*

「牡丹牡蠣(ぼたんかき)」の関東煮(かんとだき/おでん)、やっと、始まりました!

公開日: 関東煮・おでん, 季節・旬

常連さまから、
「なぁ、年超してまうで、、、まだ?」
「冬おわってまうで?いつからやんの?」
って、12月にはいっていわれつづけた関東煮(かんとだき/おでん)が、いよいよ始まりました!

「牡丹牡蠣(ぼたんかき)の関東煮(かんとだき/おでん)」が始まりました!

お客さまが、せっつかれるほど心待ちにされている冬だけの関東煮(かんとだき/おでん)、、、
それが、牡丹牡蠣(ぼたんかき)の関東煮(かんとだき/おでん)です
普通のカキよりも、その実が大きい!
そんな、牡丹の華のように大きい、大粒ってことで牡丹牡蠣(ぼたんかき)と呼ばれるカキだけを厳選しています

牡丹牡蠣(ぼたんかき)の関東煮(かんとだき/おでん)

牡丹牡蠣(ぼたんかき)の関東煮(かんとだき/おでん)

ところで、なんでまた、そんなに心待ちにされるお客さまが多いのか!

それは、、、
大粒のカキだけをとにかく厳選!
だから、牡丹牡蠣をお口ほうりこみ、噛んだ瞬間にカキのジュースが口中にひろがる、、、
この味わいが「たまらない!」「くせになる!」から!

写真のカキは、1串に3粒さしてあります
このカキは、一般的にいって、十分に大きいカキです
でも、これでも、牡丹牡蠣とよばれるには、ごく普通サイズです
さらに大粒のものもあるし、関東煮(かんとだき/おでん)にも登場します
そのクラスになると、1串に2粒さすと、もう串にいっぱいいっぱいの状態です
というか、三粒はさせません!(笑)

そういう本当に大粒のカキを厳選して、関東煮(かんとだき/おでん)に仕上げているのが、お客さまに人気の秘密かもしれませんね

牡丹牡蛎の関東煮(かんとだき/おでん)を食べて、お口の中で、熱々の海のミルク!カキのエキス!が広がる味わいは、まさに、、、
「あぁ~、シ・ア・ワ・セ・ェ~!!」になっちゃいますよ!(^^)

今日も、お店のスタッフさんが、がんばって牡丹牡蠣(ぼたんたき)を仕込んでくれますよ!
今夜も、ホンマに旨い!牡丹牡蠣(ぼたんカキ)の関東煮(かんとだき/おでん)を楽しんでもなわないとね!!

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』五代目 てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

聖護院大根の関東煮(かんとだき/おでん)

「ダシそのものを食うてるみたいや!」って声がもれた『聖護院大根』の関東煮(かんとだき/おでん)はじまりましたよ!

「いつから?」「まだ?」「そろそろちゃうん?」、、、 12月にはいって、お客さまに、催促され続けた

記事を読む

店主も店長も知らない関東煮(かんとだき/おでん)「レタス」

店主も店長も知らない関東煮・おでん!「ペロコス」「レタス」登場です

世の中には、知らない世界、、、があるといいます、、、 でも、たこ梅には、五代目店主(てっちゃん)の

記事を読む

関東煮(かんとだき/おでん)の鯨のスジです

関東煮・おでんの人気の「スジ」!たこ梅は、牛でも豚でもありません!実は、、、

2,3日前から、いきなり寒くなりましたね! というか、この気温が普通なんでしょうが、今年は、ずーー

記事を読む

鯨の舌から赤身の部分を取り除いていきます

鯨の生の舌から、さえずり®を仕込んでいきます!

たこ梅が創業したのが、私の4代前の曾々祖父 岡田梅次郎です 弘化元年、1844年ですので、いまから

記事を読む

六文銭の関東煮(かんとだき/おでん)「真田丸」です

店主の知らない関東煮・おでん!「真田丸(さなだまる)」編!

世の中には、知らない世界、、、があるといいます、、、 でも、たこ梅には、五代目店主(てっちゃん)の

記事を読む

ホワイティうめだの表紙です

ホワイティうめだの表紙を飾る男!ポスターにもなってるらしい、、、

ホワイティうめだというと、一日60万人が通ると言われる日本一忙しい地下街、、、 そのホワイティうめ

記事を読む

店主の知らない関東煮(かんとだき/おでん)「とうもろこし」

店主の知らない関東煮・おでん!「トウモロコシ」編!

世の中には、知らない世界、、、があるといいます、、、 でも、たこ梅には、五代目店主(てっちゃん)の

記事を読む

仕込み時間に見かけたトウモロコシ

店主の知らない関東煮・おでん!まさかの「トウモロコシ」!?

世の中には、知らない世界、、、があるといいます、、、 でも、たこ梅には、五代目店主(てっちゃん)の

記事を読む

「ねぎま」の関東煮(かんとだき/おでん)

えろー、遅なってスンマヘン、、、やっと始まりました!「ねぎま」の関東煮(かんとだき/おでん)が!!

9月も中旬頃になると、常連さんから、聞かれるんです 「まだか?」「今年、おそいんとちゃうか?」

記事を読む

うずら卵のはいった小桜を試食です

桜?春の関東煮(かんとだき/おでん)準備中!お店でお花見!???

明日は、3月3日、桃の節句ですね ただ、お店では、もう、桜です! って、早咲きの川津桜、、、とか

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

10人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑