*

経営者向け「コト売り」チームづくりセミナーに行ってきました!

毎年、たこ梅の研修をお願いしているコトマーケティング協会の代表理事で、マーケティングコンサルタントの松野恵介先生のセミナーがありました

経営者向け「コト売り」チームづくりセミナー

今回は、経営者向けに「コト売り」でのチームづくりセミナーということで、早速、行ってきました!

経営者向け「コト売り」チームづくりセミナー

経営者向け「コト売り」チームづくりセミナー

どんな話しになるのかな?と興味津々で席に着いていると、、、

セミナーの始まりは「ティール組織」から

スタートは、今話題で異例のヒット作となっている「ティール組織」からです

「ティール組織」(フレデリック・ラルー 著)

「ティール組織」(フレデリック・ラルー 著)

ちなみに、この「ティール組織」という本は、成人の発達理論をベースに、組織の発達を人類の文化史を含め、実際の会社組織の事例を紐解きながらこれからの組織の有り様についてかかれた本です(←というのは私のザッくりとした理解ね!)

それから、このティール組織という本について、簡単ですが以前のブログに書いてるので興味があったら、こちらもご覧下さい
「ティール組織」(フレデリック・ラルー 著)を購入!

ティール組織から、コトマーケティング、コト売りから、ヒエラルキーを超えた組織(あるいは活動)への進化について語られていました

マツミさんのチームづくりの事例

そして、その事例として、建物の防水や塗装で躍進する茨城にある株式会社マツミさんの宮脇専務が登壇して語られます

株式会社マツミの宮脇美樹専務のチームづくり講演

株式会社マツミの宮脇美樹専務のチームづくり講演

宮脇専務は、赤字だったマツミさんにパートの経理スタッフとして入社、営業がアカンで真っ赤っかだったので、営業にチャレンジして1億の仕事を取ってきたりして、正社員となり部長へ、そして、いまは専務として活躍されています

この宮脇専務が、松野先生のコトマーケティングの実践塾に通われ、それを会社で実践することで、会社が変革、、、
今は、社員さんが、楽しそうに働いていらっしゃいますし、アットホームな雰囲気で、「こういう会社で働きたい!」と応募される方も多数、、、ですが、宮脇専務が入社されたときの社員は、誰一人残っていない、、、全員入れ替わっています

これ、悪いことじゃなくて、コトマーケティングを社員さんと推進される中で、マツミさんの使命や価値観が明確となり、それが社員さんに着実に浸透する中で、合う!合わない!がハッキリとして、古い体質の社員さんは合わずに退職され、現在のマツミさんの価値感に共感する人が社員として入社されるということが起きたからです

ホント、スゴイ会社、、、というか、組織になっていると思います

個人智から集団智へ

このセミナーの中で、松野先生がおっしゃっていて、なんで、セミナーの冒頭が「ティール組織」だったのか?
、、、が、マツミさんの事例を聞いていてわかりました
松野先生がおっしゃっていたのですが、これからは、「個人知」から「集団知」へ!ということ

そして、そのマツミさんのBefor, Afterをコンサルとして関与されてきた松野先生が、その変化のプロセスを簡潔に分析されています

マツミさんの変化からみるチーム形成プロセス

マツミさんの変化からみるチーム形成プロセス

その変化のプロセスとは、、、

【マツミさんの変化のプロセス】

「ある」を意識する
コトバにして共に行動する
反応を感じ共有する
人が入れ替わる
判断基準が「人」から「思い」へ
それを受け入れられるかどうか

このスライドを観ながら、私は、
・「ある」を意識する
・反応を感じ共有する
という部分に反応していました

たこ梅での取り組みとの関係からセミナーで気づいたこと

というのも、、、、

オンラインのNVC基礎講座を受ける前保さんと上原さん

オンラインのNVC基礎講座を受ける前保さんと上原さん

いま、たこ梅では、コミュニケーションテクノロジーのひとつとしてNVC(非暴力的コミュニケーション)を導入しようとしています

スタッフさんも、順番に、オンラインでNVCの基礎を学んで行ってくれているんです

売上推移とテクノロジーの関係

たこ梅の学習や取り組みをまとめたこのグラフチャートで言うと右下の方に「NVC」が表示されています
先日、ブログにも書いたので興味のある方はコチラもどうぞ!
→ 学習する組織に向けて活用する3種類のテクノロジーと成人発達理論の勉強

私も、NVCの勉強中で、私が学んでいるひとりのマスターが、「『ある』は『ある』を創り、『ない』は『ない』を生み出す」ということと「感情は怒りにせよ悲しみにせよ、何かのメッセージを伝えようとしているので、まず、感じ切ること」ってよく聞かされていて、わたしも、これを実践しようとチャレンジ中だからです

まだ、ちゃんと理解できてるわけではありませんが、チームづくりに「『ある』を意識する」「反応を感じ共有する」ということにヒントがあるように思っています

うん、このあたり、実際に実践したり、チャレンジしながら探求していきます!!

今日も、楽しくがんばりまーーーーーーす!!(^o^)

The following two tabs change content below.
たこ梅 五代目店主 てっちゃん
大阪の道頓堀で創業170年の「関東煮(おでん)」と「たこ甘露煮」の上かん屋『たこ梅』の雑用係で五代目の てっちゃん(岡田哲生)です さらに百年後も店が続くために取り組んでいる日々の活動を綴ります ところで、ヨガと瞑想を始めました!! おかげさまで、心身ともにエエ感じです

関連記事

新人の田口さんに行動探求のレクチャー

新人さんに行動探求(アクション・インクワイアリー)のレクチャーです!

2008年のリーマンショックを機に、従来のマーケティング理論では上手く行かない、、、と気づきました

記事を読む

おめでとう!!臣(おみ)ちゃん、2級に昇格です!!

臣(おみ)ちゃん!おめでとう!!昇格面談無事修了!2級に昇格です!!

たこ梅では、半年ごとに、着眼点表という評価項目表をつかって、その行動、プロセスを評価します いわゆ

記事を読む

「慈悲の瞑想 人生を開花させる慈しみ」(アレボムッレ・スマナサーラ 著)

「慈悲の瞑想 人生を開花させる慈しみ(フルバージョン)」(アレボムッレ・スマナサーラ 著)を読んで知ったこと、わからないことなど、、、

先日、「自分を変える気づきの瞑想法」(アルボムッレ・スマナサーラ著)を読んで、その時、気になったこと

記事を読む

ワクワク系マーケティング機関誌に掲載された多比羅さんのエントリー

祝)たこ梅 東店 多比羅さんのレポートが、ワクワク系マーケティングの機関誌に掲載!!

情報工学博士で、人の感性とマーケティングを中心に研究されている小阪祐司先生が提唱される「ワクワク系マ

記事を読む

「えこひいき」とは?

良い「えこひいき」と悪い「えこひいき」とは?

この前、10月の店長会議でした 今年の春から、会議の前に2時間、ワクワク勉強会をやっています ワ

記事を読む

新梅田食道街 たこ梅 分店の森口さんと行動探求(Action Inquiry)

スタッフさんと、2018年、最初の行動探求(Action Inquiry)です!

1月4日は、2018年最初のスタッフさんとの行動探求(Action Inquiry)でした 201

記事を読む

このPOPを見るんだ!!

POP、看板の書き方?ちょっと、オレのを見に来いよ!!

新梅田食道街にある たこ梅 北店、お客さまとのいろんな取り組みをやってます 6月からは、日本一周、

記事を読む

石橋先生のファシリテーショングラフィックのデモンストレーションです

ファシリテーショングラフィック講座をスタッフさんと一緒に受けてきました!

毎月1回、店長会議、現場会議という定例の会議を たこ梅ではやっています その会議のとき、模造紙(正

記事を読む

「ガッテン農法 農薬・肥料に頼らず自然の好循環でおいしい野菜づくり」(三浦伸章 監修)

「ガッテン農法 農薬・肥料に頼らず自然の好循環でおいしい野菜づくり」(三浦伸章 監修)を買っちゃいました!

奈良の山添村というところに、たこ梅の研修用の施設があります (って、大層なもんじゃなく、たんなる古

記事を読む

働く大人のための「学び」の教科書(中原淳 著)

働く大人のための「学び」の教科書(中原淳 著)を買っちゃいました!

私、最近では、お店の経営のベースに「学習する組織」と「成人発達理論」をおいています 学習する

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

13人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?











PAGE TOP ↑