*

「父の日」は、ねぎらい、感謝の気持ちを伝える日。だと思います

2週間後、6月の第三日曜日である6月21日(日)は、『父の日』です

今年は、新型コロナでみんながたいへん、、、
お父さんも、仕事のやり方をかえたり、慣れない家の手伝いをしたり、きっと大変なことがいつもの年より多いと思います
そんなお父さんをねぎらい、感謝の気持ちを伝える日が『父の日』なんだろうと思います

父の日は、ねぎらい、感謝の気持ちを伝える日

緊急事態宣言は解除されましたが、以前のように出歩くのは気になる方も多いと思います
離れて住んでいるお父さんだと「元気にしてるかなぁ?」と気になるでしょうし、一緒に住んでいても「コロナで仕事もやりにくいかも、たいへんだろうなぁ、、、」と気になることもあると思います

『父の日』は、そんなお父さんへの気持ちを「見える形」で伝えるのに絶好の機会ですよね
見えないとなかなか伝わらないですから、、、

お父さんと一緒にどこかに出かけててもいいし、お手紙をおくってもいい、なにかしら自分の気持ちを伝えられたらいいんじゃないかと思います

われわれも、その父の日の気持ちを伝えるのに、何かしらお役に立てるかもしれません
たこ梅にも、おもしろい商品がいろいろありますから

関東煮(おでん)、錫の上燗コップとタンポ、たこ甘露煮

関東煮(おでん)、錫の上燗コップとタンポ、たこ甘露煮

関東煮(かんとだき/おでん)

170年以上にわたって伝統の煮(た)き方でその味を伝える関東煮(かんとだき/おでん)です

通販用の関東煮(おでん)荷姿

通販用の関東煮(おでん)荷姿

たこ甘露煮

同じく、創業から、日々、真蛸をたいてはそのタレを漉し、また翌日タコをいれてたく、、、これを170年以上つづけてきた名物「たこ甘露煮」もあります

名物「たこ甘露煮」の一匹姿煮

名物「たこ甘露煮」の一匹姿煮

錫の上燗コップ

そして、お客さんが、「この酒うまいなぁ、、、」とよく言われますが、もちろん、お酒自体がおいしいのもありますが、錫音タンポで燗をつけ、錫の上燗コップでお出しするからなのです

錫の上燗コップ(左は錫の二合タンポ)

錫の上燗コップ(左は錫の二合タンポ)

錫は古来より水を浄化しまろやかにするといわれ、これで燗をつけると等級も一級上がる!といわれています

錫の上燗コップと中空の二重構造(左は錫の二合徳利)

錫の上燗コップと中空の二重構造(左は錫の二合徳利)

この錫の上燗コップは、燗酒が冷めにくいよう、持ったときに熱くないよう、中空の二重構造になっていて、保温性、断熱性に優れます
大正時代に、たこ梅の三代目が考えたらしいのですが、酒飲みのことようわかってつくってますね(笑)
ちなみに、私も、家でこの錫の上燗コップを愛用してます

ところで、この錫の上燗コップですが、造るときは内側と外側を別々に鋳型でつくります
その後、それらを貼り合わせます
お店で、錫の上燗コップでお酒を飲まれたお客さんはおわかりかもしれませんが、貼り合わせていると言っても、その継ぎ目は全くわかりません
唇に当たる部分ですから、少しでも継ぎ目があれば感じてしまいますから、、、
そこを継ぎ目をわからなく仕上げるのが、錫伝統工芸の職人技なのです

錫の焼酎コップ

錫の藤巻き焼酎コップ

錫の藤巻き焼酎コップ

同じく、錫に藤(とう)巻きした焼酎コップも、焼酎好きならよりおいしく飲める逸品です

単に錫に藤を巻いたのではなく、藤を巻く部分はわずかに削ってあります
そこに藤を巻くことで段差をなくし、心地よい指あたりになるのです
これも伝統工芸の職人技です

錫の酒器の刻印

焼酎コップの底面の「たこ梅」刻印

焼酎コップの底面の「たこ梅」刻印

この上燗コップと焼酎コップの底には、たこ梅の刻印が押されています

錫に打つ「たこ梅」の刻印

錫に打つ「たこ梅」の刻印

これも職人さんが、ひとつひとつ打刻してくれているのです

お名前を彫る(名入れ)こともできます

錫の上燗コップには、底の部分にお名前や会社名、記念日の日付などを彫ることができます

錫のコップに名前や会社名なども彫ることができます

錫のコップに名前や会社名なども彫ることができます

画数があまりに多い文字や彫りたい文字数が多すぎると彫れない場合もありますので、「名前(日付)をいれてプレゼントしたいな!」と思ったら、気軽に、通販ではメールで、お店ではスタッフさんにお問い合わせください

たこ梅のお取り寄せサイト

これらの品々をお取り寄せいただける通販サイトはコチラです
たこ梅のお取り寄せ(通販)サイト

父の日のカードを描きました(めがね編)

父の日のカードを描きました(めがね編)

父の日に送り主さまの気持ちを添えて届けたいので、父の日のカードを2種類描きました

父の日のカードを描きました(ひまわり編)

父の日のカードを描きました(ひまわり編)

お取り寄せサイト(通販)で、父の日の贈り物をご注文されてカードを同梱ご希望される方は、注文時に表示される「通信欄」に「父の日カード:めがね編」または「父の日カード:ひまわり編」とご記入ください

父の日のカードを添えて送り主さまのお父さまを思われる気持ちをお届けします

父の日の贈りものは各店舗でもご購入いただけます

お取り寄せ(通販)だけでなく、関東煮(かんとだき/おでん)、たこ甘露煮、錫の上燗コップや焼酎コップは、各店舗でもお買い求めいただけます

そのときも、父の日の2種類のカードをご用意しております
よろしければ、「めがねのカードお願い」「ひまわりのカードお願い」とお店のスタッフさんにお伝えください

素敵な父の日を!!

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

読売新聞 2020年4月8日 記事

非常事態宣言下、たこ梅の休業が読売新聞に載ったようです

4月6日に安倍総理が非常事態宣言を出すことを決め、翌4月7日に発表 「緊急事態宣言」を告げる

記事を読む

からし、鯨タンからし和えのラベルシールデザイン

鯨タンからし和え、からしのラベルシールデザインが完成!

日本一古いおでん屋「たこ梅」の 雑用係 兼 五代目店主 てっちゃんです 1年半以上もつづくコロ

記事を読む

道頓堀 たこ梅本店

ココイロ1月7日で道頓堀 たこ梅本店をご紹介いただいています

1月に、「ココイロ」という2分くらいの番組で、道頓堀のたこ梅本店をご紹介頂きました! ココイロさん

記事を読む

店主の知らない関東煮(かんとだき/おでん)「手羽先」

道頓堀 たこ梅 本店で、店主の知らない関東煮(かんとだき/おでん)が日替わりで登場!?

道頓堀にある たこ梅 本店は、今年がリニューアル10周年にあたります(創業だと174年目です)

記事を読む

大阪ミナミの隠れた情報も満載の「ミナミ本」

「ミナミ本」で、道頓堀 たこ梅 本店の秘密・ナゾをいろいろ取り上げていただきました!

10月に京阪神エルマガジン社の方が、道頓堀にある たこ梅本店に取材に来てくれはりました 商品

記事を読む

「味なメニュー」(平松洋子著)と丸眞正宗

お客さまからいただいたお土産のお酒に込められた気持ちと思いに感謝です!!

先週末、2月20日の土曜日に、大人の遠足第2弾「ホンマに旨い『酒』を知り隊」ということで、兵庫県の西

記事を読む

蕗(ふき)の関東煮(かんとだき/おでん)です

生の「蕗(ふき)」の関東煮(かんとだき/おでん)はじまります!

今年は花冷えもあって、桜も長く楽しめました そんな桜も散り、うちの家では、チューリップが満開

記事を読む

淡竹の関東煮お取り寄せは1週間ほど延長です

アチャー (≧ロ≦)、、、淡竹、仕入れ過ぎました

日本一古いおでん屋「たこ梅」 の 雑用係 兼 五代目店主 てっちゃんです 季節の関東煮・おでん

記事を読む

「しろ菜」の関東煮(かんとだき/おでん)

夏限定の関東煮(かんとだき/おでん)「しろ菜」始まりました!!

あのーーー、「しろ菜」っていう葉もの野菜、きいたことあります? 漢字で書くと、「白菜」です でも

記事を読む

赤い貝割れ菜の関東煮(かんとだき/おでん)

店主の知らない関東煮・おでん!「赤い貝割れ菜」編

世の中には、知らない世界、、、があるといいます、、、 でも、たこ梅には、五代目店主(てっちゃん)の

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

19人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?










PAGE TOP ↑