*

7月の季節のお酒は「中取り」の 純米酒「透SUKI」!で、中取りっていうのは、、、

公開日: 酒・ビール・飲み物, 季節・旬

日本酒(清酒)って、醸造されたもろみを搾って、お酒と酒粕にわけられ、お酒の部分だけが清酒として出荷されます
って、まぁ、当たり前っちゃーあたり前ですね

お酒は3段階で搾ります

ところで、このお酒を「搾る」ところですが、お酒は3段階に分けて搾られます

搾り初めに出てくるお酒は「あらばしり」と呼ばれます
わずかににごりがあって、最初のお酒なので少し荒削りな面があります
ただ、これがクセになる!という方もいらっしゃいます

次ぎに出てくるのが、澄んだきれいなお酒で「中取り」(別名:中汲み)といわれます
そのお酒のもっとも美味しい部分といって差し支えないかと思います
実際、鑑評会などには、この「中取り」が出品されます

最後になるのが、圧をかけて搾りきるお酒「せめ」(責めどり)になります
あらばしり、中取りに比べて辛口になる傾向があります
また、一般的にアルコール度数も、「あらばしり<中取り<せめ」となり度数でいうと0.5違う場合もあります

ところで、実際に出荷されるお酒は、これらの「あらばしり」「中取り」「せめ」を全部均等に混ぜたものとなっています

一番うまい「中取り」だけのお酒

たこ梅では、月がわりで「季節のお酒」をお出ししています
たとえば、先月、6月は、酒米の王者「山田錦」の孫「夢錦」をつかった純米酒を期間限定でお出ししました

「兵庫夢錦」の黒松白鹿特別純米酒の分店のお知らせ

「兵庫夢錦」の黒松白鹿特別純米酒の分店のお知らせ(先月6月の季節のお酒)

その時のブログ記事はコチラ!
「兵庫夢錦」の黒松白鹿特別純米酒(限定酒)を6月だけやりますよ!

そして、今月も、7月だけの季節のお酒をお出しします

それは、、、

お酒を搾るときに一番美味しいところ「中取り」(中汲み)だけを横取り(?)した純米酒「透SUKI」です

中取り 純米 透SUKI

中取り 純米 SUKI透き(今月7月の季節のお酒)

今週からお出ししていますが、今月下旬まで、あと2週間くらいはお出しできそうです

中取りの澄み切った美味しいとこ取りのお酒「中取り純米 SUKI透」をお店で飲んでみてね!

「飲んでみたい!」と思ったら、お店で、「中取り!」って注文して下さい

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

赤い貝割れ菜の関東煮(かんとだき/おでん)

店主の知らない関東煮・おでん!「赤い貝割れ菜」編

世の中には、知らない世界、、、があるといいます、、、 でも、たこ梅には、五代目店主(てっちゃん)の

記事を読む

「初しぼり」(画像は、昨年のものです)

新年最初の蔵で搾った原酒「初しぼり」が約1週間の限定で始まります!

新年の最初に蔵を開く日、つまり、今年、最初に搾ったお酒があります たった1日しか搾れないお酒、、、

記事を読む

あいす酒(ICE酒)のお知らせです

愛す酒?アイス酒?ICE酒?あったかいのか、冷たいのか???

いやぁ~、梅雨、まっただ中ですね、、、 大阪は、いま、蒸し暑い、、、 たこ梅の各店は、ホワイティ

記事を読む

「松茸(まつたけ)」の関東煮(かんとだき/おでん)です

秋の味覚の王者「松茸(まつたけ)」の関東煮(かんとだき/おでん)、始まりましたーーーー!

9月に入った大阪!! あ、日本全国、いや、世界中が9月ですね(笑) 今年も、秋の味覚の王者の

記事を読む

ぼたんカキが半額?ウソー! いや、ホンマです

「牡丹かき」の関東煮(かんとだき/おでん)、半額でご奉仕ですよ!

それも、大人気のヤツが、、、 「牡丹牡蛎(ぼたんかき)」は、まるで牡丹の華のように大粒! それで

記事を読む

「鯨ハリハリ袋」の関東煮(かんとだき/おでん)

昨年も1ヶ月たらずで売切れ、、、「鯨ハリハリ袋」の関東煮(かんとだき/おでん)始めます!

今年も、今日から始めますよ!! 昨年も1ヶ月たらずで売り切れちゃったアレ!です さえずり®、コロ

記事を読む

「ねぎま」の関東煮(かんとだき/おでん)

えろー、遅なってスンマヘン、、、やっと始まりました!「ねぎま」の関東煮(かんとだき/おでん)が!!

9月も中旬頃になると、常連さんから、聞かれるんです 「まだか?」「今年、おそいんとちゃうか?」

記事を読む

2019年の新酒の酒粕です

搾りたて「新酒の酒粕」のプレゼント、今日からです!

今年も、届きました!! 今年の「新酒の酒粕」[/caption] そう、新酒の酒粕です

記事を読む

「松茸(まつたけ)」の関東煮(かんとだき/おでん)です

今年も始まりましたよ!「松茸(まつたけ)」の関東煮(かんとだき/おでん)が、、、

この数日、ちょっと、風も秋めいてきて涼しくなってきたように思います たこ梅の関東煮鍋も、昨日から、

記事を読む

アサヒビールさんが事務所においで下さいました

年末にアサヒビールさんが訪ねてきて下さいました!

年末の忙しい中、アサヒビールさんが、事務所を訪ねてくださいました たこ梅の担当支店の西村支店長

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

19人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?










PAGE TOP ↑