*

9月の季節のお酒は「中取り」の 純米酒「透SUKI」飲みきりタイプです!中取りっていうのは、、、

公開日: 酒・ビール・飲み物, 季節・旬

日本酒(清酒)は、お米(酒米)と麹、水だけでつくられます
純米酒の場合です(純米酒以外は、アルコールやアミノ酸などが添加されています)
そして、お米(酒米)と麹、水を仕込んで醸造されたもろみができるとこれを搾って、お酒と酒粕にわけます
それから、お酒の部分だけが清酒として出荷されます

お酒は搾る順番で3つの名前があります

このお酒を「搾る」ときですが、その出てくる順番で3つの名前があります

搾り初めに出てくる1番目のお酒は「あらばしり」です
わずかににごりがあって、最初なので少し荒削りです
これがクセになる!という方もいらっしゃいます

その次ぎ、2番目に出てくるのが、一番澄んだきれいなお酒です
鑑評会などには、この「中取り」の部分が出品されます
それだけ、美味しい部分といえます
そして、その名前は「中取り」(別名:中汲み)です

最後となる3番目に出てくるのが、圧をかけて搾りきるお酒「せめ」(責めどり)になります
一般的に、あらばしり、中取りに比べて辛口になります
また、アルコール度数も「あらばしり<中取り<せめ」となる傾向にあり、度数でいうと0.5も違う場合もあります

ところで、実際に出荷される通常のお酒は、これらの「あらばしり」「中取り」「せめ」を全部均等に混ぜたものとなっています

一番うまい「中取り(中汲み)」だけの純米酒

たこ梅では、月がわりで「季節のお酒」をお出ししています

お酒を搾るときに一番美味しいところ「中取り」(中汲み)だけを横取り(?)した純米酒「透SUKI」です
7月にもお出しして好評でしたので、残暑の厳しい9月に楽しんでいただくことにしました

中取り 純米 SUKI透き(今月9月の季節のお酒)

中取り 純米 SUKI透き(今月9月の季節のお酒)今回は、300mlの飲みきりサイズでのご提供です

中取りの澄み切った美味しいとこ取りのお酒「中取り純米 SUKI透」をお店で飲んでみてね!

「飲んでみたい!」と思ったら、お店で、「SUKI(すき)」って注文して下さい

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

「ねぎとろ団子」の関東煮(かんとだき/おでん)

「ねぎとろ団子」の関東煮(かんとだき/おでん)も、始まったーーーーーっ!!

夏になると、やっぱり、生ビールや冷酒、焼酎の水割りなんぞにあう関東煮(かんとだき/おでん)が欲しなり

記事を読む

夏の部活「ビール工場見学」の下見に、スタッフさんが行ってきてくれました!

一昨年、昨年と、夏に、たこ梅FUN倶楽部員さんとアサヒビールさんの吹田工場にビール工場見学に行きまし

記事を読む

三が日の出勤にはご祝儀がでます

お正月の三が日は、ご祝儀です!

お正月くらい、だれしも、ゆっくりしたいもの、、、 でも、来て下さるお客さまがいらっしゃる! お正

記事を読む

「松茸(まつたけ)」の関東煮(かんとだき/おでん)です

松茸の関東煮(かんとだき/おでん)始まりました!

9月に入って超大型台風21号が来たり、北海道で地震があったり、、、 また、来たんです! あ、大丈

記事を読む

「ねぎま」の関東煮(かんとだき/おでん)

えろー、遅なってスンマヘン、、、やっと始まりました!「ねぎま」の関東煮(かんとだき/おでん)が!!

9月も中旬頃になると、常連さんから、聞かれるんです 「まだか?」「今年、おそいんとちゃうか?」

記事を読む

秋が旬の竹の子の関東煮(かんとだき/おでん)「四方竹」が、大人気です!!

おはようございます 竹の子、、、って聞くと、「春だなぁ~」って思いますよね 普通、そうです!

記事を読む

寒桜のつぼみがほころび始め、咲いているものも

桜も咲いた!道頓堀 たこ梅本店も、今日から、新年の営業スタートです!

今日、1月4日は、道頓堀 たこ梅本店の新年の営業初日です 道頓堀にある たこ梅 本店[/ca

記事を読む

土がついたままの淡竹(はちく)

破竹じゃないよ!「淡竹(はちく)」の関東煮(かんとだき/おでん)始めます

五月も下旬になると、夏日(25℃以上)が増えてきますね もう、夏が近い感じです だから、春の

記事を読む

1問正解毎に「うまい棒」をもらって笑顔です

お客さまと行く!ビール工場見学「ホンマに旨い『生』を見つけ隊」に行ってきました!!(後編)

昨年に続いて、今年もお客さまとビール工場見学「ホンマに旨い『生』を見つけ隊」に行ってきました 昨日

記事を読む

京の丸大根「聖護院大根」

聖護院大根の関東煮(かんとだき/おでん)が、始まりました!

お客さまから、「まだなん?」と、寒くなってくると聞かれる関東煮(かんとだき/おでん)があります お

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

15人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑