*

「ディビッド・ストロー氏に学ぶシステム原型」で頭がウニになっています

現在は、VUCAの時代で、先が見通せない!分からない!といわれる世の中になってきた、、、と言われています
VUCA:Volatility(変動)、Uncertainty(不確実)、Complexity(複雑)、Ambiguity(曖昧)の頭文字をつなぎ合わせた先が見えない、わからないということを表す造語

新型コロナでVUCAを実感

私も、現代はVUCAの時代だと思います
そして、新型コロナの出来事は、このVUCAを現実に示す象徴的な出来事だと捉えています
新型コロナで、VUCAに直面させられ、それを実感させられています

基本的に、先が見えないというのは、これまでの延長線上で未来を予測することが出来ないと言うことを意味します

緊急事態宣言延長の方針を伝える安倍首相

緊急事態宣言延長の方針を伝える安倍首相

コロナで緊急事態宣言が発せられ、さらに1ヶ月の延長で、経済は停滞から縮小傾向
たこ梅も全店舗休業で、基本的に無収入ですが、人権費、家賃、固定資産税などは容赦なくのしかかってきて存続の危機です

また、新型コロナについては、現時点、明確に有効な治療法もワクチンも存在しません
かかっても確実に治る、、、といえる代物では無く、ひょっとしたら死ぬかもしれない、生き残っても肺炎の後遺症で一生呼吸器を背負う生活になるかもしれない、、、という恐怖がつきまといます

新型コロナによる緊急事態宣言で休業中の たこ梅本店(道頓堀)

新型コロナによる緊急事態宣言で休業中の たこ梅本店(道頓堀)

われわれは、お客さん、スタッフさん、そのご家族の命と健康が一番大事であると考え、4月7日から休業という決断をしました
それは間違っていなかったと思います
ただ、永遠に休業はありえません
いつ再開するのか?再開しても以前と違ってどうやるのか?さらに、アフターコロナ、ポストコロナ、withコロナにおいてどのような商いに変態していくのか?を考え、行動していかなければならないのです

VUCAの時代で指針を得るための2つのテクノロジー

そして、今、未来は予測できません
人の行動によっても、治療法の程度によっても、新型コロナの変異によっても、また、大型台風や地震が発せすることによっても、未来は変化していきます
まさにVUCAです

ですが、その時々の状況で「行き当たりばったり」というのは、われわれには「ない」選択肢です

それで、こんなVUCAに直面することになったので、私は、2つのテクノロジーを使って指針を作ろうと決めました

左)社会変革のシナリオ・プランニング(アダム・カヘン著) 右)シナリオ・プランニング(ウッディー・ウェイド著)

左)社会変革のシナリオ・プランニング(アダム・カヘン著) 右)シナリオ・プランニング(ウッディー・ウェイド著)

ひとつは、シナリオ・プランニングです

システム思考(ジョン・D・スターマン 著)

システム思考(ジョン・D・スターマン 著)

もうひとつがシステム思考です

どちらも、以前に学んだことがあります
正直に言うと、ちゃんと使えません ^^;;;

そうしたら、この5月から、シナリオ・プランニングの講座とシステム原型をつかったシステム思考の講座が開講されるのをみつけました
新型コロナでのVUCAな状況を乗り切っていくという目的をもって、この2つの講座を受講しています

「ディビッド・ストロー氏に学ぶシステム原型」を受講中

さて、この2つの講座のうちチェンジ・エージェント社が主催される「ディビッド・ストロー氏に学ぶシステム原型」が一昨日からスタート

久しぶりにシステム原型にふれました

システム原型「予期せぬ敵対者」

システム原型「予期せぬ敵対者」

システム原型とは、うまくいかない出来事を因果関係ループ図(以下、ループ図)で表すときに、よく出てくる基本的なループ図のことです

オンラインで講義を受けながら、また、演習が多くて、実際にシステム原型を使ってループ図を書いていきます
このループ図が鬼門
何度もチャレンジしては放り出しています

「社会変革のためのシステム思考実践ガイド」(デイヴィッド・ピーター・ストロー 著)

「社会変革のためのシステム思考実践ガイド」(デイヴィッド・ピーター・ストロー 著)

今回は、「社会変革のためのシステム思考実践ガイド」をテキスト(実際にははこれをもとにオンライン講座で学びやすくするために作られたテキストがあります)として、デイヴィッド・ピーター・ストロー氏が講義と演習で進んでいきます

システム原型「うまくいかない解決策」の演習

システム原型「うまくいかない解決策」の演習

テキストにそって課題をループ図にしていきます

今までで一番、なんか、スムーズに取り組めています

自分の事例でシステム原型「予期せぬ敵対者」を描く演習

自分の事例でシステム原型「予期せぬ敵対者」を描く演習

とはいえ、自分の事例、出来事でループ図を描こうとすると、ご覧の通りのちらかった状態、、、
それでも、なんとか描けました

ただ、描きながら、「あれ?この変数同志は本当につながるのか?」って思うと、間に、何か重要な変数が抜けていることに気づいたりします
普段、われわれは、出来事を自分の脳内地図にしたがって見たいように見ています
それをループ図にしてみると、見えていないところや「脳内地図では正しかったつながり(因果)」が実はそうではないらしい、、、なんてことも見えてくるのです

おかげで、頭の中がウニ、、、になってますが、楽しく取り組めています
この講座が終わる頃には、システム原型がある程度つかえるようになってるかもしれません
そして、ループ図も、そこそこ掛けるようになってるかも、、、

新型コロナでVUCAな世界で、たこ梅が生き残っていくため、がんばります!!

新型コロナでVUCAな「今」だからこそ、おでん、たこ甘露煮の通販は続けています

新型コロナで、今は、全店舗を休業中です
でも、新型コロナでVUCAな「今」だからこそ、おでん、たこ甘露煮の通販(お取り寄せ)は続けています

関東煮(おでん)、錫の上燗コップとタンポ、たこ甘露煮

関東煮(おでん)、錫の上燗コップとタンポ、たこ甘露煮

たこ梅は、170年以上続くおでん屋です
コロナ疲れ、自粛でたいへんな方が多い中、どんなことでお役に立てるのだろう?と考えました

コロナ禍、自粛で、

お家のご飯もいいけど、そろそろ外食(お店の味)も楽しみたい
家族が毎日家にいて、ご飯作りが大変、ちょっと息抜きしたいな
離れた両親は、ふさぎ込んでないかな?気分転換してほしい

、、、なんて思いますよね

そんな「今」こそ、われわれがお店の味をお届けすることで、息抜きや気分転換、ちょっとした楽しみにお役立ち出来るのでは無いかと思うのです

通販用の関東煮(おでん)荷姿

通販用の関東煮(おでん)荷姿

たこ梅のおでん通販のおでんは真空パックになっています
ダシと一緒に届くので、お家で温めるだけでお店の味が楽しめます

関東煮(かんとだき/おでん)12品&サエズリとコロが2串ずつはいった5670(コロナゼロ)セット

関東煮(かんとだき/おでん)12品&サエズリとコロが2串ずつはいった5670(コロナゼロ)セット

おでん通販の詳しいことやご注文は、こちらの通販サイトからどうぞ
おでん通販公式サイト

名物「たこ甘露煮」の一匹姿煮

名物「たこ甘露煮」の一匹姿煮

もちろん、おでんだけじゃなく、名物の「たこ甘露煮」もありますよ

特別純米山田錦と錫の上燗コップ、たんぽ

特別純米山田錦と錫の上燗コップ、たんぽ

それに、錫の上燗コップも通販でお取り寄せできるので、お店が休業で「たこ梅ロス」気味の方は、これでいっぱいやりながらおでんをつまむと、お店気分を堪能できますよ!

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

2月15日(土)西宮「白鹿 蔵開」、たこ梅の関東煮・おでんブースを出店です!

毎年、2月、3月頃に、西宮の6つの酒蔵さんが蔵開きをやってます 西宮の酒蔵さんの蔵開2020

記事を読む

たる 2020年12月号

たこ梅本店が開高健が愛した店として雑誌「たる」さんに取り上げていただきました

今年は、開高健 生誕90周年、そして、お酒をめぐるカルチャーマガジン「たる」さん創刊40周年です

記事を読む

令和最初ののワクワク勉強会

令和最初のワクワク勉強会です!

毎月1回、店長会議と現場会議という定例の会議を開催しています そして、昨年の5月くらいから、会議の

記事を読む

複雑系入門(井庭崇・福原義久 著)、パターン・ランゲージ(井庭崇 編著)

「複雑系入門 知のフロンティアへの冒険」(井庭崇・福原義久 著)、どうみても、入門じゃないし、、、^^;;;

しばらく、「パターン・ランゲージ 創造的な未来をつくるための言語」(井庭崇 編著)を読んでいて、やっ

記事を読む

タコたき練習中の上原さん(右)

タコたき職人を目指して、たこ梅 分店の上原さんが修行中!!

創業の弘化元(1844)年からの名物が、マダコを甘辛く、そして、やわらかーーーーーーくたき上げた「た

記事を読む

JCB THE PREMIUM 2018年10月号

「JCB THE PREMIUM」2018年10月号に、道頓堀 たこ梅 本店が載ってますよ!

JCBっていうクレジット会社がありますよね そこが会員さん向けに発行している会員誌に「JCB TH

記事を読む

お酒は錫タンポで湯せんして燗つけ

「錫でつける上燗の酒ってどういうの?」ってお尋ねいただいたのでお答えします!

江戸時代、日本で、お酒と言えば、清酒、どぶろく、焼酎くらい、、、 お大名の一部では、輸入物のワイン

記事を読む

「焼き茄子」の関東煮(かんとだき/おでん)

夏だけ「焼き茄子」の関東煮(かんとだき/おでん)が始まりました!

最近、雨の日が多い大阪です 今年は、つゆが長い、、、というか、早いなぁ、、、って思ってましたが、、

記事を読む

ネギと鮪の刺し合わせ「ねぎま」の関東煮(かんとだき/おでん)が始まりました!

9月に入ると、聞かれるんです! 常連さんに、「そろそろ、ちゃうん?」「まだか?」って、、、

記事を読む

小阪先生、ワクワク系マーケティング実践会の仲間と記念撮影

ワクワク系マーケティング 小阪裕司先生の講演を聞いて、気づいたこと、、、

名前は、ちょっと「ふざけてる?」って思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、いたってマジメに、そし

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

16人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑