*

ビール工場見学「B40 たこ梅サミット 2019」開催!前編

この夏で5回目となる たこ梅FUN倶楽部員さんといくアサヒビール吹田工場見学
今年も行ってきましたよ!!

アサヒビール吹田工場

アサヒビール吹田工場

もちろん、フツーのビール工場見学とは違います
どんなだったか、というと、、、

ビール工場見学のテーマは「B40 たこ梅サミット 2019」

毎年、ビール工場見学ではテーマを設定しています
今年のテーマは「B40 たこ梅サミット 2019」です

全員、たこ梅Tシャツと今回用に制作したタオルを持って参加

全員、たこ梅Tシャツと今回用に制作したタオルを持って参加

参加者さんからも「B40って何?」って、よく尋ねられました
この企画を考え始めたのが今年の春頃です

6月28,29日って何があったか覚えていますか?
大阪で「G20大阪サミット」が開催されました

、、、ってことで、ビール好きが40人(各店の募集定員10名×4店舗)集まるビール工場見学なので、『B40』ということになったのです
そして、サミットですから、サミットするのです!
どんなサミット?っていうのは、明日の後編でお伝えします

ビール工場見学スタート

さて、ビール工場見学は、アサヒビール吹田工場内にあるシアタールームで、ビールに関する基礎知識を数分間のビデオを観ることからスタート

ビールに関するビデオで基礎をお勉強

ビールに関するビデオで基礎をお勉強

そして、そのあと、工場内を順番に見学していきます

ビール工場の中を見学中

ビール工場の中を見学中

ビールの原料である麦芽やホップを見たり、味見したりします

「たこ梅Tシャツ」と「B40 たこ梅 サミット 2019 タオル」は、みんなお揃い

「たこ梅Tシャツ」と「B40 たこ梅 サミット 2019 タオル」は、みんなお揃い

そうそう、「たこ梅Tシャツ」(色は赤とこげ茶の2色)と「B40 たこ梅 サミット 2019 タオル」は、全員、お揃いです

ビール醸造過程のお話を聞いています

ビール醸造過程のお話を聞いています

ビールの醸造、酵母の力などの醸造過程のお話もきいたりします

缶ビール恐ろしいスピードで製造されるところを見学

缶ビール恐ろしいスピードで製造されるところを見学

ビールが激烈なスピードで詰められていく缶ビール工場では、缶ビールがどんどん流れていく機械的美しさにただただ眺めるだけ、、、
じゃなくて、メッチャ写メとってはりました

巨大なビール醸造タンクを見学

巨大なビール醸造熟成タンクを見学

このタンク、高さが約20mもあります
そして、タンク1本には500キロリットルのビールが熟成されています
500キロリットルってどれくらいか?
350ml缶だと約143万本に相当して、毎日1缶ずつ飲むと約4000年もかかることになるんだそうです
もっとも、その話を聞きながら、「その前に、肝臓いかれるんちゃうか?」なんて考えてたのはナイショ

ビール工場見学が終わると、いよいよ、ビールの試飲、、、というのが通常のビール工場見学コースですが、、、

「アサヒ樽生クォリティーセミナー」を受講

ビールの試飲の前に、まだ、ひとつやることがあります!
それは、、、

生ビールの講習を受講中

生ビールの講習を受講中

たこ梅などの飲食店スタッフさんは、お店で美味しい生ビールを出すために「アサヒ樽生クォリティーセミナー」を受講しています
生ビールのディスペンサーの構造や洗浄、取り扱い方から、生ビールを美味しく提供する方法を「アサヒ樽生クォリティーセミナー」で学びます

若干、簡素化していますが、基本、同じ内容のセミナーを たこ梅FUN倶楽部員さんにも受講いただきます

そうすることで、本当に美味しい生ビールはどういうビールかというのがわかってきます
例えば、凍らせたジョッキの入れる生ビールはいかにも美味しそうですが、実際は、ジョッキ内面の氷のため生ビールの炭酸が抜けるし、氷がとけて水っぽいビールになってしまいます
そういう正しい知識も得られます

「アサヒ樽生クォリティーセミナー」の仕上げは生ビールを入れる

こうした生ビールの知識をしっかりゲットしたあとは、いよいよ、自分で美味しい生ビールを入れてみます

生ビールを自分で入れてみます

生ビールを自分で入れてみます

生ビールって、入れ方ひとつで味がかわります
緊張気味に、生ビールをカップに注いでいきます

「上手く入れられたよ!」と笑顔です

「上手く入れられたよ!」と笑顔です

「私、上手く入れられたよ!」と満面の笑み
でも、この後、自分の生ビールを飲んでるときは、もっと笑顔でしたけど

「私の生ビール、完璧!」と嬉しそう

「私の生ビール、完璧!」と嬉しそう

あっちでもこっちでも、生ビールを上手くいれて、美味しい生ビールで笑顔が続出です
それにしても、講習までと違い、カメラを向ける前から自然に笑顔があふれています
人間って、正直にできてますね!(笑)

てっちゃんも生ビールの入れ方を練習中

てっちゃんも生ビールの入れ方を練習中

てっちゃんも、ちょっと、生ビールを久しぶりに自分でいれてみました
インストラクターさんにも「完璧ですね!」って(お世辞でも)褒めてもらいましたよ
で、部員さんとカンパーイ!! じゃなくて、試飲してました

いやーーー、試飲って楽しいなぁ~

講習後は、自分で生ビールを入れて講習の成果を確認しなくちゃね!

講習後は、自分で生ビールを入れて講習の成果を確認しなくちゃね!

みんな、講習で学んだことをいっぱいの生ビールに注ぎ込み、全身全霊で生ビールを入れます
そして、楽しくカンパーイ!!

やっぱり、かってに自然と笑顔になるようです
生ビールの力、恐るべし、、、

さて、笑顔の生ビール試飲の後は、いよいよ、「B40 たこ梅 サミット 2019」の本題、サミットに突入です、、、

つづく、、、

————————
続きの中編と後編はコチラ!
ビール工場見学「B40 たこ梅サミット 2019」開催!中編
ビール工場見学「B40 たこ梅サミット 2019」開催!後編

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

山田錦で醸した酒を10年寝かせた「熟成古酒」

月がわりの酒、10年寝かせた「熟成古酒」始めました

清酒と言っても、季節季節で美味しいお酒があったり、珍しいお酒があります そんなお酒を毎月ひとつ「月

記事を読む

「たこ梅FUN倶楽部通信 10月号」の制作中

〆切り間近!「たこ梅FUN倶楽部通信10月号」制作、ラストスパートです!ヤバイ、、、^^;;;

気づいたら9月も、中盤、、、 やばい、、、 なにがって、、、 それは、10月1日に、た

記事を読む

お店の外に貼ってあるお店でお花見のお知らせ

忙しくて花見にも行かれへん、、、ですよね!だから「今宵のお花見、ととのえております!」お店で、、、(^o^)v

そろそろ、お花見シーズンですね 桜も、ちらほら、咲き始めているところもあるようです ソメイヨシノ

記事を読む

7月の店長会議

コロナで売上激減の今やるべきこと!来店されるお客さんの共通点から、それが見えた!!

新型コロナからお客さん、スタッフさん、そして、そのご家族の命と健康を守るため5月中旬まで休業していま

記事を読む

気まぐれ関東煮(かんとだき/おでん)の「えりんぎ」「舞茸」

店主の知らない関東煮・おでん「えりんぎ」「舞茸」

世の中には、知らない世界、、、があるといいます、、、 でも、たこ梅には、五代目店主(てっちゃん)の

記事を読む

新ゴボウです

店主の知らない関東煮・おでん!「新ごぼう」編

世の中には、知らない世界、、、があるといいます、、、 でも、たこ梅には、五代目店主(てっちゃん)の

記事を読む

清荒神さんで、お店の新しいお札を受けました

元日に、清荒神清澄寺さんへお参りして、お店のお札を受けてきました!

一月一日、つまり、元日に、必ずすることがあります 大釜でマダコをたこ甘露煮にたきあげていきま

記事を読む

「たこ梅FUN倶楽部通信」の封筒詰めがんばってます!

お客さまへのお便り「たこ梅FUN倶楽部通信10月号」の発送準備すすんでます!

先週、スタッフさんの協力のもと、なんとか書き上げた(ニューズレター)お客さまへのお便り(「たこ梅FU

記事を読む

混雑時のお願い!

お店が混雑時のお願い!を たこ梅の各店に貼り出しました

お客さまって、いろんな方がいらっしゃいます 周りのほかのお客さまやお店のスタッフさんに気を配ってく

記事を読む

水菜の関東・おでん

ハリハリの水菜の関東煮(かんとだき/おでん)が、始まりました!!

冬になると野菜が美味しくる!って、いいますが、本当なんです そのわけは、、、 冬になると野菜が美

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

18人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑