*

週刊朝日「コロナ禍で行ったつもり 47都道府県の逸品」で、たこ梅のお取り寄せ「5670おでんセット」を取り上げていただきました

ただいま、11月27日より「時短営業 46日耐久レース」真っ只中の日本一古いおでん屋 たこ梅です

おでん屋の最も売上のあがる真冬に、大阪府・大阪市による外出自粛、時短要請で売上は例年の40%程度とお店的にはとっても苦しい状況です
大阪府と大阪市は、単に時短要請を繰り返し延長するだけですが、お店としてはますます厳しい

そんな中でも、いろいろ応援してもらってます

週刊朝日に「5670おでんセット」載ってます

事務所につくと、郵便で「週刊朝日」が届きました

週刊朝日2021年1月1-8日合併号

週刊朝日2021年1月1-8日合併号

いま、世間はコロナでGoToも停止だし、自粛自粛です

週刊朝日「コロナ禍で行ったつもり 47都道府県の逸品」特集

週刊朝日「コロナ禍で行ったつもり 47都道府県の逸品」特集

それで、週刊朝日さんが「コロナ禍で行ったつもり 47都道府県の逸品」という特集を組まれました

47都道府県の逸品お取り寄せ一覧 by 週刊朝日

47都道府県の逸品お取り寄せ一覧 by 週刊朝日

週刊朝日さんが、各都道府県から、これぞ!っというお取り寄せ(通販)の逸品をひとつずつ選んで紹介されています
※週刊朝日 1/1-8合併号 131-133ページ

そして、大阪からは、、、

たこ梅の「5670おでんセット」の記事(赤枠)

たこ梅の「5670おでんセット」の記事(赤枠)(画像をクリックすると大きく見やすく表示されます)

たこ梅の「5670(コロナゼロ)おでんセット」を取り上げていただています

 もっとも、転んでもただでは起きない(!?)作り手もいる。

創業は弘化元(1844)年。現存するおでん屋として日本最古の歴史を誇る、大阪・道頓堀の「たこ梅」だ。大阪ではおでんは関東煮(かんとだき)と呼ばれ、種に鯨肉があるのが特徴。

道頓堀は現在放送中のNHK朝の連続ドラマ「おちょやん」の舞台でもある。通常なら、連ドラの舞台は観光客でにぎわうものだが、

「いえいえ。人なんか全然出ていません」

と嘆くのは、店主の岡田哲生さん。その代わり、春先から力を注いでいる取り寄せ商品が、好評を博しているという。

「緊急事態宣言が出たときに、これはなんとかしないといけないと思いまして。それまで取り寄せでは、定番商品12品入りのセット税別3千円が人気だったんですけども、それにサエズリ(鯨の舌)とコロ(鯨の皮)を加えて、税別5670円で出したんです。コロナなんかなくなりゃいいな、コロナゼロだ、と。ほんとは6600円くらいなんだけど、こういうときやし、まあええかと。おかげで今は、かなりよく出ています」

自宅で各地の美味を食べつつ、コロナゼロになるよう祈りましょう。

記事では「転んでもただで起きぬ『たこ梅』」と小見出しまでつけて紹介いただいています
「転んでもただで起きぬ」とはエライ言われよう(笑)ですが、この記事を書いて下さった記者さんは、以前にも取材においでになり、仕事で大阪に来たときはお店にもよってくださっていて、この小見出しにも文章にも愛情と応援の気持ちを感じます

週刊朝日さんのネット記事

週刊朝日さんのネット記事

ところで、こちらの記事は、ネットでも読めるようです

さらにネット記事では、見出しに「たこ梅」を使っていただいています

そのネット記事はコチラです!
→ 年末年始に取り寄せたい逸品! 「おちょやん」舞台で「たこ梅」人気

ほんと、週刊朝日の記事、ネット配信記事を見たとき、「応援されてるんだなぁ、、、ありがたいなぁ、、、」としみじみしました

週刊朝日で紹介のお取り寄せはネット注文OK

さて、週刊朝日さんで紹介いただいている5670おでんセットやたこ甘露煮は、たこ梅のお取り寄せサイトから、24時間いつでもご注文いただけます

関東煮(かんとだき/おでん)12品&サエズリとコロが2串ずつはいった5670(コロナゼロ)セット

関東煮(かんとだき/おでん)12品&サエズリとコロが2串ずつはいった5670(コロナゼロ)セット

5670おでんセットは、定番のおでんセットに、さえずり、コロが2串ずつはいって通常6600円(税抜)なんですが、コロナ終息を願ってコロナゼロの語呂合わせで5670円(税抜)にしたお得なセットです

通販用の関東煮(おでん)荷姿

通販用の関東煮(おでん)荷姿

お取り寄せは、たこ梅の通販サイトをご覧くださいね!
たこ梅のお取り寄せ(通販)サイト

名物「たこ甘露煮」の一匹姿煮

名物「たこ甘露煮」の一匹姿煮

もちろん、名物のたこ甘露煮もお取り寄せいただけますよ!

新酒の酒粕

吟醸酒の搾りたて「新酒の酒粕」

さらに、今だけ、吟醸酒の酒粕、それも搾りたての新酒の酒粕も、お取り寄せいただけます
酒粕は、免疫力を高める日本の伝統食
かす汁や甘酒で、寒い日には、温まってくださいね

おでん、たこ甘露煮、酒粕、いつでも、気軽にご注文ください!!

お友だちや親せきへの贈りもの、離れて住んでいるご家族にもどうぞ!


でも、ひとつだけごめんなさい、、、
おでん、たこ甘露煮ですが、年内発送の注文は満杯で、年明け1月5日以降の発送となります
※酒粕や錫の上燗コップ、手ぬぐいなどは、年内発送(12月29日が最終発送日)も可能です

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

「鯨ハリハリ袋」の関東煮(かんとだき/おでん)

「鯨はりはり袋」の関東煮(かんとだき/おでん)はじめました

1ヶ月限定のアノ関東煮(かんとだき/おでん)を今年もはじめましたよ 去年も1ヶ月たらずで売切れてし

記事を読む

「淡路たまねぎ」の関東煮(かんとだき/おでん)

店主の知らない関東煮・おでん「淡路たまねぎ」

世の中には、知らない世界、、、があるといいます、、、 でも、たこ梅には、五代目店主(てっちゃん)の

記事を読む

山添村のお隣さんが作った立派な玉葱(タマネギ)

緊急速報!山添村の玉葱、牛蒡が数量限定で登場です

もう1年近くになりますが、昨年3月から奈良の山添村で自然農法の畑をスタッフさんと始めました 毎月1

記事を読む

商業会2018年7月号「値上げの説得力」

商業界2018年7月号「値上げの説得力」に、たこ梅の事例が掲載されています!

現在発売中の商業界2018年7月号は、巻頭特集が「値上げの説得力-『だったら買わない』と言わせない経

記事を読む

みんなでガマンしましょうね

緊急事態宣言から2週間、たいへんだけど、みんなでガマンしましょうね!

新型コロナウイルスによる緊急事態宣言から2週間ですね 「緊急事態宣言」を告げる安倍総理[/c

記事を読む

見ても何なのかわからない関東煮(かんとだき/おでん)

店主どころか、何なのか?見てもわからない関東煮(かんとだき/おでん)登場、、、

世の中には、知らない世界があると言います たこ梅には、店主の知らない関東煮(かんとだき/おでん)が

記事を読む

山添村の蕨(わらび)

緊急速報!山添村の山菜「蕨(ワラビ)」数量限定で登場です

奈良の山添村でスタッフさんと自然農法の小さな畑をやってます 毎月、1回は一緒にいきますが、新型コロ

記事を読む

なんか右足がへん?

おもいっきり「大根足」です

日本一古いおでん屋「たこ梅」の 雑用係 兼 五代目店主 てっちゃんです 大根の関東煮(かんと

記事を読む

「菜の花」の関東煮(かんとだき/おでん)

春の便り『菜の花』の関東煮(かんとだき/おでん)が始まります!!

今日から、3月、、、 なんか、あっちゅーー間に、『春』ですね! 春といえば、、、 アノ関東

記事を読む

「竹の子」の関東煮(かんとだき/おでん)です

「新たけのこ」の関東煮(かんとだき/おでん)も始まりました!!

昨日は、春の鮮烈な味わい、、、蕗(ふき)の関東煮(かんとだき/おでん)をブログでご紹介しました

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

17人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑