*

「私も『のぶちゃん』なのよ!」お客さまから声をかけてもらえるって、関係性が生まれやすいですよね!

公開日: スタッフさん, お客さま関係性

月に1回、ホールのパートスタッフさんと喫茶店でお茶をのみながら面談しています
昨日も、数名のスタッフさんと面談でした
新梅田食道街にある たこ梅 分店のホールスタッフさんである中井さんとの面談のときでした、、、
※ 面談やコーチングの内容は、守秘義務があって、店長や他の社員さんであっても話しませんが、中井さんに許可をいただいたので、今日のブログに書いています (^o^)v

「私、もうすぐ1年になるんです!」から話は始まりました

中井さんが、「私も、(たこ梅に来て)もうすぐ1年になるんです」って話してくれました
そうなんですよね!
この中井さん、ハローワークで「どこがいいかなぁ、、、」と40社くらいの求人票をプリントアウトしてて、うち(たこ梅)のを見たとき、他のはうち捨てて、「あ、ここにしよ!」って連絡をくれた伝説のスタッフさんです

新人パートさんに入社オリエンテーションです

中井さんの入社オリエンテーションのときの画像です

というのも、中井さんがみてくれた求人票を出す前に産創館さんで、求人票の書き方セミナーを受講し、そこで教えてもらったとおりに書いたら、中井さんが、「ここ(たこ梅)だけ求人票(の内容やわかりやすさ)が違う!」って電話してくれたという経緯があるんです

セミナーで作ったフォーマットと求人票

セミナーで作ったフォーマットと求人票

その時のことは、コチラのブログを見て下さいね!
→ 視点を変えるだけでハローワークの求人票が見違えるように魅力的に!
→ 視点を変えて書いたハローワーク求人票は魅力的になったか?~梅田ハローワークに実際に出してみました!~
→ 新人パートさんに、1時間の入社オリエンテーションやってます!

「私、ネコが好きすぎて、、、」って何?何?

そんな中井さんの悩みの一つは、先輩社員さんたちは、お客さまにスグ話せて、話も盛り上がってる、、、
そして、関東煮(かんとだき/おでん)やお酒のオススメも楽しそうに上手く出来ている、、、
なのに、私は、、、
話はできるようになってきたけど、先輩みたいに面白い話が出来ない、、、
うまく、オススメなんてできない、、、
もっと面白い話をしたい、知識があればもっといろいろ話せて、オススメだってできるのに、、、
っていうようなこと!

中井さんが下げている名札、楽し意ことが書いてあります
裏面(裏表はないようですが:笑)には、「私、ネコが好きすぎて、、、」って書いてあったりして、それを見た私、思わず「好き!ってわかるけど、好きすぎる!って何なん?」って聞いてしまいました

『コレ』で、お客さまから声をかけてもらいました!

そうなんですよね!
別に、うちのスタッフさんは芸人さん、漫才師さんではないので、面白い話をして笑ってもらわなければならない!なんてことはありません(当たり前ですよね:笑)
それができたら、そっちで稼いだ方がええんちゃう?ってなってしまいますし、、、

そう、私が食いついたように、お客さまから声をかけてもらう!お客さまが声をかけたくなる!ようにしておくことが大事なんです

いきなりオススメされるって、お客としてはいやでしょ?
百貨店やアパレルショップで、「何かいいのないかなーーー」とか「こういうのとか好きなんだよねーーー」って自分で見ているときに、すかさず(?)「何かおさがしですか?」ってこられるのって、正直、いらないですよね!
お客さまにとって、それって、うっとうしい感じもあるし、邪魔でしかないでしょ?
ある程度決めて、どっちか迷ってたり、「こういうのないかな?」って時になって初めて、プロの店員さんのアドバイスが欲しいんです
それまでは、イラン!(笑)

「のぶちゃん」バッジでお客さまから声をかけられてます!

「のぶちゃん」バッジでお客さまから声をかけられてます!

中井さんの名札で、このことを伝えたら、中井さんは
「そっか、そうなんですよね!
このバッジ、いいんですよ!!
この間も、お客さまから『私も、のぶちゃんなのよ!』って声をかけてもらって、話が盛り上がったんです」
(中井さん、下の名前が、「のぶよ」なんです)
って、、、

おいおい、、、
すでに、お客さまと話、ちゃんとできてるやん!!
バッジもそうやし、名札もよーでけとるやん!!^^;;;

まぁ、他のスタッフさんが、それ以上にお客さまと仲良くなっていくので、「私、できてない、、、」って思ったようですが、うちのスタッフさんは、だれも、かれも、スゴイんですよね

>中井さん
中井さんも、じゅーぶんできてるので、安心してね!
もちろん、もっと!って思うだろうから、楽しくがんばってください
ありがとう!!

声をかけてもらったら、続いてヒアリング!

こうやって、声をかけてもらったら、次は、お客さまからのヒアリングです!
といっても、別に、問いただす!詰問する!質問攻めにする!わけじゃありません
先輩スタッフさんや中井さんがやってるように、楽しくお客さまと会話すればいいんです
ただ、ちょっと、この人のことを知りたい!って積極的にお客さまに関心を持って、話をする!いろいろ聞いてみる!

この日の面談では、中井さんに実際に体験してもらおう!と思って、途中から、より意識して私が中井さんに関心を持って尋ねていきました
そして、話が一段落したとき、
「今、中井さんと私が話した量って、どのくらい?何対何くらいだと思う?」
と質問したら、
「あ、私の方が、結構、いっぱいしゃべってましたよね!7対3くらいと思います」
でした

その二人の会話の中での中井さんの気持ちを聞くと、楽しかった!です
そう!
別に、面白いことを話し続ける必要は無くて、いろいろ聞いてあげた方が、お客さまと仲良くなれる

自分が話すより、聞いてあげる(ヒアリング)方が、自然にお客さまのことがいろいろわかってくる
だからこそ、お客さまとの距離が近くなっていきます
中井さんも、「のぶちゃん」バッジ、「猫が好きすぎて、、、」名札をきっかけに、実は、もうこのヒアリングがかなりできています
あとは、ちょっと、意識してより興味・関心をもってお客さまに尋ねる!話を聞く!というヒアリングをしていくだけなんです
本人も、このことがわかってくれたようで、笑顔で面談を終わることが出来ました

いやーーー、エエすたっふさんばっかりで、うちはラッキーですわ!!(^o^)v

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

父の日に向けて、楊枝入れをスタッフさんが作りました

6月19日は「父の日」です!たこ梅 北店のスタッフさんが、感謝の気持ちを込めてオリジナルの爪楊枝入れを作ってくれました!!

今週末となる6月の第3日曜日、6月19日は「父の日」です たこ梅には、昔から、お酒を出す店である関

記事を読む

七福神宝船図2017

素敵な初夢を!たこ梅特製「七福神宝船図」を今日からプレゼントです!!

早いもので、今年も、あとわずか、、、 お客さまには、本当にお世話になりました だって、たこ梅が今

記事を読む

行動探求 入門講座 第2回レクチャー

新人の山台さんに行動探求の第2回レクチャーです

2年半前から、月1回、正社員さん、ホールのパートスタッフさんと自分の内面のクセに気づき、出来事の奥に

記事を読む

佐藤先生のアドバイスを受ける本店スタッフさん

「ランチェスター1位づくり戦略 繁盛店の法則」研修を全社員さんと受講です

先週、全店を休業して、全社員さんと研修を受けていました もう、10名以上の社員さんがランチェスター

記事を読む

金田さんのリクエストで仕組みの「大穴」を説明です

仕組みの「大穴」について、リクエストを受けて説明していました!

毎月、1回、正社員さんとホールのパートさんとコーチングや面談の時間を持っています 昨日は、数名の正

記事を読む

たこ梅の面々が登場する「七福神宝船図 2020年版」

いい初夢が見られる「七福神宝船図」2020年版をお店で配ってますよ!

もう、1週間足らず、あと5日で新年、お正月を迎えます たこ梅を応援くださるお客さまには、ぜひ、

記事を読む

白鹿さんと秘密の会合です

白鹿さんと秘密の会合、、、酒を造りたいんじゃない!お米を作る人、お酒を造る人、売る人、飲む人がつながって、わかりあえる世界を出現させたい!

昨日、昼過ぎ、梅田の某所で、西宮の酒蔵 辰馬本家酒造さん、、、っていうより白鹿さんという方がわかりや

記事を読む

新梅田食道街 たこ梅北店の三代目となる出勤パネル

新梅田食道街 たこ梅北店の出勤パネルが三代目になりました!似顔絵はお客さまのお手製です!!

お客さまによっては、「あのスタッフさん、今日、来てるかな?」って、うちのスタッフさんに会えるのも楽し

記事を読む

松本さんのご夫婦です

新入社員さんのご家族へ挨拶に行って来ました!

新入社員のご家族にご挨拶する理由(わけ) 先日、新しく入られた社員の方のご自宅にあいさつに行って来

記事を読む

たこ梅はおでん屋ですが「アレ」も渡しています。

たこ梅はおでん屋ですが「アレ」も渡しています。

たこ梅は、おでん屋(関東煮屋)です 関東煮鍋はてんこ盛りでお客さまを迎えます[/captio

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

16人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑