*

また、店主の知らない関東煮・おでん!獅子唐がダメなら「パプリカ」だ!!

世の中には、知らない世界、、、があるといいます、、、
でも、たこ梅には、五代目店主(てっちゃん)の知らない関東煮(かんとだき/おでん)が存在する、、、らしいです
いや、本当に、存在するんです、、、

店主の知らない関東煮・おでん

たこ梅には、さえずり®、ころ、大根、玉子、蒟蒻などの定番の関東煮(かんとだき/おでん)もあれば、季節季節の旬の食材を使った関東煮(かんとだき/おでん)もあります
たとえば、今だったら、蕗(ふき)や竹の子がそうです
ですから、年間にすると50種類以上にもなります

ただ、市場にいくと、その時みかけた食材で「これ関東煮にしたらええやん!」「これ(の関東煮・おでん)、あのお客さんに食べさせたりたいなぁ~!」っていうのに出会います
店長さんは、その時、「よし!これ、今日、関東煮(かんとだき/おでん)で出そう!」とその場で決めちゃいます
期間限定、、、というほどもなく、その日限り!(長くて)数日!の「店長の気まぐれ関東煮(かんとだき/おでん)」が、誕生するのです!!

ですから、わたし(五代目店主)も、そんな関東煮があることを知りません ^^;;;
どうやって知るか、、、
それは、店にいったとき、「あれ?こんな関東煮あったっけ???」と思ったり、お店のFBページやブログでやってるのを見て、初めて、「あーーー、こんな関東煮、やってるんや!」って知るんです

あきらめない!獅子唐がダメなら、、、

先日、お店のフェイスブックを見てると焼いた獅子唐(シシトウ)が串にささってお皿にのっている
「あーーー、店長の気まぐれ関東煮(かんとだき/おでん)で、シシトウやってるんだ!」
って思いました

獅子唐(シシトウ)です

獅子唐(シシトウ)です

そのあと、お店に行ったときスタッフさんに聞いたら、
「いや、あの獅子唐(シシトウ)は、まかないです
鍋に入れるとシシトウの辛みや臭いが降りすぎて(テスト時点で)断念しました、、、」
とのこと

そうなんです!

関東煮(かんとだき/おでん)って、たいがい、どんなものでも入れられる!んですが、絶対に入れてはいけないものが3つあります

【関東煮鍋にいれてはいけない食材】
・強い味が出て本来の関東煮(かんとだき/おでん)の味をじゃまする食材
・臭いがダシに移る食材
・色が降りる食材

あと、関東煮(かんとだき/おでん)にしても、ほかの具材やダシのじゃまにならないけど、美味しくない食材も、あたりまえですが、「いれてはいけない!」というより「いれてもムダ!」なのでいれません(笑)

もちろん、ニラやニンニクを関東煮(かんとだき/おでん)にいれても美味しいのですが、これらは、強い臭いがダシにうつるので「お店」ではいれてはいけませんが、例えば、ご家庭やダシを別の小鍋にいれて、そこでたく分にはOKです

さて、話を戻しますが、獅子唐(シシトウ)は強い独特の辛みと臭いがダシにうつるので、テスト段階で中止したそうです
それで、買って来たシシトウは、スタッフさんのまかないに、、、ってわけです

まぁ、それで、「獅子唐をお店で出すのはむりやったか、、、」と思ってたら、、、
なんと、、、

獅子唐がダメなら、パプリカがあるじゃないか!

お店のフェイスブックに、こんな写真が!!!

パプリカの関東煮(かんとだき/おでん)が鍋でグツグツたかれてます

パプリカの関東煮(かんとだき/おでん)が鍋でグツグツたかれてます

「え、まさか?パプリカ???」
って思ったら、まさに、パプリカでした

赤と黄色のパプリカ

赤と黄色のパプリカ

獅子唐(ししとう)がダメでも、甘みあって肉厚のパプリカがあるじゃないか!とばかり、パプリカでテストして「これは、いける!」って思ったらしく、店長のきまぐれ関東煮(かんとだき/おでん)にパプリカが登場です

パプリカの関東煮(かんとだき/おでん)

パプリカの関東煮(かんとだき/おでん)

パプリカを串にさすと赤と黄色があざやかでキレイですよね!
それに、これを関東煮鍋でたくと、より甘みが引き出されておいしくなる、、、

いやーーー、この「あきらめない!」根性、うちの店長さん、スタッフさん、ええわぁ~!!

 

とはいうものの、今日、この店長の気まぐれ関東煮(かんとだき/おでん)「パプリカ」がお店にあるのかないのか、、、
店主には、わかりません、、、
なんたって、「店長の気まぐれ」関東煮(かんとだき/おでん)ですから、、、^^;;;

今日、お店に行ってなかったら、「パプリカの関東煮たべたかっのにぃ~!!」って、スタッフさんに言っといていて下さい
口は悪いけど、気の優しい和本店長のことです、、、きっと、そんなお客さまのためなら、また、仕入れてきますよ!(^o^)

店長の気まぐれ関東煮(かんとだき/おでん)は、いつやってるのか?

ところで、お客さまから、「それ、いつやってるか、どうやってわかるの?」って声が聞こえてきそうですが、、、
「てっちゃん(五代目店主)には、わかりません!!」(これもキッパリ!!)

きっと、FBとかお店のブログでお知らせしてくれると思います
あとは、お店に、こういう「店長の気まぐれ関東煮(かんとだき/おでん)」をやるときは、必ず、お知らせの書き物が貼ってあるか、ぶら下がってます
ちなみに、たこ梅 北店と分店のFBページとブログをお知らせしておきますね!

たこ梅 北店のフェイスブックページ
たこ梅 北店の公式ブログ

たこ梅 分店のフェイスブックページ
たこ梅 分店の公式ブログ

店主も知らない関東煮(かんとだき/おでん)の世界!
ぜひ、楽しんで下さいね!!

あ、それから、店主の知らない関東煮(かんとだき/おでん)を見つけたら、ぜひ、メールやメッセージ、コメントで教えて下さぁ~~~い!(^o^)v

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

たこ梅 分店の上原さんが、店長代行に就任!

8月の店長会議~分店の上原さんが店長代行に就任!?~

先週、8月の店長会議でした 店長会議前に勉強会です 7月から、まず、午前中に2時間、ワクワク系マ

記事を読む

手焼きで玉子焼きにしていきます

緊急事態宣言の休業で、生卵が爆あまり!お取り寄せの玉子焼にしていきます!!

日本一古いおでん屋[たこ梅」は、1月14日のコロナの緊急事態宣言を受け、3店舗(全4店舗)の休業を決

記事を読む

求人募集の店頭看板

ホールのパートスタッフさんを募集してまーーーーす!梅田でーーーす!

新梅田食道街に、たこ梅 北店、分店の2店舗があります ホールパートさんを募集してます そちらで、

記事を読む

1人前用のお取り寄せ関東煮・おでんを試作

新しいお取り寄せ(通販)関東煮・おでんを試作しています

コロナでお取り寄せが増えています 関東煮(かんとだき/おでん)、たこ甘露煮のお取り寄せをやっていま

記事を読む

左)社会変革のシナリオ・プランニング(アダム・カヘン著) 右)シナリオ・プランニング(ウッディー・ウェイド著)

新型コロナ禍の今、シナリオ・プランニングに取り組んでみようと思います

今、世界、そして、日本も新型コロナウイルスの猛威の前にたいへんです われわれのお店、たこ梅も大変で

記事を読む

正月用の聖護院大根が届きました

市場が休みでも、大人気の聖護院大根も準備は万全です!

あけまして、おめでとうございます! 私は、12月31日まではお仕事、そして、明日、1月2日から

記事を読む

平天と平茸のヒラヒラコンビ!!

店主の知らない関東煮・おでん「平茸(ヒラタケ)」!

世の中には、知らない世界、、、があるといいます、、、 でも、たこ梅には、五代目店主(てっちゃん)の

記事を読む

ぴあMOOK関西「大阪老舗名店~食い倒れの街、自慢の名店ここにあり。~」

ぴあMOOK関西「大阪老舗名店~食い倒れの街、自慢の名店ここにあり。~」で、道頓堀 たこ梅本店をご紹介いただきました!

発売されたばかりで、いま、ぴあMOOK関西「大阪老舗名店~食い倒れの街、自慢の名店ここにあり。~」と

記事を読む

「ハリハリ」関東煮(かんとだき/おでん)!鯨好き!って方も、食べたことない!って方にも食べて欲しい!

私(てっちゃん)が、子どもの頃は、家でも、ちょくちょ鯨が晩ご飯にでていました 私の親の世代ともなる

記事を読む

たこ梅の求人のキャッチコピー

「笑いながら、働ける場所探してるなら、声かけて。」はスペック情報より感性情報を届ける!

今、ホールさんや仕込みさん、洗い場さんの求人募集をしています たこ梅は、道頓堀の本店、新梅田食

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

19人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?










PAGE TOP ↑