*

なんば高島屋で、イートインに出店中!!まん防だけど、、、^^;;;

公開日: 関東煮・おでん, おみやげ

日本一古いおでん屋「たこ梅」の 雑用係 兼 五代目店主 てっちゃんです

高島屋さん地下1階のイートインに出店

今日から2月20日まで、大阪は「まん防」ですね

なんば高島屋B1「味百選」コーナーで1週間イートンやってます

なんば高島屋B1「味百選」コーナーで1週間イートンやってます

そんなコロナ禍ですが、1月26日から2月1日までの1週間、難波(大阪)高島屋さんの「味百選」コーナー(地下1階)でイートンに出店です

イートインでは関東煮(おでん)を召し上がっていただけます

イートインでは関東煮(おでん)を召し上がっていただけます

お店の「関東煮(かんとだき/おでん)」を召し上がっていただけます

おでん、長須鯨大和になどの物販もやってます

イートインでは、同時に物販(商品販売)もやっています

関東煮(おでん)、長須鯨大和煮などの物販もありますよ

関東煮(おでん)、長須鯨大和煮などの物販もありますよ

あつあつの関東煮(かんとだき/おでん)、長須鯨大和になども、お買い求めいただけます

まん防、まん防の報道のせいなのか、高島屋さんの人出は通常の半分以下

お店のスタッフも日替わりで応援

お店のスタッフさんも、日替わりで応援に行ってます

新型コロナ、まん防で、高島屋さんの人でも少なく、イートインもかなりゆっくりした状態

逆に、通常だと混雑するお昼時も、ゆっくりと落ち着いて召し上がっていただけます

難波で「お昼ご飯どうしよう?」と思ったら、スタッフさんの顔を見がてら、高島屋さん地下1階のイートインをのぞいてね

2月1日までやってます!!

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

たこ梅の関東煮(おでん)は通販できるんやで

緊急事態宣言から3週間、たまには、息抜きも必要かもしれません

新型コロナウイルスによる緊急事態宣言から、3週間が経過しましたね 「緊急事態宣言」を告げる安

記事を読む

季節の関東煮(おでん)「四方竹」がお取り寄せできます

今だけの「四方竹」関東煮(おでん)、お取り寄せもできます!

日本一古いおでん屋「たこ梅」の 雑用係 兼 五代目店主 てっちゃんです 日本では、四季があり、

記事を読む

届いたばかりの旬の蕗(ふき)

蕗(ふき)の関東煮・おでんの仕込みで、一本一本、丁寧に皮とスジをとってます!

春になると、あの鮮烈な香りがたまらないアノ野菜がでてきますよね! そう、蕗(ふき)です やっぱり

記事を読む

レタスとキャベツを植えたので防虫ネットかぶせます

ひとり野菜部~キャベツとレタスの苗を定植し防虫ネットをかけました~

春は、野菜の種まきや苗を定植する絶好の時期です 通常でしたら、たこ梅のスタッフさんと一緒に自然農法

記事を読む

大阪府の解除基準を発表する吉村府知事

緊急事態制限解除の大阪府基準が示されましたね!

新型コロナの緊急事態宣言、5月末まで1ヶ月延長が安倍首相から発表されました 緊急事態宣言延長

記事を読む

大釜に真蛸をいれ、170年以上継ぎ足し使い続ける秘伝のタレでたき上げます

一年最後の仕事、迎春用「たこ甘露煮」を徹夜でたきあげる!

日本一古いおでん屋「たこ梅」の12月30日は、毎年、私の一年最後の仕事が待っています それは、

記事を読む

太く成長したネギを収穫する道頓堀 たこ梅本店 和田店長

11月の野菜部(前編)~1年半、放し飼いにしたネギを収穫~

奈良の山添村というところで、スタッフさんと一緒にちいさな自然農法の畑をやっています たこ梅は、日本

記事を読む

たかばっち(髙羽さん)が鍋番に立ってます

タカバッチ(髙羽さん)、鍋番に立つ!

たこ梅に入社して1年あまり、、、 だけど、「あまり」の部分は、入社してスグ膝の故障で戦線離脱、、、

記事を読む

店主も店長も知らない関東煮(かんとだき/おでん)「鶏肉とブロッコリーのチーズ串」

店主も店長も知らない関東煮・おでん!また、でた!!「鶏肉とブロッコリーのチーズ串」だそうです、、、

世の中には、知らない世界、、、があるといいます、、、 でも、たこ梅には、五代目店主(てっちゃん)の

記事を読む

「子持ち烏賊(こもちいか)」の関東煮(かんとだき/おでん)

夏だけでゴメン、、、ぷちぷち卵たっぷりの「子持ち烏賊(いか)」の関東煮(かんとだき/おでん)、始まりました!

いよいよ、始まりました!! お客さまに「そろそろ?」って聞かれてたアノ関東煮(かんとだき/おでん)

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

21人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?










PAGE TOP ↑