*

北海道と沖縄にはチルドの「おでん通販」が届かない!!注文を下さったお客さまにハガキを書こう!

今、コロナで、日本中が、リモートワークや休業、休校、自粛、、、です
家にこもりがちのことも多いですよね

1ヶ月間の休業に入ったお店

1ヶ月間の休業に入ったお店

たこ梅は、お客さん、スタッフさん、そして、そのご家族の命と健康を守るため、5月7日から1ヶ月間休業しています

お店は休業ですが、おでん通販は続けています

お店は全店舗お休みしていますが、おでん(関東煮)、たこ甘露煮をお届けする通販は続けています

通販用の関東煮(おでん)荷姿

通販用の関東煮(おでん)荷姿

おでん通販がとどくと、中には真空パックのおでんとダシが入っています

5670(コロナゼロ)セットの関東煮(おでん)

5670(コロナゼロ)セットの関東煮(おでん)

これを温めるだけで、たこ梅のお店の味をお楽しみいただけます

関東煮(かんとだき/おでん)12品&サエズリとコロが2串ずつはいった5670(コロナゼロ)セット

関東煮(かんとだき/おでん)12品&サエズリとコロが2串ずつはいった5670(コロナゼロ)セット

この通販おでん、「どんなのかな?」って思われたら、たこ梅のおでん通販サイトをごらくん下さい
たこ梅のおでん通販公式サイト

北海道と沖縄にはお届けできない

通販なので、全国のあちこちの都道府県からご注文をいただきます

もちろん、47都道府県の一番北の北海道、一番南の沖縄からもご注文をいただきます
実は、いざ、出荷しようとしたら、運送の方から、「北海道と沖縄は、飛行機が減便で、チルドでは何日かかるか分からず、現状、お受けできません」とのこと

そのとき、何件かのご注文を北海道と沖縄からいただいたのですが、メールで連絡をとって、事情を説明してキャンセル対応をさせていただきました

とはいえ、せっかく、たこ梅のおでん(関東煮)を楽しみにされていたのに申し訳ない気持ちで一杯です

また、すぐに、通販サイトの方でも、北海道と沖縄については、新型コロナの影響でご注文をお受けできない旨のお知らせを掲載しました

そうだ!ハガキを送ろう!!

北海道と沖縄からのご注文のお断りは、うちのスタッフさんが丁寧なメールを書いてくれていました
ただ、それでも、私の中の申し訳なさがあります

この申し訳なさの正体はなんなんだろう?
何があるんだろう?

と自分に問いかけたとき、キーボードが悪いわけではないけど、自分の「手を動かす」ことで、書いいて、描いて気持ちを伝えたい!という衝動があることに気づきました

それで、「そうだ!ハガキで書いて伝えよう!!」と思ったのです

お店は休業中ですが、お客さまへのお葉書を描いています

お店は休業中ですが、お客さまへのお葉書を描いています

思い立ったらスグ行動!!

幸いか不幸か、コロ休業で、時間はあるもので、、、

通販おでんが竹の皮に包まれているのですが、そのイラストを描いて、ご期待に添えず申し訳ありませんという気持ちを言葉にしてハガキをかきました

北海道からおでん通販へ注文いただいたお客さまへのお葉書

北海道からおでん通販へ注文いただいたお客さまへのお葉書

そして、書き上げたはがきは、やっぱりすぐに郵便ポストへ投函!!

少しして、物流が安定してきたら、また、たこ梅の関東煮(かんとだき/おでん)を北海道と沖縄で楽しんでいただけるようになると思います

そのときまで、スタッフさんと一緒にがんばります!!

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

「お客さまを呼ぶスゴい仕掛け」の著者、佐藤元相先生と記念撮影

「お客さまを呼ぶ!スゴい仕掛け」(佐藤元相 著)で気づいたお客さまがいだく「不公平感」のこと

先日、No.1戦略コンサルタントで、ランチェスター戦略をベースとした「あきない実践道場」を主宰されて

記事を読む

山添村の小蕪の関東煮(かんとだき/おでん)

山添村の野菜が関東煮(かんとだき/おでん)や酒の肴になっています

毎月、奈良の山添村にある1アールに満たない小さな自然農法畑に、スタッフさんといっしょに行ってます

記事を読む

水菜の関東・おでん

シャキシャキ!ハリハリ!「水菜(みずな)」の関東煮(かんとだき/おでん)始まりました!

冬になると美味しくなると、美味しくなる野菜があります そんな旬の野菜を関東煮(かんとだき/おでん)

記事を読む

店主も店長も知らない関東煮(かんとだき/おでん)「レタス」

店主も店長も知らない関東煮・おでん!「ペロコス」「レタス」登場です

世の中には、知らない世界、、、があるといいます、、、 でも、たこ梅には、五代目店主(てっちゃん)の

記事を読む

茹であがった真竹を流水で冷ます

市場に出ない奈良の山里「山添村」の夏の味『真竹』のお取り寄せ始めました

日本一古いおでん屋「たこ梅」の 雑用係 兼 五代目店主 てっちゃんです 山添村の「真竹(まだけ)」

記事を読む

たこ梅 本店 2020年カレンダーはお客さんとの思い出の画像がいっぱい

こんなカレンダー作ったらしい!すげーーーー!!(*゚д゚*)  シランカッタ、、、、

たこ梅は大阪の道頓堀に本店、梅田に北店、分店、東店があります 各々、フェイスブックページを持ってい

記事を読む

たこ梅の暖簾を図案化した手ぬぐいと鯨のオリジナル手ぬぐい

オリジナルの手ぬぐい2種類、購入できるようになります!!

わたしは、創業者の岡田梅次郎から数えて五代目ですが、代々、なんか「創る」の好きみたいです 初代が考

記事を読む

関東煮・おでんに使うジャガイモ「黄爵」

「やっぱ、このジャガイモやないとな、、、」と常連さまから言われる関東煮・おでんがあります

関東煮(かんとだき/おでん)のタネのひとつに「ジャガイモ」があります ジャガイモは季節で地域や品種

記事を読む

牡丹牡蠣(ぼたんかき)の関東煮(かんとだき/おでん)

牡丹牡蠣の関東煮(かんとだき/おでん)始まりました!

以前は、毎年、12月中旬か下旬頃には始まってたんです それが数年くらい前から、年越しするようになっ

記事を読む

平天と平茸のヒラヒラコンビ!!

店主の知らない関東煮・おでん「平茸(ヒラタケ)」!

世の中には、知らない世界、、、があるといいます、、、 でも、たこ梅には、五代目店主(てっちゃん)の

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

19人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑