*

特別純米山田錦を詰めた樽酒、試飲しています!あかん、香りにやられて、飲み口にまたいかれる、、、

公開日: 酒・ビール・飲み物, 季節・旬

この5月、お店になぜか樽が置かれています

樽酒と升

樽酒と升

どの店にも、こんな風に、酒樽がドーーン!と置かれているのです
それも無地の酒樽が、、、

普通だったら、例えば、こんな風に、

白鹿さんの通常(でも要注文)の樽酒

白鹿さんの通常(でも要注文)の樽酒

ラベルや焼き印とか、樽にもなにかつけられています

でも、今、お店にある樽は、白木の杉樽なんです

酒蔵にもない樽酒をお店でお出ししています

というのも、、、

この樽酒、杉樽の中に「特別純米山田錦」という、まぁ、結構、上等のお酒が詰められています
蔵元の白鹿さんも、樽酒を販売されていますが、その中身は、いいお酒ではありますが本醸造酒(飲み口をスッキリさせるためなどの理由でわずかにアルコール添加をしているお酒)です

ところで、この5月は令和元年がスタート!というめでたい新元号の始まりの月です
そして、たこ梅は、175年前の弘化元年に始まりました
そこで、このめでたい令和の始まりに、「175年前に飲まれていたお酒を再現して出してみよう!」と思い立ちました

当時は、お酒というと純米酒です
というか、純米酒しかありません(笑)
そして、お酒は瓶ではなく、杉樽に詰めて運搬されています
ですので、「純米酒にほのかに杉の香りがついたお酒」が飲まれていたのです

特別純米山田錦と錫の上燗コップ、タンポ

特別純米山田錦と錫の上燗コップ、タンポ

それで、白鹿さんに、「特別純米山田錦という旨い純米酒の樽酒下さい!」(だってお酒は美味しいほうがいいでしょ?:笑)っていったら、「そんなん、造ってません」と言われちゃいました、、、

「なんとかならんの?」って(あんまりゴネたわけじゃない ^^;;;)お願いしたら、しばらくして、「なんとかできそうです」との返事が返ってきました

樽酒と檜枡

樽酒と檜枡

そして、特別純米山田錦という純米酒が詰められた樽酒が、この世に初めて誕生して、それが、たこ梅に届いたのです
だから、白鹿さんに行っても、どこの酒屋さんに行っても、この酒、手に入りません

特別純米山田錦の樽酒を試飲

ということは、だれも飲んだことがないお酒です
どんな味かもわからない、、、

特別純米山田錦の樽酒

特別純米山田錦の樽酒

そういうのを出すわけにいかないじゃないですか、、、(←ホンマか!?:笑)
で、仕方が無いので、まず、試飲して確かめます(←ホンマに試飲か?:笑)

樽酒を試飲してます

樽酒を試飲してます

升に入った樽酒を口元に運ぶと、まず、その香りにやられました、、、
杉の独特のさわやかな香りとお酒の芳香があわさって、「のみてーーーー!!!」って「アテなんかいらんから、とにかく飲みてーーーー!!!」って思ってしまいました

そして、一口飲むと、、、
ノドを通るときに、また、その香りと純米酒の芳醇な味わいにいかれてしまいます、、、

やばい、この酒、すぐ、2杯3杯いけてしまう
ってことで、ちゃんとレポートできるように(←ホンマ?)、もう1パイ試飲を、、、(←絶対のみたいだけやろ:笑)

ということで、特別純米山田錦という純米酒を詰めた樽酒を試飲しました
あとは、お客さまにご自身で飲んで、「特別純米山田錦の樽酒って、こんなんなんやーーーーーー!!」ってビックリ(*゚д゚*)してもらうだけです

この樽酒が気になったら、お店の暖簾をくぐって、店員さんに「樽酒ちょーだい!」って声をかけて下さいね

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

分店でも隊員さん同士が仲良く飲んではります

ビール工場見学が終わって、店に戻ってみると、、、

8月27日(土)に、お客さまと一緒にビール工場見学「ホンマに旨い『生』を見つけ隊」に行ってきました

記事を読む

隊員さんヘン顔記念撮影

大人の遠足!第二弾「ホンマに旨い『酒』を知り隊」で酒蔵見学に行ってきました!

昨年、8月、お客さまと一緒に吹田にあるアサヒビールの工場見学に行きました アサヒビール吹田工

記事を読む

「うーーん、搾りたて美味しい!」と笑顔に

冬の部活「酒蔵見学」、いや、「ホンマに旨い『酒』捜査班」の活動に、たこ梅FUN倶楽部の部員さんと行ってきました!(前編)

今年も行ってきました! たこ梅FUN倶楽部の部員さんたちと、西宮にある白鹿さんへ酒蔵見学へ

記事を読む

「松茸(まつたけ)」の関東煮(かんとだき/おでん)です

秋の味覚の王者「松茸(まつたけ)」の関東煮(かんとだき/おでん)、始まりましたーーーー!

9月に入った大阪!! あ、日本全国、いや、世界中が9月ですね(笑) 今年も、秋の味覚の王者の

記事を読む

「ホンマに旨い『生』を見つけ隊」のあとのスタッフのふりかえり会

スタッフさんと「ホンマに旨い『生』を見つけ隊」のふりかえり

研修をしたり、お客さまイベントをしたりすると、その後、かならず「ふりかえり」をすることにしています

記事を読む

寒桜のつぼみがほころび始め、咲いているものも

桜も咲いた!道頓堀 たこ梅本店も、今日から、新年の営業スタートです!

今日、1月4日は、道頓堀 たこ梅本店の新年の営業初日です 道頓堀にある たこ梅 本店[/ca

記事を読む

「子持ち烏賊(こもちいか)」の関東煮(かんとだき/おでん)

夏だけ!卵たっぷりの「子持ち烏賊」の関東煮(かんとだき/おでん)始まりました!

今週から始まりましたよ!! 卵たっぷりのアレが!! 毎年、6月も中旬頃になると、「そろそろ、ちゃ

記事を読む

新梅田食道街 たこ梅 北店の錫の上燗コップ収納棚

これって、えこひいき!?錫の上燗コップお預かりサービスが始まった!!

お店自体は、170年くらい前からやってます 江戸時代の後期、坂本龍馬が小学2年生か、3年生あたりか

記事を読む

京の丸大根「聖護院大根」

聖護院大根の関東煮(かんとだき/おでん)が、始まりました!

お客さまから、「まだなん?」と、寒くなってくると聞かれる関東煮(かんとだき/おでん)があります お

記事を読む

道頓堀 たこ梅 本店の「初しぼり」お知らせPOPです

新年最初の搾り初めの日のお酒、数量限定「初しぼり」原酒、早くもなくなりそうです

1月18日から始めた「初しぼり」好調です!! 2週間くらいある!って言ったけど、大丈夫かなぁ、、、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

13人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑