*

自然農「恵み循環農法」で蒔く種がいっぱい届きました!ちょっといっぱいすぎ、、、^^;;;

公開日: 農業科・畑部

今年から、奈良で自然農法の畑をやろうと思っています
野菜をつくる!ってことね

まず自然農法のワークショップに参加

自然農法といいう言葉こそ知ってましたが、どうするのかさっぱりわからない
それに、その畑にする場所ですが、大阪市内から車で1時間半かかるので、しょっちゅうも行けません

自然農法の畑予定地

自然農法の畑予定地

でも、自然農法で調べてると、肥料をやらない、農薬をまかないだけでなく、基本、(よっぽどの日照り続きを除いて)水もやらなくていい!!らしいってわかって、それなら、奈良で畑をしても1ヶ月に1回くらい行けば十分じゃないか!これならできるぞ!って思いました

となると、早速、自然農法のことを学ぼうと、うちのスタッフさんと一緒に、自然農法のワークショップに参加です

講師の吉原優子さんと完成した畑の畝の前で記念撮影

講師の吉原優子さんと完成した畑の畝の前で記念撮影

9月と12月に、「恵み循環農法」という自然農法ワークショップ新梅田食道街 たこ梅 北店の安藤店長、ホワイティうめだ たこ梅 東店の多比羅店長と3人で行ってきました

その時の話はこちらのブログを見てね!
→ 恵み循環農法畑作りワークショップでスタッフさんと姫路に!野菜つくるぞーーーー!?
「恵み循環農法」ワークショップ第2回です~野菜からの人間関係、人のシステム教えられました~

天地返しの準備

ワークショップで教わった中で、自然農法で最初にやるのが土作りたのめの「天地返し」という作業
これは、畑の表面から15-20cmの層とそれ以下の15-20cmの層を入れ換えるというやつです
天地返しをすると、表層の好気性の微生物と深部層の嫌気性の微生物がうまく混じり合っていい土壌になるそうです
そして、その時、腐葉土や糠なども敷き込みます

ショベルに、鍬(くわ)、剪定ばさみ、移植ごて、pH計など道具もそろってきました

ショベルに、鍬(くわ)、剪定ばさみ、移植ごて、pH計など道具もそろってきました

この「天地返し」の準備でシャベルや鍬、ph計なども購入したし、腐葉土や籾殻燻炭に糠も用意しました

山田錦を刈る安藤店長

山田錦を刈る安藤店長

ちなみに糠は普通の糠ではなく、取引先の白鹿さんのご縁で酒米「山田錦」の稲刈りに昨年参加させてもらって、その「山田錦」の糠を分けてもらうことができました

兵庫県産「山田錦」の糠(米袋ですが中身は糠です)

兵庫県産「山田錦」の糠(米袋ですが中身は糠です)

山田錦の稲刈りの話はコチラ!
山田錦の稲刈りに行ってきました!これは、農家から酒蔵、飲食店、消費者までつながるためのファーストステップです!!

畑に蒔く「種」がいっぱい届きました

「天地返し」が完了すると、すぐに蒔ける野菜の種もあります

それで、「恵み循環農法」ワークショップでお世話になった優子先生のオススメの種屋さんのひとつ「野口のたね」でいろんな種を購入です

野菜の種

野菜の種

これ、さすがに買いすぎ、、、^^;;;

それに、全部をいっぺんに蒔くわけじゃありませんよ
春菊とかルッコラ、イタリアンパセリなんかを最初に蒔こうと思ってます
ただ、「野口のたね」さんのサイトを見てたら、「あ、まくわうり食べたい!」「枝豆とビールええなぁ」なんて調子でついついクリックしすぎました、、、

ぼちぼち、取り組んでいきますが、準備だけはええカンジです(笑)

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

古民家の座敷で1対多の面談です

自然農法の畑仕事後は、古民家の座敷で面談とインタビュー

11月も、奈良の山添村にある自然農法の畑で野菜部の活動でした 泥団子をつかってサルハムシを取

記事を読む

定植したカラーピーマンの苗に雑草マルチ

雨の山添村で、枝豆、ナス、トマトなどの苗を定植してきました

コロナウイルスの猛威の前に非常事態宣言がでました たこ梅も、お客さん、スタッフさん、そのご家族の命

記事を読む

スギナを水にさらしてアクぬき中

山添村のスギナでスギナ茶をつくろう!!

この前、山添村に「ひとり野菜部」行ったとき、いっぱい生えていたのです! レタスとキャベツを植

記事を読む

キャベツの収穫中

緊急速報!山添村のゴボウ、キャベツ、大根が数量限定で登場です

今年の春、奈良の山添村で自然農法の畑をスタッフさんと始めました 毎月1回は、野菜部のスタッフさんと

記事を読む

梅も満開です

春の奈良山添村で自然農を始めます!第2回の天地返しです(前編)

自然農法のひとつ「恵み循環農法」で、奈良で、野菜をつくるというか、畑をすることにしました 自然農法

記事を読む

山添村の自然農法畑は雑草がかなり生えています(2021年4月)

4月の野菜部(前編)~野菜を抜いて畑を耕し植え直す~

日本一古いおでん屋「たこ梅」の 雑用係 兼 五代目店主 てっちゃんです 奈良の山添村でスタッフ

記事を読む

ハイゴケの配偶体

山添村の春~灯台躑躅、カシの新芽、ハイゴケの配偶体、シロツメクサの花~

奈良の山添村にスタッフさんと自然農法の畑をやっています 毎月1回、一緒に畑作業に行くのですが、今は

記事を読む

葉を取り除きズイキの部分だけにしていきます

緊急速報!山添村のズイキ、万願寺唐辛子とチンゲンサイが数量限定で登場です

今年の3月から奈良の山添村で自然農法の畑を始めました そして、毎月1回、野菜部のスタッフさんと山添

記事を読む

兵庫県産「山田錦」の糠(米袋ですが中身は糠です)

自然農「恵み循環農法」の天地返しで使う「山田錦の糠」が到着です

奈良に、たこ梅の研修施設があります そこにちょうどいい広さの土地があって、こじんまりとした畑ができ

記事を読む

お店の運営について話をしています

自然農法の畑のある山添村で、初の店長面談です

この前、奈良の山添村にある自然農法の畑の手入れに、たこ梅農業科野菜部のメンバーさんと行ってきました

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

18人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑