節間(葉と葉の間隔のこと)が短く1枚1枚の葉も厚めでしっかり、どっしりした感じです

やっぱり、畑という外の環境で芽を出すところから始めた方が強そうです

一旦消えたジャガイモが芽を出している

今年の春に、ジャガイモの種芋を植えました

ジャガイモがだいぶ伸びてきました

ジャガイモがだいぶ伸びてきました(2020年4月)

4月には順調に大きくなっていましたが、7月に行ってみると、ジャガイモがいなくなっている!
消えてしまいました!!

きっと、何かで枯れたのかな、、、と思っていたら、、、

消えた!と思ったジャガイモが再び芽を出しています(どうなってるの?)

消えた!と思ったジャガイモが再び芽を出しています(どうなってるの?)

また、ジャガイモの芽が出ていました
本来なら、3月に植えたので、もう、収穫が終わっている頃なんですが、一旦消えて、いまごろ芽が出ています
どうなっているのでしょう?

いまから、育つとも思えない、、、んですが、どうなるか気になるので、そのまま放っておくことにします

レタス、白菜、ブロッコリー

9月にレタス、白菜、ブロッコリーの苗を畑に定植しました

9月に植えたレタスや白菜、ブロッコリーの苗が定着したようです

9月に植えたレタスや白菜、ブロッコリーの苗が定着したようです

いずれも、ちゃんと定着したようです

しかし、、、

白菜の苗は防虫ネットかぶしたもののかなり虫害にあっています

白菜の苗は防虫ネットかぶしたもののかなり虫害にあっています

白菜の苗は、1か月でだいぶ育っていますが、かなり虫害にあっていて葉をかじられています

防虫ネットもかぶせておいたのにやられちゃった _| ̄|○

白菜がターゲットにされたせいかどうかわかりませんが、レタスとブロッコリーは、虫にやられることもなくすくすく成長中です

にんにく

昨年、山添村の直売所で(食用として)売っていた山添村でとれたニンニクを畑に植えたら、すごく大きくなって収穫できました

収穫した大蒜(にんにく)

収穫した大蒜(にんにく)(2020年6月)

この一部をおいておいて、先月、また、畑に植えました

自家栽培で収穫したニンニク

自家栽培で収穫したニンニク/2020年9月に1片ずつ畑に植える

1か月経ったところでは、芽も出ていないようです
どうなるのか?

また、様子を見ておきます

ネギ

1年半前に自然農法の畑を始めたとき、最初に植えたのが防虫、土壌消毒のための「ねぎ」です

お店で「ねぎま」「鯨すじねぎ袋」なんかでネギを一杯使いますが、根っこの生えた根元部分は残ります
これを集めて植えました

その一部が、今も生き残っていて、、、

食べた後の根元だけを植えたネギが立派に成長

食べた後の根元だけを植えたネギが立派に成長

えらく立派に太く育っています

ネギは株分かれして増えて行っています

ネギは株分かれして増えて行っています

株分かれまでして、元気に増殖中!!

生きる力はすごいと思います

牛蒡(ゴボウ)

昨年、牛蒡の種を蒔きました

収穫したゴボウ

収穫したゴボウ(2019年12月)

そして、育ったので昨年の12月に収穫しました

どうも、そのとき、収穫漏れしたのが、折れた根っこが残っていてそこから生えてきたのか、春には、芽が出ていたのです

牛蒡(ゴボウ)がやたら元気に葉を広げています

牛蒡(ゴボウ)がやたら元気に葉を広げています

それが、どんどん大きくなって、いまでは、こんなに元気に葉を広げています
肝心のゴボウ(根っこ)も成長しているのではないでしょうか

期待大です

この日のメインイベント

自然農法畑の野菜たちはこんな感じです
さて、いよいよ、この日のメインイベントです

それは、、、

明日につづく、、、


後編はコチラ!
→ 10月の山添村野菜部 後編~そら豆、お多福豆を育てるぞ!~

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

収穫した大根

3月の野菜部in山添村~大根、収穫!!期待よりずいぶん小っこかった~

今月も、奈良の山添村の自然農法の畑にスタッフさんと行ってきました 山添村の自然農法の畑(20

記事を読む

山添村の自然農法の畑(7月7日)

草刈り2週間後の自然農法畑は雑草ボーボー!けど、一角だけ雑草が生えない!それは、、、

3月から、スタッフさんと奈良の山添村で自然農法の畑で野菜の栽培を始めました 自然農法とは? 自然

記事を読む

1畝に3列植えするため畝を調えます

11月の野菜部はサルハムシ退治、収穫大会に続いて、玉ねぎを植えます!

9月の野菜部で、玉ねぎを種から直まきしました 日本ほうれん草と玉葱ラピュタの種を蒔きました[

記事を読む

レタス

天地返し後、種まき、苗植えから9日たった自然農法の畑の様子です

先月、3月から、奈良の山添村で自然農法のひとつ「恵み循環農法」による畑を始めました 昨年、8月と1

記事を読む

雑草が劇的に減っていて、草刈りも楽チン

10月の野菜部~雑草が少なかった!例の草刈り法は有効!!~

このまえ、たこ梅のスタッフさんと野菜部の活動で山添村の自然農法畑にいってきました 自然農法の畑で苦

記事を読む

畑の雑草を成長点の下で刈り取ります

9月の山添村 野菜部~雑草の成長点下の根を切る草刈りは有効だった!~

今年の3月から、たこ梅のスタッフさんと「野菜部」を結成し、山添村(奈良)で自然農法の畑に取り組んでい

記事を読む

お店の運営について話をしています

自然農法の畑のある山添村で、初の店長面談です

この前、奈良の山添村にある自然農法の畑の手入れに、たこ梅農業科野菜部のメンバーさんと行ってきました

記事を読む

野菜の種

自然農「恵み循環農法」で蒔く種がいっぱい届きました!ちょっといっぱいすぎ、、、^^;;;

今年から、奈良で自然農法の畑をやろうと思っています 野菜をつくる!ってことね まず自然農法のワー

記事を読む

裏庭実験畑の植栽設計図

裏庭の自然農法実験畑に野菜20種類以上のタネと苗を植えました!(後編)

昨日のブログの続きですが、家の裏庭につくった自然農法実験畑に、14種類のタネと苗を植えました

記事を読む

刈り取ったツルや葉は雑草堆肥に

11月の野菜部のラストは、収穫野菜の葉、茎などを堆肥に!それと、アレも芽が出てきました!

11月の野菜部は、大根についたサルハムシの対峙に始まり、サツマイモ、サトイモ、落花生などを収穫

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

16人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑