*

最近、「クリーン・ランゲージ入門」という本を読み始めました

公開日: 気になる本, 面談・コーチング

以前に買ったけど読んでない本、、、
結構、あります、、、
そんな本の1冊をふと読み始めました

「クリーン・ランゲージ入門」を読み始めました

積ん読で永らく放置プレイだった本の1冊にがあります

「クリーンランゲージ入門」(ウェンディ・サリヴァン、ジュディ・リース著)

「クリーンランゲージ入門」
(ウェンディ・サリヴァン、ジュディ・リース著)

言葉というのは、基本は、考えたり誰かに話しかける時に使います
その言葉、ほとんど、何らかの前提がかかっていたり広い意味で比喩がつかわれていて、すでに「そのもの」以外の意味づけがなされています
つまり、普段の言葉は、話し手も意識していない前提や喩えが入っている
もし、それが、一切入っていないクリーンな言葉で、相手に問いかけたら何が起こるのか?
そういった、前提や比喩を一切廃した「クリーン」な言葉で相手に問いかけを行おうというコーチングスキルです

普段の言葉は、気づきませんが、ほとんど前提や比喩が使われています

普段の言葉、意識していないので気づくこともありませんが、ほんと、前提や比喩が、ありとあらえるところに使用されています

ちょっと、例をあげてみますね
ライブホール「Zeppなんば大阪」の最寄り駅のひとつである地下鉄大国町の駅には、コンサートの日には、こんな看板がでます

地下鉄大国町駅のお断り書き

地下鉄大国町駅のお断り書き

Zepp Nambaへ起こしのお客さまへ
当駅は券売機が2台しかないため、お帰りの際は大変混雑いたします。
先にお帰りの切符をお買い求めいただきますようお願いします。

コンサートの終わった後は、一斉に帰る人が来て、切符を買うだけで並んでお待たせしてしまう
だから、着いた時に帰りの切符も買っておいて下さいという駅員さんの親切な気持ちから、これが、貼り出してあるのだろうと思います

ただ、、、
「当駅は券売機が2台しかないため」ってありますよね
ここには、ある前提がかかっています
お気づきかもしれませんが、「2台しか」っていうことは、混雑するんだから、4台、5台あるいはもっとたくさん券売機があるべき、あるいは、あるとよかったんですけど、、、という前提がかかっています

前提をかけなければ、単に事実として「当駅は券売機が2台です」という表記になります
そして、

Zepp Nambaへ起こしのお客さまへ
当駅は券売機が2台です
お帰りの際は大変混雑しております。
混雑緩和のため、先にお帰りの切符をお買い求めください。
ご協力のほど、よろしく、お願い申し上げます。

くらいの表現になるかもしれません

比喩や前提をなくして問いかけるとどうなるのか?

比喩や前提をなくして問いかけるとどうなるのか?
本を読んでる途中なので、私なりの理解でお伝えします
ですので、「クリーン・ランゲージ」的には、ひょっとしたら、ちょっと違うとか、、、あるかもしれません
そのときは、ごめんなさい <(_ _)>

ですが、勇気をもって書いてみると、、、
この「クリーン・ランゲージ入門」という本を読んだ私の理解からすると、自分が物事を意識したり考えたりする時は、ひとは知らず知らずメタファー(隠喩)を使っています
そのメタファーを明らかにしていくことで、自分がどうやって考えているのかという「構造」を明らかにできます
また、そのメタファーが望む姿に向けて変わっていくと、現実の行動様式にも変容という影響をあたえることができる
そして、そのためには、話しかける側の前提や意図、意志、比喩で「汚染」されていなクリーンな言葉での質問を投げかけることが必要になります

今、3分の2くらい読んでいますが、なんとか、明後日までに読み終えよう!なんて思ってます
その理由なんですが、、、
このクリーンランゲージがスタッフさんとのコーチングや面談に使えそうな気がしています
そして、週末に「クリーン・ランゲージ入門セミナー」が大阪で開かれます
そう!その「クリーン・ランゲージ入門セミナー」の予習で、ちょっと、読んでおこう!って思ったんです

ってことで、あと3分の1、頑張って読みますね!!(^o^)v

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

「組織文化とリーダーシップ」エドガー・シャイン著

「組織文化とリーダーシップ」エドガー・シャイン著を読んで気づいたこと!

いくらお店のひとががんばっても、私が努力しても、自分たちの力ではなんともできないことがおこります

記事を読む

スタッフさんが、たこ梅文庫に寄贈してくれた本

スタッフさんが、たこ梅文庫に本を寄贈してくれました!

うちの事務所には、書架が数台並んでいて、現在、500-600冊くらいあります 「たこ梅文庫」

記事を読む

偉大な組織の最小抵抗経路(ロバート・フリッツ 著)

偉大な組織の最小抵抗経路(ロバート・フリッツ 著)をジュンク堂書店で買ってきました!

9月15日に発売となった「偉大な組織の最小抵抗経路」(ロバート・フリッツ 著)を本屋さんに買いに行っ

記事を読む

ダイアモンドメディア代表取締役社長 武井浩三さんと記念撮影

ティール組織を地で行く ダイアモンドメディア 武井浩三さんの講座に通ってます

不動産テック企業で、社長を投票で決めるとか、給与は全員に公開してみんなで決めるとか、変わった経営でテ

記事を読む

多比羅さんと一緒に考え、シナリオと仕組みを創っていきます

今回は、一緒に考え創っていくコーチングをやってみました!

昨日は、ホワイティうめだ(地下街)にある たこ梅 東店のスタッフ、多比羅さんとコーチングでした た

記事を読む

利益が見える戦略MQ会計(西順一郎 監修,宇野寛・米津晋次 著)

利益が見える戦略MQ会計(西順一郎 監修,宇野寛・米津晋次 著)を5冊購入!!

先週、道頓堀にある たこ梅本店の和田店長と5月の店長面談をやってました 5月の店長面談の和田

記事を読む

8月の店長面談です

8月の店長面談~店ごとの売上の違いをつくるものは何か?~

8月も下旬です 今月も各店の店長さんと順番に店長面談をやっています 店ごとの売上は違う 今年の

記事を読む

英治出版さんの本は17冊ありました!

英治出版さんが来てくれはりましたが、何冊くらい、英治出版さんの本があるのか調べてみました!

私、単なる読者です 作家でも、講演家でもありません ふつーの飲食店の経営者で、たこ梅の五代目店主

記事を読む

「自主経営組織のはじめ方」をティール組織のとこに並べます

英治出版さん「自主経営組織のはじめ方」をありがとうございます!読みます!

東京の恵比寿に英治出版さんという良書を出し続ける出版社があります たこ梅文庫の書架にも英治出版さん

記事を読む

サーバントであれ(ロバート・K・グリーンリーフ 著)

「サーバントであれ」(ロバート・K・グリーンリーフ著)を読んで感じたこと

リーマンショックを期に順調だった売上が下がり始め、下がりっぱなしに、、、 エライ目に遭うなぁ、、、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

19人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?










PAGE TOP ↑