*

今年も始まりましたよ!「松茸(まつたけ)」の関東煮(かんとだき/おでん)が、、、

公開日: 関東煮・おでん, 季節・旬

この数日、ちょっと、風も秋めいてきて涼しくなってきたように思います
たこ梅の関東煮鍋も、昨日から、秋の風情が、、、

そうなんです!

アレ!!秋の味覚の王者が、登場したんです!!(^o^)v

キター!「松茸(まつたけ)」の関東煮(かんとだき/おでん)

独特のなんとも言えない香り、口にいれるとシャクシャクとした歯触り、、、
アレですよ!アレ!!

「松茸(まつたけ)」の関東煮(かんとだき/おでん)です

「松茸(まつたけ)」の関東煮(かんとだき/おでん)です

そう、秋の味覚の王者「松茸(まつたけ)」の関東煮(かんとだき/おでん)です

松茸を1本1本丁寧に切っていって串に刺す

関東煮(かんとだき/おでん)用に仕込まれる松茸(まつたけ)

関東煮(かんとだき/おでん)用に仕込まれる松茸(まつたけ)

やっぱり、口にいれたとき「食べたーーー!!!」って感じたいですよね
だから、土瓶蒸しでは、向こうが透けるような松茸もあるようですけど、しっかり、ザックリとこんな感じで切って串にさしています!(^o^)v

出番を待つ「松茸(まつたけ)」

出番を待つ「松茸(まつたけ)」

これが、お皿にならべられて、関東煮鍋の横で、お客さまの「松茸!!」っていう声を待ってます

「松茸ちょーだい!」って声を聞くやいやな、ぽーんと鍋に放り込まれ、煮すぎない、香りが飛んでしまわないギリギリのいっちゃん旨い頃合いを見計らって、引き揚げる!
そして、お皿において、お客さまのところへ、、、

この松茸の関東煮(かんとだき/おでん)は、わりとお出しできる期間が短いんです
だいたい、9月末か、10月上旬頃までです

「ちょっと、秋らしいのがええなぁ~」と思ったら、たこ梅のカウンターに座って、「松茸!」って店員さんに声をかけてくださいね!!

特別純米山田錦と錫の上燗コップ、たんぽ

特別純米山田錦と錫の上燗コップ、たんぽ

ちなみに、私は、松茸と酒が合うと思ってます(^o^)

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』五代目 てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

たこ梅 本店の関東煮(かんとだき/おでん)の鍋

今日、2月22日は、「ふーふーふー」で『おでんの日』です!

今日は、全国的に2018年2月22日(木)です 全国的にっていわなくても、2月22日ですよね

記事を読む

結んだ「糸こん」を関東煮鍋でたいていきます

関東煮・おでんの「糸こん」は、ひとつひとつ、手作業で結んでいるんですよ!

関東煮(かんとだき/おでん)の定番に糸こんにゃく、略して「糸こん」があります 関東の方では、白滝(

記事を読む

タンクに入った酒蔵直送「しぼりたて原酒」です

酒蔵でしか味わえない「しぼりたて原酒」が2週間だけ、たこ梅に登場!!

酒蔵でしか飲めないお酒があります それは、搾りたての原酒、、、 酒飲みとしては、ホントは、そんな

記事を読む

鯨の本皮から造られる「コロ」

鯨の本皮から造られる「コロ(別名 炒り殻/いりがら)」を仕込んでいます!

関東煮(かんとだき/おでん)というと、大根、豆腐、ちくわ、たまご、、、なんかが、すぐに、思い浮かぶか

記事を読む

「菜の花」の関東煮(かんとだき/おでん)

「菜の花」の関東煮(かんとだき/おでん)を始めます!

今日から、弥生、三月ですね 明後日は、三月三日でお雛祭り そんな春の1ヶ月くらいだけの関東煮(か

記事を読む

文藝春秋「名作名食」コーナー2,3ページ目

文藝春秋に道頓堀のたこ梅本店が、開高健『新しい天体』に登場する店としてセンターカラー5ページで取り上げていただきました!

ミナミという土地柄なのか、江戸時代から芝居小屋が軒を連ねたせいなのか、作家さん、役者さん、、、いろん

記事を読む

「新酒の酒粕」が蔵元から届きました!

今年も「新酒の酒粕」が蔵元より届きました!!12月1日からプレゼントスタートです!

今年も、そんな季節になったんですね、、、 昨日、届きました!! アレが、、、 蔵元より「新

記事を読む

吟醸生酒「花ひらく」

吟醸生酒「花ひらく」は桜の季節だけの限定のお酒です、、、

今年は、桜の開花がチョット早めで、大阪では、散り始めています といっても、八重咲きの桜を中心に品種

記事を読む

店長の気まぐれ関東煮(かんとだき/おでん)の「なると」と「梅やき」

店主の知らない関東煮・おでん「なると」!「梅焼き」だけじゃなかったのかよ、、、_| ̄|○

世の中には、知らない世界、、、があるといいます、、、 でも、たこ梅には、五代目店主(てっちゃん)の

記事を読む

道頓堀にある たこ梅 本店です

「水野真紀の魔法のレストラン」に、道頓堀の たこ梅 本店が登場しました!ちょこっとね!!

たこ梅は、おかげさまで、たこ甘露煮や関東煮(かんとだき/おでん)のことで、ちょくちょく、取材をうけま

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

10人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑