*

夏と言えば、、、やっぱコレでしょ!!「たこの子甘露煮」ちゃん!!

公開日: たこ甘露煮, 季節・旬

夏といえば、、、って、夏だけの関東煮(かんとだき/おでん)をちょくちょく、このブログでも紹介させていただきました

夏した味わえない関東煮(かんとだき/おでん)は、、、

「冬瓜(とうがん)」の関東煮(かんとだき/おでん)

「冬瓜(とうがん)」の関東煮(かんとだき/おでん)

名前に「冬」がつくのは、縁の下とか涼しいところにおいて置くと、冬まで食べられる!という、冷蔵庫のなかった昔では貴重な野菜だった「冬瓜」
これ、夏が、旬です!!

つるっ!とした食感でいくつでもいけちゃう関東煮(かんとだき/おでん)ですね

「子持ち烏賊(こもちいか)」の関東煮(かんとだき/おでん)

「子持ち烏賊(こもちいか)」の関東煮(かんとだき/おでん)

卵たっぷりの子持ち烏賊(こもちいか)は、今が、旬!!
産卵前で卵がつまってるからね!(^o^)

「焼き茄子」の関東煮(かんとだき/おでん)

「焼き茄子」の関東煮(かんとだき/おでん)

茄子(なす)は、焼くと甘みが増し、香ばしくなる、、、
これを関東煮(かんとだき/おでん)にすると、お酒がすすんじゃって、、、

「しろ菜」の関東煮(かんとだき/おでん)

「しろ菜」の関東煮(かんとだき/おでん)

大阪の地場野菜で別名「天満菜」とも呼ばれる「しろ菜」の関東煮(かんとだき/おでん)
豚バラと差し合わせてたくと、しろ菜と豚バラの優しい甘みにダシがからんで、これまた、、、

関東煮(かんとだき/おでん)も、『夏』が旨い!!んですが、こいつ、マジ、夏だけ、、、

夏だけの珍味「たこの子甘露煮」

夏だけの珍味で、酒飲みにはたまらんのがこれ!!

たこの子甘露煮

たこの子甘露煮

マダコの卵を秘伝のダシで甘露煮に仕上げてますよ!
濃厚な卵のうま味が、これ、お酒とメッチャ合います!!

大きな鍋でたく前は、こんなんですよ!

生の「たこの子」です

生の「たこの子」です

このひとつひとつが、マダコの卵で、、、ぢゃ、ありません!!
このボール状のものは袋になっていて、中には、1mmに満たない卵が数十万個つまってます

真蛸とその卵「たこの子」をたいています

真蛸とその卵「たこの子」をたいています

これをたいていくと、「たこの子甘露煮」になります

たきあがった「たこの子甘露煮」です

たきあがった「たこの子甘露煮」です

この「たこの子甘露煮」ですけど、常連さんにメチャ人気、、、なんですけど、毎日、入荷量が少なくてご迷惑かけてます
何で少ないかというと、卵をもつのは、当たり前ですが、メスだけ!!
それと、メスが全部卵もってるかというと、そういうわけでもない、、、

もちろん、台風とか来たら、入荷なし、、、

でも、がんばって仕入れて、旨い!夏だけの「たこの子甘露煮」をお出ししますよ!!
コイツつで、お酒やってほしいんで、、、

だって、わたし、個人的に「たこの子甘露煮」で酒飲むのがすきだら、、、^^;;;

 

 

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』五代目 てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、家では、ヤドカリ、カブトムシやクワガタのお世話をする「生きもの係」やってます

関連記事

大釜から揚げた「たこ甘露煮」です 決して、宇宙人の脱出!ではありません

「宇宙人の脱出シーン」ではありません!「たこ甘露煮」たいてるとこです!!(笑)

おはようございます 今日も、朝から、元気に、たこ梅170年(正確には創業173年目かな、、、)の名

記事を読む

今年の「新酒の酒粕」が届きました!

今年も、「新酒の酒粕」が届きましたよ!!

なんか、急に寒くなってきましたね 北海道では、いきなり雪が積もって、大変なんだとか、、、 ただ、

記事を読む

関東煮(かんとだき/おでん)のジャガイモが「とうや」になりました!

関東煮(かんとだき/おでん)のジャガイモといったらコレ!『とうや』がはじまりました!!

関東煮(かんとだき/おでん)の定番のタネで、人気者が「ジャガイモ」です ジャガイモっていうと、コロ

記事を読む

水洗いしてカゴで休憩中のネギちゃんです

寒い日が続くと、ますます、美味しくなる関東煮(かんとだき/おでん)が『ねぎま』です!

暖冬かと思ってたら、先週、いきなり猛烈な寒気がやってきて、大阪でも、連日の氷点下、、、 冷たかった

記事を読む

たきあがった丸っぽの「たこ甘露煮」です

「たこ甘露煮」は、170年以上使い続ける秘伝の出汁で、毎日、たいてます!

たこ梅の名物っていうと、鯨の舌「さえずり®」の関東煮(かんとだき/おでん)とアレです! 鯨の

記事を読む

「しろ菜」の関東煮(かんとだき/おでん)

「しろ菜」の関東煮(かんとだき/おでん)、始まったでーーーーー!

野菜っていろんな野菜がありますが、大阪が発祥の野菜もいっぱいあります 今の時期からどんどんでてくる

記事を読む

今年の「初しぼり」原酒です

「ウブだけど力強いお酒やねぇ~」ってお客さまに言われた新年の「初しぼり」原酒が今年も今日から登場です!

お酒って、季節季節で、雪見酒などいろんな楽しみ方もありますし、秋口の「ひやおろし」などいろんな種類の

記事を読む

熊本産の竹の子(タケノコ)です!立派!!

熊本産の竹の子を関東煮(かんとだき/おでん)にしまーーーす!!立派やわぁ~!

今週の月曜日(4/17)から始まった春の関東煮(かんとだき/おでん)『竹の子(タケノコ)』!!

記事を読む

「つぶ貝」の関東煮(かんとだき/おでん)

五代目店主の知らない関東煮・おでん!「つぶ貝」編

世の中には、知らない世界、、、があるといいます、、、 でも、たこ梅には、五代目店主の知らない関東煮

記事を読む

ゆがきたての竹の子です 竹の皮の周りに砂みたいについてるのが糠(ぬか)です

今日も、朝から、掘りたて竹の子をやわらかく糠茹でしてます!

今日も、朝から、やってますよ! 4月に入ると、毎日、これをやんなくちゃね 堀りたて竹の子を糠茹で

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

11人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑