*

自然農「恵み循環農法」で蒔く種がいっぱい届きました!ちょっといっぱいすぎ、、、^^;;;

公開日: 農業科・野菜部

今年から、奈良で自然農法の畑をやろうと思っています
野菜をつくる!ってことね

まず自然農法のワークショップに参加

自然農法といいう言葉こそ知ってましたが、どうするのかさっぱりわからない
それに、その畑にする場所ですが、大阪市内から車で1時間半かかるので、しょっちゅうも行けません

自然農法の畑予定地

自然農法の畑予定地

でも、自然農法で調べてると、肥料をやらない、農薬をまかないだけでなく、基本、(よっぽどの日照り続きを除いて)水もやらなくていい!!らしいってわかって、それなら、奈良で畑をしても1ヶ月に1回くらい行けば十分じゃないか!これならできるぞ!って思いました

となると、早速、自然農法のことを学ぼうと、うちのスタッフさんと一緒に、自然農法のワークショップに参加です

講師の吉原優子さんと完成した畑の畝の前で記念撮影

講師の吉原優子さんと完成した畑の畝の前で記念撮影

9月と12月に、「恵み循環農法」という自然農法ワークショップ新梅田食道街 たこ梅 北店の安藤店長、ホワイティうめだ たこ梅 東店の多比羅店長と3人で行ってきました

その時の話はこちらのブログを見てね!
→ 恵み循環農法畑作りワークショップでスタッフさんと姫路に!野菜つくるぞーーーー!?
「恵み循環農法」ワークショップ第2回です~野菜からの人間関係、人のシステム教えられました~

天地返しの準備

ワークショップで教わった中で、自然農法で最初にやるのが土作りたのめの「天地返し」という作業
これは、畑の表面から15-20cmの層とそれ以下の15-20cmの層を入れ換えるというやつです
天地返しをすると、表層の好気性の微生物と深部層の嫌気性の微生物がうまく混じり合っていい土壌になるそうです
そして、その時、腐葉土や糠なども敷き込みます

ショベルに、鍬(くわ)、剪定ばさみ、移植ごて、pH計など道具もそろってきました

ショベルに、鍬(くわ)、剪定ばさみ、移植ごて、pH計など道具もそろってきました

この「天地返し」の準備でシャベルや鍬、ph計なども購入したし、腐葉土や籾殻燻炭に糠も用意しました

山田錦を刈る安藤店長

山田錦を刈る安藤店長

ちなみに糠は普通の糠ではなく、取引先の白鹿さんのご縁で酒米「山田錦」の稲刈りに昨年参加させてもらって、その「山田錦」の糠を分けてもらうことができました

兵庫県産「山田錦」の糠(米袋ですが中身は糠です)

兵庫県産「山田錦」の糠(米袋ですが中身は糠です)

山田錦の稲刈りの話はコチラ!
山田錦の稲刈りに行ってきました!これは、農家から酒蔵、飲食店、消費者までつながるためのファーストステップです!!

畑に蒔く「種」がいっぱい届きました

「天地返し」が完了すると、すぐに蒔ける野菜の種もあります

それで、「恵み循環農法」ワークショップでお世話になった優子先生のオススメの種屋さんのひとつ「野口のたね」でいろんな種を購入です

野菜の種

野菜の種

これ、さすがに買いすぎ、、、^^;;;

それに、全部をいっぺんに蒔くわけじゃありませんよ
春菊とかルッコラ、イタリアンパセリなんかを最初に蒔こうと思ってます
ただ、「野口のたね」さんのサイトを見てたら、「あ、まくわうり食べたい!」「枝豆とビールええなぁ」なんて調子でついついクリックしすぎました、、、

ぼちぼち、取り組んでいきますが、準備だけはええカンジです(笑)

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

11月野菜部はゲストに吉原優子さんを迎えました

11月野菜部は、恵み循環農法の伝道師 吉原優子さんをゲストにお迎え!サルハムシ退治からスタート!?

今年の3月から、毎月一回、各店のスタッフさん「野菜部」を結成しと奈良の山添村に自然農法の野菜の世話に

記事を読む

喰うどぉーーーーー!!(by 和田さん、安藤さん)

サルハムシ退治のあとは、山添村の自然農法畑で秋の収穫です!!

さて、この前のブログに書いたとおり、大根の幼苗についたサルハムシを泥団子で退治(自然農法なので農薬は

記事を読む

こんな風に土壌にpH計を刺して測定

自然農法の畑をつくるため、土壌調査です!!

この前、奈良県の山添村に行ってきました 秋の山添村(奈良県)は紅葉がきれい この時期の山添村は、

記事を読む

芽が伸びてきた日本キヌサヤエンドウの苗

日本キヌサヤエンドウの苗を裏庭の自然農法菜園に定植

11月の山添村での野菜部の時にもらった日本キヌサヤエンドウの苗が育ってきたので定植することにしました

記事を読む

薄茶色の新しい部分と黒っぽい古い部分

1月の山添村の野菜部 中編~雑草堆肥をつくってます~

今年はじめての山添村です スタッフさんと自然農法の畑に行ってきました まずは、畑作業です

記事を読む

子どもプールで水遊び中

8月の野菜部は、ほぼ、ホリデー!!

毎月、1回、スタッフさんと奈良の山添村で自然農法の畑作業をやっています 今年は、春の新型コロナ騒動

記事を読む

1対多で対話型の面談です

10月の野菜部~野菜部の活動のあとは対話型の面談が始まります~

毎月1回、たこ梅のスタッフさんと「野菜部」をつくっていて、奈良の山添村で自然農法の畑を耕してます

記事を読む

サツマイモが畝いっぱいに茂ってます

10月の野菜部~草刈り、隣のおばちゃんに貰った苗の植え付けです~

約1ヶ月ぶりに、奈良 山添村の自然農法畑にスタッフさんと野菜の活動で行ってきました 今日の山

記事を読む

山添村産「平サヤインゲン」の関東煮(かんとだき/おでん)

超限定)山添村の「平サヤインゲン」の関東煮(かんとだき/おでん)やってます

先日、たこ梅野菜部の活動で、奈良山添村にある自然農法畑の手入れに行ってました 畑の雑草の草刈

記事を読む

畑仕事の後に面談?座談会?ぽいのやってます

3月の野菜部in山添村~よってたかった面談?座談会?ぽいのやってます~

毎月1回、スタッフさんと奈良の山添村に行きます そこには、われわれの小さな自然農法の畑があるのです

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

16人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑