*

年末になると「たこ甘露煮」のお土産、贈答が増えてきます!で、今日も満釜でたいてます!

公開日: たこ甘露煮

今年も、あと数日ですね
年末になると、ますます、アレの仕込みが増えて、、、
今日も、がんばってますよ!

お土産・贈答用の「たこ甘露煮」を満釜でたいてます!

年末にたくさん、、、というとアレですよね
そう、コレです!

創業弘化元年からの名物「たこ甘露煮」

創業弘化元年からの名物「たこ甘露煮」

たこ梅の看板商品「たこ甘露煮」です
お店では、こんな風に削ぎ身に串を打ってお出ししています

ただ、今の時期、増えるのは、丸っぽまるごと一匹姿煮の「たこ甘露煮」です
おうちで家族団らんで召し上がったり、お世話になった方、遠く離れたご両親やおじいちゃん、おばあちゃんに贈られるお客さまが多いんです

それで、連日、この調子です!

お土産・贈答用の「たこ甘露煮」を満釜でたいてます!

お土産・贈答用の「たこ甘露煮」を満釜でたいてます!

大釜にタコが目一杯!満釜でたいています
この写真のタコは、八分くらいの仕上がりですね
もうちょっとたいて、さらに飴色でやわらかく仕上げます

たき上がると、粗熱をとって冷まします
普段、ご覧になることはありませんが、こんな風に放冷するんです

たき上がった「たこ甘露煮」をタコ吊り棒にかけて放冷中です!

たき上がった「たこ甘露煮」をタコ吊り棒にかけて放冷中です!

タコ吊り棒って呼んでる釘を打った木の棒に、たき上がった「たこ甘露煮」を一匹ずつていねいに掛けて行きます
ちなみに釘は、ステンレス製品です
醤油の塩分で錆びないように、、、(^o^)v

今日も、やわらかく「たこ甘露煮」たき上がりました

今日も、やわらかく「たこ甘露煮」たき上がりました

この日も、やわらかく「たこ甘露煮」がたきあがりました!
これをお店に届けます
お客さまによって、お店に取りにいらっしゃったり、ご指定の処へ発送したりです

今年もあとわずか、、、
もう一踏ん張り、美味しく柔らかい「たこ甘露煮」をたき続けますよ!!(^o^)v

今日も、がんばろーーーーっと!

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

子ネズミさんが、タコの足を一本もってきました!

1月2日は、でっかい初釜!あ、たこ梅の場合、タコですが、、、

お正月と言えば、初夢、書き初めときて、初釜、、、ですが、うちのばあい、とにかくデッカイ初釜です!!

記事を読む

たこ梅東店(ホワイティうめだ)の関東煮(かんとだき/おでん)定食

ちょくちょく、普通にお客さんで利用してます。お昼に関東煮(かんとだき/おでん)定食を!その理由は、、、

お店が、本店は道頓堀、北店・分店・東店は梅田にあります それで、お昼も、お店の近所で食べる事がしば

記事を読む

たき上がった「たこ甘露煮」

「たこ甘露煮」を大釜でたいてるとこ、動画で撮ってみました!

170年以上前、弘化元年(1844年)からの名物に、真蛸をやわらかーく、そして、甘辛くたいた「たこ甘

記事を読む

完全養殖で誕生したマダコの赤ちゃん

「たこ甘露煮」ちゃん、10年もしたら、養殖のマダコになってるかも!?

いやーーーー、びっくりしたーーーーーーー!! 昨日、新聞を見たときです いや、ほんまに、、、

記事を読む

大阪府知事「客観的な出口戦略」をつくると会見

大阪府の吉村知事のコロナ出口戦略チャレンジはどうなるのか?直接、影響があるもので、、、

4月30日、安倍首相が緊急事態宣言の1ヶ月程度延長方針を発表しました 緊急事態宣言延長の方針

記事を読む

生の「たこの子」です

夏と言えば、、、やっぱコレでしょ!!「たこの子甘露煮」ちゃん!!

夏といえば、、、って、夏だけの関東煮(かんとだき/おでん)をちょくちょく、このブログでも紹介させてい

記事を読む

つらい仕事が天職に変わる!(肥前利郎 著)を20冊まとめ買い

休業中に「つらい仕事が天職になる!(肥前利郎 著)」を読めるように配りました!

お店として小阪裕司先生が提唱される「ワクワク系マーケティング」に取り組んでいます このワクワク系マ

記事を読む

お客さま、スタッフさんの命と健康を守るために1ヶ月間休業します!

たこ梅の 雑用係 兼 五代目店主 てっちゃんこと岡田哲生です コロナウイルス感染防止のため休業しま

記事を読む

たこ梅FUN倶楽部通信7月号の封筒詰め作業

たこ梅FUN倶楽部通信7月号を発送しました!七夕までには届きます!!

コロナの影響で、4月7日から1ヵ月半くらいお店を休業していました 5月19日から営業を再開していま

記事を読む

文藝春秋「名作名食」コーナー2,3ページ目

文藝春秋に道頓堀のたこ梅本店が、開高健『新しい天体』に登場する店としてセンターカラー5ページで取り上げていただきました!

ミナミという土地柄なのか、江戸時代から芝居小屋が軒を連ねたせいなのか、作家さん、役者さん、、、いろん

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

19人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?










PAGE TOP ↑