*

イモリの赤ちゃんが10匹になりました!かわいいよ ∈^0^∋

公開日: つれづれに

日本一古いおでん屋「たこ梅」の 雑用係 兼 五代目店主 てっちゃんです

いま、3ヶ月に1回のペースでつくっている「たこ梅FUN倶楽部通信」というニューズレターの制作が佳境です
それも、昨日の夜、ちょっとひと段落、、、

アカハライモリの水槽

アカハライモリの水槽

今朝は、自宅のイモリ(数年前に桃侍くんと山添村の田んぼで捕獲)と、その赤ちゃんを眺めて癒やされていました

アカハライモリの卵

アカハライモリの卵

春で、こんな卵を水槽の水草にたくさん産み付けます

このままだと、大人のイモリがたべちゃう!?ので、卵は別の容器に移して孵化させます

アカハライモリの赤ちゃん(幼生)はエラがあります

アカハライモリの赤ちゃん(幼生)はエラがあります

生まれたばかりの赤ちゃん(幼生)には、ウーパールーパーのようなエラがついていて、大人になるまでは水中でエラ呼吸
大きくなるとエラはなくなり、肺呼吸になります

アカハライモリの幼生

アカハライモリの幼生

イモリの赤ちゃん(幼生)が、卵から順番に孵ります

イモリの赤ちゃんが今10匹になりました

イモリの赤ちゃんが今10匹になりました

今朝で、赤ちゃん(幼生)は10匹になりました!!!

孵ったばかりの子から、大きくなってきたお兄ちゃん(お姉ちゃん)までいます

まだ、卵の子もいます

卵に比べて多きく成長しています

卵に比べて多きく成長しています

卵と比べるとわかりますが、結構、大きくなった子もいます
生まれたときは、卵に二つ折りくらいで入っているので、それから比べると倍以上の大きさ(長さ)ですね
おそらく、目方(≒体積)でいうと、10倍以上じゃないでしょうか

この子は前足も生えてきました

この子は前足も生えてきました

よくみると、この子は、さらに、ちっちゃいですが「前足」も生えてきています

もうちょっとすると、赤ちゃん(幼生)から、手足が生えそろいエラがなくなっていき、子ども(幼体)になります
そして、大きく成長し大人(成体)になります

ところで、この子ども(幼体)のときが一番危ない、、、と私は思っています

というのは、赤ちゃん(幼生)の時は水の中でエラ呼吸しています
これが、エラが無くなる子ども(幼体)になると陸上(水上)で肺呼吸です

一見、大人(成体)と同じようですが、大きな違いがあります

それは、、、

子ども(幼体)は、泳げない!カナヅチ!!(゚ロ゚屮)屮

つまり、水から上がるところがないと「溺れ死ぬ」のです

大人(成体)になると、また、水の中で自由に泳げるようになりますから安心ですけどね

<イモリの成長過程>
卵(水中)→幼生(エラ呼吸・水中生活)→幼体(肺呼吸・陸上生活)→成体(肺呼吸・水中生活)
※皮膚呼吸もしていますよ

そろそろ、上陸できる場所をこさえてあげないとね

イモリも成長時期によって、お世話がいろいろ変わるのです

今日も、がんばろーーーーーっと!

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

休業要請を発表する吉村大阪府知事

たこ梅 本店 8/6-20 休業です

おはようございます 今日は、休業のお知らせです たこ梅本店を 8/6-20 まで休業します

記事を読む

電柱からの光ファイバーの引き込み工事

事務所の光回線工事中です

昨年の10月から消費税が8%から10%に増税されました 同時に、テイクアウトの飲食物は8%の据え置

記事を読む

シルク・ドゥ・ソレイユ「トーテム」

シルク・ドゥ・ソレイユ「トーテム」に行ってきました!夏休み、子どもと行くと楽しいかも!

今年の2月、東京からスタートしたシルク・ドゥ・ソレイユの新しいパフォーマンスが、大阪に上陸しました!

記事を読む

散歩で拾った栗

散歩してたら、結構、「栗」ひろいました!(゚ロ゚屮)屮

日本一古いおでん屋「たこ梅」の 雑用係 兼 五代目店主 てっちゃんです 先週まつ、ぎりぎりでニ

記事を読む

二升五合で「升々半升(益々繁盛)」のお酒

升升半升(益々繁盛)な2升5合のお酒がやってきました

新年になると、お取引先さまが、たこ梅に挨拶においでになります 先日、こんな縁起のいいものいただいた

記事を読む

ちょっと分化が進んだアカハライモリの卵

田んぼで捕ってきたイモリが産卵しました!

奈良の山添村のちっちゃなスペースで、自然農法の畑をスタッフさんと昨年から始めました それを始めるに

記事を読む

ケーキがのっかったパフェ!

スタッフさんの面談でとうとう登場!ケーキがのったパフェ!?なんのこっちゃ、、、

毎月、お店のホールのパートスタッフさんと面談をやっています 面談というと面談するんですが、お店の近

記事を読む

小豆粥(あずきがゆ)をいただきます

1月15日、小正月の「小豆粥」の由来は「七種粥(ななくさがゆ)」ってご存じでしたか?

今朝は、冷えますねぇ 朝、桃侍くん(小学3年生)が庭に放ってあったバケツを見てみると、、、

記事を読む

清荒神さんで、お店の新しいお札を受けました

元日に、清荒神清澄寺さんへお参りして、お店のお札を受けてきました!

一月一日、つまり、元日に、必ずすることがあります 大釜でマダコをたこ甘露煮にたきあげていきま

記事を読む

大阪府の緊急時対戦源解除について話す吉村知事

大阪府の緊急事態宣言が解除されましたね!

新型コロナで4月8日から緊急事態宣言で、日本中、自粛でした 大阪府の緊急時対戦源解除 昨日、5月

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

19人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?










PAGE TOP ↑