*

2月6日「林修のニッポンドリル」に 道頓堀 たこ梅本店が登場です

2月6日のオンエアされた「林修のニッポンドリル」の特集はお鍋です

林修のニッポンドリル(フジテレビ系列 水曜日 20:00~21:00)

林修のニッポンドリル(フジテレビ系列 水曜日 20:00~21:00)

日本人が一番愛するお鍋として「おでん」が取り上げられました

それで、道頓堀にある たこ梅本店も取り上げていただいたのです

道頓堀 たこ梅本店です

番組の中で、おでんの話になり、林修先生が「私のオススメおでんは大阪に!」と話し始められました

林修先生のオススメおでんは大阪にあるらしい

林修先生のオススメおでんは大阪にあるらしい

で、登場したのが、、、

道頓堀のたこ梅本店

道頓堀のたこ梅本店

道頓堀にある たこ梅本店です

店内にある昔ながらのコの字型のカウンター

店内にある昔ながらのコの字型のカウンター

店内の様子も映ってました
もちろん、和田店長も!

たこ梅の味の秘密

林修先生に強力におすすめいただいている たこ梅 ですが、その味、その美味しさの秘密にせまります

美味しさの秘密は出汁

美味しさの秘密は出汁

もちろん、「美味しさの秘密は出汁」であることにはまちがいないのですが、よそとは違って、あるものが入っているので、たこ梅独特の味わいになるのです

たこ梅では?で出汁をとっている

たこ梅では?で出汁をとっている

それは、、、

さえずり®はヒゲ鯨の舌

さえずり®はヒゲ鯨の舌

さえずり®、ヒゲ鯨の舌です

カツオ節でとった出汁とヒゲ鯨の舌「さえずり®」をたいたスープを合わせることで、独特の味わい、美味しさがうみだされるのです

「これが美味い!抜群に美味い!」と林修先生

「これが美味い!抜群に美味い!」と林修先生

林修先生にも「これが美味い!抜群に美味い!」と絶賛いただきました

さらに、、、

他では味わえない最高の味

他では味わえない最高の味

「他では味わえない最高の味」なんていわれちゃって、ありがとーございまーーーーーす!!

試食タイムです!

いよいよ、スタジオでタレントさんたちによる たこ梅の関東煮(かんとだき/おでん)の試食タイムです

スタジオで試食タイムです

スタジオで試食タイムです

試食のメインは、この3品です

大根の関東煮(かんとだき/おでん)

大根の関東煮(かんとだき/おでん)

ひとつは一番人気の大根!

さえずり®の関東煮(かんとだき/おでん)

さえずり®の関東煮(かんとだき/おでん)

たこ梅の創業からの関東煮(かんとだき/おでん)で看板の「さえずり®」です

そして、最後は、ちょっと変わり種で、、、

ワカメの関東煮(かんとだき/おでん)のお味は?

ワカメの関東煮(かんとだき/おでん)のお味は?

若布(わかめ)の関東煮(かんとだき/おでん)です

スタジオに登場したたこ梅の関東煮(かんとだき/おでん)

スタジオに登場したたこ梅の関東煮(かんとだき/おでん)

さて、試食の結果はいかに???

「さえずり®」の試食タイムです

女優の有村架純さんが、さえずり®の試食にチャレンジ!

女優の有村架純さん、鯨を食べるのも初めてらしいです

女優の有村架純さん、鯨を食べるのも初めてらしいです

有村さんは、鯨自体を食べたことがないそうですが、さえずり®を食べてみて、どんな感想が?

「初めての食感!」と喜んでいただきました

「初めての食感!」と喜んでいただきました

メッチャかわいらしい笑顔で「初めての食感!」と喜んでいただきました
「ビックリしますよね!これ!!」とも

さえずり®は鯨の臭いも全くなくて美味しかったそうです

さえずり®は鯨の臭いも全くなくて美味しかったそうです

いわゆる鯨の臭いもまったくない!と話されていましたが、たこ梅のさえずりは鯨の生の舌から自家製で仕込んでいるので、回転が早く、脂分の酸化が少ないのです
そして、下ダキからしっかりたき込むことで、鯨の臭いはなくなっているのです
それを感じ取っていただけて嬉しかったです!(^o^)v

「大根」の試食タイムです

次は、俳優の神木隆之介さんが大根を試食です

俳優の神木隆之介さんは大根です

俳優の神木隆之介さんは大根です

大根にかぶりついた次の瞬間、、、

俳優の神木隆之介さんは大根を食べたら突然笑顔に

俳優の神木隆之介さんは大根を食べたら突然笑顔に

なぜか、突然に笑顔になって、、、

俳優の神木隆之介さんには「これ大根ですか!」をいただきました

俳優の神木隆之介さんには「これ大根ですか!」をいただきました

口から出たコトバが「これ大根ですか!?」

そして、「すごく美味しいです!僕らがおもうそれよりも想像以上です!ホント美味しいです」
どうも、メッチャ美味しかったとおっしゃてるようです
神木さん、嬉しいコメントをありがとうございます

林修先生が大根が旨いわけを解説

林修先生が大根が旨いわけを解説

そこに、なぜ美味いか!を林修先生がすかさず解説されます

「鯨の横にいますからね!鯨の出すダシを全部受け止める!!」

変わり種「若布(わかめ)」の試食タイム

変わり種の関東煮(かんとだき/おでん)と紹介いただいた若布(わかめ)は、女優の中田喜子さんが試食されます

女優の中田喜子さんはワカメにチャレンジ

女優の中田喜子さんはワカメにチャレンジ

さて、どんな感想が、、、

女優の中田喜子さんの「美味しい~」いただきました

女優の中田喜子さんの「美味しい~」いただきました

「美味しい~」「すごい!」

おでんにワカメっていい!

おでんにワカメっていい!

そして、「おでんにワカメっていいですね!」「これシャキシャキしてます」
おでんに昆布(結ぶ昆布)がはいってるお店がちょくちょくありますよね
番組の中でも昆布のことにふれられていて「昆布はやわらかくなるけど、これはシャキシャキ」って話されていました

オマケ)たこ梅で昆布を使わない理由

たこ梅で昆布を使わない大きな理由は2つです
ひとつは、たこ梅では、コンビニのおでんにあるような湯煎方式ではなく、ぼこぼこ沸かすタイプ
そのため、昆布を長時間入れておくと泡をふいてしまいます
その点、ワカメはさっと出汁につけるだけで味を含んでくれるので大丈夫なのです

もうひとつの理由は、170年以上、日々、営業後にダシを濾して、また、翌日、カツオ節やさえずり®のスープを加えて継ぎ足して使い続けています
昆布がはいるとダシが傷みやすいので昔から、ダシはカツオ一本勝負なのです
そう、昔は冷蔵庫がなかったから、昆布のダシは傷みやすく使えなかった(それにたいたら泡ふきますし)のです
そのおかげで、カツオ節とさえずり®のダシに行き着いたのです

オンエアの動画はコチラです

こういった感じで、CMを除いて7分ほど、スタジオ収録も含め、たこ梅の関東煮(かんとだき/おでん)についてオンエアいただきました(てっちゃんの登場は数秒ですけど:笑)

で、実際のオンエア動画はコチラなので、よかったら見てね!

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

ニュースリアル2015年12月11日オンエア

テレビ大阪「ニュースリアル」で、道頓堀 たこ梅 本店が登場しました!

この前、道頓堀にある たこ梅 本店が、テレビ大阪「ニュースリアル」さんのテレビ取材をうけました

記事を読む

新しい提灯が届きました

お店用の新しい手描き&油引きした提灯が届きました!

よく飲み屋さんなんかの店頭に提灯がぶら下がってます たこ梅の各店の前にも提灯がぶら下がってます

記事を読む

「子持ち烏賊(イカ)」の関東煮(かんとだき/おでん)

夏だけ!卵たっぷり「子持ち烏賊」の関東煮(かんとだき/おでん)始めます

新型コロナの影響で4月から5月下旬まで休業していました、全店舗、再開しています ただ、お客さまもま

記事を読む

和田店長との面談です

店長さんとの面談で、不満をぶつけました!そしたら、、、

毎月、1回、店長さんと1時間の面談をしています 先週は、道頓堀にある たこ梅 本店の和田店長と面談

記事を読む

「ねぎとろ団子」の関東煮(かんとだき/おでん)

夏の関東煮(かんとだき/おでん)「ねぎとろ団子」も始まりました!

なんか、知らん間に春をすっ飛ばして夏になってきたのか、暑くなってきましたね 私も、5月下旬から、半

記事を読む

お客さま、スタッフさんの命と健康を守るために1ヶ月間休業します!

たこ梅の 雑用係 兼 五代目店主 てっちゃんこと岡田哲生です コロナウイルス感染防止のため休業しま

記事を読む

たこ梅の関東煮(おでん)は通販できるんやで

緊急事態宣言から3週間、たまには、息抜きも必要かもしれません

新型コロナウイルスによる緊急事態宣言から、3週間が経過しましたね 「緊急事態宣言」を告げる安

記事を読む

関東煮(かんとだき/おでん)総選挙2018冬をお知らせする本店のまっちゃん(松本さん)

「関東煮(おでん)総選挙2018冬」がスタートしました!!

2月19日(月)から、3月20日までの1ヶ月(30日)間、たこ梅の人気関東煮(かんとだき/おでん)を

記事を読む

「ねぎま」の関東煮(かんとだき/おでん)

えろー、遅なってスンマヘン、、、やっと始まりました!「ねぎま」の関東煮(かんとだき/おでん)が!!

9月も中旬頃になると、常連さんから、聞かれるんです 「まだか?」「今年、おそいんとちゃうか?」

記事を読む

「たこ梅が百年後も 『ある』ために」というテーマで話しています

あきない特訓道場の皆さんが、OB企業訪問で道頓堀 たこ梅本店に来てくれました!

今から7年前、2012年に、佐藤元相先生が主催されるランチェスター戦略をベースとした「あきない実践道

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

16人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑