*

「テンコ盛り定期券」でお酒を楽しんではります!

新型コロナで、たこ梅は4月7日から全店舗休業です

道頓堀 たこ梅 本店も再開

道頓堀 たこ梅 本店も再開

そして、5月19日(東店は5月21日)から、約1ヶ月半ぶりに営業を再開しました

ところで、毎月、お客さんに楽しんでもらおうといろんな感謝企画を考えて実施しています

5月は半月もないし何をどうしたものか?
コロナで人も少ない、今、何をやったらいいのか?
、、、とかとか、考えていました

5,6月は部員さんに特製枡、美味しいお酒をプレゼント

それで、5,6月で、もともと準備していた特製一合枡もつかってこんなことをやることにしました

特製檜一合枡(干支とたこ梅の焼印入り)

特製檜一合枡(干支とたこ梅の焼印入り)

1ヶ月半という長期を休むのは、第二次世界大戦の大阪大空襲でお店がやかれたとき依頼です
再会、、、というより、再始動、出直しくらいの感覚です

たこ梅は「おでん屋」と思ってる方が多いでしょうが、本来は、上等の酒を上々に燗してだす「上燗屋(じょうかんや)」です
その初心というか基本に立ち戻ったとき、美味い酒を味わってもらうことだ!と思ったのです

「特別純米 山田錦」と錫の上燗コップ、タンポ

「特別純米 山田錦」と錫の上燗コップ、タンポ

それで、メルマガ部員さんには、上燗コップに入れた純米酒をプレゼント

てんこ盛り定期券(結構、リアルにつくってるでしょ!)

てんこ盛り定期券(結構、リアルにつくりました)

たこ梅FUN倶楽部員さんには、特製一合枡と1ヶ月間来るたびに酒を錫タンポにてんこ盛りする定期券を差し上げて、お酒を楽しんでもらうことにしたのです

5,6月の感謝企画についての詳しいことは、コチラをご覧ください
→ 特製枡だけじゃない!てんこ盛り定期券も、、、(*゚д゚*)

お店に行ってみると全員お酒を飲んでいる!

たこ梅は、関東煮(かんとだき/おでん)、たこ甘露煮と共にお酒やビール、焼酎などを楽しんでいただいています

一番売上が多いのはビールです
ですから、お店に行くと半分以上のお客さんはジョッキでごくごくのんではります

さて、昨日、4時頃にお店に行ってみると、、、

全員、たこ梅FUN倶楽部員さんで、みんなお酒飲んでます(新梅田食道街 たこ梅 分店)

全員、たこ梅FUN倶楽部員さんで、みんなお酒飲んでます(新梅田食道街 たこ梅 分店)

新梅田食道街 たこ梅分店には10人弱のお客さんがいらっしゃいました
いつもだったら、ジョッキが並ぶのですが、全員、錫のタンポがあって、みんなお酒を飲んではります

そして、全員、たこ梅FUN倶楽部員さんです
5月21日からの再会ですが、再会してすぐ来店いただき「てんこ盛り定期券」をゲットされ、この日も定期券でお酒をたのしんでらっしゃる部員さん(お客さん)もいらっしゃいました

「テンコ盛り定期券」でお酒を楽しむ たこ梅FUN倶楽部員さん

「テンコ盛り定期券」でお酒を楽しむ たこ梅FUN倶楽部員さん

このあと、道頓堀 たこ梅本店にいきましたが、やっぱり、お店で飲んでらっしゃるのは、全員、たこ梅FUN倶楽部員さんでした

錫のタンポ、上燗コップとテンコ盛り定期券

錫のタンポ、上燗コップとテンコ盛り定期券

おひとりは、ビール工場見学や酒蔵見学などに参加してくれるコアなFUN倶楽部員さんです
もちろん、定期券をゲットしてお酒を楽しく飲んではりました

「つながり」「絆(きずな)」があるってすごい!

お店を再開していますが、現状、お客さんの人数や売上は、前年と比べると20-30%です
テレワークでオフィスに出勤していない方や不要不急の外出を控えようと思われている方も多いのだろうとお思います

たこ梅FUN倶楽部通信2020年1月号

メルマガ部員さん、たこ梅FUN倶楽部員さんは、たこ梅の常連さんであると同時に、われわれと「つながり」があります
メルアドを知っていて普段の出来事やお店の企画などをお知らせしていますし、FUN倶楽部員さんには「たこ梅FUN倶楽部通信」というニューズレターをときどきお送りしています

アサヒビール工場見学に参加のたこ梅FUN倶楽部員と記念撮影

アサヒビール工場見学に参加のたこ梅FUN倶楽部員と記念撮影

また、ビール見学や酒蔵見学に参加してくれる部員さんもいらっしゃいます

これまでのこういう関係性の中から、「絆(きずな)」が徐々に醸成されていくのだと思います

そして、今みたいな時も部員さんはお店に来てくれるし、われわれも当たり前のように、こんな時であっても、どんなことしたら楽しんでくれるかなぁ、、、と考えるのです

そしてそのお互いの相互間形成が、また、絆を深めていくのだろうと思います

難しく書いていますが、こんなことやってるのが単純に「楽しい」のです
スタッフさんも私も、、、

新型コロナでみんな不自由でたいへんですし、お店も存続が難しいくらいの売上ですが、そんな時だからこそ、一緒に楽しいことをやって前に進んでいくことが大事なんだろうと思います

今日も、楽しくお店を開けます!!

コロナが心配で、、、「おでん通販」があります!

お店は再開していますが、「お店行きたいけど、まだ、心配!」っていうのもわかります
そういうときは、お店の味をお家で楽しめるおでん通販があります

関東煮(おでん)、錫の上燗コップとタンポ、たこ甘露煮

関東煮(おでん)、錫の上燗コップとタンポ、たこ甘露煮

たこ梅は、170年以上続くおでん屋です
大阪は緊急事態宣言解除されましたが、以前のように、コロナの心配なく生活できるわけではありません
これからも、当分の間、社会的距離を取るとか緊急度や重要度が低い外出などはある程度ひかえることも、まだまだ、必要なのだろうと思います

そうすると、不要不急の外出も控えめにしたりテレワークも以前より増えるとおもいます
そういうストレスがたまりやすい環境で、われわれが、どんなことでお役に立てるのだろう?と考えました

家族がずっと家にいて、毎日のご飯作りも、もう限界!ちょっと息抜きしたい
離れた両親は、ふさぎ込んでないかな?気分転換してほしい
、、、なんて思いもあると思います

そんな「今」こそ、われわれがお店の味をお届けすることで、息抜きや気分転換、ちょっとした楽しみにお役立ち出来るのでは無いかと思うのです

通販用の関東煮(おでん)荷姿

通販用の関東煮(おでん)荷姿

たこ梅のおでん通販のおでんは真空パックになっています
ダシと一緒に届くので、お家で温めるだけでお店の味が楽しめます

関東煮(かんとだき/おでん)12品&サエズリとコロが2串ずつはいった5670(コロナゼロ)セット

関東煮(かんとだき/おでん)12品&サエズリとコロが2串ずつはいった5670(コロナゼロ)セット

おでん通販の詳しいことやご注文は、こちらの通販サイトからどうぞ
おでん通販公式サイト

名物「たこ甘露煮」の一匹姿煮

名物「たこ甘露煮」の一匹姿煮

もちろん、おでんだけじゃなく、名物の「たこ甘露煮」もありますよ

特別純米山田錦と錫の上燗コップ、たんぽ

特別純米山田錦と錫の上燗コップ、たんぽ

それに、錫の上燗コップも通販でお取り寄せできます

錫酒器「タンポ、上燗コップ、焼酎コップ」

錫酒器「タンポ、上燗コップ、焼酎コップ」

お店に来られなくて「たこ梅ロス」気味の方は、これでいっぱいやりながらおでんをつまむと、お店気分を堪能できますよ!

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

あまから手帖2016年3月号

「あまから手帖2016年3月号」に道頓堀の たこ梅 本店が、50年以上前の姿と一緒に掲載されています

あまから手帖2016年3月号は「オトナとミナミ」の特集 あまから手帖2016年3月号[/capt

記事を読む

立ち飲みサマーナイトフェスティバルって何?

立呑みサマーナイトって、いったい???道頓堀の たこ梅 本店なんですが、、、

いやーーー、最近、店の前にいろんなもの貼ってあります この前も、道頓堀の たこ梅 本店の前で、こん

記事を読む

たこ梅FUN倶楽部通信2019年1月号を発送します

「たこ梅FUN倶楽部通信2019年1月号」の発送完了!明日くらいに届きますよ!

毎日、関東煮(かんとだき/おでん)、たこ甘露煮、そして、お酒、、、をお客さまにお出ししています ま

記事を読む

Mr.DESIGNの勝田さんのオフィスで打合せです

たこ梅の公式サイトとブログのリニューアルの第2回打合せです!

一昨年(2015年)の秋頃、たこ梅の公式サイトをリニューアルしました 同時に、それまで、各店のブロ

記事を読む

今年の「新酒の酒粕」

今年も「新酒の酒粕」が届きました!!

これが届くと年末だなぁ~、、、って気がしてくるのです それは、、、 「新酒の酒粕」が届きまし

記事を読む

今年の「初しぼり」原酒です

「ウブだけど力強いお酒やねぇ~」ってお客さまに言われた新年の「初しぼり」原酒が今年も今日から登場です!

お酒って、季節季節で、雪見酒などいろんな楽しみ方もありますし、秋口の「ひやおろし」などいろんな種類の

記事を読む

茹であがった「わらび」です

店主の知らない関東煮・おでん!「蕨(わらび)」編!

世の中には、知らない世界、、、があるといいます、、、 でも、たこ梅には、五代目店主(てっちゃん)の

記事を読む

和歌山産の古城梅(ごじろ梅)で梅酒をつけました

和歌山県産の大粒梅「古城(ごじろ)」で、来年用の梅酒を仕込みました!!

今年も、お店では、自家製梅酒を6月1日からお客さまにご提供しています 1年床下で寝かした自家

記事を読む

山添村の手造り蒟蒻の関東煮(かんとだき/おでん)田楽仕立て

山添村の手造り蒟蒻(こんにゃく)が道頓堀 たこ梅本店に登場!超限定ですが、、、

2月の野菜部で、奈良の山添村に行ってきました 畑の手入れやってます[/caption]

記事を読む

たこ梅 北店の夏の甲子園クイズの応援高校シート

夏の甲子園クイズ2018が、たこ梅北店で始まりましたよ!

高校野球、、、 春と夏の年2回あります 新梅田食道街 たこ梅北店では、お客さまと、「どこ(ど

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

16人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑