*

40歳以上には懐かしい不二家ネクター!それを大人の飲み物酎ハイに、、、

今から40年くらい前、、、
っていうと、私が子どもの頃なんですが、思い返すと懐かしい飲み物があります
先頭に行った時、飲むのが楽しみだったプラッシー、、、

40年前、お小遣いの入った日に飲めた「不二家ネクター」

そんな今思うと、懐かしい飲み物が他にもあります
子どもには、ちょっとだけ高価、、、
お小遣いの入った日に、百円玉をにぎりしめて、自販機に向かう

不二家ネクター

不二家ネクター

そこにあったのは、濃厚で、ねっとりと甘ぁ~い!缶ジュース
それが、不二家ネクターでした

子どもの頃の懐かしい味ネクターを大人の飲み物「ネクター酎ハイ」に

新梅田食道街にある たこ梅 分店のスタッフさんが、
「子どもん時の味『ネクター』を店で出したら、40歳以上のお客さん、懐かしぃーて、喜んでくれはんのんちゃうやろか?」
って思って、「そや!酎ハイにしたら?」ってやってみたそうです
そしたら、「これ、うまいわぁ~!!」となったんだとか、、、

そう!「ネクター酎ハイ」が誕生した瞬間です

子どもの頃の味が大人の飲み物になった「ネクター酎ハイ」

子どもの頃の味が大人の飲み物になった「ネクター酎ハイ」

そして、これを6月からの期間限定でスタート!
「6月いっぱいはやります!!」って、たこ梅 分店のスタッフさんが言ってたので、「ネクターかぁ~、懐かしいなぁ、、、」って思った方は、今月(6月)中に、新梅田食道街の たこ梅 分店の暖簾をくぐって下さいね

お小遣いを握りしめて自販機に向かった不二家ネクター

お小遣いを握りしめて自販機に向かった不二家ネクター

ネクター酎ハイをお知らせするカウンターにおいてあるシート

ネクター酎ハイをお知らせするカウンターにおいてあるシート

たこ梅 分店のカウンター、壁には、ネクター酎ハイのことを知っていただくためのお知らせが貼ってあったりおいてあったりします
そりゃ、そうですよね!
ネクター酎ハイって、たこ梅 分店で誕生したので、だれも、どなたも、「ある」ことをご存じありませんからね
しっかり、お客さまにお知らせして、懐かしい、子どもの頃の味を大人の飲み物として楽しんでいただきたいですから!!(^o^)v

子どもの頃の懐かしい味が大人の飲み物となった「ネクター酎ハイ」、6月の期間限定で、新梅田食道街 たこ梅 分店だけでお出ししています
お店に寄ったら、「ネクター酎ハイ!」って、スタッフさんに注文の声を掛けて下さいね
懐かしい味が、目の前にやってきますよ!(^o^)

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

アサヒビールの歴史を学んでいます

お客さまと行く!ビール工場見学「ホンマに旨い『生』を見つけ隊」に行ってきました!!(前編)

昨年8月、初めて、お客さまと一緒に、「ホンマに旨い『生』を知り隊」でアサヒビールさんの吹田工場へ見学

記事を読む

「しろ菜」の関東煮(かんとだき/おでん)

夏限定の関東煮(かんとだき/おでん)「しろ菜」始まりました!!

あのーーー、「しろ菜」っていう葉もの野菜、きいたことあります? 漢字で書くと、「白菜」です でも

記事を読む

マスクしてても顔が分かるように、名札に「顔」つけました!

マスクをしていても「顔」が見えると安心ですよね!

新型コロナの感染対策で、お店のスタッフさんは、マスクを着用しています 感染を防ぐという意味では、安

記事を読む

「子持ち烏賊(こもちいか)」の関東煮(かんとだき/おでん)

夏だけ!卵たっぷりの「子持ち烏賊」の関東煮(かんとだき/おでん)始まりました!

今週から始まりましたよ!! 卵たっぷりのアレが!! 毎年、6月も中旬頃になると、「そろそろ、ちゃ

記事を読む

「菜の花」の関東煮(かんとだき/おでん)

『菜の花』の関東煮(かんとだき/おでん)の季節ですね

最近、よく雨が降りますよね 昨日も雨だったし、、、 今、菜種梅雨(なたねづゆ)の時期、つまり、「

記事を読む

8月に向けてナイショの打合せ

8月に向けて、ナイショの打合せです

例年、7月には、「エンジェルリング7つの約束」を守って、美味しい生ビールをいれ、、、 エ

記事を読む

純米吟醸 生酒「生なま」

12月の月がわりの酒は、純米吟醸 生酒「生なま」です

日本一古いおでん屋「たこ梅」の 雑用係 兼 五代目店主 てっちゃんです 「月がわりの酒」を始めた理

記事を読む

「里芋(さといも)」の関東煮(かんとだき/おでん)

「里芋(さといも)」の関東煮(かんとだき/おでん)、始まりました!!

鍋にコイツがいないと、ちょっと、さみしい、、、 そんな関東煮(かんとだき/おでん)が始まります

記事を読む

関東煮・おでんに使うジャガイモ「黄爵」

「やっぱ、このジャガイモやないとな、、、」と常連さまから言われる関東煮・おでんがあります

関東煮(かんとだき/おでん)のタネのひとつに「ジャガイモ」があります ジャガイモは季節で地域や品種

記事を読む

「長いトンネルをぬけたという感じですネ」がスタッフさんの実感

「長いトンネルをぬけたという感じですネ」がスタッフさんの実感

日本一古いおでん屋「たこ梅」の 雑用係 兼 五代目店主 てっちゃんです 長いトンネルをぬけたという

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

19人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?










PAGE TOP ↑