*

関東煮(かんとだき/おでん)のジャガイモといったらコレ!『とうや』がはじまりました!!

公開日: 関東煮・おでん, 季節・旬

関東煮(かんとだき/おでん)の定番のタネで、人気者が「ジャガイモ」です
ジャガイモっていうと、コロッケにするとホクホクで旨い男爵があるし、シチューにもいいメークインなんかもあります
最近では、かなり色が黄色っぽいインカの目覚めとかいうのも巷(ちまた)では人気らしい、、、

たこ梅では、季節によって、ジャガイモの品種をかえて使ってきた時代が長く続きました
でも、ある品種だけが、お客さま、特に常連さんからやたら人気があったんです

関東煮(かんとだき/おでん)のジャガイモはコレ!

常連さまに「やっぱ、このジャガイモやないとな、、、」っていわれるのが、こいつです!

関東煮・おでんに使うジャガイモ「黄爵」

関東煮・おでんに使うジャガイモ「黄爵」

その一番人気のジャガイモが、主に北海道で生産されているジャガイモで、いっぱん的な品種名は「とうや」というジャガイモです
私も、他のジャガイモと食べ比べてみましたが、この「とうや」、関東煮(かんとだき/おでん)にすると確かに旨い!!
常連さまほど、「やっぱ、このジャガイモやないとな、、、」ってなるんですね
中には、こいつじゃないと「食べない!」という常連さまもいらっしゃいます ^^;;;

それで、以前は、何種類ものジャガイモを季節季節で使っていたのですが、今では、「とうや」が入荷する間は、「とうや」をおだししています
ただ、春から今時分の2-3ヶ月だけでは、とうやが入荷しません
その間は、小粒の新ジャガを串に刺してお出ししています
これはこれで、とうやとは又ちがったアッサリ系で美味しくて人気です

ちなみに、以前、お店のスタッフさんの間で「黄爵」の読み方で「おうしゃく」と「こうしゃく」にわかれて論争が続いたことがあります(そんなん、どっちでも、ええのにね、、、)
それで、わたし、「調べるわ!」って言って、単純にJAきたみらいに電話して尋ねました
そしたら、あっさり「『こうしゃく』です」と教えてもらって一件落着!(笑)

「とうや」の関東煮(かんとだき/おでん)が旨い理由(わけ)は、、、

でも、なんで、この「とうや」の関東煮(かんとだき/おでん)の方が旨いのか?

関東煮(かんとだき/おでん)のジャガイモが「とうや」になりました!

関東煮(かんとだき/おでん)のジャガイモが「とうや」になりました!

ちょっと調べてみました!
なんで「とうや」を美味しく感じるのか?には、ジャガイモの性質と関西人の味覚にヒミツがあったんです!
それは、、、

【「とうや」の関東煮が旨い理由】
1)肉質が粘質
2)舌触りがなめらか
3)カロテン豊富で黄色いため食欲がそそられる
4)関西では、たいたとき粘質のジャガイモの好まれる

この1-3番は「とうや」の特性です
そして、4番は、関西人の味覚、食味の傾向が粘質のジャガイモが好まれるので、この「とうや」はうってつけなんです!

いまからの時期、たこ梅の関東煮(かんとだき/おでん)でおだししるジャガイモは、関西人好みの舌触りがなめらかで粘質でいろも黄色くてきれいな「とうや」です!!
しっかり、味もシュンだところ、食べてってね!!(^o^)
待ってまーーーーーーーす!!

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

「菜の花」の関東煮(かんとだき/おでん)

『菜の花』の関東煮(かんとだき/おでん)が始まったよ!!

この前、年があらたまったかと思ったら、もう、2月も後半戦に、、、 で、春! 、、、というと、

記事を読む

関東煮(かんとだき/おでん)の厚揚げを仕込み中

定番の人気者「厚あげ」の関東煮(かんとだき/おでん)の仕込みって、ちょっと、手間もかかるんですよ!

関東煮(かんとだき/おでん)といえば、定番、日本全国、どこでも入ってる!って言えるくらいポピュラーな

記事を読む

歴史が証明する、味わい深い名店へ 大阪老舗名店100

「歴史が証明する、味わい深い名店へ 大阪老舗名店100」の表紙に道頓堀 たこ梅本店が選ばれました!

今週くらいから、書店に並ぶそうです 「歴史が証明する、味わい深い名店へ 大阪老舗名店100」という

記事を読む

店主の知らない関東煮(かんとだき/おでん)「やんぐこーん」

店主の知らない関東煮・おでん「キングギドラ」!じゃなくて「ヤングコーン」編!

世の中には、知らない世界、、、があるといいます、、、 でも、たこ梅には、五代目店主(てっちゃん)の

記事を読む

左から、てっちゃん、長田さん、勝矢さん、山田さん

ワクワク系マーケティングのグランプリホルダー おさぴーが、道頓堀 たこ梅本店に来てくれました!

先日、すごい人が、道頓堀の たこ梅 本店に来て下さいました 小阪裕司先生が提唱される「ワクワク系マ

記事を読む

31年ぶりに商業捕鯨再開(時事通信より)

2019年7月1日、31年ぶりに商業捕鯨が再開されました!

2019年7月1日、たこ梅にとっても記念すべき日となりました それは、31年ぶりに商業捕鯨が再

記事を読む

ハイゴケの配偶体

山添村の春~灯台躑躅、カシの新芽、ハイゴケの配偶体、シロツメクサの花~

奈良の山添村にスタッフさんと自然農法の畑をやっています 毎月1回、一緒に畑作業に行くのですが、今は

記事を読む

「ねぎま」の関東煮(かんとだき/おでん)

人気の「ねぎま」の関東煮(かんとだき/おでん)も、そろそろ終わりが近づいてきました!

冬に人気の関東煮(かんとだき/おでん)のひとつに「ねぎま」があります 焼き鳥の「ねぎま」じゃありま

記事を読む

関東煮(かんとだき/おでん)12品&サエズリとコロが2串ずつはいった5670(コロナゼロ)セット

「5670(コロナゼロ)セット」が誕生します!

この前の現場会議の時、現在やるべき事の手順や限られた資源(コロナへの恐れからの買い占め等の影響)の中

記事を読む

赤い王冠とラベルの祝瓶ビール

お正月しか飲めない祝瓶ビール!普通のビールとの違い、ご存じですか?

お正月には、めでたいビールを飲んで欲しい! それで、お正月の期間は、祝瓶ビールを たこ梅 全店でご

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

16人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑