*

冬の部活「ホンマに旨い『酒』捜査班」(仮称)の打合せです!

冬の部活の時期が近づいていきました、、、
昨日も、その部活の打合せです!

たこ梅FUN倶楽部の活動が「部活」です!

あ、すいません!
「部活」って、何のことかわからない方もいらっしゃいますよね
「お店でサッカーチームか野球のチームでも作ってるの?」って思われるかも知れませんが、そういうんじゃないんです

たこ梅のことが好きなお客さまが集まってできている「たこ梅FUN倶楽部」っていうのがあるんです
その「たこ梅FUN倶楽部」で、部員であるお客さまと一緒に、どっかにいったりしてるんですが、それを たこ梅FUN倶楽部菜活動なもんで『部活』って言ってるんです

8月には、夏の部活として、アサヒビールさんの吹田工場に行ってきました!

1問正解毎に「うまい棒」をもらって笑顔です

1問正解毎に「うまい棒」をもらって笑顔です

中身の違いを目、鼻、喉で確認します

中身の違いを目、鼻、喉で確認します
違いがわかるかなぁ~?

単なるビール工場見学ではなく、クイズ大会や保存状態の違うビールの違いを見て、嗅いで、飲んで比べるなんてこともしてました

その時の詳しいことは、コチラを見て下さいね!
そのときの様子はこちらを見てね!
→ お客さまと行く!ビール工場見学「ホンマに旨い『生』を見つけ隊」に行ってきました!!(前編)
→ お客さまと行く!ビール工場見学「ホンマに旨い『生』を見つけ隊」に行ってきました!!(後編)

まぁ、こんなことを『部活』でやってます

冬の部活「ホンマに旨い『酒』捜査班」(仮称)の打合せ!

この冬にも、『部活』やります!!
昨年も、西宮にある酒蔵の白鹿さんにお邪魔しましたが、今年も、見学に行きます!!

楽しくカンパーーーイ!

楽しくカンパーーーイ!

今年の2月に行った酒蔵見学の様子はこちらのブログで!
→ 大人の遠足!第二弾「ホンマに旨い『酒』を知り隊」で酒蔵見学に行ってきました!

昨日、来年2月に予定している酒蔵見学「ホンマに旨い『酒』捜査班」(仮称)の打合せをやってました
もちろん、定番の酒蔵見学や、蔵でのできたて新酒の試飲はありますが、それだけじゃつまんない、、、
前回も、燗酒の飲み比べをやりましたが、今度は、もっと、面白いのをやりたい!!ってことで、白鹿さんと たこ梅のスタッフさんでブレストです

冬の部活「ホンマに旨い『酒』捜査班」(仮称)のブレスト&打合せです

冬の部活「ホンマに旨い『酒』捜査班」(仮称)のブレスト&打合せです

この写真撮ったときは、まだ、「それ、おもろいやん!!」っていうアイデアもでず「うーーーーん、、、」って唸ってるとき

この後、白鹿さんが、「○○っていいんですけど、それをやっても△△になっちゃうので、、、って、うちの醸造担当者にいわれまして、、、」って発言されたんです
その瞬間、「ピン!」っときたんです
「そっか、△△になるんや!!」って、、、

どういうことか詳しい内容は、まだ、話せませんが(←当日までモッタイつけてるだけです:笑)、、、
それは、現場の担当者にとっては、当たり前で、それをお客さまに見せる、出すなんて、「とんでもない!失礼だ!」って、まじめに思って、そういっていただいたんですね
それが、すごくわかったと同時に、そのコトは、初めて見る、現場なんてしらない一般人からすると「へーーーーっ!そうなんやーーーーー!!」っていうビックリの発見なわけです

そう!
「コレ、使わん手ないわ!!」
って、こっから盛り上がり、その現場担当者さんからするとお客様に「とんでもない!失礼だ!」ってことを中心にプランができあがりました!!

これ、絶対に、一般の人では体験しないことです
白鹿の社員さんも、一部の醸造と研究担当者以外は、体験してないことですから、、、
おそらく、白鹿の役員さんたちも醸造出身の一部の方以外は、体験してないんじゃないかな?

なんてことも体験いただきながら、冬の『部活』を楽しくしたいと思ってます!!

『部活』に参加するには?

ところで、部活に参加するには、「たこ梅FUN倶楽部」に入部していただかないといけません!
といっても、入部費や月々の部費がいるわけじゃないんです

でも、2つだけ、入部の要件というか資格というが必要になります
それは、、、

【入部資格と入部要件】
入部資格:たこ梅に3回以上来店されている常連さまであること
入部要件:たこ梅FUN倶楽部員の「心得」に賛同できること

この2つだけ!!

入部資格について

3回以上お店においでの常連さまは、お店でスタッフさんに

「入部したいんだけど!」って声をかけて下さいね
詳しい入部方法をお伝えします(ちなみに、入部は無料で、部費もありません!:笑)
基本的に、3回以上、お店においでの常連さまは、入部頂けますよ

まだ、「たこ梅には、行ったことないけど、これを機会に行きたいなぁ、、、」って思われたアナタ!
お店に行って、「入部のための『よろしくね!』カードちょうだい!」って、お店のスタッフさんに声をかけて下さい
3回来店がわかるスタンプカードを渡してくれますので、2回目、3回目のときに、そのカードを持ってきてもらったら、入部出来ちゃいますよ!(^o^)

入部要件について

入部要件である「たこ梅FUN倶楽部員の心得」を守っていただいて、楽しく、お酒を飲み、たこ梅も人生も楽しんで欲しいんです!!

たこ梅FUN倶楽部員の心得

たこ梅FUN倶楽部員の心得

【たこ梅FUN倶楽部員の心得】
1.たこ梅が、大好きです
2.部員同士はもちろん、初めてのお客さんや店員さんとも、ゆずりあう大きな心で接します
3.たこ梅大好きな仲間を増やします
4.「粋」な飲み方、食べ方、関わり方で楽しみます
5.とにかく、仲良く楽しく、たこ梅も人生も、思いっきり楽しみます

だから、この「たこ梅FUN倶楽部員の心得」に賛同いただける方であれば入部要件クリアー!!(^o^)v

入部方法について

3回以上ご来店の常連さま、初めての方3回の来店のスタンプカードがいっぱい(3回ご来店)になったら、
たこ梅のスタッフさんに
「たこ梅FUN倶楽部に入部希望!」
って、声をかけて下さいね

お名前、住所なんかを書いていただく、簡単な入部用紙をお渡ししますので、その場でご記入いただいて、スタッフさんに渡していただければOKです

書いていただいたご住所に、部員カードなどのセットをお届けします

2月の酒蔵見学で、新しい部員さんとも、お会いできること、楽しみにしてまーーーーーーす!\(^o^)/

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』五代目 てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、家では、ヤドカリ、カブトムシやクワガタのお世話をする「生きもの係」やってます

関連記事

7色の根付け紐(ひも)

何色もカラフルな「根付け紐(ひも)」で、お客さまにちょっと、つくります、、、(^o^)v

店主や経営者ともなると、いろんなものが必要になります 店主や経営者の必需品!? こんなものは、や

記事を読む

上)たこ梅 東店の品書きのプリントアウト 下)スタッフさんが描いてくれた原画

今日は、印刷屋さんやってます!たこ梅 東店の品書き(メニュー)印刷です

私、普段、たこ梅の五代目店主やってます ときどき、会社組織名なもんで、有限会社 たこ梅 代表取締役

記事を読む

大阪ミナミの隠れた情報も満載の「ミナミ本」

「ミナミ本」で、道頓堀 たこ梅 本店の秘密・ナゾをいろいろ取り上げていただきました!

10月に京阪神エルマガジン社の方が、道頓堀にある たこ梅本店に取材に来てくれはりました 商品

記事を読む

今年つける梅酒用の和歌山県産の古城(ごじろ)梅

今年も、古城梅(ごじろうめ)で、梅酒をつけましたよ!あ、来年用ね!!

今、たこ梅では、夏だけの飲み物があります 1年床下で寝かした自家製の梅酒です[/captio

記事を読む

商品だけじゃない!情報や思いを伝えるメニューに進化しています!!

居酒屋さん、ラーメン屋さん、お寿司屋さん、レストラン、喫茶店、、、どこに入っても、まず、メニューがで

記事を読む

白馬村の地酒「大雪渓」「小谷錦」

白馬村での研修旅行で買った酒「大雪渓」「小谷錦」がお店に登場!!

先週、2泊3日で、長野県白馬村にあるホテル五龍館さんへ、スタッフさんたちと一緒に研修旅行でした!

記事を読む

今年の「新酒の酒粕」が届きました!

今年も、「新酒の酒粕」が届きましたよ!!

なんか、急に寒くなってきましたね 北海道では、いきなり雪が積もって、大変なんだとか、、、 ただ、

記事を読む

右側を見るように指示!(これが1枚目)

6連コンボ?で、お客さんを店まで案内?、、、って、こんなん、よう考えるなぁ(*゜д゜*)

新梅田食道街ってJR大阪駅の高架下にあって、JR大阪駅や地下鉄御堂筋線の梅田駅から徒歩1分足らず、、

記事を読む

NHK BSプレミアム「あてなよる」で、たこ梅本店が登場しましたよ!!

お酒のとアテの大人な番組が、NHKで夜にオンエアされている「あてなよる」 京都の料理研究家である大

記事を読む

日本一周、世界一周、双六の旅

アナタは、日本一周?世界一周?それとも両方!?双六の旅はじまりました

毎日、忙しいなぁ、、、 旅行行きたいけど、時間ないしなぁ、、、 まぁ、今日は飲みにでもいっとくか

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

10人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑