*

組織開発や人材育成に読んでおくといい成人発達理論の本は?と尋ねられたので、、、

絶版になっていたケン・ウィルバーの「万物の理論 / A THEORY OF EVERYTHING」が、JMAM(日本能率協会マネジメントセンター)さんから翻訳も新しくなって「インテグラル理論」として6月に新たに出版されました

「インテグラル理論(A THEORY OF EVERYTHING)」の旧版と新版(ケン・ウィルバー 著)

「インテグラル理論(A THEORY OF EVERYTHING)」の旧版と新版(ケン・ウィルバー 著)

そして、先日、このインテグラル理論のアクティブ・ブック・ダイアローグがあって私も学びを深めたいと思って行ってきました

「インテグラル理論」のABDのとき尋ねられたこと

その時、友人のひとりが参加していました
その友人は、昨年、長年勤めた会社を退職されその時の経験や学んできたことなども活かして、組織開発や人材育成など企業や社員さんの成長や発達の支援に関わる仕事をしてます
いろいろ学ばれていますが、成人発達理論が自分が今やっている仕事にも役立つのではないかと思って今回も参加されたみたいでした

そして、私が学習する組織を創ろうとずっと取り組んでいることも知っています

売上推移とテクノロジーの関係

学習する組織に向けて活用する3種類のテクノロジーと成人発達理論の勉強

それで、こんなことを尋ねられたのです

それは、、、

(成人の)発達理論を勉強しようと思ったら、どんな本を読んだらいい?おすすめを教えて!

実は、こういう質問は、これまでもときどきされたことがあります
だったら、ブログに私のオススメの本とその理由を書いておいて、そちらを見てもらうようにしたらいいんじゃないか?と思ったのです

で、このブログに私がおすすめする成人発達理論の本をまとめて紹介することにしました

成人発達理論を学ぶことになった理由

ただ、前提として、つぎのことがあります
わたしは、リーマンショックがきっかけで、それまでの私が知っていて活用していたマーケティングでは上手く行かない世の中になったと感じました
それで、あらたな手法をさがす(当時は手法ややり方を探していたのです)中で、出会ったのがピーター・センゲが提唱する「学習する組織」という考え方でした

学習する組織入門、学習する組織、マンガでやさしくわかる学習する組織

学習する組織入門、学習する組織、マンガでやさしくわかる学習する組織

それに取り組む中で、3年前、成人発達理論の大家のひとりビル・トルバート博士の「行動探求(Action Inquiry)」が学習する組織を創る早道であると知りました

行動探求のワークショップ資料と書籍です

行動探求のワークショップ資料と書籍

それで、行動探求という本を読むと同時に佐島マリーナで開催されたビル・トルバート博士のワークショップにも参加しました

アクション・インクワイアリーのワークショップでの一コマ

アクション・インクワイアリーのワークショップ

3年前のビル・トルバート博士のワークショップの話はコチラ
→ ビル・トルバート博士の行動探求(Action Inquiry)ワークショップに行って来ました!

そのとき、初めて成人発達理論を知り、さらに、これまで学んで学習する組織を創るために使ってきたコーチングやその他のものが、発達理論の側面から説明できることに気づき、成発達理論にも取り組むようになりました

てっちゃんがオススメする成人発達理論の本

こういう経緯があって、今の私は、学習する組織をつくるということは、社員さんひとりひとりの成長と発達が生じ、これが組織の文化を成長発達させ、また、組織が成長発達するとそこに属する社員さんは成長と発達が促されるという相互作用的な個人と組織が発達が起こるというように理解しているのです

こういったことを踏まえて私が、組織に属する人の成長発達をサポートしよう!見守ろう!と思う方に役に立つと思う本をご紹介します

「なぜ部下とうまくいかないのか」(加藤洋平 著)

一番最初にオススメしたいのが「なぜ部下とうまくいかないのか」(加藤洋平 著)です
成人発達理論が、部下の育成に悩む上司の葛藤とかかわりが物語で読めると同時に、適宜、発達段階の特徴や解説が入り、成人の5つの発達段階もまとめられていて、読みやすくて分かりやすいと思います

なぜ部下とうまくいかないのか(加藤洋平 著) なぜ人と部下は変われないのか(ロバート・キーガン著)

なぜ部下とうまくいかないのか(加藤洋平 著)
なぜ人と部下は変われないのか(ロバート・キーガン著)

この本を読んだとき、書籍に登場する成人の5つの発達段階とか、発達理論の用語を簡単にまとめておいたのでよかったら参考にどうぞ!
→ 成人の発達理論を知りたい!「なぜ部下とうまくいかないのか」(加藤洋平 著)を読みました!

その上で、次の3冊が参考になると思います

その3冊とは
「成人発達理論による能力の成長」(加藤洋平 著)
「なぜ弱さを見せあえる組織が強いのか」(ロバート・キーガン、リサ・ラスコウ・レイヒー 著)
「ティール組織」(フレデリック・ラルー 著)
です

「成人発達理論による能力の成長」(加藤洋平 著)

「成人発達理論による能力の成長」(加藤洋平 著)

「成人発達理論による能力の成長」(加藤洋平 著)

「成人発達理論による能力の成長」(加藤洋平 著)はカート・フィッシャーのダイナミックスキル理論を分かりやすく解説された本で、発達を支援するときに気をつけることや徴候がよくわかります

「なぜ弱さを見せあえる組織が強いのか」(ロバート・キーガン、リサ・ラスコウ・レイヒー 著)

「なぜ弱さを見せあえる組織が強いのか」(ロバート・キーガン、リサ・ラスコウ・レイヒー 著)は、組織において社員さんの成長発達を支援しようとする場合、自律的な組織を目指すことが多いと多いと思いますが、そういった組織は、どういう特徴があり、何があるとそれが可能になるのか?ということが事例を引きながら展開し説明されるので、組織の発達を目的や目標にされている方には必須の書籍化と思います

「なぜ弱さを見せあえる組織が強いのか」(ロバート・キーガン、リサ・ラスコウ・レイヒー 著)

「なぜ弱さを見せあえる組織が強いのか」(ロバート・キーガン、リサ・ラスコウ・レイヒー 著)

この本を読んだときに概要と気づいたことをまとめてあるのでよかったらコチラも参考に!
「なぜ弱さを見せあえる組織が強いのか」(ロバート・キーガン、リサ・ラスコウ・レイヒー 著)から気づいたことと決めたこと

「ティール組織」(フレデリック・ラルー 著)

昨年(2018年)、大変に話題になった本で「ティール組織」(フレデリック・ラルー 著)も欠かせない1冊です
ティール段階という高次の発達段階の組織のことがいろいろと書かれているのでですが、初めの方の章では、成人の発達段階のことが分かりやすくまとめられています

「ティール組織」(フレデリック・ラルー 著)

「ティール組織」(フレデリック・ラルー 著)

この成人の発達段階がある程度理解できないと、高次の発達段階の組織?っていわれてもチンプンカンプンになるので初めに説明されているのだろうと思いますが、これがわかりやすいのです
もちろん、主体であるティール組織に関する部分は、組織の成長発達、人材の育成成長発達と密接に関係するのでとても参考になるのは言うまでもありません

「インテグラル理論」(ケン・ウィルバー 著)

ティール組織を読まれた後で、先月発売になった「インテグラル理論」(ケン・ウィルバー 著)を読むと頭に入って気安いし、整理されるのではないかと思います

インテグラル理論(ケン・ウィルバー 著)

インテグラル理論(ケン・ウィルバー 著)

「行動探求」(ビル・トルバート 著)

そして、私が成人発達理論というものを知り、興味をもつきっかけになった「行動探求」(ビル・トルバート 著)もおすすめです

行動探求、自我の発達:包容力を増してゆく9つの段階

行動探求、自我の発達:包容力を増してゆく9つの段階

実際、われわれの店では、この中で紹介されている「学習経路の6グリッド(難しい会話のマトリックス)」というのを活用していて、とても有効性を感じています

難しい会話のマトリックスと1次ループ、2次ループの学習

難しい会話のマトリックスと1次ループ、2次ループの学習

「自我の発達:包容力を増してゆく9つの段階」(スザンヌ・クック・グロイター)

「行動探求」と同時に、「自我の発達:包容力を増してゆく9つの段階」(スザンヌ・クック・グロイター)を読むと発達段階の特徴がより深く理解されます
私の感想ですが、初め、行動探求を読んだ時にそこに紹介されているいくつかの発達段階における特徴が掴みきれませんでした
そのひとつの理由に、そこでの訳の中で日本語的にイメージが湧きにくかったものがあるのです
それが、「自我の発達:包容力を増してゆく9つの段階」を読んだ時、「あぁー、そういうことか!」って理解できました
行動探求では、その発達段階を測定するのにスザンヌ・クック・グロイターの「文章完成テスト」を使っていることもあるし、ともに研究や探求している部分も多いと聞くので、そのこともあって相性がとりわけいいのではないかと思います

さて、この「自我の発達:包容力を増してゆく9つの段階」は書籍ではなく論文の翻訳で、インテグラル理論の翻訳者である門林奨さんのサイトからダウンロードできます
→ スザンヌ・クック=グロイターの自我発達理論(論文全訳)

「発達理論の学び舎」(加藤洋平さんのサイト)

それから、先に紹介した2冊(なぜ部下とうまくいかないのか、成人発達理論による能力の成長)の著者である加藤洋平さんのサイトには、発達理論を学べるビデオ教材があります

私もこちらにあるいくつかのビデオ教材で学びましたが、ビデオとテキスト(PDFファイル)が揃っていてわかりやすいのでおすすめです

「発達理論実践講座」と「発達段階測定講座」

「発達理論実践講座」と「発達段階測定講座」

ちなみに、私は、「発達理論実践講座」と「発達段階測定講座」をビデオ教材で観て、「成人発達理論による能力の成長」出版記念ゼミナールをオンラインでリアルタイム受講しました

興味がある方は、加藤洋平さんの「発達の学び舎」サイトをご覧下さいね
「発達の学び舎」ビデオ教材

「組織は変われるか」(加藤雅則 著)

最後に紹介する本は、発達理論の本ではありません
組織開発に関係する「組織は変われるか ~経営トップから始まる『組織開発』~」(加藤雅則 著)です

組織は変われるか(加藤雅則 著)

組織は変われるか(加藤雅則 著)

この本では、著者が数多くの現場で組織開発に関わり、上手く行く事もあればいかないこともある中で、何がその違いをつくっているのか?を問い続け、見出した、実際の現場で組織開発(言い方を変えると個人と組織の発達と言っていいと思います)をするとき、
・何が大切なのか?
・何に注意しないといけないのか?
・何が組織開発の成否を分けるポイントなのか?
などが生々しく書かれています

私のこのブログ記事をここまで読まれた方は、おそらく、コンサルタントやファシリテーター、あるいは、経営者、社内で組織を変えたいと思っている役員さん、部長さん、または一般の社員さんだと思います
どの立場であっても、この加藤雅則さんの「組織は変われるか」を読むことで、今の自分の立ち位置からすると、対象とする組織開発をするに当たって、その時期なのか?何が必要か?などが見えてくると思います

ですので、発達理論関係の本の最後に、この「組織は変われるか」をご紹介したかったのです

最後に

また、今日も、長めのブログ(原稿用紙で10枚分くらい)になってますが、最後まで読んでいただきありがとうございます
今回は、私が読んだ発達理論関係の書籍の中で、自社で「学習する組織をつくる!」という点にフォーカスしたとき、今の私が10年前の私にすすめるに違いない本をご紹介しました

これ以外にも読んだ方がいいとか、役たつ書籍はいろいろあります
それらの本については、また、機会があれば、どういう視点や立場からすすめるのかも明らかにしながらご紹介したいと思います

成人の発達理論に興味をもたれたら、今日ご紹介した本の中から、まず、一冊を手にとって読み始めて下さいね

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

会話のふりかえりシートと難しい会話のマトリックス

スタッフさんとの行動探求で、最近、よく登場するのがシステム思考の氷山モデルです

毎月、月の前半は、ほとんど毎日のようにスタッフさんと、スタッフさんが上手く行かなかった相手との会話を

記事を読む

「フロー経営の奇跡 名経営者に育った平凡な主婦の物語」(原作 天外伺朗・作画 小川健一)

「フロー経営の奇跡 名経営者に育った平凡な主婦の物語」購入!読んでみました!!

最近、ちょくちょく、マンガ本、コミックを買います といっても、通常の書籍をマンガ、コミック化した本

記事を読む

たこ梅 北店の前保さんと行動探究セッション

令和2年の初行動探究セッションはスタッフさん8人と

今年の4月で丸三年続けたことになります そう、たこ梅のスタッフさんとの行動探求セッションです

記事を読む

新人の田口さんに行動探求のレクチャー

新人さんに行動探求(アクション・インクワイアリー)のレクチャーです!

2008年のリーマンショックを機に、従来のマーケティング理論では上手く行かない、、、と気づきました

記事を読む

発想法、続・発想法、まんがでわかる発想法(川喜多二郎 著・原作)

川喜多二郎博士の「発想法」を読むことにしました!

もう、9年前になりますが、たこ梅で会議ファシリテーションを導入した時、その研修の中で、意見のまとめ方

記事を読む

スタッフさんとの面談時に氷山モデルを使ったときのメモ

面談で「パターン」や「構造」の話が出るたび、システム思考の氷山モデルが登場します

毎月1回、お店のスタッフさんと面談やコーチングをします 最近は、ちょくちょく、その中で、氷山が登場

記事を読む

評価者のブレが無いように評価を全員で見ていきます

正社員さんの人事評価の評価者会議です!評価を決めるのが一番の目的はなく、、、

先週は、各店から店長さん、担当者があつまって、半期に一度の評価者会議でした 今回は、正社員さんが対

記事を読む

3月の現場会議

3月の現場会議~酒蔵探訪のふりかえりから次ぎに向けて~

この前、3月の現場会議をやっていました 優勝チーム&レジェンド平野を囲む北店参加メンバーさん

記事を読む

直山さんと行動探求(Action Inquiry)のミニ講座スタートです!

ホールのパートスタッフさんへの行動探求ミニセミナーがスタート!

平成20年9月のリーマンショックをきっかけに、それまでのマーケティングではうまくいかない、、、 そ

記事を読む

dancyu「続・日本酒。」「本格焼酎。」

参考図書「続・日本酒。」「本格焼酎。」をたこ梅文庫に収蔵!!

本屋をぶらぶら覗くと、面白そうな本が、、、 ダンチュー(danchu)のお酒と焼酎の特集をまとめた

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

18人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑