*

山添村で四つ葉のクローバー!!コロナ禍でも、自分の四つ葉のクローバーを見つけましょう!

新型コロナ禍で、毎月、スタッフさんと山添村の自然農法畑に行く「野菜部」活動も中止しました
畑では、いわゆる社会的距離、ソーシャルディスタンスはとれるし、ほかに人と会うこともまずないので大丈夫
でも、山添村にいくには「車」です

車の中が「3密」になるので、4月の野菜部は中止したのです

レタスとキャベツを植えたので防虫ネットかぶせます

レタスとキャベツを植えたので防虫ネットかぶせます

とはいえ、春は、種まきや苗を植える大切な時期なので、「ひとり野菜部」で、私が代表で行ってきました

「ひとり野菜部」の話はこちらです
→ ひとり野菜部~キャベツとレタスの苗を定植し防虫ネットをかけました~

このときは、畑作業のほかに、ちょうど春で自生するスギナの新芽がたくさん伸びていましたから、「スギナ茶」をつくろうとスギナ摘みです

山添村の庭に自生するスギナ

山添村の庭に自生するスギナ

スギナ茶づくりのブログはコレね!
→ 山添村のスギナでスギナ茶をつくろう!!

ところで、この「ひとり野菜部」の日、またまた、あるものを見つけました

四つ葉のクローバー

この山添村の自然農法畑は、古民家の敷地の一部です

山添村の古民家

山添村の古民家

この画像の緑ですが、雑草が生えていますが、この春先の緑は、かなりの部分がクローバー(シロツメクサ)なのです
クローバーがあちこちにコロニーを作って群生しています

そんな、クローバーをなにげに見ていると、、、

山添村で見つけた四つ葉のクローバー

山添村で見つけた四つ葉のクローバー

あったーーーーー!!

四つ葉のクローバーです

ひとつみつけると、つぎつぎに見つけました

四つ葉のクローバーです

四つ葉のクローバーです

この日、30分ほどで、6つの四つ葉のクローバーを発見!!

さらに、、、

四つ葉、五つ葉、六つ葉のクローバー

四つ葉、五つ葉、六つ葉のクローバー

四つ葉のクローバーだけでなく、五つ葉、六つ葉のクローバーもみつけました!!

いま、世界も日本も、そして、たこ梅も新型コロナ禍でたいへんな状況ですが、こうやって春はちゃんとくるし、今回みたいに、探せばいっぱい四つ葉のクローバーもみつかります

こんな状況でも、きっと、四つ葉のクローバーのように「幸せ」というか、なにか、新しいものや道がみつかるのだろうと思います
苦しく、厳しい状況だからこそ、自分の「四つ葉のクローバー」、われわれの「四つ葉のクローバー」を見つけていこうと思います!

新型コロナでこもりがちのご家族にお店の味をお届けします

たこ梅も、世界が大変なように、休業中でお店の売上げは「0」ですが、家賃や人件費、固定資産税は、どんどんでていく厳しい状況です

「早く、(われわれの)四つ葉のクローバーをみつけたい!」と思ったりしますが、まずは、こんな状況でも、おでん通販はふんばって続けています!

関東煮(おでん)、錫の上燗コップとタンポ、たこ甘露煮

関東煮(おでん)、錫の上燗コップとタンポ、たこ甘露煮

というのも、、、

新型コロナのせいで家にこもっていて、ちょっと、外の(お店の)味も食べたいなぁ
とか、
日々、家族みんながいてご飯づくりに忙しいお母さんに、たまには、息抜きしてほしい
また、
遠く離れた両親も、食事もたいへんじゃないだろうか?気分転換してほしいなぁ
など、いろいろ思うと思います

関東煮(かんとだき/おでん)12品&サエズリとコロが2串ずつはいった5670(コロナゼロ)セット

関東煮(かんとだき/おでん)12品&サエズリとコロが2串ずつはいった5670(コロナゼロ)セット

われわれは、170年以上つづく日本で一番古いおでん屋です
ご家族、遠く離れたご両親に、170年以上続くおでん屋のおでんの味をお届けすることで、明るい食卓、気分転換、息抜きなどにお役に立てるのではと思います

それで、リアルのお店は全店舗休業していますが、おでんをお家にお届けする「おでん通販」は、ずっと続けています

通販用の関東煮(おでん)荷姿

通販用の関東煮(おでん)荷姿

真空パックされた関東煮(かんとだき/おでん)と冷凍ダシがセットになってて、お家で温めるだけで、お家ですぐに170年以上続くおでん屋のおでんが食べられます

5670(コロナゼロ)セットの関東煮(おでん)

5670(コロナゼロ)セットの関東煮(おでん)

いまは、外出をひかえるなど辛抱の時ですが、ちょっと、気分転換、楽しい食卓に、おでんもレパートリーに加えてみて下さいね!!

そんな、おでんの通販は、コチラからです!!
どんなおでんやたこ甘露煮があるか、クリックして見てみてね
たこ梅のおでん通販サイト

名物「たこ甘露煮」の一匹姿煮

名物「たこ甘露煮」の一匹姿煮

みんなで一緒に、がんばって乗り切っていきましょう!^_^

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

大阪府知事「客観的な出口戦略」をつくると会見

大阪府の吉村知事のコロナ出口戦略チャレンジはどうなるのか?直接、影響があるもので、、、

4月30日、安倍首相が緊急事態宣言の1ヶ月程度延長方針を発表しました 緊急事態宣言延長の方針

記事を読む

たきあがった丸っぽの「たこ甘露煮」です

「たこ甘露煮」は、170年以上使い続ける秘伝の出汁で、毎日、たいてます!

たこ梅の名物っていうと、鯨の舌「さえずり®」の関東煮(かんとだき/おでん)とアレです! 鯨の

記事を読む

子どもプールはタコでいっぱいです

今年も子どもプールが活躍!「たこ甘露煮」のマダコを準備です

毎年、12月30日は、アレ、、、 日付が変わったあたりから作業が始まります 12月30日には

記事を読む

「味なメニュー」(平松洋子著)と丸眞正宗

お客さまからいただいたお土産のお酒に込められた気持ちと思いに感謝です!!

先週末、2月20日の土曜日に、大人の遠足第2弾「ホンマに旨い『酒』を知り隊」ということで、兵庫県の西

記事を読む

大阪府の緊急時対戦源解除について話す吉村知事

大阪府の緊急事態宣言が解除されましたね!

新型コロナで4月8日から緊急事態宣言で、日本中、自粛でした 大阪府の緊急時対戦源解除 昨日、5月

記事を読む

裏庭の自然農法菜園でマクワウリを収穫

自然農法の裏庭菜園のマクワウリを収穫してみた!そのお味は、、、

今年の3月に奈良の山添村ではじめた自然農法の畑、わからんままにいろいろ作っています、 化学肥

記事を読む

牡丹牡蠣(ぼたんかき)の関東煮(かんとだき/おでん)

大変、お待たせしました!「牡丹牡蠣」の関東煮(かんとだき/おでん)始まりました

「まだ?」「そろそろやろ!」って12月下旬から常連さんに言われ続けたアレ! たいへん、お待たせ

記事を読む

ホワイティうめだ たこ梅東実の関東煮定食

仕事始めのお昼ご飯はこれ!関東煮(かんとだき/おでん)定食です

今年も、たこ梅の仕事始めは、1月2日です この日は、年末年始のご祝儀(手当)をお店に配りに行くこと

記事を読む

緑もあざやかなグリーンリーフレタス

店主の知らない関東煮・おでん!「グリーンリーフレタス」編!

世の中には、知らない世界、、、があるといいます、、、 でも、たこ梅には、五代目店主(てっちゃん)の

記事を読む

岐阜の酒「三千盛(みちさかり)」と「杜氏の持ち帰り酒」

岐阜の遊学旅行で見つけた旨い酒、お店でメッチャ数量限定ですがお出しするようです!

先週、岐阜の長良川温泉へスタッフさんと1泊2日の遊学旅行に行った話をブログに書きました 楽し

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

16人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑