*

夏だけの珍味!「たこの子甘露煮」始まりました!!

公開日: たこ甘露煮, 季節・旬

すんませーーん、やっと、アノ、夏だけの珍味、始まりました
1ヶ月、あるかないか、、、という超期間限定のアレです!!

「たこの子甘露煮」始まりました

何か?って、これです

たきあがった「たこの子甘露煮」です

たきあがった「たこの子甘露煮」です

テニスボールの二回りくらい小さいサイズで、つやつやしたこれね
お店で、お客さんの前に出てくる時はこれが切られて、こんな風になってます

たこの子甘露煮

たこの子甘露煮

そう!夏だけの超期間限定の珍味「たこの子甘露煮」です
これ、実は、1粒1粒は1mmに満たないくらいのマダコの卵が何十万個も集まっているのです

甘露煮としてたく前は、こんな白っぽいクリーム色のつややかな状態

生の「たこの子」です

生の「たこの子」です

これを175年間、日々、追いダシして使い続けている秘伝のタレでたきあげたのが「たこの子甘露煮」なのです

「たこの子甘露煮」はお酒とよく合う

で、これは、特に、お酒とよく合うのです

8月の季節の酒「黒松白鹿 山田錦 辛口 純米 シルク」

8月の季節の酒「黒松白鹿 山田錦 辛口 純米 シルク」

いまだったら、ちょうど、9月の季節の酒「山田錦 辛口 純米 シルク」があるので、これとあわせても美味しいよ!
シルクの詳しいことはこっちのブログを見てね
→ 8月の季節の酒はシルクのような口当たり!麹米を65%まで磨いた山田錦の辛口純米酒です

お酒は錫タンポで湯せんして燗つけ

お酒は錫タンポで湯せんして燗つけ

もちろん、定番の燗酒ともバッチリです!

超期間限定なのと、産卵期のメス蛸にしかはいってない(当たり前ですがオスのタコには卵がない)ので、入荷があるとき、ないときがあります

「食べたぁ~い!!」って思った方は、お店のFBページをチェックしてくださいね
スタッフさんが、いろいろその日の情報をアップしてくれていますから
もちろん、直接、お店に電話をしていただくのもOKですよ!!

【たこ梅 各店のフェイスブックページと電話番頭】

たこ梅 本店(道頓堀)のフェイスブックページ 電話番号:06-6211-6201
たこ梅 北店(新梅田食道街)のフェイスブックページ 電話番号:06-6311-5095
たこ梅 分店(新梅田食道街)のフェイスブックページ 電話番号:06-6311-3309
たこ梅 東店(ホワイティうめだ)のフェイスブックページ 電話番号:06-6311-6157

いまだけの「たこの子甘露煮」、ぜひ、楽しんでくださいねぇ~!!(^o^)v

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

中取り 純米 SUKI透き

7月の季節のお酒は「中取り」の 純米酒「透SUKI」!で、中取りっていうのは、、、

日本酒(清酒)って、醸造されたもろみを搾って、お酒と酒粕にわけられ、お酒の部分だけが清酒として出荷さ

記事を読む

たきあがった丸っぽの「たこ甘露煮」です

「たこ甘露煮」は、170年以上使い続ける秘伝の出汁で、毎日、たいてます!

たこ梅の名物っていうと、鯨の舌「さえずり®」の関東煮(かんとだき/おでん)とアレです! 鯨の

記事を読む

真っ赤なルビーのような「ミニトマト」の関東煮(かんとだき/おでん)

店主の知らない関東煮・おでん!ルビー?いや、これは「ミニトマト」やーーー!?

世の中には、知らない世界、、、があるといいます、、、 でも、たこ梅には、五代目店主(てっちゃん)の

記事を読む

仕込みが終わって、出番待ちの「菜の花」たち

「菜の花」の関東煮・おでんを仕込んでますよ!

春分の日も過ぎて、春が、感じられることも多くなってきましたね たこ梅でも、『春』を関東煮(かんとだ

記事を読む

「菜の花」の関東煮(かんとだき/おでん)

「菜の花」の関東煮(かんとだき/おでん)を始めます!

今日から、弥生、三月ですね 明後日は、三月三日でお雛祭り そんな春の1ヶ月くらいだけの関東煮(か

記事を読む

今年の梅酒を漬けています

今年も、古城梅と焼酎、氷砂糖だけの自家製梅酒をつけました!来年用です!!

6月というと梅の季節ですね 今年も、綺麗な梅の実が出始めています だから、早速、来年に向けて

記事を読む

緑もあざやかなグリーンリーフレタス

店主の知らない関東煮・おでん!「グリーンリーフレタス」編!

世の中には、知らない世界、、、があるといいます、、、 でも、たこ梅には、五代目店主(てっちゃん)の

記事を読む

女性自身のお取り寄せ特集ページ

「たこ甘露煮」のお取り寄せを「女性自身」に掲載いただきました!

たこ梅の名物「たこ甘露煮」が女性自身に掲載いただきました!! たこ梅の名物「たこ甘露煮」のお取り寄

記事を読む

飴色にやわらかくたき上がった「たこ甘露煮」ちゃん

今日のタコは、立派で大きかった!!もちろん、やわらかーーーくたき上げましたよ!

今日も、朝からたいてましよ!アレを、、、 それにしても、、、 今日のタコは立派で大きめ!! 1

記事を読む

「しろ菜」の関東煮(かんとだき/おでん)

夏限定の関東煮(かんとだき/おでん)「しろ菜」始まりました!!

あのーーー、「しろ菜」っていう葉もの野菜、きいたことあります? 漢字で書くと、「白菜」です でも

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

13人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑