*

今年もスタッフさんの成長をサポートする行動探求セッションがスタート!

公開日: 面談・コーチング, 行動探求

成人発達理論にもとづく、ビル・トルバート博士が提唱される「行動探求(Action Inquiry)」というものがあります

ビル・トルバート氏とツーショットで記念撮影です

ビル・トルバート氏とツーショットで記念撮影です

2年間続けているスタッフさんとの行動探求

毎月、1回ずつ、正社員さん、ホールのパートスタッフさんと行動探求(Action Inquiry)のセッションを続けていて、もうじき、丸2年になります

スタッフさんの意見にも、いつも笑顔で応える江口先生

スタッフさんの意見にも、いつも笑顔で応える江口先生

2年前に、行動探求のワークショップを提供しているチェンジ・エージェント社から江口さんに来てもらって、社内で行動探求の入門セミナーをやってもらったのがスタート!

その時のセミナーについては、コチラを見てね!
行動探求入門セミナー前編
行動探求入門セミナー後編

難しい会話のマトリックスと1次ループ、2次ループの学習

難しい会話のマトリックスと1次ループ、2次ループの学習

難しい会話のマトリックスというシートを使って、上手く行かなかった出来事に潜む構造を探究していきます

今年最初の行動探求

今週、今年最初の行動探求セッションを10人のスタッフさんと行いました

行動探求シート

行動探求シート

どんな風に行動探求しているか?

1年未満のスタッフさんは、上手く行かなかった出来事の会話を持ってきて、私と一緒に、行動探求のマトリックスシートを作成していきます
2年目からのスタッフさんは、自分で上手く行かなかった出来事の会話シートを作成し、スタッフさん同士で、行動探求のマトリックスシートを作成してきて、それを持ってきます
そして、さらに、私と探求するようにしています

行動探求をする目的

この行動探求では、上手く行かなかった出来事は、
・どんな構造が引き起こしているのか?
・自分にどんなメンタルモデルがあるのか?
をスタッフさんが自分で理解することで、取り組みや行動に対する前提が変化し、出現する結果が変わっていきます

これを繰り返すこと、積み重ねることで、発達段階が高まっていき、物事の捉え方や見え方が変わっていくのです

各発達段階の行動論理と特徴、分布

各発達段階の行動論理と特徴、分布
チェンジ・エージェント社さんのサイトと本の掲載データより作成

この行動探求をやっているのは、仕事の取り組みやより上手く行くように、、、というのもあります
しかし、行動探求の一番の目的は、スタッフさんの発達という成長をサポートするためです

先に書いたとおり、発達段階高くなると、物事の捉え方や見え方が変わっていきます
視座が高くなるといってもいいかもしれません
そうして、発達段階が高くなったスタッフさんは、その高い発達段階で仕事や出来事を捉えます
以前と同じ仕事や出来事であっても、その捉え方意味づけが変わっていて、仕事や出来事の繋がりが見えてくる、、、ということも起こるので、全体最適が起こりやすくなる方向へ進みます

ね!
なんか、お店全体が上手く行きそうでしょ!(笑)

それで、行動探求を全社的にやっているのです

余談ですが、行動探求に持ってくるテーマやネタは、別に仕事に限っていません
仕事のことを持ってくるスタッフさんも多いですが、それ以外に、友だちとのこと、夫婦とのこと、親子のことなど、仕事以外の話を持ってくることも多々あります

2019年最初の行動探求セッション

2019年最初の行動探求セッション

このセッション事態は、就業時間中に仕事の一環でやっていますが、そのテーマは何でもいいのです
だって、目的が、スタッフさんが発達という成長を遂げるのをサポートできればいいので、、、

ということで、今年も、行動探求のセッションを続けると共に、新たに入ったスタッフさんとも一緒に行動探求に取り組んで行きます!!

 

 

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

たこ梅 東店の岡店長と面談

「売上」は、いい!悪い!と見るのか?お客さまの行動として見るのか?

毎月、各店の店長さん、スタッフリーダーさんとは、月1回、1時間の面談をやっています 先週は、本店、

記事を読む

営業中・仕込み中の行動探求とは?

9月の現場会議~その2・行動探求をもっと現場で使うためには?~

おはようございます 昨日は、9月の現場会議で話された「研修が継続的でもっと使うためには?」どうして

記事を読む

システム・コーチング基礎コースのテキストと「プロセス指向のドリームワーク」

アーノルド&エイミー・ミンデルさんの本、18冊目「プロセス指向のドリームワーク」を読み終えました

アーノルド・ミンデルさんという方が、プロセス指向心理学、プロセスワークというものを創始されました

記事を読む

チェンジエージェントさんのオフィスに来ました

行動探求の現場での活用についてチェンジエージェントの小田理一郎さんに相談に行ってきました!

うーーん、使える気がするのに、うまく使えてない、、、いや、ぜんぜん、つかえてない、、、 なにがいか

記事を読む

「行動探究(Action Inquiry)入門編」の研修設計ができつつあります

「行動探求(Action Inquiry)」を実際に店で活用するための計画が進行中!!

百年後も店があるためには、何が必要か、、、 リーマンショック後、売上が右肩下がりっぱなしーーーーー

記事を読む

新人パートさんとアイスブレイクからオリエンテーションです

新人さんとヘンな入社オリエンテーション3連発!アイスブレイクに学習する組織、なんでもアリです!!(笑)

ちょっとだけ、先のことも考えて、スタッフさんの募集を継続しています で、最近、数名のパートスタッフ

記事を読む

6月1日に入社の新人 山台亮太さん

新しいスタッフさんが入社!新人オリエンテーションやってます

元号が令和にかわって、1ヶ月がたちました その6月1日に、新たなスタッフさんが入社されました 入

記事を読む

面談の時間に話し合う和本店長と上原さん

会議で決まったことが実行されない?きっと、2つの理由があります!それを突破するには、、、

「○○をしよう!」と会議で決めます でも、それが、実行されてないとしたら、、、 なぜ、会議で決ま

記事を読む

上原さんが他のスタッフさんにコーチ役をお願いして作ってきた行動探求シート

10月からスタッフさん同士での行動探求が始まりました!!

スタッフさんが成長、発達していくためには、もちろん、能力やスキルのアップは必要です 同時に、ものの

記事を読む

返却した履歴書とお手紙、お食事券

私、、、履歴書返却のお手紙を見て、再度、応募(エントリー)を決めました!

昨年、ハローワークの求人票の書き方を変えて募集したら、ハローワークで約40枚の求人票を印刷し、うちの

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

13人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑