*

今年も徹夜で「たこ甘露煮」をたきあげ、お届けも無事完了です!

公開日: たこ甘露煮

毎年、12月30日は、たこ梅の創業からの名物「たこ甘露煮」をいっぱいたく日です

お客さまから、1年で一番たくさんのご注文をいただきます

昨日のブログでお話ししたとおり、子どもプールに内蔵などをキレイにした真蛸を用意しておいて、日付がかわるころから、大釜でたいていきます

徹夜でタコをたき続けます

さて、準備されたマダコ、、、

子どもプールはタコでいっぱいです

子どもプールはタコでいっぱいです

これを一晩かけて、徹夜でたきます
長年使ってる大釜で、、、

大釜でタコたき中です

大釜でタコたき中です

1釜、2釜、、、と、ご注文いただいた「たこ甘露煮」をどんどんたいていきます
とはいっても、どのたこ甘露煮もおいしくたき上がってないと話になりません
だから、当たり前ですが、どの釜も、普段と同じくていねいにたいていきます
ふと時計をみると、こんな時間、、、

丑三つ時を回りましたがこれからが佳境です

丑三つ時を回りましたがこれからが佳境です

これ、お昼じゃありませんよ!
真夜中というか、夜明け前です
そして、この時間帯は、タコたきの佳境の時間
まだまだ、がんばります

タコはぐらぐら煮えたぎる泡の中

タコはぐらぐら煮えたぎる泡の中

夜明け前の一番冷え込む時間で、ゆげも盛大にあがってます
大釜の近くは火勢で暑いので、汗をかきかきたいてます
まぁ、たいへんちゃーたいへんですが、やわらかく、キレイにたきあがると、その度に、なんだか嬉しくもあります

たこ甘露煮がたき上がりました

たこ甘露煮がたき上がりました

こんな風に、大釜いっぱいに「たこ甘露煮」がたき上がっていくのです

たこ甘露煮、どんどんたき上がっていきます

たこ甘露煮、どんどんたき上がっていきます

たきあがったタコは、しっかり放冷、冷ましてしめていきます

「たこ甘露煮」のお渡し、発送です!!

たきあげて「たこ甘露煮」は、注文ごとにたこ梅の各お店に届けます

お店に取りにいらっしゃるお客さま用の「たこ甘露煮」です

お店に取りにいらっしゃるお客さま用の「たこ甘露煮」です

お店では、専用の木箱に入れて順次包装し、鶏に見えるお客さまには手渡しです

発送準備が整った「たこ甘露煮」

発送準備が整った「たこ甘露煮」

発送をご希望のお客さまには、梱包して送り状を添付、運送業者にお願いしてお届けします

タコの準備、たこたき、お渡し・発送も、昨日、無事にすべて完了しました
たこ甘露煮のお渡し、発送がおわると、たこ梅の一年が終わりも近づく感じです

本店、北店、分店も、昨日で仕事納めですが、ホワイティうめだの東店は今日までです
あとで、ちょっと、東店の様子をのぞいてきますね
最後まで、スタッフさんとともにがんばります!!

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

たき上がった「たこ甘露煮」をタコ吊り棒にかけて放冷中です!

年末になると「たこ甘露煮」のお土産、贈答が増えてきます!で、今日も満釜でたいてます!

今年も、あと数日ですね 年末になると、ますます、アレの仕込みが増えて、、、 今日も、がんばってま

記事を読む

タコをたいてるところを撮影中

MBS「魔法のレストラン」さんのタコの取材でした!

寒くなってくると、オデンが恋しくなる、、、 冬に向けて、よく、テレビや雑誌のオデン(たこ梅では関東

記事を読む

大阪モデルで5月15日の解除はあるのか?

新型コロナで4月8日に緊急事態宣言が発令されました 休業のお知らせも貼り替えないといけないかな?

記事を読む

大阪府知事「客観的な出口戦略」をつくると会見

大阪府の吉村知事のコロナ出口戦略チャレンジはどうなるのか?直接、影響があるもので、、、

4月30日、安倍首相が緊急事態宣言の1ヶ月程度延長方針を発表しました 緊急事態宣言延長の方針

記事を読む

お中元用の「たこ甘露煮」をたいています

お中元用の「たこ甘露煮」も、毎日、いっぱいたかせてもらってます!

昨日は、7月7日、七夕でしたね そう、7月というと、日本では、お中元をお贈りする季節です た

記事を読む

たこの子甘露煮

夏の1ヶ月だけの珍味!?「たこの子甘露煮」が始まりますよ!!

今年もいよいよ、、、 夏のわずかな機関だけです そして、今自分になると、お酒の好きなお客さまから

記事を読む

たこ甘露煮と飯蛸の甘露煮

春だけの「飯蛸の甘露煮」を楽しめるのも、あと、わずかになってきました!!

170年以上前、弘化元(1844)年からの名物と言えば、鯨の舌「さえずり®」の関東煮(かんとだき/お

記事を読む

昼2時から夜7時で立ち飲み営業中

緊急事態宣言で休業中も、1店舗だけ営業している理由。それは、、、(*゚д゚*)

新型コロナ陽性者数増加にの度に出される時短要請や緊急事態宣言で、創業以来の最大の赤字、経営的には崖っ

記事を読む

たき上がって、あら熱を冷ましている「たこ甘露煮」

夏も、やっぱり、たこ甘露煮たいてます!

連日、日本各地で35度を超える猛暑日のようですね 大阪も、やっぱり暑いです あ、でも、お店は

記事を読む

通販用の関東煮(おでん)荷姿

新型コロナ感染者数急増で再び売上は半分以下!お取り寄せ、テイクアウトもがんばります!!

4,5月は新型コロナの緊急事態宣言で、日本一古いおでん屋の たこ梅も休業していました その後、再開

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

17人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑